アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

お守り

皆さんは、車やバイクに交通安全のお守りを乗せていますか。
シロクマ君には、いつも乗せてもらっているからと
Tさんの奥様から頂いたお守りを乗せている。

国立の谷保天満宮のお守りだ。


12260




















亀戸天神、湯島天満宮と並び、関東三大天神の一つとされている。
また、地名の谷保は、本来「やぼ」が正しい呼び名で、
江戸時代の太田蜀山人が
「神ならば出雲の国に行くべきに目白で開帳やぼのてんじん」と詠み、
野暮天の語源となっていると言われる。

いただくまで、知らなかったのだが、
国産初のガソリン自動車は吉田眞太郎が作ったもので、
吉田式自動車、ガタクリ走るので、タクリー号とも言われたそう。
1907年のことだ。
ちなみに、トヨタがA1型試作乗用車を作ったのは、1935年のことだ。

そのタクリー号の最初のオーナーが有栖川宮威仁親王であり、
1908年に、タクリー号、フィアット、フォード、メルセデスが連なり
甲州街道を走り、谷保天満宮までドライブし、
谷保天満宮の梅林で昼食会が催されたのだそうです。

当時は、遠乗会と言っていたそうですが、
日本で初めてのドライブツアーが行われた場所だったのです。

中面右下の写真でハンドルを握るのが、有栖川宮殿下、
助手席に、徳川昭武、ほか2名は外国人。

1225812259







つまり、自動車に関係の深い神社だったというわけですね。
梅の名所でもありますから、一度訪ねてみては如何でしょう。

そんな有難いお守りを懐に、
今年もあちこちにドライブを、安全にね、したいと思います。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


2018東京オートサロン

行ってきました。
ぐるぐる回ってたので、順番もグルグルです。

12257

















12256




















トヨタ東京自動車大学校

最終型のセリカがベースです。
屋根のお城は論外ですが、内装も和テイストなのだが、
ふざけているとしか思えない。
ショーのための話題づくりか。

12211

























ホンダCR-Zをベースにした「Re:Z」
顔が尖っていればスポーティという考えは変えるべきだね、
元の車よりは魅力的だと思う。

12212





















プリウスも
ガルウイングにすればスーパーカー?
にはなれないね。

12213




















日本最速の福祉車両?

12216

















12215




















12214






















下肢の不自由な人でも運転できる装置。
レバー1本で、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジができる。
GTRだけでなく、どんな車両にも取り付けられるそうです。


日本自動車短期大学
NAC SSKベンツ 3/4スケール
オールハンドメイドということです。

12217





















トヨタ

GRスーパースポーツコンセプト
WECに出ていたレーシングカーと同じですね。

12218















皮が違うだけという感じか、
豊田社長の着ぐるみがお出迎え。
もっと市販車寄りのコンセプトを見たかったな。



日野
トラックの運転席に並ぶ人々。
こんなに人気があるの?

12220



















12219




















スバル
555 ラリーで活躍しましたね。
555は・・・? あれ?ベトナムのビールは、333だったっけ。

12221



















そこに腰掛けてはいけないよ・・・。
えっ、コンパニオンなのか。

12222


















スズキ

新型車クロスビーに合わせたのかな。
アウトドアスポーツをテーマ

12224


















黄色いのはスペーシア・キャンパー

12225


















トラックはキャリイフィッシングギア

12223

















日本の田舎の山道や海岸の漁村みたいなところは、
道が狭いので、このぐらいの車が重宝するだろうな。



ん!?  4人目登場!!

12226





















佐藤琢磨のトークショー

12228



















日本自動車大学校
フォードGT40
ベースは、トヨタのMR-S。

12229




















プリウスベースのクロスオーバーモデル

12230

















ダンロップにあったベントレー。
レーシングカーなのに品があるね。

12231
















日野コンテッサ。
懐かしいね。リアエンジンだったよね。
クーペはきれいな車だった。

12232




















ペッパー君も仕事していますね。

12233





















ミッドエンジン車にはシュノーケル。
フィアットX1-9を思い出します。

12234


















今年は、C-HRが多いと思っていましたが、
それほど多くはなかった気がします。
元が元だけに、ちょっと触ったくらいでは変化させられない。

12235
















データシステムズ
コンパニオン、モーターショーの時と人が変わってました。
人気だった娘はどうしたの?

12236
























4輪バギーをベースにしたハコスカ。

12237




















光岡のオロチ。

12238

















マツダ ロードスター。
ボンネットからエンジンが見えてます。

12239



















12240





















軽トラも軽のバンも
こんなのが街を走ってくれると楽しいのにね。

12241

















12242






















セリカリフトバック。
今見ると小さいのね。

12243


















ミニバンは、どうしてみんな顔が恐いの?
銀歯ギラギラで、国産のバンには乗りたくない。
こんなのに煽られたら堪らない。

12244


















ダイハツ
シャレード デ・トマソ

12247



















山椒は小粒で、ピリリと辛い。そんな車でしたね。
3気筒のシャレード、よく走りました。
ミライースSPORZA

12246




















コンパニオンを激写するコンパニオン。
誰よりも背が高い!

