自民党に離党届を提出した舛添要一前厚生労働相や矢野哲朗前参院国対委員長、改革クラブの渡辺秀央代表らは23日、都内で新党結成の記者会見を開く。党名は「新党改革」で、舛添氏が党首に就任する見通し。デフレ脱却のための経済活性化や国会議員の定数削減を掲げるとともに、鳩山政権打倒に向け、夏の参院選に独自候補を擁立する方針だ。
 結党メンバーは、舛添氏ら3氏のほか、自民党に離党届を出した小池正勝氏、改革クラブの荒井広幸幹事長、山内俊夫氏の計6人で、いずれも参院議員。舛添氏はさらに、自民党議員の参加に期待を寄せているが、めどは付いていない。
 結成時には舛添、矢野両氏が改革クラブに入党して、新党に衣替えする形式を取る。7月に予定される改革クラブへの政党助成金を受け取れるようにする狙いがあるとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

自社品配合の高血圧症治療薬レザルタスを新発売―第一三共(医療介護CBニュース)
アイスランド噴火で成田発着22便が欠航(産経新聞)
橋下知事「僕が改革やる」…万博記念公園(読売新聞)
車両床下から煙、大阪市営地下鉄で乗客ら避難(読売新聞)
<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)