福井県で開発され、全国的に生産される「コシヒカリ」は、明治時代に山形県で開発された「亀の尾」など6品種から遺伝子を受け継いでおり、子孫に当たる宮城県の「ひとめぼれ」と秋田県の「あきたこまち」は、全遺伝情報(ゲノム)の8割がコシヒカリと共通していることが分かった。農業生物資源研究所(茨城県つくば市)が24日、コシヒカリのゲノムを解読し、他品種と比較した成果を発表した。
 同研究所は今後、コシヒカリの色つやや粘り、でんぷんの成分比率など、おいしさに関連する遺伝子群を特定し、効率的な品種改良に生かす方針。論文は英オンライン科学誌BMCゲノミクスに掲載された。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
〔用語解説〕「DNAとゲノム」
3月下旬に県の検査すり抜け=口蹄疫感染の水牛
卵子のもと、高率で活性化=不妊治療に応用期待
「宮崎牛」種牛も殺処分に=事前避難6頭は経過観察

ちゃんこダイニング若、営業中(Business Media 誠)
<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
閉鎖中の食肉処理場を再開へ=特例、牛肉の出荷促進で―農水省(時事通信)
参院比例に元レーサー=みんな(時事通信)
殺処分20万頭超 政府が口蹄疫対策を決定(産経新聞)