アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

2013年09月

横須賀でランチ

連休となれば渋滞の中を走らなくてはいけないので、出かけたくない。
ところが、いい天気である。
じっとしていられない。やっぱりバイクを引っ張り出してしまう。

いつもの昼飯コースも飽きているので、
今日は、走水へ行く。横須賀の先、横須賀美術館の手前。

第三京浜から横浜横須賀道路で馬堀まで。
保土ヶ谷ではノートンさんに遭遇。

4506

















やはり混んでいた。衣笠の先から快適に走行できたが、ストレスは溜まる。
昼飯の時間に合わせたのが間違いだった。
休日は朝早くから行動しなければならないね。
馬堀で降りたら、真直ぐ昼飯へ。

走水の かねよ食堂 へ行ってみた。
ここはしばらく改装していたらしく、久しぶりの訪問だ。
夏の喧噪も済んで、ちょっとひなびた感じがいい、手作り感満載の食堂である。
分かりにくい場所にあるので、知る人ぞ知る、隠れた食堂なのである。

が・・・! 行って見ると駐車場は満車、入口には行列が・・・。

4520



















エーッ! こんなに人が・・・。
ちょっと様子を見ていると、次から次と車がやってくる。
こんなに人気があったっけ?
うーん、お昼時だから少し時間をずらしたら入れるかな。

そう考えて、ここは時間つぶしに、横須賀美術館へ行く。

4519










ここのレストランも満席でした。

4508



















開催中の展覧会を見る。

たいけん、ぼうけん、びじゅつかん

45344533












45354536







は、親子向けの企画展であるが、大人だって楽しめる展覧会でした。

4516



















4513



















4514



















4515



















4510



















4509



















4511



















4512




















4517














4518




















そろそろ、食堂も空いて来たかなと、かねよ食堂へ戻ってみると
いやいや、全然変わっておらず、相変わらずの行列だった。
他に・・・、以前行った事のある 好美食堂 とかあるけれど・・・。
これから、三浦や逗子に行くのも何だかなあ。

そうか横須賀へ向かうか。

横須賀海軍カレーが頭に浮かぶが、ネイビーバーガーというのもありか。
そんなことを考えながら、バイクを走らせる。

横須賀市内に入ると、やたら警官が多い、何やらイベントがあるのか、
デモでもあるのか、こんなに居ると、バイクを停める場所を探すのに苦労する。
ようやく、ちょっと無理かしらと思ったが、もうここでいい、とバイクを停める。

やはりカレーより、今日はネイビーバーガーにしよう。

ここでも行列。看板の鉄人28号に誘われて行列に並んだ。

4521




















4522
























4523



















TSUNAMIバーガーってネーミングはどうなの?
家族連れが多いようです。

4524



















ベーコンチーズバーガーを注文。

レギュラーサイズを注文したが、それでも大きいね。

4526



















ケチャップもマスタードも巨大。

4525






















4527



















なかなか美味しい。ベーコンの塩気がちょうどよく、肉もまあまあ。
千葉のBINGOの方が、肉は旨かったかな。
それでもこのボリュームで、お腹いっぱいになった。


4528

















どぶ板横町をひやかしながら、バイクヘ戻り、
駐禁の切符のないことを確認し、身支度を始めたところ、
モトグッツイどうですか、と声をかけてきた人がいた。

ご自身はハーレーに乗っているらしいのだが、
もう一台、欲しくて物色中とのこと、
しばらく、バイクの話をさせてもらいました。
ヘタレなG.Gなので、たいした情報もあげられなかったのですが、
モトグッツイに興味を持たれたそうで、今度見に行くとおっしゃっていました。
グッツイ乗り、ひとり増えるといいなあ。

いやあ、何だか嬉しい気分で高速へ、
ここでも渋滞、ノロノロと走る車の間をすりぬけて走る。
あれれ、いつもより早く燃料のランプが点灯! 東京まで持つかな・・・?
うーん、燃費走行でもギリかしら、ドキドキしながら走るのも嫌なので、
常盤台で降りてガソリンスタンドを探す。
この時点で、ランプ点灯から20kmを越えていた。
給油の後は、1号線を久しぶりに走る。

