兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は27日、同市百合地(ゆるじ)の人工巣塔(高さ12.5メートル)で、国の特別天然記念物・コウノトリの卵がふ化し、2羽が誕生したと発表した。ふ化は今季初めての確認で、4年連続のふ化成功。ひなは順調に育てば5月下旬に巣立つ見込み。

 ふ化させたペアは9歳雄と11歳雌。07年には、国内の自然界では46年ぶりにひな1羽を巣立ちさせていた。公園は2月23日、このペアの卵6個を確認。27日に研究員が高所作業車を使って巣を観察したところ、ふ化していた。ほかの卵4個のうち2個は割れるなどして死に、残る2個は有無が確認できなかったという。

 これまで自然界で巣立ったコウノトリは計18羽。今季は市内の他の四つの巣でも計13個の産卵が確認されている。【皆木成実】

【関連ニュース】
コウノトリ:帰って来て! 養父・伊佐小児童が巣台作り /兵庫
コウノトリ:出石のペアが、今年初の産卵 /兵庫
コウノトリ:17年ぶり福島潟に飛来 兵庫から巣立った雌 /新潟
コウノトリ:新潟市に飛来 北限、豊岡から460キロ /兵庫
コウノトリ:エヒメペア、2個目産卵 /兵庫

<英国大使館別荘>栃木県へ譲渡 アーネスト・サトウが建設(毎日新聞)
<無人偵察機>実物大模型を日本初公開 東京・大田の展示場(毎日新聞)
芸能プロ経営者を逮捕=モデル志望女性を暴行容疑-変装し逃亡か・警視庁(時事通信)
首都圏JR 架線トラブル 「急に電気消えた」「ドン、と音がした」(産経新聞)
LDH、旧経営陣との訴訟終結 7億6500万円支払いで和解(産経新聞)