厚生労働省は13日、部下である男性職員にウソの人事異動情報を伝え、100万円を受け取ったとして、統計情報部企画課の統計企画調整室長(56)を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。

 室長は同日付で大臣官房付とされた。室長は「急にお金が必要になった。取り返しのつかないことをしてしまった」などと話し、同日、退職願を提出した。厚労省は「だまされた職員に告訴の意思がない」として、同省としても告発しない方針という。

 同省によると、室長は先月16日、統計情報部の職員に対して、「4月の人事で地方に行くことになった」とウソをついた上、一定の現金で異動を回避できるといった趣旨の提案をした。

 この話を信じた職員は翌日、現金100万円を室長に手渡した。今月7日になってこの職員が不審に思い、同僚を通じて幹部に相談して発覚。室長は事実関係を認め、8日に全額を男性職員に返却した。

1億円の無償資金協力を政府決定 中国地震(産経新聞)
皇位継承問題を考える ―中川信博
日本医師会の新会長が消費税増提案も、出席議員の反対で即撤回(産経新聞)
<ISS>山崎飛行士が宇宙で琴、「さくらさくら」を演奏(毎日新聞)
「政治生命のすべてかける」結党会見で平沼氏(読売新聞)