アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

エロジジイの休日

連休は、渋滞のニュースを横目に見て家でじっとしていることに、
好き好んで渋滞の中へ出かけることもあるまい。
連休中は、シロクマ君も動かないから、と周りにも言ってある。

とはいえ、家の中にじっとしているのも何だかもったいない。


展覧会でも見に行こうか、あまり混んでいないのがいいな。

開催してから日にちが経っていて、あまり宣伝していないのはないかな。
横浜美術館で開催されている

ヌード
英国テート・コレクションより
6/24(日)まで

12694

















1268812689






12690


















これなんかがちょうど良さそうだ。
横浜へ向かう。

美術館の前では、家族連れが水遊びをしている。

12691















看板やポスターには、ロダンの「接吻」が使われている。

12692






















西洋美術でヌードがどう描かれてきたのかをひもとく国際巡回展だ。

19世紀前半まで、ヌードは歴史画の主なテーマでした。
神話、聖書などを題材とし、裸体表現が唯一許されていました。
何しろ生身の裸体を描くことは不道徳だと考えられていたからです。
しかし何故女神は裸体だったのだろうか、
宗教画は皆に見てもらって、教えを理解してもらうためのものだ。
興味をひくために、神々しい裸体の神々を天使を描いたとしても不思議ではない。
本質的に、性的なものは皆興味があるんだよね、昔から。

その裸体の描き方が、時代とともに変化してきたということを
体系的に紹介してくれる展覧会なのだ。
はじめは女神や妖精などを描いていたものが、
時代を経ると普段の生活の中の女性に焦点が合ってくる。
ドガやボナールがそうだ。
キュビズムなどにより人体は変形され表現は多様化される。
女性のヌードだけか? 今ならどこからか文句が出てくるだろう。
と思っていたら、デヴィット・ホックニーが同性愛者の恋愛シーンを描いていた。

この展覧会のメインといえるロダンの「接吻」。
中学か高校の美術の教科書に写真が載っていたと思うが、
思春期の男子はドキドキしながら見ていたものだ。
さて、実物は、えっ、これ素材は?と確認してしまったほど
滑らかで柔らかな曲線に終始している。

12693























この作品のみ撮影が許可されていた。

この展覧会は主にイギリスのテート・コレクションから、
イギリスのキュレーターが中心となって企画されている。
禁欲的なプロテスタントが支配するイギリスなので、
ラテン系のキュレーターだったら、どんな作品を選んでいたのだろうか。

12700





















12695


















コレクション展示の方へ行ってみると
ヌード展に展示してあった ナイト・エラントがあった。
これは下村観山がイギリス留学中に模写したものだった。
えーっ、あの鑑定団に出てくる観山のヌード画かあ。
残念ながら写真はブレてしまった。

12698

























小倉遊亀のヌード画も珍しい。

12697
























12699














12702




















12701



















ワンパターンで申し訳ないが、展覧会を観た後は、中華街。
最近のお気に入り、萬来亭へ行く。
この店は、自前の製麺所が目の前にあり、3種類の麺を提供している。
太麺、細麺は食べたので、今日は平打ち麺を食べてみる。

平打ち麺の海鮮焼きそば。

12703

















平打ち麺はあまり好きではないが、この麺、やはり旨いな。
あっさり塩味はいいのだけれど、量が多い。

12704



















水餃子。
ああ、この店も8個かあ。

12705





















なんとか完食。死にそうだ。



帰ろうかと駅に向かっていると、突然、


バチバチ、バン、バン、バババ、バババ!



と耳をつんざく大音響。爆竹の音だ!

見ると獅子舞がいる!
おや、2階から何か吊るしている。
獅子舞が立ち上がり、それを咥えている。
ああ、ご祝儀をもらっているのか。

12706


















爆竹は、通りに撒くのではなく、鉄製金網の大五郎の車のような
箱の中で爆発させている。

12707


















側に居ると耳が痛くなるほどの音量だ。

12708


















12709
















12710




















12711


















何の祭りだ? 春節は終わっているのになあ。
おそらく端午節のお祝いなのだろう。

世界一の焼きたてパイ の親父さんに聞いても分からなかった。
中国人ではないのね。

12712



















せっかくだから、1個買って食べてみた。
うーむ、美味しいが、世界一かは・・・。

12713
























↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

日が暮れるまで

世に絶景は数多くありますが、花が関係すると時期が限られる。
満開を見たいとなると、時期を合わせるのに苦労する。
北海道に在住のTさんのお母さんをお誘いしたのはいいが、
開花のタイミングには上京する日が少し早かった。
ところが、今年は軒並み早い開花となり、
若干早いが、まずまずの開花状況となった。ラッキー!

