国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件で、上祐史浩前オウム真理教代表(現・ひかりの輪代表)は29日までに、「警察権力のトップを攻撃する発想は、教団の思想と合致する」とのコメントを出した。
 その一方で、「ほかの事件と性質が異なり、疑問を感じる点もある」とした上で、「内部調査でも事実を確認できない。事件にかかわったかもしれないし、かかわっていないかもしれないとしか申し上げようがない」としている。
 上祐前代表は「私個人の見解」としている。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず
カルト対策で連携強化=79大学が情報交換

介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)
名物デザイン「滝と紅葉」のナンバープレート(産経新聞)
谷垣総裁「不祥事に民主党は誰も責任を取らない」(産経新聞)
<民主>定数3以上は複数候補擁立へ 統一地方選(毎日新聞)
<ソメイヨシノ>東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)