12日午前5時55分ごろ、JR西日本新大阪総合指令所が、京都府京田辺市薪加賀ノ辻のJR片町線(学研都市線)大住~京田辺駅間にある八幡踏切で異常を示す信号が出ているのを確認。踏切を通過する電車が徐行運転した。

 点検の結果、異常がなかったため、約30分後に通常運転を再開。このトラブルで、東海道本線と片町線で計36本が運休、計46本が最大1時間3分遅れ、約4万3千人に影響した。

【関連記事】
JR京浜東北線一時運転見合わせ、御徒町駅で女性けが
新幹線に接触し男性けが
橋げたに車接触?衝撃をセンサーが感知 JR阪和線で電車遅れる
「人が線路に転落!」実は靴…影響2万人超 JR大阪環状線
新幹線線路内に不審者 JR京都駅 30分間運転見合わせ
外国人地方参政権問題に一石

<スペースシャトル>山崎さん搭乗、ISSとドッキング(毎日新聞)
<動物死骸>新たに犬猫の頭骨発見 計180匹に 埼玉(毎日新聞)
新党 参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成(毎日新聞)
立体駐車場から車転落=男性1人死亡、1人重体-大阪(時事通信)
ニコン、「COOLPIX S4000/S3000」の一部カラーの発売日を延期