赤松広隆農林水産相は14日、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる問題で、東京地検が関係先に家宅捜索を行ったことに関連して「政治家として、疑惑を晴らすためにできるだけ説明すべきだろう」と述べ、小沢幹事長が事実関係などを説明して、国民の疑念を払しょくすることが必要との見解を示した。岐阜県羽島市での記者会見で語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

関電関連会社の派遣切り、200万円支払いで和解 大阪地裁(産経新聞)
<男性不明>「埋めた」供述の場所捜索 鹿児島・栃木県警(毎日新聞)
玉突き事故処理に向かったら、パトカーも…(読売新聞)
大藪春彦賞に樋口、道尾の2氏(時事通信)
名護市長選 新人、現職の争いに 普天間争点、与野党対決(毎日新聞)