ヒゲを生やしていることを理由に人事評価を低くされたのは人権侵害にあたるとして、従業員の男性(58)が郵便事業株式会社(日本郵便)に慰謝料など計約160万円を求めていた訴訟の判決が26日、神戸地裁であり、矢尾和子裁判長は「ヒゲは身だしなみ基準に違反しない」として、日本郵便に約38万円の支払いを命じた。原告の男性は「長年手入れをしてくるなど愛着のあるヒゲ。人事評価の違法性が認められうれしい」としている。

 訴状などによると、男性は昭和45年から郵政事務官として神戸地方貯金局(現・神戸貯金事務センター)に勤務。平成17年、神戸市内の郵便局に配置換えとなった際、上司から昭和60年ごろから生やしていたヒゲをそるように指示されたが、従わなかった。

 これにより、男性は「従来の業務である窓口業務から外され、さらに身だしなみ基準に違反しているとして人事評価の点数を減らされるなど、不当な扱いを受けた」と主張し、人事評価により減らされた手当や慰謝料などを求めていた。

 郵便事業株式会社近畿支社は「判決理由などを検討し適切に対処したい」としている。

【関連記事】
未婚女性の6割が「オス化」 NEC調査
海外こぼれ話 新妻にひげ…離婚申請
ヒゲの隊長「国防は最大の福祉」に首相「外交努力も大事」
あなたはシェーバー派? カミソリ派? 使い分けて肌に優しく
茶髪&ひげ禁止!巻き返し図る横浜とロッテの本気度
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<消えた年金>第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中(毎日新聞)
<福知山線事故>JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審(毎日新聞)
<強盗容疑>都立高教諭を逮捕 顔殴りバッグ奪う(毎日新聞)
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)
「新型インフル対策は成功」=政府諮問委員長が会見で総括(時事通信)