朝、代々木駅で待ち合わせ。
シロクマ君もスタンバイ。

12652


















最近、駅前で車の待ち合わせの出来るところがない。
自家用車が不便になる。都内での使い勝手が悪くなる。
車離れを嘆く前に、こういった小さなことを改善してほしいものだ。

今日は、足利に行く。
途中、西新井で一人ピックアップして東北道に入る。

先日は、ひたちなかへ、ネモフィラの丘を見に行ったのだが、
今日は、違うメンバーと足利フラワーパークへ行く。
東へ西へ、俺は観光バスの運転手かあ?

世界に轟く絶景、自分の親でもないが、一度は見せてあげたいと思うのだ。
当然、自分の親が生きていれば真っ先に連れていっただろう。

同行者は皆、昼の花が見れるだけでいいから、と言ってくれるのだが、
ライトアップを見ずには帰れないよと一日連れ回すことに。

まずは、足利市の織姫神社を目指します。
ちょうど昼前、11時前に織姫神社に着く。
例によって、駐車場に入る車が列を作っている。
今日は、熱中症に注意という日なので、車の中で順番を待つ。
やっと駐車でき、目指す蕎麦屋、蕎遊庵へ。
店は、織姫神社入り口石段の脇にある。
ここでも行列ができていた。まあ、いつものことだ。

12653


















12654
























一茶庵系の蕎麦を出すこの店は、
天ぷらや蕎麦前のメニューはなく、蕎麦のみ味わう店なのだ。

それでも席につくと、ふき味噌とニシンを肴に、一杯。

12655

















女性陣は、一枚で・・・と言っていたのだが、
もう一枚食べられるかしら、と蕎麦を追加していた。

私個人の感想では、一茶庵本店(近くにある)より蕎麦は旨いと思う。

もちろん、神社にはちゃんとお参りしてますよ。

12657



















12656



















蕎麦屋を後にすると、デザートへご案内。
超B級のデザートだよと案内したのは、
足利市内神社境内にある屋台の店、岡田のぱんじゅう。
3個、100円。
駐車場がすぐ近くにあるのだが、満車。
行列に並ぶのを任せて、近くのコンビニの駐車場で待つ。
まさか屋台に案内されるとは思ってもいなかっただろうね。
それでも屋台の家族による連携の焼き技には感心していた。
ぱんじゅう、意外にも好評でした。

足利へ来たら、足利学校は外せない。

12658





















室町時代からある学校で、儒学を学んでいたそうです。
戦国時代の末期には学生数は三千人!と栄え。
宣教師のフランシスコザビエルは足利学校の事を
「日本国中最も大にして最も有名な坂東の大学」と記録しています。
江戸時代の中期まで栄え、足利や徳川など歴代の将軍や権力者に庇護されました。

12663























12659




















茅葺き屋根の大きな校舎、中を見学できますが、
学校ですから、中では漢字検定の問題用紙が用意されていて
チャレンジしている人も大勢いましたよ。

12661
















12662

















足利学校を見学した後は、おとなりにある鑁阿寺(ばんなじ)へ。
鎌倉時代に建立されたお寺です。本堂は国宝です。

12664

















一切経堂、多宝塔、鐘楼など見ごたえのある建物も。
境内には、樹齢650年ほどの大銀杏があります。

12665


参道では、映画かドラマの撮影も行われていましたよ。
途中の喫茶店で休憩。
日が暮れるまで、まだ時間があります。
同行者の一人が今年厄年だということもあり、
佐野厄除け大師に行こうということになり、皆で参拝。
厄除け祈願で、護摩をたいていただきました。

