中村真衣さん、「中村米」収益一部を地元に寄付(読売新聞)

 新潟県長岡市出身で2000年シドニー五輪女子100メートル背泳ぎの銀メダリスト中村真衣さん(30)(東京都在住)が25日、同市役所を訪れ、スポーツ振興に役立てるため、自分で育てたコシヒカリ「中村米(まい)」の売り上げから10万円を寄付した。

 中村さんは、以前から農業に興味があったといい、08年に同市立山谷沢小学校を訪れた際、地元で農場を経営する今井昭さん(58)と話をする中で、同市滝谷町の約60アールを使って米作りが実現した。

 昨年、種まきから田植え、収穫まで参加し、昨秋にはコシヒカリ約3トンを収穫。自分の名前をもじって「中村米」とし、収益の一部を寄付することを明記した上で販売、スポーツ仲間らも購入し、完売したという。

 中村さんは「(米作りは)いい経験になり、『おいしい』と言ってくれる人もいて、うれしかった。今年も続けたい。寄付は、選手育成に役立ててほしい」と話していた。

少子化問題、雇用の安定へ有期契約の正社員を 佐藤博樹・東大教授(産経新聞)
<谷内六郎さん>横須賀市に寄贈の表紙絵、遺族が返却求める(毎日新聞)
雑記帳 トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園(毎日新聞)
ワクチン接種の障害、「高額な費用負担」が7割近く(医療介護CBニュース)
新宿のNPO法人が助成求めプレゼン(産経新聞)

<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)

 電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」で東京湾岸の公園を巡る「東京港ガイドツアー」が15日にあった。参加者はガイドの手ほどきを受け、初夏の浜風を浴びてレインボーブリッジや対岸のビル群の景色を楽しんだ。

【写真で見る】近くにある東京湾願署はこんなところ

 東京都港湾局の主催で16日まで実施する。2日間で80人の定員に約3300人が申し込んだ。この日は抽選で40人が参加。公道は走れないため、船の科学館(品川区東八潮)を起点に、海沿いに連なる都立青海南埠頭(ふとう)公園(江東区)と都立潮風公園(品川区)内のコース約5キロを1時間かけて回った。

 茨城県筑西市から参加した会社員、飯田峻司さん(27)は「簡単に遠くまで行け、景色もきれいで面白い」と「セグウェイ散歩」を満喫していた。【浅野翔太郎】

【関連ニュース】
英国企業に買収されたセグウェイ(10年1月)
【写真で見る】東京の湾岸をバックに結婚式(09年1月)
【写真で見る】レオンボーブリッジをバックに東京タワーの夜景を空から見る
【写真で見る】世界糖尿病デー:レインボーブリッジの間から見える、ブルーにライトアップされた東京タワー

B型肝炎訴訟 長妻厚労相 「議論尽くされていない論点多い」(産経新聞)
狭山事件 検察側が証拠開示…取り調べテープなど36点(毎日新聞)
日米合意出来れば首相の進退問題なし…下地氏(読売新聞)
男性2人刺され心肺停止…大阪のマンション(読売新聞)
出会い系、「婚活」女性もトラブル続出(読売新聞)

B型肝炎訴訟で閣僚会合=和解協議に向け詰め-政府(時事通信)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めたB型肝炎訴訟で、政府は9日、関係閣僚による会合を開いた。原告側との和解協議には応じる方向だが、さらに詰める課題があるため、閣僚らで引き続き検討を重ねる。
 国側は因果関係が不明などとし、全面的に争ってきたが、札幌、福岡両地裁が今年3月に和解を勧告。大阪地裁も翌4月、和解による解決を促し、官邸を中心に対応を協議してきた。
 9日は首相公邸に鳩山由紀夫首相や仙谷由人国家戦略担当相、長妻昭厚生労働相ら6閣僚が集まり、約1時間半にわたり議論した。
 会合後、仙谷氏は報道陣に対し、「もう少し詰めなきゃいけない問題が多々ある」と述べ、14日に開かれる札幌地裁の次回期日まで協議を続ける考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
首相、17日以降に沖縄再訪問へ(読売新聞)
<NPT会議>紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)
2歳男児はねられ死亡 滋賀・甲賀市(産経新聞)
NPT会議 紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