アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

花・花・花

ゴールデンウイークは単なる連休というだけでなく
数多くの花が咲くという季節でもある。

ひたち海浜公園のネモフィラの丘、
ここは同時に菜の花、水仙、チューリップなども楽しめる。
芝桜、ツツジなどもこの時期に一斉に見頃となる。
毎年満開の見頃は変わるのでそこを見計らって
というのが難しい。

1番の見頃というのを見たい、見せたいのだが
今年はピークを過ぎ、終盤の花を見ることとなった。


朝東京を出発してまずは、足利市の織姫神社に来た。

17292



















神社の参拝はもちろんだが境内にある 
蕎遊庵 の蕎麦を食べるためだ。

17297



















3年ぶり?かな、なぜか店前に西洋甲冑の置物が。

17293






















私はせいろを頼んだが
同行者は さらしな生一本
さらしな生一本冷汁・山芋添え を注文した。
写真を撮り忘れ一口食べた後だ。

17294






















17295
























蕎麦を食べ、神社を参拝したら
山を下り、デザートを
パンヂユウ を買いに寄る。

小児玉稲荷神社境内の一角にある
屋台の店だ。
3コ100円のほぼ一口大の餡子の入った饅頭だ。

17298




















なんでも森高千里の歌にも登場するらしい。

おやつを仕入れたら、すぐ近くの足利学校へ。

17299





















その昔、関東の最高学府と言われていた。
フランシスコ・ザビエルにより海外にも紹介されていました。

17300






















17301





















17302



















17303



















足利学校を見終わったらお隣の 鑁阿寺へ。

17304

























鎌倉時代に建立された真言宗大日派の本山。
本堂は国宝となり建物の多くは文化財となっているお寺です。

17305






























17306



















ここで群馬県館林市へ移動する。
つつじが岡公園へ行ってみる。
城沼という沼?沿いにある公園に約1万株のツツジが植えられている。
やはり残念ながらピークは過ぎていて
最盛期はすごかろうと想像される公園でした。

17307

17308





















17309


















17310


















17311


















17312




















再び足利市に戻ります。
今日のメインである足利フラワーパークに。

藤で有名なところですが
断然夜ライトアップされたときがいいので夕方に入場する。

17313
































17314







































ここもやはりピークは過ぎていた。
それでも浮かび上がる藤の花は幻想的で美しい。

17315





















17316
























17317





















17318



















17319


















17320
















一度は見ておいて損はない。

夜になると少し冷えてきた。
あったまりたいというので佐野市へ。
夜遅くまで開いている 亀嘉 という
佐野ラーメンの店に行く。

17321





















17322
























17323
























腹ごしらえが済んだら東京へ。

眼福の1日であった。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!


タイヤ交換

17287





















シロクマ君は35,000km走っている。
ディーラーやガソリンスタンドなどで靴(タイヤ)を
履き替えたらどうですかと勧められていた。
今年車検のせいもある。

17288



































4本履き替えると結構な金額になるので躊躇していたが
ディーラーなどで履き替えるのではなく
タイヤを購入して交換してくれる業者に持ち込み交換する
という方法があると教えてもらった。

ネットで調べてみると確かにいくつかありました。

シロクマ君は 205/55R17 というサイズの靴を履いている
3月ネットで調べているうちに品切れになってしまった
4月になれば入荷するだろうと甘く見ていたら
なんと値上がりしてしまった。 Oh my God!

多くのものが値上がりしている今日この頃では
タイヤも例外ではなかった。

シロクマ君はフランス人なのでミシュランを履いていた。
ネットで見ると中国やアジア製など
安いタイヤブランドもあるが
ロシアがウクライナに攻め込んだがうまくいかなかった一因に
中国製タイヤの性能のせいがあるとの報道もあり
晴天性能、雨天性能、悪路走行性能など考えると
今履いているのと同じものがいいのかなと
再びミシュランを履くことにした。

ネットでタイヤを購入、取り付けてくれる店を選ぶ。

予約した日時にショップに車を持ち込み
作業を待つこと約1時間
履き替えが無事に終了した。
費用は諭吉さんが9人ほどでした。

17290
























17289



































17291



































新しい靴の履きごこちは上々
乗り心地が若干良くなった気がします。


↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!


映画とバイク 蜘蛛の巣を払う女

ハリウッド映画「ドラゴン・タトゥーの女」の事実上の続編となっています。

原作小説である「ミレニアム」シリーズは過去に
スウェーデンで3部作の映画が製作されており、
主人公のリスベットをノオミ・ラパスが演じていました。
この後ノオミ・ラパスはハリウッド映画に多く出演することになります。


ハリウッド版の前作では、主人公である天才ハッカーの
リスベットをルーニー・マーラ、
もう1人の主人公であるミカエルを007のダニエル・クレイグが演じていました。

今作のリスベットはクレア・フォイが演じています。


特殊な能力を持つ天才ハッカーのリスベットは、
AIの世界的権威であるバルデル教授から、
図らずも開発してしまった核攻撃プログラムを
アメリカ国家安全保障局(NAS)から取り戻してほしいと頼まれる。
依頼を受けて陰謀の裏を探っていたリスベットは、
やがて16年前に別れた双子の姉妹カミラの存在にたどり着き、
カミラが仕かけた罠にはまってしまう。

といった大雑把なストーリーですが、
冒頭、クズ男への制裁のために家に侵入するリスベットですが
顔には目の周りを白く塗ったメイク。
ブレードランナーではプリスが目の周りを黒く塗っていましたね。

17279
























その男の部屋にあるオブジェと重なり黒天使となるリスベット。

17280


背中にはドラゴンのタトゥー

17281



















黒の革ジャンにバイク、ドカティでした。

17283





















凍った河の上を疾走する。


17282




















全体が暗いトーンの中で一人だけ真っ赤なドレスを着ている
妹のカミラ、アルビノ的なメイク。

17286






















実は双子の妹という設定。
幼い頃父親から性的虐待を受け、
リスベットは逃げたが妹は残ってしまう。
国際的な陰謀と姉妹の確執・・・。

17284






















17285






















スウェーデン版の3部作、ハリウッド版の前作、
野蛮で醜悪な社会に対する戦いに起因する
暴力、ダークな心の闇を抱えた主人公といった面を
横に置いといてエンタメアクション映画になっていた。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

g_g_rider

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