四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、加圧水型、出力89万キロワット)のプルサーマル発電で、国の原子力安全・保安院は30日午後、四電に営業運転の許可を出し、同社はただちに試験運転から切り替えた。九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町)に続き国内2例目。

 同発電は、使用済みのウラン燃料からプルトニウムを抽出して製造するMOX燃料を、従来の軽水炉で燃やす方式。今月2日に臨界に到達していた。【柳楽未来】

【関連ニュース】
伊方原発:3号機で微量の蒸気漏れ発見 放射能漏れはなし
プルサーマル計画:宮城県知事、女川町長らが導入同意
伊方原発:プルサーマル試運転 3号機の発電再開
プルサーマル発電:伊方原発3号機が起動 国内2例目
プルトニウム:電事連や原子力機構 保有量公表

東方神起が活動休止(時事通信)
ほろ酔いで法律話…「弁護士バー」開店へ(読売新聞)
強風、総武・京葉線動かず…羽田84便欠航(読売新聞)
鬼太郎宝くじ1日発売、漫画主人公登場は初(産経新聞)
<車両火災>ワゴン車全焼、3歳と1歳姉妹無事 宮城・柴田(毎日新聞)