アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

ブームなのか

縄文女子 という言葉があるそうです。
縄文が、ブームになっているのか。

三内丸山遺跡を見てきた者としては、
チェックしておかなきゃならん展覧会だと、
しかし、こう暑くては、上野の公園を歩く気にならん。

人の生死に関わる暑さもひと段落したのか
過ごしやすい、というより涼しくさえ感じる暑さとなったので、
重い腰を上げて、上野に向かった。

13156



















入り口から行列を覚悟して行ったのだが、
意外にもスムーズに入場できた。それでも人は多い。

13157
















会場は、平成館だ。

13158


















13159

























特別展「縄文―1万年の美の鼓動」
平成館 特別展示室   
2018年7月3日(火) 〜 2018年9月2日(日)


1318513186















1318713188














縄文時代が始まったとされる約1万3000年前。
狩猟や漁撈(ぎょろう)、採集を行っていた縄文時代の人びとが、
日々の暮らしのなかで工夫を重ねて作り出したさまざまな道具は、
力強さと神秘的な魅力にあふれています。本展では「縄文の美」をテーマに、
縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、
その形に込められた人びとの技や思いに迫ります。
縄文時代1万年にわたる壮大な「美のうねり」をご体感ください。

という展覧会だ。
何と言っても、見所は国宝6点の勢ぞろいだろう。
一度に見ることができるのは、ありがたい。
しかし、あの遮光器土偶が、国宝ではなかったとは・・・。

土偶は、人型だけではなく、動物の形のものもあった。
イノシシ型のものなど、ケツの穴まであって、
もはやカワイイ・・・?
カワイイ、これが縄文女子が増えている理由なのか。

稚拙とも思える造形だが、
実に細かな装飾などが施されていて、
見るものを飽きさせない。
このプリミティブな装飾や造形は、
アフリカ、中東からアンデスなどに見られるものと
通じている気がする。
まあ、元は同じだからね。

13160



















火焔土器など使いづらそうなんだけど、
祭祀的な意味があったという意見も。
確かに、日常で使っていたものは消耗して、
飾ってあったものが残ったということかも知れないな。
国宝の火炎式土器は、新潟県十日町にある。
現在開催されている、大地の芸術祭は見に行くつもりである。

13161




















13162




















縄文展を見終わって、
上野に来たからには、このまま帰ってはもったいない。
都美術館もチェックしておこう。貧乏性だねー。

13163





















BENTO

おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン
2018年7月21日(土)〜10月8日(月・祝)

1315013151







誰かと一緒に食べる行楽弁当から毎日のお昼ごはんまで、
お弁当は私たちの生活の中に深く根づいています。
本展では日本独自の食文化である「お弁当」と食べることの
コミュニケーション・デザインについて現代作家の作品を通して見つめます。
子どもも大人もファミリーも楽しい、見る・聞く・触れる、参加体験型の展覧会です。

オランダ人アーティスト マライエ・フォーゲルサングの作品。

13164




















13171

















電話の子機見たいな機械をマークにかざすと音声が再生される。
その作品に込められたメッセージが音声を通して届けられる。

13170




















13166




















13167




















13168



















13172





















13169




















お弁当箱の底にモニターが埋め込まれている。
ワークショップでお弁当を作る姿が再生されている。

13175




















13176






















13177















13173


















13174





















こういった、体験型、参加型の展覧会は面白い。
夏休みの子供にはぴったりの展覧会だ。



没後50年 藤田嗣治展
2018年7月31日(火)〜10月8日(月・祝)

1315213153







明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、
晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となった画家
藤田嗣治(レオナール・フジタ 1886-1968)。
2018年は、エコール・ド・パリの寵児のひとりであり、
太平洋戦争期の作戦記録画でも知られる藤田が世を去って50年目にあたります。
この節目に、日本はもとよりフランスを中心とした欧米の主要な美術館の協力を得て、
画業の全貌を展覧する大回顧展を開催します。
本展覧会は、「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、
最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試みです。
藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦の代表作、
初来日となる作品やこれまで紹介されることの少なかった作品も展示されるなど、
見どころが満載の展覧会です。

13179























国立西洋美術館も覗きます。

ミケランジェロと理想の身体
2018年6月19日(火)〜2018年9月24日(月・休)

2018michelangelo-12018michelangelo-2








彫刻、絵画、建築のすべての分野で名をなし「神のごとき」と称された男、
ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)。
彼がシスティーナ礼拝堂に描いた《アダムの創造》と《最後の審判》はあまりにも有名です。
しかし、自らを語る時、彼はあくまで「彫刻家」という肩書にこだわりました。
二十代前半に完成させたサン・ピエトロ大聖堂の《ピエタ》、
フィレンツェ共和国の象徴とされる巨大な《ダヴィデ》など、
その卓越した技と美意識が表現された大型彫刻作品は、
各地で至宝とされています。
そのため、これらの作品を中心に据えたミケランジェロの展覧会は、
これまで日本では実現がきわめて困難でした。
本展は、《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》という
ミケランジェロ彫刻の傑作を核に、
古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品約70点の対比を通して、
両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の表現に迫ります。

13180

























13181















一つのエリアに美術館や博物館が集まっているのは、ありがたい。
色々見て歩くのには、足腰の体力はもちろん、脳みその体力も必要だ。
それにしても、今現在日本の美術館には、
どれだけ世界の名品が集まっているのだろう。

13182




















夜は、代々木のオイスターバーで、
前回参加できなかったメンバーとカキをしこたま。

13183
























13184





















ドコモタワーも都庁もオリンピックカラーのライトアップで
なんだか賑やかな夜景が広がっています。


↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!


