コシヒカリのゲノム解読=おいしさの遺伝子群特定へ―農業生物研(時事通信)

 福井県で開発され、全国的に生産される「コシヒカリ」は、明治時代に山形県で開発された「亀の尾」など6品種から遺伝子を受け継いでおり、子孫に当たる宮城県の「ひとめぼれ」と秋田県の「あきたこまち」は、全遺伝情報(ゲノム)の8割がコシヒカリと共通していることが分かった。農業生物資源研究所(茨城県つくば市)が24日、コシヒカリのゲノムを解読し、他品種と比較した成果を発表した。
 同研究所は今後、コシヒカリの色つやや粘り、でんぷんの成分比率など、おいしさに関連する遺伝子群を特定し、効率的な品種改良に生かす方針。論文は英オンライン科学誌BMCゲノミクスに掲載された。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
〔用語解説〕「DNAとゲノム」
3月下旬に県の検査すり抜け=口蹄疫感染の水牛
卵子のもと、高率で活性化=不妊治療に応用期待
「宮崎牛」種牛も殺処分に=事前避難6頭は経過観察

ちゃんこダイニング若、営業中(Business Media 誠)
<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
閉鎖中の食肉処理場を再開へ=特例、牛肉の出荷促進で―農水省(時事通信)
参院比例に元レーサー=みんな(時事通信)
殺処分20万頭超 政府が口蹄疫対策を決定(産経新聞)

19日に日豪ACSA締結 東京で2プラス2(産経新聞)

 岡田克也外相は14日の記者会見で、日本とオーストラリアの外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を19日に東京で開催すると発表した。自衛隊と豪軍の間で食料や燃料を相互に融通できる物品役務相互提供協定(ACSA)を締結する。日本がACSAを結ぶのは米国に続き2カ国目となる。

【関連記事】
岡田外相が19日から豪州訪問
日豪でACSA締結へ 自衛隊と軍、食料・燃料を相互提供
NZ加盟承認 ASEM高級事務レベル協議
福山副大臣「非核三原則」堅持を強調 NPT再検討会議
たばこ、ロゴなし白い箱に 豪、喫煙率減狙い
少子化を止めろ!

「としまえん」で遊具から生徒転落 「怖くて二度と乗れない」(産経新聞)
40代自殺の増加幅最大=20~30代は過去最悪-12年連続3万人超・警察庁(時事通信)
<南海高野線>快速急行にはねられ高1女生徒が死亡…大阪(毎日新聞)
ひき逃げ容疑で81歳男逮捕=男性遺棄事件-愛知県警(時事通信)
<在日米陸軍>司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答(毎日新聞)

高速新料金「首相が決めること」=小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は26日午後、党本部で記者会見し、高速道路の新たな料金制度の見直しについて「最終的には政府、突き詰めて言えば首相が決定することだ」と述べ、鳩山由紀夫首相の対応を見守る考えを示した。
 国土交通省が先に発表した同制度をめぐっては、小沢氏の政府・民主党首脳会議での提起を受け、首相は見直す考えを表明したが、前原誠司国土交通相が反発。国会での関連法案の審議を踏まえ、見直しの是非を判断することになった経緯がある。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
【Off Time】街ある記-富山県魚津
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

もんじゅ稼働を福井県知事が正式了承、6日にも再開へ(産経新聞)
「愚かな首相」は共感を得られるか(産経新聞)
【ニッポンの食、がんばれ!】ゼリーフライに地大豆おから(産経新聞)
<拉致問題>関係府省連絡会議が初会合 協力体制を確認(毎日新聞)
<愛知5人殺傷>長男、対人関係苦手なまま大人に(毎日新聞)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