今日は、バイクに乗ったのに、あまりスカッとした気分にはなれなかったが、
バイク好きの方とお話できたのは良かった。
さあ、ビールでも飲みながら、半沢でも見ますか。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

映画とバイク トリシュナ 2011年

インドが舞台の映画であるが、製作はイギリスの映画です。

インド北西部、パキスタンとの国境があるインド最大の州ラジャスタン州。
ジープに乗り込み好き放題に遊ぶ若者達。金持ちの息子達だ。

4504
















その中に主役のジェイがいる。
ある寺院の中で見かけた女性に惹かれたが、その時はそのままになる。
食事をしにでかけるが、
ホテルの使用人の中にその見かけた女性を見つけ、話しかける。
それが、トリシュナだ。

トリシュナを演じるのは、
『スラムドッグ$ミリオネア』のヒロインであったフリーダ・ピント。

4502






















トリシュナは、家族と暮らしているが、兄弟も多く、貧しい暮らしをしている。
そのトリシュナの父親が交通事故を起こし、
怪我をしたうえ車を壊し、収入が途絶える。
そんな窮地を知ったジェイが、
父親の経営するホテルに働きに来ないかと手をさしのべる。

家族と離れて働く事になるトリシュナ。
バスに揺られ、乗り継いて、やっと目的の駅に着くと、ジェイが迎えにきた。
何とバイクで迎えに来たのだった。

インド製のバイクですね。多分Bajajというメーカーのバイクだと思うんだけど。

4503

















タンデムでインドの街中から、郊外の道へと走るシーンがしばらく続きます。

このジェイという男ですが、
「欲しいものは必ず手に入れる」的な、
いかにも金持ちのボンボンの下心はうすうすと感じるが、
働きながら学校へも行きなさいと、もう王子様みたい。

4505



















王子に見初められた貧しい少女の玉の輿物語 か、てなノリで物語は進みます。
あれあれ、カーストもあるだろうし、そう簡単にこの話は済まないだろう・・・。

トリシュナはひたすら従順にジェイに付いて行きます。
ホテル経営は嫌だとムンバイへ行き、
映画のプロデューサーのようなことをしています。
ここらで、ちょっとボリウッドのダンスシーンが顔を見せる。
トリシュナはダンスの才能に目覚め、ダンサーになるという夢を密かに抱える。

しかし、ジェイの父親が病気で倒れた事から物語は変化して行く。
興味のなかったホテル経営を継ぐことになり、
ムンバイでの生活は終わりを告げる。
王子様だったジェイが変わり始める。
ホテルのオーナーと従業員という表向きで、実は恋人同士という関係だったのが、

昔ここに住んでいた王族は、3種類の女を抱くことができた。
自分の妻と、メイドと、高級娼婦だ。
だが君は、そのどれにも当てはまる。

などと言い、トリシュナを陵辱し始める。

やがて、悲劇の結末へと向かうのだった。


英国の文豪として知られるトマス・ハーディーの「テス」が
原作となっているそうです。
1979年にナスターシャ・キンスキー主演で「テス」というタイトルで
映画化されているので、見た事があるかしらね。

ラージャスターンの片田舎、ジャイプール、ムンバイと、
典型的なインドらしい風景や寺院、人々の姿などの映像が美しい。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

台風がくる前に

三連休というのに台風が来る。
ピカピカの晴れではないが、バイクを引っ張りだす。
第三京浜に乗る頃、空には黒い雲が・・・。
雨が降ってきた。逃げ場はない。
パラパラとした雨は、保土ヶ谷に着く頃止んだ。
さすがに今日はバイクが少ない。

4490
















なぜか手袋の指先に穴があいた。

4491




















湘南へ。
海の家は撤去されていた。
今年の夏は終わっていた。

4492
















カモメも砂浜で休憩をしている。

4493















サーファーだけが元気に海に入っている。

4494


















そう、いつものように昼飯を食べにきたのだった。
ゆうき食堂に着く。いつもより人が少ない。

4497























今日は、酒を飲んでいる人が多い。
当然、長っ尻になっている。
店にとっては、いいことなのか、迷惑なのか・・・。

塩かつおとさわらのフライ定食。

4495















塩かつおとは、塩で鰹を食べるということだ。

4496


















うーん、タタキの方が好きかな。

漁港の定食屋。見栄えはたいしたことはないが納得の味だ。

お腹いっぱいで、帰りとなる。

4498






















帰る途中、手袋に穴があいたので、NAPS横浜店で新しい手袋を購入。
クラッチ操作で指先部分にストレスがかかるようだ。
クラッチの握り方に問題があるのかな。
疲れてくると結構必死に握っているからね。

