日本弁護士連合会(宇都宮健児会長)は7日、参院議員会館で「労働者派遣法『改正』案の問題点を正す緊急院内集会」を開き、改正案の問題点を指摘、修正を求めていく姿勢を表明した。改正案について(1)登録型派遣の例外として認められる専門26業務は、専門とは言えない業務もあり見直しが必要(2)常用雇用は期間の定めのない雇用であることを確認する(3)日常のトラブル解決に、派遣先にも労組との団体交渉応諾義務を課す--などと指摘した。

【関連ニュース】
足利事件:誤判原因調査機関の設置求める…宮崎日弁連会長
オウム:松本死刑囚の弁護士1人、処分を変更 日弁連
日弁連:「誤判」原因究明へ、第三者機関設置を提言
日弁連会長選:再投票で宇都宮氏当選
日弁連:会長選再投票は10日 都市対地方の構図で激戦に

首相動静(4月8日)(時事通信)
「介護サービスの体制整備を」43%、5年で約10ポイント増―内閣府調査(医療介護CBニュース)
<結核>6陸自駐屯地で陽性84人 昨年9月以降集団感染(毎日新聞)
ペット投棄の元町議、飼い主に別の骨渡す(読売新聞)
サクラ前線、民間3事業者予想は“善戦” 記録的早咲き「誤算」(産経新聞)