自民党の田野瀬総務会長は20日の記者会見で、反執行部の姿勢を強める舛添要一・前厚生労働相について、「瀬戸際外交というか(新党結成など)半分脅しながらの言動では人心が集まらない」と批判した。

 そのうえで、「舛添氏は(自公政権の)末期、主要閣僚だった。『党に重傷を負わせた責任者の一人だから、傷を治すため頑張る』と言えば人心が集まる」と述べ、言動を改めるよう求めた。

寛仁さま、トルコへ(時事通信)
<山武市長選>椎名氏が再選 千葉(毎日新聞)
<食物アレルギー>10年間で倍増 東京都の3歳児調査(毎日新聞)
海外に59のミラーサイト…男児ポルノ事件(読売新聞)
<中国毒ギョーザ>警察庁で日中情報交換会議(毎日新聞)