アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

藪を突っつきに

風邪ひきです。
昔は、酒の一杯でも引っ掛けりゃ、一晩で治るさ。
なんて馬鹿なことをほざいておりましたが、
いやー、さっぱり治らんです。

で、約束のお出かけもキャンセルしようかと
思っておりましたが、なんとか持ち直して行けました。

今日は、蕎麦好きのA君が行きたがっていた、
島田の名店、藪蕎麦宮本へ行きます。

東名の吉田インターまでは遠いので覚悟して行ったのですが、
意外と空いていて、順調すぎるぐらい。
途中からは、時間調節するぐらいでした。

12348

















今日も富士山は全身を見せてくれません。

12349

















店に着きました。

12350



























開店前というのに、早くもお客さんが来ています。

12351























早速並んで、開店を待ちます。
行列は、どんどん伸びていきます。

開店と同時に入れました。第一陣です。

宮本は、店内撮影禁止なので、写真はありません。
食べログなどで参照してください。

相変わらずのキリリとした端正な蕎麦。
サクサクの天だね。
やっぱり、知っている藪の中では、一番かなー。

12352





















食べてしまえば、あっという間のひととき。
この後、どうしましょうか。
同行のOさんが、掛川に資生堂の美術館があるから行こう。
ということで、掛川へ向かいます。

資生堂アートハウス

12353













12354










12355























初めての訪問です。
所蔵の美術品のほんの一部分でしょうね、
全部見るのには、相当通わなくてはならないでしょう。

12356













12357



















12358
















1237412375



1237012371












1237212373












すぐ横には、資生堂企業資料館があります。
ここには、資生堂の歴史が展示され、
当時の化粧品のパッケージから、
懐かしい広告の数々が展示されています。

CMにチャンネルを合わせた日

そう、資生堂の広告を追いかけた時代もありました。

12376













残念ながら、ここにはカフェがありませんでした。
Oさんは、大丈夫、調べてあるから。
掛川でおしゃれなカフェで検索したそうです。

SAM’S CAFE という店にやってきました。

12359



















ん? ん? 店に入ると・・・・。

12360



















12361



















とっても場違いなところに来てしまいました。
何やら手作りのクラフト作品を売っているカフェですね。
魔女? みたいなママさんの淹れたコーヒーを飲んで
御暇しました。

それでも時間の余った我々は、御前崎に。

12362



















灯台しかない御前崎で、強風にあおられ、
早々に退散。

12363

















12364















帰る道すがら、鞠子宿にある
東海道五十三次の絵に出てきます 丁子屋
とろろ汁の老舗です。

12365


















12366























玄関は、工事中で残念でした。

12367



















昼の蕎麦があまりにも上品(少ない)だったので、
ツルツルのとろろをうっかり3杯も食べてしまった。

12368


















12369



















いやー、満腹!

満足して、帰りました。


しかし、無理をしたせいか、
翌日、風邪が悪化、うーん、具合が悪い・・・。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

乗らなければ

バイクの初乗りをしてから、ほぼ一ヶ月が過ぎてしまった。
ここのところシロクマ君に乗ることが多くて、
バイクはおろそかになっているうえに、
東京に雪が降り、積もったりしたからね。

うーん、エンジンはかかるんだろうか。

いつもは朝用意して出かけるのだが、
気合が入らず、昼になってしまった。
それでも、乗らなくては、乗っておかなくては、
と支度を始めた。

ETCカードを一枚しか作ってないので、シロクマ君から抜き、
バイクのETCに差し込む。
こんな手間でも、億劫になる理由なのだ。

12342

















朝から出かけるわけではないので、
第三京浜の保土ヶ谷まで、行って帰ってこようと思った。
それぐらい走れば、バッテリーにチャージもできるかなとも。

保土ヶ谷で休憩。
日差しに誘われたのか、そこそこバイクが来ている。

12343















湘南定食コースも考えたが、もっと簡単に。
そうか、横浜中華街にでも行こうかな。

前回訪問して、他のメニューも試したい店があった。
萬来亭だ。

保土ヶ谷から中華街へ、下道で行く。
中華街では、バイクを止めるところに苦労する。

午後3時ぐらいになっていた。
客も途切れる時間帯だろう。
店に着くと、相席になった。

12347




















前回は、上海焼きそばを食べたのだが、
他の麺類を試したかった。
何しろ、この店は自前の製麺所があるからだ。

12346



















季節野菜のそば だったかな。

ラーメンが来た。

12344




















醤油色の濃いスープに身構える。
うーむ、何だかコッテリで、クドそうだな。
麺は、やや細め。
前回食べた上海焼きそばは、太麺だった。

12345



















スープを口にする。
ん? おや、以外にさっぱり!
具は、野菜だけだ。
麺は、おお、旨い麺だ。
他のメニューも試したいが、これだけでお腹いっぱいだ。

汗をかいて、ラーメンを食ったら、帰ります。
下道をのんびりと・・・。
今日は、バイクが元気なのを確認できただけで良かった。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

天城越えならず

月に一度に近いペースで、ジジイが集まって珍道中を繰り広げている。
最近は、同窓の女子、母娘も参加して賑やかになって来た。

出かける予定の二日前に、東京に二度目の積雪。
慌てて、チェーンを買い込んだ。
装着の練習は、YOUTUBEでみっちり? と。

間に、一日あったので、雪も溶け一安心。
それでも朝、フロントガラスは凍っておりました。

目黒駅で待ち合わせ。
渋谷から用賀方面かと思っていたら、
ナビは、お台場から横浜へ、
レインボウブリッジからベイブリッジまで観光してしまいました。

海老名で休憩。
シロクマ君は、いかつい顔をした国産車と比べると
愛嬌のある顔してるでしょ。
HONDA N-BOXより、背が低いんですよ。

12312














旅の企画は、Oさんにおまかせ。
今日は伊豆方面、修善寺周辺へ行きます。
天城峠は、チェーン規制だったので、今回は断念。
浄蓮の滝もザンネーン! でした。
チェーン装着は、YOUTUBEで練習はしていたのだけどね。

