北沢俊美防衛相は20日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、月内に政府・与党の検討委員会で候補案をリストアップし、米側や地元自治体との協議に入るべきだとの考えを明らかにした。山口県岩国市内で記者団に語った。
 北沢氏は「検討委として2月中にまとめてほしい。案は複数でもいい。それを公表するかどうかは分からないが、米側や地元自治体、沖縄と擦り合わせてほしい」と強調。「そうしないと5月末までに解決しない」と述べた。さらに、検討委への提示が遅れている社民、国民新両党の案も、米側などとの交渉の対象になるとの認識も示した。
 北沢氏によると、こうした考えを、検討委委員長の平野博文官房長官に伝えており、平野氏は「努力したい」と答えたという。 

【関連ニュース】
小政党「おとなしくして」=福島、亀井氏に不快感
海兵隊グアム移転、期限延長検討を=「普天間」は行き詰まり
普天間、県内移設に傾く=沖縄は不信感、決着見通せず
普天間移設「ベストを探す」=鳩山首相
普天間、県内移設の可能性示唆=沖縄知事と会談

インフルワクチンの効果いつまで? 正解は1割未満(医療介護CBニュース)
ボンドの2000GTも…往年の名車、夢の競演へ(読売新聞)
政治とカネ 企業なら「知らない」で済まない(産経新聞)
企業献金禁止めぐり与野党協議機関=鳩山首相、設置に前向き-党首討論(時事通信)
2000個、追悼のともしび=通行人も参加、福知山線事故-兵庫(時事通信)