宮城県石巻市の南部かつみさん(46)方で長女美沙さん(20)ら2人が刺殺され、次女沙耶(さや)さん(18)が連れ去られた事件で、沙耶さんは元交際相手の少年(18)=未成年者略取、監禁容疑で逮捕=の暴力から逃れるため、09年2月に家庭内暴力(DV)被害者の保護施設に入ったが、数日で「少年と復縁した」と言って退所していたことが捜査関係者の話で分かった。南部さんの親族によると、少年の暴力はその後エスカレートしたという。

 南部さんの親族の男性によると、沙耶さんは昨夏から頻繁に暴力を受けるようになった。「腕にたばこの火を押し付けられた跡があったとも聞いた」という。約3年前に少年と交際を始めたが「(少年が)暴力を振るって(沙耶さんが)アルバイトで稼いだお金を奪う構図だった」。少年の友人は「あいつと遊ぶときは大抵、沙耶さんも一緒だった。今月上旬に(沙耶さんが)眼帯をしていて『あれっ』と思った」と振り返る。

 県警によると、沙耶さんの相談を受けて09年2月と今年1月の2回、傷害の被害届を出すよう説得。ある捜査幹部は「仲たがいしては復縁し、被害届を出したがらなかった。男女のことは感情の動きもあり難しい」と説明する。一方、親族の男性は「(警察への相談は)一度や二度じゃない。適切に対応してくれたら、こういうことにはならなかった」と不満を隠さない。【宍戸護、浅妻博之、鈴木一也】

【関連ニュース】
DV:「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望
性暴力:Tシャツで抗議 被害者ら、思いつづり 来月、国内初の展示
DV:「防止法拡充を」 被害者、担当閣僚に要望
シンポジウム:子育て支援考える 産科医や保健師が現状報告--北区 /岡山
DV:相談急増209件 傷害・暴行で検挙も23件増38件--08年度 /山形

基礎疾患に満遍なく注意を―新型ワクチン接種で厚労省(医療介護CBニュース)
虐待と判断し病院が異例通報 継母逮捕の女児死亡事件(産経新聞)
道路予算、陳情の有無で格差=民主版個所付け資料の全容判明(時事通信)
広島の無人島落札者、隣島の運送業者だった(読売新聞)
首相の実母らの喚問要求=自民国対委員長(時事通信)