積雪のため閉鎖されていた北アルプス乗鞍岳の山岳道路「乗鞍スカイライン」(岐阜県高山市丹生川町、14.4キロ)が15日、除雪を終え、約半年ぶりに開通した。快晴に恵まれ、森林地帯を抜けると、北アルプスの山々がパノラマのように広がった。

 登山バスに乗り込んだ観光客らは、道路沿いの高さ約8~3メートルの残雪の壁を見ながら、終点の畳平(標高2702メートル)まで山岳ドライブを満喫した。

 同スカイラインはマイカーを規制している。登山バスは、環境税を含めて往復2000円。【宮田正和】

【関連ニュース】
北アルプス:「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる
乗鞍スカイライン:除雪作業の7割終える /岐阜
乗鞍スカイライン:除雪作業の7割終える /岐阜
乗鞍スカイライン:北アルプスへ、春告げる一歩

復元住居を壊す、中学生送検=器物損壊容疑―静岡県警(時事通信)
小沢氏3回目の聴取 東京地検、「起訴相当」議決受け(産経新聞)
21年自殺統計 過酷な労働環境 若者圧迫(産経新聞)
普天間、現行案修正で協議継続=米、くい打ち桟橋工法に難色か-実務者協議(時事通信)
<転落>ホテルの見晴らし台崩れ7人重軽傷 山梨・富士吉田(毎日新聞)