19日午前0時50分ごろ、千葉県成田市大清水の県道で、センターライン付近に女性が倒れているのを通行人が発見し119番した。女性は同市三里塚光ケ丘、パート社員、マリア・アントニエタさん(44)=ペルー国籍=で、頭を打って死亡していた。車にひかれたような跡があり、県警成田署はひき逃げ事件とみて、自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)容疑で捜査している。

 同署によると、現場は成田国際空港の西約1キロで片側1車線の直線道路。近くに民家は少なく、夜間の人通りも少ない。アントニエタさんは勤務先の市内のホテルから帰宅する途中だったとみられる。【倉田陶子】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述
北海道ひき逃げ:容疑者を起訴 札幌地裁支部
名古屋ひき逃げ:危険運転致死容疑で同乗の2人再逮捕
名古屋ひき逃げ:4人目の男逮捕 危険運転致死容疑
名古屋ひき逃げ:運転の男を送検 危険運転致死容疑

平野長官、シュワブ陸上案「ゼロベースで検討」(産経新聞)
村木被告から指示なし 前任係長、障害者団体と面会は認める(産経新聞)
志賀原発2号機が営業運転再開=北陸電(時事通信)
消費税論議に慎重=景気への影響懸念-平野官房長官(時事通信)
仕分け第2弾対象、4月上旬までに…枝野刷新相(読売新聞)