【ロサンゼルス吉富裕倫】米ロサンゼルス郡検事局は5日、昨年6月に米歌手マイケル・ジャクソンさん(当時50歳)が急死した事件の訴追を8日に行うと発表した。罪の内容や訴追対象の氏名は明らかにしていない。

 マイケルさんを眠らせるため死の直前に強い麻酔薬を投与したコンラッド・ムレイ医師(57)が過失致死罪で訴追される見通し。同医師が予定していた5日の出頭は中止となった。8日の訴追後、裁判所での訴追内容の認否など本裁判前の予備審問の手続きが始まる。

【関連ニュース】
マイケルさん急死:麻酔薬投与の医師、出頭に合意
マイケルさん:専属医を致死容疑で立件へ
M・ジャクソン:再発見 死後アルバム100万枚
ハイチ大地震:「ウィ・アー・ザ・ワールド」再録で救済
歌っても踊ってもOKの「THIS IS IT」上映会が人気

支持率83・2% 橋下知事就任2年、大阪府民意識調査(産経新聞)
お灯まつり 山から滝のように流れる炎 和歌山県新宮市で(毎日新聞)
殺害準備の過程を詳細に書き込み「準備完了」(産経新聞)
<内服薬>バラバラ処方せん標準化へ 誤読の危険回避へ(毎日新聞)
「引退と捜査は別の話」=朝青龍問題で警視庁(時事通信)