12666



















12668





















さあ、いい時間となりました。
足利に戻ります。
夕日が沈み始める頃、フラワーパークに着きました。
本日のメインイベントです。

12669


















場内には、藤だけでなくツツジやら様々な花が咲いています。

12671















12670












12672















12673





















花の香りが立ち込めています。
日が暮れてくると、だんだん幻想的な景色になって来ます。

12674
















12675

















12676

















もはや、この世なのかあの世なのか、分からなくなるほど。

12677




















12678



















人混みで現実に戻されます。

12679


















12680


















藤の橋、人気スポットです。人がむちゃくちゃ多い。
綾瀬はるか主演映画「今夜、ロマンス劇場で」
綾瀬はるかがクルクル踊っていた場所です。

12681

















12682
















12683


















12684

















薄暮の時間帯から夜まで、藤の花満喫しました。

12686
















お腹もすきました。
佐野らーめん、遅くまで開いている亀嘉で、ミニ宴会。

12687
















皆、大満足で帰りました。
ゴールデンウィークには満開でしょうから、
大変な混み具合となるでしょうね。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

ちょっと、鎌倉

最近は4輪に乗ることが多くて、バイクに乗ってない。
どーしてるかなと気になっていた。
久しぶりに時間が空いたので、バイクに乗る。

カバーをめくると、
おおおっ、なんじゃこりゃあーーーー。


12629






















雑草がからみつき、タンポポの綿帽子のようなものが前輪に、
これが結構頑固なやつで、少しぐらい払っても取れやしない。
ずーっと放りっぱなしだったので、バチが当たったのか。

バッテリーは大丈夫か?
電圧は低い、ギリギリかかるぐらいかな。
祈るようにスイッチを入れる。
キュルキュル、ボッヴァヴァバババー!
ほう、かかったー。
装備は夏仕様、革のグローブはバイクの息継ぎを
ダイレクトに伝えてくれる。

今日は、鎌倉に行く。
いつも通り、保土ヶ谷で一息。

12630



















保土ヶ谷から横横、朝比奈から鎌倉へ。
この保土ヶ谷から横横に入る区間で、2つの追突事故。
何やってんだか、車間距離詰め過ぎなんだよなあ。

さて、鎌倉って、車もバイクも停める処ないんだよね。
なのでいつも鎌倉の中心付近は避けているのだが、
今日は、鶴岡八幡宮前の若宮大路にある
段葛 こ寿々 に行く。

12642



















バイクは、大きな声で言えないが、裏の路地に
停めさせてもらった。

12643

















開店時間を間違えて早く着いてしまったのだが、
早くも並んでいる人がいた。

12631


















次々と人が並びはじめる。

この店は、蕎麦とわらび餅の店だ。
古びた店舗は、それなりの風情を醸し出している。

12633



















並んでいるうちに、メニューを選ぶ。

12632



















もりそば と わらび餅 をいただく。

観光地に美味いものなしと言われるが、どうなのかしら。

もりそば2枚たのんだので、こんな感じに。

12634



















ホシがいい具合に入っていますね。

12635


















太さも歯ざわりも、好みの蕎麦だ。
なかなか実力のある蕎麦ではないか。

蕎麦湯は、土瓶で提供される。

12636























もうひとつの主役 わらび餅。

12637




















プルップル、黒蜜ときな粉がたっぷりと。
これが皿にひっついて粘る、粘る。

12638



















ほう、これもなかなか旨い。

気がつくと店は満員。
ジジイは、さっさと食べてお暇しましょう。

12641






















12639

























12640



















今日、鎌倉に来たのは、蕎麦をたべるのもあったが、
製麺所で直に麺を売っているところがあるというので、
やってきたのでした。

邦栄堂製麺

12645



















とにかく分かりづらい。
隣にはタクシー会社が、向かいにはこんな変わった看板がある。

12644

















製麺所自体に看板は無く、白い暖簾がかかっていて、
脇に黒板で商品が書かれていた。

12646




































入り口から中を覗くと、フロアに製麺機が数台。
お兄さんがいたので、ここで買えるのですか?
と声をかけてみると、はい、何にしましょう、と聞かれる。

醤油ラーメンのスープ付きを。
なんと、1個 150円!!
他に、餃子の皮などありましたが、今日は試しなので
ラーメンだけ購入。
製麺所で直接買えるなんて・・・。

生麺なので、冷蔵庫で3〜4日。
タッパーに入れて保存しました。

手作り感たっぷりの取説。
茹で加減は表示より短めのやや硬めが自分好みかな。

12647






















12648























12649





























適当にトッピングを加えて、一杯完成です。

12650




















なかなかシンプルで旨い醤油ラーメンでした。
ただ、鎌倉にあるってのが残念だなあ。
近くにあって欲しい。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


記事検索
Amazonライブリンク
プロフィール

g_g_rider

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