そのまま帰ろうかと思ったが、
イラストの展覧会へ向かうことにした。
なぜなら、その会場は、日・祝は休みだったからだ。

銀座へ向かう。
クリエーションギャラリーG8というギャラリーだ。

4499

















歌舞伎イラストレーション
10月3日(木)まで開催。

売れっ子イラストレーターたちが、歌舞伎をテーマに描いた展覧会です。

45004501













作品を販売していたが、これはと思う作品には、やはり赤いピンが立っていた。
菅野研一さんの作品もすでにピンが立っていた。
題材は、暫。
歌舞伎十八番の一つに数えられる演目です。初演は、初代市川團十郎だそうです。
鎌倉権五郎景政をヒーローと捉え、
アメコミのヒーロー、バットマンと対比させた構図は
斬新な絵図らとなっていました。カッコイイ!

それぞれの感性で捉えた歌舞伎。
なるほどと思える作品や、へー、そう来たかと驚かされる作品も
やはり第一線で活躍しているイラストレーターだけあるなと思わされた。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

空の色はうつりにけりな

空がどんよりとした曇り空になっている。
予報も雨が降りだすだろうと言っている。
これが晴れて青空が広がっていれば、ウキウキとバイクを引っ張り出しているだろう。
空のグレーが、気分まで薄暗くしてしまう。

このように、天気というより空の色ひとつで、人の気分が変わってしまう。
色、色彩、これらの持つイメージが人々の暮らしにどのような影響を与えるのか、
大雑把にいうとそんな研究を妹はしているらしい。
G.Gの妹だから、年齢的にはババアだが、大学院にいる。

そこで、六本木はミッドタウンにある21_21 DESIGN SIGHTで開催されている
展覧会を見に行くことになった。

4487
















「カラーハンティング展 色からはじめるデザイン」
21_21 DESIGN SIGHT
10月6日(日)まで


4486
































海、空、星、植物......。自然界には、無限の色が存在します。
その一方で、人間がつくりあげたものは、自然の中の色彩体系とは別世界のようです。
本展ディレクターの藤原 大は、自らのデザインリサーチのなかから
「カラーハンティング」というデザイン手法を生み出しました。
自ら水彩絵具を調 合してその場で紙片に写し取っていく。
色からはじめるデザインは、ものづくりのプ ロセスに関わる人々や使い手に色の意味や物語を伝え、
豊かな色彩環境を広げることでしょう。
本展では、カラーハンティングを通して色がもつ未知なる可能性を示すとともに、
研究者や企業、国内外の教育機関と恊働して得た色とデザインの成果も紹介します。
「色」が導く創造的な世界をぜひ体験してください。(抜粋)

と展覧会の案内には書かれています。

なるほど、色に関する作品が盛りだくさん!
子供から大人までがデザインのきっかけとして、色に興味を持てる展示がたくさんあります。
体験型の展示が多くあるので、一人より複数で観に来た方がきっと楽しめるね。

4475



















4478



















4476















4479














4480



















4481



















4482



















4483


















4484





















4485
















普段何気なく見ている風景や物、そこにある色。
まあ、何とぼんやりと見ていたことか、
分類され、解析され、提示されるとハッキリとイメージできる。

夕方の飛行機で帰る妹とミッドタウンでお茶。
あの虎屋のカフェで甘いものをいただいた。

4488




















4489



















こんな機会でもなければ、こんな高いお茶せーへんで!
旨かったけど、甘すぎたかな。

久しぶりの妹の来訪で、東京の新名所を巡った。
歳をとるとオサレな場所や人混みを避けるようになってしまう。
東京に居ても、結局はお上りさんだった。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

