民主党の山岡賢次国対委員長は6日、国会内で開かれた党会合で、平沼赳夫元経産相らが結党準備を進めている新党について「ひとりひとりも政策もバラバラだ」と批判し、「いずれにしてもわが党には何の影響もない。あるとすれば良い影響があるぐらいだ」と述べた。

 さらに、山岡氏は新党について「新党というのか、旧党というのか、第2自民党というのか、まだはっきりとした名前にないようだ」と揶揄(やゆ)し、「自民党の溶解状態が、だんだんと具体化していることだけははっきりしている」と指摘した。

【関連記事】
慎太郎、小沢の影…与謝野&平沼新党の不可解、狙いは?
「平沼・与謝野新党」邦夫氏参加見送りへ
平沼・与謝野新党に各党は冷ややかな反応
平沼・与謝野氏は「北極と南極」 国民新・自見氏
与謝野新党、66%「期待しない」 旗揚げ前に厳しい結果
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。(医療介護CBニュース)
足利事件検証報告書 真相解明、躊躇せず議論を(産経新聞)
納豆菌使った水浄化、丸紅が海外売り込みへ(読売新聞)
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル(産経新聞)
<育児休暇>新人に「とってみて」…首長で初取得の文京区長(毎日新聞)