ちょっと古い

Heritage とは遺産、未来に残すべきもの

ヘリテージカーとなると、往年の名車 といったところか、
このヘリテージカーを一堂に集めた催しが開催されていた。

AUTOMOBILE COUNCIL  2018
幕張メッセ

13143



















13149













そう、簡単に言ってしまえば、中古車の集まりなんだけど、
そこは数多の車の中から、選りすぐられた「名車」と呼ばれる車たちだ。
車好きのジイさんには眼福のひと時なのだ。


13148




















モーターショーなどとは様子が違う。
ちょっと落ち着いた会場の雰囲気。
まあ、展示しているだけでなく、値札もついて、商談もしているからね。
そう、大きなお財布を持っているなら、展示している車を買うことができる。

13115
















ジイさんは、目の保養だけなので、ポケットに小銭。

入ってすぐ、日産とトヨタのブースが目に入る。

日産
シルバーのスポーツカーは、市販車ではなく
コンセプトカーです。
日産MID4 II型(1987年)
奥に見える赤いのは、
ダットサン1000セダン「富士号」(1958年)

13116



















トヨタのブース
田舎に住んでいたので、当時雑誌でしか見たことがなかった。
トヨタ7(1969年)

13121



















トヨタ2000GTスピードトライアル車(レプリカ)(1966年)
当時世界記録を作りました。

13123















13138



















トヨタ・パブリカスポーツ(レプリカ)(1962年)
このまま市販されても良かったのにね。
設計思想、哲学は今でも素晴らしいと思う。

13122





















13137

















ちなみに、別ブースにあったヨタハチ。
トヨタスポーツ800(1968年)
価格は、602万円!!

13136




















トヨタ200GTは、商談中とあったが、いくらで話が進んでいるのだろう。
オークションでは、億という値がついたとか。

小粒でピリリとしたフランスのスポーカー。
当時、ポルシェといい戦いをしていましたね。
アルピーヌA110 1600SC(1974年)

13120



















新型のアルピーヌ、ポルシェは増えすぎだから、こっちがいいかも。
アルピーヌA110プルミエールエディション(2018年)

13118

















13119

















これは、素晴らしい。
ラ・サルテ(ベントレーRタイプ)(1953年)
ベントレー4 1/2リッター“ブロワー”(1929年)

13117


















三菱コルトギャラン
このころの三菱のデザインは良かったな。
初代ミラージュ、ランサーとかね。

13124



















日野コンテッサ
リアエンジン、国産とは思えないエレガントさ。

13139
















モーガン
3ホイーラー。
グッツイ乗りにとっては気になる車だよ。
Vツインは、2リッター。車重は500kg。
乗ってみたい車の一つだ。

13125





















アメリカンマッチョスポーツ
スーパフォーマンスMK III 302(2018年) 
コブラの復刻版モデルです。ザ・パワーって感じの車だよね。

13126



















ロータスヨーロッパ
ここまで平べったくしなくても。
コーリン・チャップマンって人は、やっぱり変人で天才だ。

13127















一族が揃っていた。
ロータス・コルチナMk-I Sr2(1966年)
ロータス23B(1963年)白
ロータス・イレブン(1957年)緑
ロータス・セブンSr1(1960年)

13128















懐かしいです。
スバル360ヤングSS(1969年)

13129


















キュートなお尻が並んでいます。

13130

















シトロエンDS21、DS19、
一番手前は
シトロエンDS19ファミリアーレ(1968年)
なんと、前席と後席の間に補助席が、8人乗りになる。
シロクマ君のご先祖様だー!

