17日午後1時半ごろ、大阪(伊丹)発高知行きの全日空1609便(ボンバルディアDHC-8-D型)が神戸市上空を飛行中、機体の姿勢を制御するコンピューターの不具合を示す警告ランプが点灯したため、大阪空港に引き返した。同社によると、乗客乗員58人にけがはなく、乗客は代替機に乗り換えて高知に向かった。

【関連記事】
大阪発ボンバル機が目的地変更 鹿児島空港に着陸
ボンバル機が引き返す 大阪-福島便
「原因はエンジンの部品脱落」大阪空港のボンバルディア機離陸中止で運輸安全委
全日空、点検不備で6便欠航
大阪発屋久島行きJAC機が目的地変更 通信装置に不具合

2人死傷単独事故で少年逮捕=危険運転致死傷容疑-兵庫県警(時事通信)
花冷え7分咲き 造幣局「通り抜け」(産経新聞)
弁護側の同意ない調書 検察、誤って読み上げ(産経新聞)
筑波大元教授の請求棄却=「論文データ改ざん」解雇訴訟-水戸地裁支部(時事通信)
将棋 羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)