中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、有機リン系殺虫剤メタミドホスを混入したとして、中国警察当局に身柄を拘束された製造元の天洋食品(河北省石家荘市)元臨時従業員、呂月庭容疑者(36)=同省出身=が、メタミドホスを「工場近くの池に捨てた」と供述していることが27日、分かった。日中関係筋が明らかにした。
 天洋食品の工場裏手には実際に池があり、中国警察当局が捜したが、見つかっていないという。
 同当局はメタミドホスの混入に使われたとみられる注射器2本を既に、呂容疑者の供述に基づいて下水道から発見、押収。注射器にはメタミドホスの成分が付着していたことが判明している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕中国製冷凍ギョーザ中毒事件
〔用語解説〕「メタミドホス」
「日本狙った犯行」否定=上海万博前に懸案解決
「危険物質投与」容疑で拘束=毒ギョーザ事件の元臨時従業員
真相究明を期待と鳩山首相=岡田外相も中国評価

日本の森と水、むさぼる外資 埼玉や山梨でも買収打診 取引、10年前の倍以上(産経新聞)
認知症の女性に7000万円分販売=そごう社員が貴金属など-広島・呉(時事通信)
後発品情報を提供する新システムの運用、4月から開始(医療介護CBニュース)
事業者にアイデア募集 公園跡地で橋下知事(産経新聞)
長官銃撃事件前後の詳細判明 「敵の仇は敵にやらせる」(産経新聞)