13131




















会場には、車だけではなく、家具なども展示され
おしゃれなカフェも?
エッ、お酒が飲めるのか? バーになっている。
バンではなくて、ジープで牽引して来るタイプだ。

13133






















こっちは、コーヒーだ。
ラルフ・ローレン。
シトロエンHトラック。

13146



















13141



















13147


音楽と車、映画と車をテーマにしたブースもあった。
ディアゴスティーニで、ミニカーとCD、DVDのシリーズが
あってもいいのにね。

13132





















このころの車は、ピラーが細くて美しかった。
BMW 3.0CSA(1975年)
BMW 2002A(1972年)


13134














ランチア・フラミニアGTクーペ ツーリング(1962年)

13135


















マツダ魁コンセプト(2017年)

13140


















いろんなグッズを扱うブースが並ぶ、
さながら車の蚤の市的な一角。

13142



















ボートがあった。
ふーん、ボートも扱っているのね。

13145


















なんだか変な感じだな・・・。
よく見ると、足が生えている。
しかもキャタピラだ。
なんと通常は折りたたんでいて、
海岸に来ると足を伸ばして、そのまま自走して上陸できるのだ。
サンダーバードじゃないかー。

13144



















ちょっと古い車。
懐かしい頃を思い出す。憧れていた車に乗る。
ノスタルジックは、ヒストリーになっていく。
じきに、内燃機関が過去の物になり、
ピストンが動いて走る車なんてのは、
どこかクローズされた場所でしか乗れなくなってしまうだろうね。
今が一番いい時代なのかもしれないなあ。


↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!


河口湖のゼロ戦

8月になると、毎年恒例のように行くところがある。
河口湖の自動車博物館である。
ここは、8月の一ヶ月間しか開館していない。

自動車博物館と銘打っているが、飛行館があり、
零戦や隼を復元し、展示している。
コツコツと復元作業をしているので、
少しずつ完成に近づいていく。
そこが訪れる楽しみであり、入場料は応援の意味もあるのだ。

昨年は、行けなかったので、2年ぶりの訪問となる。

いつもは一人バイクで行っていたのだが、
シロクマ君もあることだし、誘ってみたところ、
Tさんの孫、中学2年生も参加することになった。

13097

















夏休みにも入った中央高速。
渋滞を覚悟していたが、都内を抜け出し八王子を通るのに
1時間30分ぐらいかかった。

到着は昼になる。
そうなりゃ、まずは昼飯から。

富士吉田うどんで腹ごしらえ。
麺許皆伝という店に行ってみたところ、
すでに行列、駐車場も満車で入れない。

2軒目を目指す。

つるや食堂 という店に行く。

13098




















こっちは、まだ空いていて入れた。
メニューはうどんしかない。
全員、冷やし全部入りうどんを注文する。

13100




















13099


















かき揚げ天、玉子、馬肉、キャベツ、カイワレ、
うどんは吉田うどんならではの硬くコシのある麺だ。

13101






















「すりだね」という赤唐辛子をベースにした調味料で途中で味変。
比較的あっさりしたスープは、
この暑さに、塩分補給と言って飲み干した。

ジジイどもはこの硬くコシのある麺に、噛むのが大変などと弱音。
一方、中2君はペロッと平らげ、かけうどんを追加しペロリ。
若者の食べっぷりには驚かされるが、痛快でよろしい。

さて、腹ごしらえも終わり、自動車博物館へ。

13102


















まずは、自動車の方から見て回る。
入り口では、シロクマ君のご先祖様がお出迎え。

13103






















中2の少年には、見たこともない車ばかりだ。

13107


















ジジイどもには、懐かしいねえ、子供の時走っていたよ。
スーパーカーより戦後走っていた車の方に、萌えー?

続いて、飛行館へ。

体育館ぐらいの格納庫にびっしり、飛行機が並べられている。

入ってすぐ、隼がいる、一式戦闘機である。
一昨年の段階では、銀色だったが、綺麗に塗装されている。

13106




















加藤隼戦闘隊のカラーリングだ。

13108




















零戦も 21型 52型 わざと途中までの骨組みを見せている21型とある。

13109


















13110




















一式陸攻、桜花もある。

13111

















栄十二型エンジン。
零戦や隼に積まれたエンジンです。中島製です。

13112




















実際に火が入って回るそうです。
オイルが垂れていました。

13113




















13114



















人殺しの道具と言って眉をひそめる人もいるが、
純粋に工業品としてメカニズムやデザインの美しさに魅了されているだけだ。
先人たちの知恵と工夫と経験の積み重ねの上に
ジェット機や新幹線、現代の自動車、ロケットが成り立っているのである。

中2の少年はどう思って見ていたのか。

野外に置かれている機体は汚れ、錆びにまみれている。
おそらく個人が経営している博物館なので、色々手が回らないのだろう。
微力だが入場料で応援している気になっている。


中2君にもう一つ見せたいものがあったので、行ってみる。

紅葉回廊の突き当たりになるでしょうか。
手作り木工模型工房とあるが、営業しているのを見たことはない。

13105




















ここに手作り、ほぼ原寸大の木製のゼロ戦がある。

13104




















本物を見た後なので、再現度には、う〜んと唸ってしまうが、
その熱意には頭が下がります。
大人が本気で好きな事をしている、そんな姿勢が垣間見える。
何事も本気でやらないとね。
窓越しに見るしかない工房には、飛行機から戦艦、トーマスまで
たくさんの模型が飾られている。

今日は、これで帰ります。
中2君が塾に行かなくてはならないので、
それまでに帰らなくてはなりません。
うーん、忙しいんだね。


↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!



記事検索
Amazonライブリンク
プロフィール

g_g_rider

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