大阪市北区梅田で2008年10月、会社員鈴木源太郎さん(当時30歳)が車にはねられた後、約3キロ引きずられて死亡した事件で、殺人罪と道交法違反(ひき逃げ、無免許)などに問われた元ホスト吉田圭吾被告(24)の初公判が2日、大阪地裁(秋山敬裁判長)であった。

 吉田被告は罪状認否で、ひき逃げなどは認めたが、「事故を起こして頭が真っ白になり、鈴木さんを引きずっていることに気付かなかった。殺意はなかった」と殺人罪を否認。そのうえで、「すぐに車を止めていれば、鈴木さんが死ぬことはなかったと思う。心からおわびします」と遺族に謝罪した。

 検察側は冒頭陳述で、逃走理由について「無免許、酒気帯び運転をしており、発覚すれば別の詐欺事件の執行猶予判決が取り消される恐れもあった」と指摘。犯行直後に現場に戻って鈴木さんの遺体を確認していたことなどを挙げ、「被告が鈴木さんを引きずっていることに気付いていたのは明らか」と述べた。

 弁護側は「若干の違和感は感じたが、人間が挟まっているという認識はなかった」と主張、自動車運転過失致死罪の適用を求めた。

 起訴状によると、吉田被告は08年10月21日午前4時20分頃、同区梅田の交差点で、ワゴン車を無免許運転中に横断中の鈴木さんをはねて逃走。車底部に鈴木さんを引きずっていることを認識しながら同市福島区まで約3キロを時速40~50キロで走行し、頭蓋(ずがい)骨骨折などによる外傷性ショックで死亡させた、とされる。

 公判では殺意の有無が争点となり、検察側は当時の状況を再現した走行実験の結果をもとに、吉田被告が人を引きずった認識があったことを立証する方針。

 吉田被告は事件後の同年11月5日未明、ミナミのラーメン店にいるところを大阪府警の捜査員に見つかり、逮捕された。

キツネ侵入による事故死、高速会社に「責任なし」 最高裁(産経新聞)
高校無償化、朝鮮学校「検討中」に修正 鳩山首相(産経新聞)
定員最多の阪大は7265人 国立大2次試験、教育・看護が人気(産経新聞)
遮断棒降りたまま JR関西線で8800人に影響(産経新聞)
<大津波・津波警報>JR運休相次ぐ 北海道~近畿地方(毎日新聞)