アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

下りは、どうだったか

世間は、お盆や夏休み、おまけに三連休。
こんな時は、都内でおとなしくしているのがいいのだが、
いつも遊びに行くジイさん仲間のTさんご夫妻の奥様が
膝の手術をされるという。
入院・手術をすると10月、いや11月ぐらいまでは
遊びに行けなくなってしまう。
いわば、手術前のラストチャンスなのだった。

当日の渋滞・混雑の予想はどうか、
実際に行ってみなければ、分からない。

とにかく、Tさんご夫妻とOさんと集まって、いざ渋滞へ。

東北道へ、いつもは、蓮田や羽生に寄るのだが、今日は寄らずに先を急ぐ。

なぜなら、鬼怒川のライン下りをしようと、予約を入れていたからだ。
久喜のあたりの渋滞ゾーンを抜け、順調に走り出したと思ったら、
どこだったか渋滞第2ゾーンにはまった。

それでも、日光宇都宮道路に入り、何とか間に合うかなと思ったが、
あまりにもギリギリすぎるので、遅れる旨を電話して、
予約を変更してもらう。

到着はしたものの2時間ほど時間が空いてしまった。
そこで昼ご飯となった。
ライン下りが終わってから、ゆっくりと山のレストランにでも、
と思っていたから、うーん、予定変更で店を探す。

日光だから、蕎麦かね。

実は駐車場がなかなか見つからなかったこともあり、
駐車場のある蕎麦屋に入ってみる。

手打ちニハそば 茅

11505



















湯葉の刺身、天ぷらなど数品頼み、

11506




















蕎麦はざる蕎麦を食べた。
更科のような白い蕎麦だった。

11507






















11508



















ライン下りの乗船場へ行く。
トラックに舟が積まれている。

11510























これは一度川を下った舟を再び出発点へ運んできたところだ。
ここからクレーンで川へ下ろすのだ。

11511



















11512



















11513



















天気はあまり良くなかったが、お客は多い。

ライフジャケットを着用して乗船する。

11514



















船頭は舟を操るだけでなく、ガイドの役目もある。

11516

















このガイドの話し方ひとつで、楽しい川下りになるのかが決まってしまう。
今日の船頭は、中々面白い、退屈させずに話を続けてくれる。
巧みな話術は、売れない芸人よりも優れている。

11517


















台風の影響で、水かさが増えているそうです。
いつもより下りに用する時間も短いのだそうだ。
つまり流れが早いということですね。

11519



















最近は、ラフティングの人気も高いらしい。
女性も子供も乗っている。

11525


















11526


















11529














カヌーを楽しんでいる人々も。

11533














岩の名前や滝の名前など、説明してくれたが、覚えてられない。
ボケッとしていると水をかぶってしまう。

11523
















何やら、熊か、亀だったか・・・。

11524

















チャウチャウに似た岩。

11527




















11521
















11522


















11528





















11530

















船頭の決めポーズ。 プッ。

11531


















船頭が撮ってくれた写真。完璧に撮れたと自画自賛していた。

11532




















川霧が出ている。

11535















11534

















終点に着くと出発点まで送迎バスが送ってくれる。
バスを待つ間、売店がある場所で時間を過ごす。

11536












日光はかき氷が有名だ。天然の氷で作ったかき氷は違うらしい。
Tさんは、旨いと言っていました。

11537



















東武鉄道の鬼怒川線に今年SLが走り始めた。

売店のお姉さんが、間もなくSLが来ますよー。
バスは待っててくれますので、あわてないで見てくださーい!

ほどなく汽笛が聞こえ、SLがやってきた。

11538


















11539
















11540


















私にとっては、姿よりも音と臭いがとても懐かしかった。



続いては、小杉放菴記念日光美術館へ行く。
小さな美術館だが、落ち着いたいい美術館だ。

11541



















11542




















企画展は、安野光雅 ふしぎな絵本の世界展

1150411501













独特の細かなタッチに感動を新たにする。
美術館のカフェでしばしまったり。

1150211503







帰りには、羽生に寄って休憩。

11543
















SA脇の木のまわりにたくさんの鳥が集まり、飛び交っていた。
ムクドリかしらね。
乗ってきた車に、爆弾が何発か命中していた。
コノヤロー!

Tさんの奥様、手術を前に憂鬱な気分だったけど、
今日は楽しめて、忘れる事が出来てとっても良かったと
言っていただいた。
そう言ってもらえると遊びがいもあるというものだ。




今回の旅から、相棒が変わった。
この白いのが、新しい相棒です。
いずれ詳しく紹介しようと思います。

11509






















↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

早稲田で天ぷら

久しぶりの仕事で早稲田へ行った。

仕事を済ませ、穴八幡へお参り。

11494



















ここは金儲けのご利益があると言われているので、
ご挨拶はかかせない。


さて、仕事が終わったら・・・。

腹が減った・・・・。



って、孤独のグルメの五郎ちゃんか?

どこへ行こうか。


穴八幡の向かいには、カレーの名店メーヤウがある。
あるはずなのに、あれれ、看板がない。
なんか、工事してる? どーしたのだろう。


うーん、そうだ、いもや。どうしてるだろう。
おじいちゃん元気に仕事しているだろうか。

早稲田の裏通りにある小さな天ぷら屋へ行く。

ああ、暖簾が出ている。営業しているな。

11496


























店に入ると、他に客はいなかった。
11時30分ごろだったので、これから客は来るのだろう。
小奇麗なカウンターだけの店だ。

11497




















天ぷら定食を注文する。
相変わらずの安さだ。

11498
















ジイさんとバアさんの二人でやっている。
バアさんが注文をとったり、店を仕切っている。
ジイさんは、いつも黙々と天ぷらをあげている。
そうやって、何年続けているのだろう。
元気でよかった。

11499




















11500





















できるなら、ずっと続けていて欲しいものだ。





↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

新人あらわる

斎藤郷生さんが個展を開いていた。
最終日にやっと伺うことができました。
場所は、あの聖路加病院にあるギャラリーだ。

日野原重明先生が亡くなって、まだ日が浅い。
訪ねた前日まで献花台が設置されてたそうです。

このギャラリーの看板文字も日野原先生が書かれたもの。
そこ此処に、日野原先生の名残がありますね。

11507


















11504
























11503



















11505




















11506





















さて、郷生さん。
従来の癒し系わらべシリーズ、お地蔵さんシリーズに加えて
新境地、フクロウシリーズが登場していました。

11501
















11502























ふくろうは「福来郎」「不苦労」などどいった縁起のよいもの。
また、「学問・知恵の神様」ともいわれており、
学業成就、合格祈願を願う人にも親しまれていますね。
うん、売れ線?ですなあ。

このギャラリーでの個展も数を重ね、
馴染みの人たちもいるようです。
入院している患者さん、お見舞いに来た訪問客の
心を癒してくれる作品たち。
このギャラリーにピッタリですね。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