アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

千キロの3

水沢駅前の古びたビジネスホテル。
シングル、風呂なし、大浴場あり、4100円と格安。
だが大浴場?は、2人しか入れない大きさ。
それでも体を伸ばして眠ることができたのは良かった。

朝8時出発。
今日は、打って変わってピーカンだ。

前もって調べていた古民家美術館とか、
営業は11時からになっていて、
それまでは時間を潰して待たなくてはならない。
それも勿体無いので、
道中、先の方で何かないかと調べる。

宮城県立美術館、福島県立美術館。

時間的に昼ごろになる福島県立美術館に行ってみることにした。

途中、前沢に寄る。8:50

11773


















以前、前沢牛ですき焼きをしたことがあったので、
前沢牛のうまさは知っている。
ステーキ? 朝から? それはちょっと・・・・。
ということで、牛丼にしてみた。
1,650円

11774



















朝から贅沢だねー。
ん? んんん? ああ、贅沢すぎた。

11775



















この牛の脂身が、サシの入った脂が、ツライ。
年寄りの身にはよろしくない。
我々には、吉野家のパサパサした牛丼がお似合いだ。


11:29 福島県立美術館に着いた。

11776



















企画展は
生誕110年・没後20年記念
斎藤 清からのメッセージ
12/10(日)まで

1179011789












11791




















木版画。
あまり期待していなかったのだが、
なかなかいい展覧会だった。
我々は、1960年代の仕事に感動した。

11778


左に美術館、右に図書館、真ん中のファサードに池がある。

11777














池を見ながらのカフェエリア。
川村記念美術館みたいにガチョウとかいたら楽しいのにね。

11779




















朝の牛丼のせいで、胸焼けがするが
ここまで来て、まっすぐ帰るのも癪なので、
無理やり昼飯を食う。

Oさんがネットで調べた蕎麦屋へ行く。

住宅街の中にあり、駐車場が見当たらない。

13:18

そば処 高山

11781






















あとでチェックしてみると天ぷらの評価が高いようだが、
朝の牛丼のせいで、食指が伸びず、ざるそばにした。

11782

















11783


















更科系か、白いそばは緩め、ツユも甘い方かな。
そばは短く切れがち。ちょっと食べづらい。

11784



















更科は、あまり好みではない。

さて、ごめんなさいをして車を停めさせてもらった、
某ビデオ屋さんへ戻る途中、行列を発見。

ラーメン ぬま屋

11785





















なんか名前が美味しそうではないのだが、
行列は若い、中高生の男子が多い。
帰ってから調べてみると、二郎系だそうです。
ジイさんには、関係のないラーメン屋だった。


帰るぞ!

途中、那須高原に寄るが、下り線とお土産の品揃えが違う。14:57
結局、ピンとくるものがなくパスをする。

11786



















ひたすら東北道を東京へ。

佐野で休憩。

東北道を下りて、首都高に入る頃、睡魔に襲われる。
車線キープアシストに救われる。

なんとか帰宅。18:14

11787


















2日間 総走行距離 992km
燃費車載メーターで 18.8km/L
燃料は、ディーゼルなので軽油。
給油は一回。

一人で運転、走りきった。
シロクマ君でなかったら、ギブアップしてたかも。
80〜120あたりの静かさと乗り心地は
他に類を見ない快適さだった。


シロクマ君の正体
http://www.citroen.jp/car/grand-c4-picasso/




↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


千キロの2

水沢の夜


一杯やりましょうと約束をしてくれたので
夕方5時半に車で迎えに行く。
またホテルまで戻り、車を置いて、
Rさんの同級生がやっているというお店に行く。

やきとり あしや

11760





















Rさんの同級生のママが一人で切り盛りしている店だ。

11759



















早くもおっさんたちで店はいっぱいになってしまった。
焼き鳥やら馬刺しやらお勧めのメニューをいただき、
ひとしきり話が盛り上がったところで、
もう一軒行く?
と次の店へ。


あじと

11761




















若者御用達の店だ。新宿にあってもおかしくない。
満員で入れなかった。
ここはオーナーが知り合いらしい。


JAZZRIZE STORE

11762

















コンテナを2個並べてつなげた店だ。
入り口はウッドデッキになっている。

11763


















11764



















11765



















カフェの他にセレクトショップみたいに小物雑貨が並んでいる。
なかなかオシャレな店だ。


ほろ酔いのまま水沢のディープな世界へ。ふらふらと。

11766























おにぎり まるぶん

11767






















いわゆる三角のおにぎりなのだが、
三角のかたちがちょっと違う。

11768




















やや細長くてこぶりな形は、
東北の起き上がり小法師を彷彿とさせる。
葉唐辛子のおにぎりとふのりの味噌汁をいただく。

11769





















水沢のシメは、おにぎりなんですって。

まだ、もう一軒!

