サクランボ主産地の農協とJA全農山形、山形県で作る「さくらんぼ産地強化対策推進協議会」が20日開かれ、今年の露地ものサクランボは、5月上旬の好天で結実は良いとみられ、平年(1万3100トン)を上回る収穫量が期待できるとの見方を示した。過去3年不作が続いたが、今年は4年ぶりの豊作が期待できそうだ。

 また収穫のピークは平年の6月23日より数日遅れ、6月末ごろと予想。暑くなる時期にかかり、実が軟らかくなり品質低下につながるウルミ果や高温障害が懸念されるとして、早めのもぎ取りが重要だと報告された。

 県は28日に作柄調査をし、収穫予想を公表する。【浅妻博之】

【関連ニュース】
<写真特集>白いイチゴが人気 その名も「初恋の香り」
<写真特集>鳥取スイカミス・ワールド日本代表の佐々木さんがPR
<写真特集>桜島大根:世界一巨大なダイコンをPR

参院選「7月11日投開票」公算、国会延長せず(読売新聞)
無登録旅行業者チラシを小学校が配布 「ツアー中止」返金されず保護者被害(産経新聞)
新型水虫が格闘技部の中高生に猛威、拡大防止へ診断義務化/神奈川県(カナロコ)
石川議員も再聴取 地検特捜部(産経新聞)
東新児童館で育児中のママが交流(産経新聞)