アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

映画とバイク 余命

バイクの出てくる映画はなかなか少ない。
ほぼアクション映画で、大体は、悪役の乗り物になってしまう。
アウトローとかヤンキーの乗り物のイメージが強いのかな。

映画の場合、主人公が乗っている自動車とかバイクによって
その人の社会的地位や趣味、人生観などをイメージづける。
ちょっと前だと、医者や弁護士なら、ボルボに乗っているとかね。

今回の映画、バイクが出てくるシーンは少ない。

主人公の百田 滴は大学病院に勤める外科医だ。
バイクに乗って病院に行くシーンから映画は始まる。
バイクは、ハーレーだ。
バイクに乗っている女性、しかも医者だ。
どんだけ、できる女なのだろう。


13036

















この女医の役を松雪泰子が演じている。
彼女は、実際に ハーレーダビッドソン FLTR1450 
に乗っているのだそうです。
なるほど安定したライディングだこと、
お約束の、ヘルメット脱ぎーの、髪の毛かきあげー。

13035


















物語は、その百田滴が、結婚10年目の記念日に、
夫・良介(椎名桔平)との子供を授かったことを知るところから始まる。
滴は10年前に乳癌で右胸を全摘出し、子供を諦めていたのだった。
ある日、滴は右胸に赤い斑点を見つける。
自分で密かに検査をした結果、炎症性乳癌の再発と分かる。
子供を産んで寿命を縮めるか、
子供を諦めて治療に専念するか、滴は選択を迫られる。


重いテーマの映画だ。
バイクは冒頭のシーンと
夫と2台で走るシーンなど登場は多くはない。

なぜ車ではなく、バイクに乗らせたのだろうか。
独立した、自立した女性であることの象徴として登場させたのだろうか。
滴は、出産か治療かどんな選択をするのだろうか。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!



球場の現状

久しぶりに野球観戦に東京ドームに来ました。

13023




















20数年振りでしょうかねえ。
前回は、読売ジャイアンツの試合でしたか、
ドーム弁当とかジャビット弁当などがあったと記憶しています。

13024




















今回は、福岡ソフトバンクホークスと北海道日本ハムファイターズ
当日は、鷹の祭典ということで、特別イベントがありました。
なんでも球団創設80周年なのだそうです。
始球式は、HKT48の田中久美さん、国歌斉唱は森口博子さん、
試合は6時開始なので、諸々のイベントはその前。
我々は、というか普通の会社員は
その時間にドームに着くのは、まず無理な話。
都内の移動だって30分はかかってしまう。
イベントの開始時間、考え直してもいいんじゃない。

というわけで、入場できたのは、2回の表になった頃。

客席から見ると、こんな感じ。

13025




















まあ、テレビで見る方が選手の表情とか分かります。
打球の音とか歓声などライブ感は、球場だけどね。
しかし人工芝は美しくないねえ。


ジジイは、お気に入りのビールの売り子さんを見つけ、
その娘からビールを買う。一杯800円だ。
なんだかんだで、5〜6杯飲んだかしらね。
野球観戦は、金がかかる。 って飲みすぎじゃ。




さてさて、試合が終わってから、
球場が暗転すると、観客が渡されていたサイリウムを振り始める。


13027




















13028

















おお〜っ、コンサートが始まるのかあ?
チアガールのようなダンサーたちがたくさん出て来て、
レーザー光線が飛び交い、マスゲームのようなダンシング。


13029
















13030

















そのうち ボン と炎が立ち上る。
あ、熱いよ!?

13031




















一度に全部、バババンッ!!!
ウオーッ、ひときわ大きな歓声が。

13032




















こんなことがドームで出来るようになったんだ。

13033

















今回は、鷹の祭典ということで、特別な演出だったのだろうけど、
野球もエンターテインメイトの一つとして考えれば、
まだまだやれることはありそうだ。
新しい球場では、色々と始まっているそうじゃないですか。


13034

















たまに見るのもいいものです。


↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!



西は豪雨、ジジイは豪汗

西日本は豪雨のニュースというのに
東京は、真夏の晴れ日だ。

このところシロクマ君に乗って出かけることが多いので、
バイクに乗る時間がない。
晴れて暇ならバイクに乗っておかないと、
バイクもご機嫌斜めになってしまう。
何より、自分のバイク乗り用の体力がなくなってしまう。
いや、気力の方がなあ・・・。

こう暑いとシロクマ君の快適さをとってしまう。

バイクは、乗る準備段階で汗びっしょりになってしまう。
今日は、近場で湘南定食コース。
いつもの道を行く。

13009























小坪漁港のゆうき食堂に着く。


13010




















うーん、家族連れや女性客が増えたなあ。
言っちゃ悪いけど、こんな小さな汚い店がなぜ人気なのだろう。

カツオのレアカツにイワシの刺身

13011




















例によってぞんざいな盛り付けだが
漁港ならではの新鮮な刺し身が帳消しにしてくれる。
いつもはしょっぱいワカメのお澄ましも
汗をたっぷりかいた体には、塩分補給となる。

13012



















13013



















狭い店のカウンター席だから、
のんびりと食べてはいられない。
ガーッと食べて店を出る。

港をぶらついていると、おっ、祭りがあるのか。

13014




















旗竿の先端には、葉っぱが飾られています。

13016

























この旗竿のロープを巻くところには神社などで見られる飾り彫りが。

13017
























漁港には、この旗竿が2〜3本たっていた。


祭りの太鼓の練習をします旨の張り紙を目にした時、
ドドド、バババ、ブオン、ヴォンと
大きな音をたてて、旧車愛好家の皆さんがやってきました。
まったく、何が楽しいんでしょうか。

13015





















小坪漁港のすぐとなりは、逗子マリーナです。
リゾート気分満点ですね。
汗だくのジジイには似合いませんな。

13018


















茅ヶ崎まで行ってみます。
海の家が建って、海水浴客が大勢きています。

13019



















13020

















もう海水浴の季節です。
海で泳いだのなんて何十年前だろうか。

13022


















13021
















夏のバイク、やはり暑くてしんどいです。
それでも、へなちょこなりに加減速し、
コーナリングすると楽しくなってくる。
「操る」ということをダイレクトで感じるのは、
ゲームでは絶対に味わえない感覚なのだ。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!


記事検索
Amazonライブリンク
プロフィール

g_g_rider

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