スナック えみこ

11770





















ここも同級生だったかな。

11772




















いやー、楽しい夜をありがとう。

11771



















これらの店以外にも、通りすがりの店の暖簾を潜り
挨拶をしている。Rさん、あなた何者?

とにかく元気なRさん、
娘さんが東京に居るとのこと、今度時間があったら
東京で飲みましょう。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


千キロの1

千里の道も一歩から。
ではないが、2日間で約千キロ走った。
バイクではなく、4輪で。

この春に40年ぶりで再会した大学時代の同級生がいた。
女性で、地元で結婚して暮らしていたRさん。
我々の間では、Rちゃんと呼ばれている。

彼女の暮らしているのは、岩手県奥州市水沢である。

なかなかアクティブな彼女は、登山やマラソンなどもしているが
今回、自分の主宰している手仕事のグループ仲間と
パッチワークなどの作品展を開催するというのだ。

おお、それなら見に行こう!
エッ、水沢って、福島より、仙台より遠いんだよね・・・。
普段車は、カーシェアリングの車を使っている、
カローラ、デミオ、インプレッサなどだ。
今は、遊ぶための相棒である「シロクマ君」がいる。
アイツなら行けるんじゃないか。

Oさん、ビジネスホテル予約しておいたよ。
と素早く反応。
いつものジイさん珍道中の始まりだ。

今回、Kさんは参加できず。
Oさんと二人きりでの旅となった。

当日は、あいにくの雨だった。

11742


















朝の6時半に待ち合わせ。
なんだかんだで、7時ごろのスタートとなった。

首都高を抜け、東北道へ。
雨は止む気配もないが、混んでいる。

佐野で休憩。8:20

11743

















11744



















那須高原。9:52

11745



















那須なのにココナッツ飲料が、
うす甘い水だ。うーん、なぜ那須でココナッツ?

11746




















ここでは、乳製品が名物?チーズショップなどを見て、
帰りのお土産にいいよね、などと。
上り線と下り線とでは、ショップの内容が違うんですよねー。



鶴巣。12:17

11747















昼でもと入ったが、PAでは物足りない。
やはりSAに行かないと、と次のSAへ向かう。


長者原。12:42

11748
















仙台といえば、牛タンだよねと言いながらレストランへ。
あらら、行列ができている。
フードコートも満員で席がない。
諦めて、肉巻きおにぎりと牛肉コロッケを
車内で食べて昼をすます。

11749



















残念ながら道中はずっと雨が降っていた。
山の中の道では、豪雨といってもいいほどの強い雨にも
見舞われたのだが、シロクマ君は
ものともせずにグングン走ってくれた。
あー、長距離走得意なのね。
もっとクタクタになるかと思っていたが、
意外と元気なまま走れている。

後は一気に水沢へ。
東北道をおりて、市内へ。
Rさんの展覧会会場へ着く。14:10


11750






















旧自宅を開放して、展覧会をしている。

11751




















これは洗濯物ではありません。作品のひとつです。
展示方法、考えましょうね。

パッチワーク、キルト、刺繍、
バッグやアクセサリーもある。

11752



















11753



















11754



















11755



















11756



















11757

11758



















地元の新聞にも紹介されていた。
今年で3回めの開催となるそうだ。
大きな作品ともなると何ヶ月もかかってしまう。
根気のいる作業が続く、
私の母親も手芸をしていたので、
その様子はよく分かる。

好きなことの仲間も集まり、
元気で楽しそうなRさんを見て、
いいなあ、充実しているじゃあないですか。

同級生が元気にしていると
こっちは嬉しくもあり、元気をもらえるというものだ。

さて、作品を拝見し、お茶をいただきながら、
お話していたが、ジジイはお邪魔。
夜、一杯やりましょうと約束をして、
我々は、ホテルにチェックイン。

ずっと一人で運転してきたので、
ちょっと横になる。
シロクマ君、快適だったなあ。
外人だけど、いや、ヨーロッパ出身だからこそ
長距離が得意なんだろう。
腰や尻が痛くなることはなかった。
最新の車には、安全運転支援システムがついている。
例えば、車線をはみ出さないように、してくれる。
こういったことも疲労を最小限にしてくれた一因なのだ。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