最初に目指すのは、伊豆の国パノラマパーク。

12313
















ロープウェイがあります。
結構スピードが早いロープウェイですよ。
標高452mの山頂から、駿河湾から富士山まで、360度の眺望が楽しめます。
当日は、富士山山頂に雲がかかっていて、ちょっと残念な風景でした。
足湯などもあったので、天気がよく、暖かい日にはいい場所です。

12314















12315

















花が咲いていれば、キレイであったろうな、花富士山。

12316

















山を降りたら、食事の予定でしたが、
話の流れで、急遽、いちご狩りに行くことに。

ご飯の前と後のどっちがいいか、
で、昼ご飯前に、いちご狩りに行くことになりました。

現場で急遽、検索し JA伊豆の国 江間いちご狩りセンター に行く。

12317















到着し、入場料を払ったら、抽選を先にして行けと言われる。
抽選で、まあ、粗品程度の景品をゲットする。

12318


















と、乗ってきた車で、先の旗を持った係員のところへ、と指示される。
言われるまま進むと、軽トラが待っていた。
軽トラの先導でビニールハウスの並ぶ農園の中を進み、
ここです。と言われた場所に車を止め。ビニールハウスへ。
入り口には、おばちゃんが。

12320


















今日はな、章姫という品種のいちごで、
大きいのがいっぱい成ってるから。いい時に来たよー。
と、練乳が横に入った、ヘタ入れ容器を渡される。

ハウスに入ると、暖かいというか暑いくらいだ。

12321


















真っ赤に熟したイチゴがいっぱい実をつけている。
以前は、石垣イチゴのいちご狩りに行ったことがあるが、
ここは平地なので、ハウス内に畝をきって、イチゴが植えられている。
大きく育ったものは、5〜7cmぐらいあって、しかも甘い。
練乳などいらない。
何個食べただろう。人生で一度にこんな数、食べたことはなかっただろう。
うーん、大満足!!

12322

















イチゴでお腹いっぱい! と言いながら、昼飯へ向かう。

いわゆる修善寺へ。


あまご茶屋 修善寺店 という店に行く。

12323




















あまご をご存知だろうか。
サツキマスといい、サクラマスの亜種とされ、
海へ帰るものをサツキマスといい、河川に留まるものをアマゴと言うらしい。
アマゴは、雨子、雨魚、甘子という漢字で表され、梅雨や初夏によく釣れるようです。

12324





















この店に来たのは、わさび鍋というメニューがあるというからだ。

このあたりは、わさびの産地でもある。
天城が発祥というわさび鍋。旅館でしか提供されてなかったのだが、
この茶屋で味わえるというので、やって来たのだ。
孤独のグルメで、ゴローちゃんが食べていた わさび飯、
もありましたが、鍋です。

12325


















メニューに見当たらなかったので、わさび鍋出来ますか?
と確認して、その他に あまごのづけ丼、塩焼きなどを注文した。


あまごの塩焼き
上品な味です。ほんのり甘い。
川魚を感じさせない。

12330
















あまごのづけ丼
あまごのイクラ、黄色い!!
漬かり具合もちょうどいい、美味しい。
これは、あまごの親子丼ですね。

12329


















わさび鍋

12326























鍋がひと煮立ちするまで、待ちます。
ひと煮立ちしたところで、火を止め蒸らします。

12327

















別添えの大根おろしとわさびを鍋の中に、
熱が入るとわさびがマイルドになるそうです。
一気に混ぜるのではなく、ちょっとずつ。

12328


















確かにわさびを多く乗せると鼻に来るのだが、悶絶するほどではない。
わさびの香りがふわ〜っと広がる、さっぱりとしたお鍋でした。
最後は、お約束の雑炊で締め。

12331



















ええ、あれだけイチゴを腹いっぱい食べたのに、ねえ。
別腹、別腹、別バ〜ラ!


すぐ近くの温泉に、茶屋に了解を取って
車を止めさせてもらったまま入りに行きます。


筥湯(はこゆ)
かって河原沿いにあった外湯を復活させようと出来た温泉です。

12332
























いわゆる日帰り温泉施設とは違い、銭湯のようなものです。
檜造りで新しく、お風呂自体はいいのですが、
石鹸やシャンプーなども置いてなく、湯上がりに休憩するスペースもなし、
牛乳も売っていません。

12333

















陽が差してきていたので、それほど寒くなく、気持ちいい。

12334


























周辺の散策に。
竹林の小径があった。

12335

























12337




















小径の真ん中あたりに、円形のベッド? のようなベンチ。
ジイさんだって、イチャイチャしたいもん!  てか。

12338
























ちょっとしたギャラリーのような施設も。

12339

















修善寺、そのものに行ったことがなかった。
行ってみる。

12340



















正式名称は「福地山修禅萬安禅寺」という。
807年、空海が創建したと伝えられる。空海、仕事してるなあ。
1361年、畠山国清と足利基氏の戦乱などで焼失、
その後、北条早雲が再興させたといわれている。
今の本堂は、明治時代に再建されたもの。

12341





















この後は、ぶらぶらとお茶をしたり、
道の駅でお土産を探したりしながら帰り道につきました。

東京に着いたら、反省会? と言う名の宴会を焼き鳥屋で。
一日中、食べていたの?

次回は、どこへ行きましょうか。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