12248


























レプソルカラーのカブ。

12227






















12249














なかなかいいね。
こういうコラボで年に一回限定カラー出せばいいのに。



マツダ
シロクマ君(7人乗り)を持っている身にすれば、
CX-8は気になる車です。
ワンボックスタイプはどうも、という人にはいいチョイス。
バイクを降りたら、ロードスターかなと考えているジジイです。

12250

















12251





















コンパニオンは、マツダの控え目でシンプルな衣装の娘たちが
ジジイ的にはお気に入り。
マツダのマークを手でサインしてくれました。

12252





















12253























このところJAFは、なぜかアラレちゃんですね。

12254
























こういう会場には不思議と現れる女装マニア。
しかもロリータです。
見せたがりなのね。

12255




















昔は、ヤンキーが乗り回すような車ばかりだったが、
メーカーの参加もあり、一般への広がりも。
でももうちょっと現実的で大人なカスタムというものを
見せてもらいたかったかな。


今日一日で、18,218歩、歩いた。

ううう、腰が痛い。膝が痛い。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


2018初乗り

毎年初乗りは、佐野へ行く。
佐野厄除け大師にお参りに行くのと
佐野ラーメンを食べに行く。
寒い中走るのにちょうど良い距離というのもある。
高速を使えば1時間ちょっとで着く。

年越しで緩んだ体と神経には、これぐらいがいい。

いつものようにダラダラと準備を始める。
冬の高速を1時間も走るので、
装備は最重装備だ。
防風・防寒パンツの上にオーバーパンツを履く。
もう何年も前に買ったものだ。
年越しで膨らんだウエストの存在を思い知らされる。
思いっきり腹を引っ込めないとボタンが留まらない。
ングッ、・・・・フーッ。
腹を引っ込めるために汗をかく。

10時前になっていただろうか、出発する。
今日は風が強いなあ。だいじょうぶかなー。
首都高から東北道を目指す。
荒川を越え、川口線に入ったあたり、
高架部分を走っていると川を越えた突風が吹いてきた。
バイクがあおられ、ふらつく。

おおっ、あっぶねー!

正月早々、転んで怪我などしては・・・。
強い風が止む気配はない。
ひやー、こりゃたまらん! 高速を降りた。
中止だ! 中止!



シロクマ君で行く手もあるが、
初詣客で混雑している現地での駐車場探しが大変だし、
バイクに乗るのが第一の目的なのだから。
ところで今どこだ? とナビで検証。

すると下道で行くと2時間半となっている。
昼過ぎには着くのか、他にすることもないし、行くか。
下道で行くことにした。

12186



















一般道は一般道で、トラック等によって出来たのだろう、轍がある。
これが分かりにくいので、突然バイクが変な動きをする。
油断も隙きもありゃしない。

単管バリコレクション ぞうさん。

12187























道の駅で休憩。

12188





















佐野に着きました。
オーバーパンツや着込んだ上着の一枚を脱ぐ。
市内では動きやすいスタイルに。
お参りの前に、腹ごしらえです。
厄除け大師のすぐ近くにあるラーメン屋です。

12196



















417 と書いて しいな と読みます。
ラーメン屋に見えない外観ですね。
今日は、ラーメン1品のみの提供だそうです。

12189




















12190




















40分ほど並んだでしょうか、
カウンター席に通されました。

12192





















驚く事に、たった二人しかスタッフが居ません。
厨房に一人、ホールに一人。ご夫婦でしょうか。
これでは、回転が悪いのは当たり前。
しかも家族連れの客が多い。
待たされるのは当然の結果だった。

12193




















ラーメンが来ました。
シンプルなスタイルです。

12194




















ここの麺は、佐野ラーメン独特のピロピロした麺とは違い、
どちらかというと稲庭うどんの麺に近いかな。

12195




















スープは醤油の色濃い感じだが、味はあっさり、さっぱり。
豚骨と鶏ガラベースに魚介の節で整えたという感じかな。
チャーシューも柔らかく旨い。

この店の最大の問題は、スタッフだ。
数増やしましょうね。


食べおわったら、徒歩で厄除け大師へ。
うーん、混んでいるね。

12197




















12198

















12199




















本堂のお賽銭をあげている前を
参拝客にゾロゾロ歩かれるのはどうにもいただけない。
どうしても参拝客を拝んでいるとしか思えない。
このお寺儲かってるなあ。
あと若い人の中に、お寺なのに
二礼二拍手一礼をしている人を多く見かけた。
教えてあげたいが、今時は声をかけるのをためらってしまう。
特に彼女さんと二人で来ている子に注意なんてしようものなら
恨まれること間違いないのだから。
親御さんがちゃんと教えてないんだな。
日本通の外国人に負けてるよ。

参拝を終えて、このまま帰るか思案。
お寺の向かいに観光物産会館がある。
そこでパンフレットなどを見ていると、
今まで行った事のある店のパンフレットがいっぱいある。
その中に、おぐら屋のパンフレットがあった。

まあ老舗の店だ。
中休みも無い。
行ってみっか。

着いてみるとおよそラーメン屋らしからぬ佇まい。

12201

















12202




















大きな暖簾がないとファミレスと見間違えるほどだ。
たくさんの人が並んでいる。大きな店だ。
バイクは駐車場の一番端に停めた。

12200



















ここでも4〜50分並んだだろうか。

12203

















12204




















やっと席に着いた。

12205



















餃子とかメニューにはあったが、
さすがに餃子までは食べられない。
ラーメンを注文する。

ラーメン594円

12206




















いかにも佐野ラーメンといった姿をしている。
透き通ったスープにピロピロの縮れ麺。

12207




















スープは・・・。
あれ? しょっぱーい! 自分には塩気が強い。
麺もなんだか、ゆるい。

ラーメンは食べてみないと分からない。
他人の評価より、自分が好きかどうかだ。


もう風は弱まったろう、北関東道から東北道へ。
佐野SAで休憩。

12209


















今日はやっぱり、バイクが少ないな。

12208





















ここのレモン牛乳ソフトで口をさっぱりとさせる。
佐野SAに来るとこれを食べたくなってしまう。

12210



























風はおさまった。あとは一気に帰る。
これで新春の走り初めはおしまい。

歳だからね、無理をせずに乗りましょう。
食べ過ぎにも注意だよね。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