気象庁の桜井邦雄長官は18日の定例会見で、2月と3月に松本空港(長野県)と三宅島空港(東京都)で同庁職員が航空機向けに誤った気圧データを発信した問題について「関係者にご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と謝罪した。また、松本空港のミスを公表しなかったことについても「私の判断ミス」と述べ、陳謝した。

 松本空港のミスでは航空機1機が着陸をやり直し、到着が40分遅れた。桜井長官は「影響がこの程度なら公表の必要はないと判断したが、認識が甘かった」と述べ、今後は航空機の運航に支障が出るミスなどがあった場合は速やかに公表する意向を示した。

 また、短期間に2件のミスが相次いだことについては「(気圧データの発信は)航空機の安全にかかわる重要な業務であることを再確認するよう指示した」と話した。【福永方人】

【関連ニュース】
気圧データ:誤発信 三宅島空港でも
気象庁:データ誤入力で民間機が着陸やり直す 松本空港
気象庁:気圧データを誤入力 1機着陸やり直し--松本空港

<点字ブロック>発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成(毎日新聞)
日本IBM社員、ニイウスコー不正取引関与か(読売新聞)
<百五銀行>ATM一時使用不能に(毎日新聞)
高1長女の交際相手殺害、父親に懲役8年判決(読売新聞)
<反貧困フェスタ>本紙記者に貧困ジャーナリズム賞(毎日新聞)