人に感染すると致死率6割以上という強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が人の季節性ウイルスと混ざり合うと、さらに強毒化する恐れのあることを東京大医科学研究所の河岡義裕教授(ウイルス学)と米などの研究チームが明らかにした。23日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載される。

 H5N1型ウイルスと季節性(H3N2型)ウイルスを使い、遺伝子のすべての組み合わせ(254通り)の作成を試みた。75種のウイルスを調べた。

 その結果、季節性の遺伝子の一つで増殖の働きを担う「PB2」を持つ22種で、それぞれのウイルスを感染させた4匹すべてが6~12日間で死んだ。その他はH5N1型と同程度(12日後に致死率50%)か、より弱い毒性だった。【関東晋慈】

【関連ニュース】
プレパンデミック(大流行前)ワクチン
パンデミックに挑む:朴三用さん=横浜市立大准教授
パンデミックに挑む:山口照英さん=国立医薬品食品衛生研究所生物薬品部長
検疫訓練:強毒性の新型インフルエンザ想定、静岡空港で初 /静岡
新型じゃない? /京都

<北教組献金>普段使わぬ口座入金 小林陣営、違法性認識か(毎日新聞)
<内閣人事局>局長は民間人起用も可能に 原案を変更(毎日新聞)
元Jリーガーを釈放=任意で捜査継続-警視庁(時事通信)
シー・シェパード妨害 第2昭南丸、横浜で見分へ 侵入船長、傷害容疑も視野(産経新聞)
川端文科相「外交的配慮が無償化基準ではない」…朝鮮学校除外問題(産経新聞)