港町から下町へ

妹のご所望で、みなとみらいに行く。

港ではちょうど客船が入港したらしく、消防艇が歓迎の放水をしていた。

4452











所用が終わって、せっかく来たのだからと見物しようと思ったら、
パシフィコ横浜、横浜美術館など長い行列ができて入場困難。
横浜美術館のプーシキン展は何と入場者数30万人突破とか。
ちなみに2012年世界で一番入場者が多かった美術展は
東京都美術館で開催された マウリッツハイス美術館展 で、758266人だそうです。

天気予報では曇りのち雨の予報。
となれば、近場の屋内レジャーに繰り出すという訳なんだな。

イベント会場をあきらめ、
あたらしく出来た、MARK ISを見て歩く。
ここもよくある商業施設と変わりなく、同じような店が並んでいる。

5Fへ上がったところ、新しい施設としてマスコミで紹介されていた
オービィ横浜という大自然超体感ミュージアムというのがあった。
さほど行列が長くなかったので、入ってみることに。

4453

















中に入ると、BBCの映像を使ったいくつかのイベントがあった。
それぞれ定員4〜50人ぐらいの小さめの部屋で、
映像と音、振動などのアクションを加えて見せてくれる。

4454



















4456















BBCの映像は確かに素晴らしいものだが、
仕掛けられた振動や風や霧のエフェクトは、正直こんなものかぁ、
といった程度のもの。

4455



















4457



















4458





















オシッコちびるくらいのを見たかったゾ。



バーチャルな体感は、この先どんどん発展していくのだろうが、
人間の五感を錯覚させるのは、並大抵のことでは出来ないだろう。
バイクの良さは、実際に乗らないと分からないように。

昼もずいぶんと過ぎてしまったが、中華街で食事。
メインストリートの混雑を避け、路地裏の小さな店に行く。

4459




















中国人の客が来る店は旨い。という定説はどうやら本当らしい。
店の中は中国語が飛び交っている。
焼き餃子、水餃子を注文。

4460



















4461

















包みの中は肉汁でいっぱい。がぶっと噛むと汁が飛び散る。
中の餡も旨いが、皮のもちっとした食感がたまらない。
2人で2皿なのにお腹がいっぱいになる。


4463



















それにこの店は、ビールが安い!(とっても重要なこと)

それでも、麺を食べておこうと、麺を注文。

4462



















牛肉麺とかいうメニューだったと思うが、これも旨かった。
肉も柔らかく、スープもコクがある。もちろん麺は、モチモチの刀削麺だ。
トッピングにパクチーがのっているから、苦手な人はご注意を。
中華は大勢で食べに行かないと種類が食べられないので、
いつも心残りで帰らなくてはいけない。

4464


中華第一家 杜記
神奈川県横浜市中区山下町138-14




腹ごなしに、山下公園を散歩。

4468















4467
















この日の単管バリは、うさぎさん。

スパークリングナイトとかいうイベントが開催されるらしく、
日が暮れるにしたがって、人々が増え続けていた。



我々は、妹が浅草で仕事関係の打ち合わせがあるというので、
横浜から浅草へ向かった。

4469



















浅草寺近くでの用事も終わり、浅草寺、三社さまをお参りして、
そらまちへ。スカイツリーはオリンピックにちなんでゴールドカラー。

4470

































そらまちをブラブラ、すみだ水族館まで入ってみたりしていたら、
浅草の食べ物屋はラストオーダーの時間になっていた。

4471



















4472















4473


















4474

















恐るべし浅草。夜は子供かお爺ちゃんのように早いのでした。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


今日は渋谷で5時・・・

2年ぶりでしょうか、妹が仕事で上京してきた。
日中はお互いに仕事なので、夕方から待ち合わせして、
東京の最新スポットを案内し、食事に行った。

この日は、渋谷のヒカリエを見たいというので、久々に渋谷へ出た。
今日のタイトルは、鈴木雅之と菊池桃子の歌のタイトルですが、
待ち合わせは、6時過ぎでした。
そういえば、副都心線が東横と相互乗り入れをして、
渋谷駅が変わってから初めて渋谷へ行くことになる。

渋谷はジジイにとって足の向かない場所なのであった。

複合商業施設というのは、どこでも同じような店が並ぶ。
銀座でも新宿でも池袋でも、たいして代わり映えはしない。
そうはいっても、溢れんばかりの商品が手を変え品を変えての展示は
見て歩いている仕事帰りの女性達にとっては、楽しい時間を提供しているのでしょう。

各フロアを見て回ったが、8Fのギャラリーやクリエイティブラウンジなどが
まあ、目新しいといえば目新しいか。

さて、晩ご飯をどうしようか悩んだ。渋谷の店はほとんど分からない。
そこで、先日、渋谷のK研究所の同期と会った時に話題に上った、
メキシコ料理の店に行くことにした。

場所は、代官山である。店の名は、ラ・カシータ。
昔は、K研究所の近くにあり、よく通ったものだった。
代官山のヒルサイドの向かい側、ハリウッドランチマーケットの並びに移り、
その後、代官山の駅近くに移転したのでした。

訪ねるのは、十数年、いや二十年は過ぎているかも知れない。
ラ・カシータ以外のメキシコ料理は、食べる気がしないので、
メキシコ料理も随分と久しぶりなのでした。

まずは、ビールを注文。テカテ。

4445



















缶ビールのふたの上から、ライムを絞り、塩をふる。
それから、タブを開けると、ライムと塩が中へ落ちるという技を使う。

一方、名物のサブマリーナ。昔は、テキーラ・サブマリーナと言っていた。
ビールにレモンのスライスが浮いている。小さなグラスにテキーラが入っている。

4440



















その小さなグラスをレモンの真ん中に置いて、上手に沈めるのである。
ビールの中にテキーラグラスが潜水艦のように沈み、
テキーラとビールが混ざるというわけなのでした。

4443
























4444



















おきまりのタコス。

4441




















サボテンのサラダ。サボテンはうちわサボテンだそうです。
茎ワカメか山クラゲ的な食感です。

4442




















4446



















茄子とベーコンのチボトレソース。トルティージャ付き


4447

























こんなビールも飲みました。

ポージョ・アル・アヒージョ
若鶏の唐辛子風味。

4448




















トルティーヤが腹でふくれるのか、意外に量は食べられない。
しばらく腹がきつくて困ったほどだ。

4449



















ラ・カシータ
渋谷区代官山町13-4 セレサ代官山 2F



腹ごなしに代官山を散策。
旧山手通りの蔦屋書店で休憩、お茶を飲む。

4450

















膨大な量の本とお茶を飲みながら本が読めたりする、しかも深夜2時まで。
東京だから成り立つのね、と妹がつぶやく。

4451
















確かにそうだ、居心地の良い店内は時間の経過を忘れさせる。
近所にあったら、入り浸るだろうな。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

今日は、おばんざい

銀座に一軒、和食の店ができました。
はし本のおばんざい という店名です。
おばんざいといえば、京都のお惣菜、おかずと思いますが、
日々のお惣菜と懐石料理との中間ぐらいの設定といったほうが
当たってるのかな。

湯葉から季節感たっぷりの料理。

4421























4422



















虫籠は昔使ったことがあるような竹の虫籠。
上には、キリギリスかしら、虫が乗っています。

4423



















お造り

4425

















4426




















4427





















4428




















4429



















あんかけの中は、少し搗いたようなご飯が入っています。

生麩のパフェ
これ女子は好きだろうな。
生麩の食感がスイーツとして新鮮に感じられます。

4430





























おまかせで、5000円のコースです。
日によって料理の内容は変わるようです。


東京都中央区銀座2-10-5 銀座オオイビル2F
11:30〜14:30   17:30〜22:30 日曜定休

懐石料理よりはお手軽で、居酒屋よりは上品なので、
接待から、女性同伴で食事をするのにいい店だと思います。


オープン前のレセプションにおよばれした時の料理の写真もアップします。

4431



















4432



















4433



















4434


































4435




















4436



















4437

















4438















4439



















4424





































↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


晴れのち霧のち豪雨 2

昼ご飯、期待はずれでガッカリ、さて、どうしようか。
湖でも眺めて帰ろうかと河口湖へ。
そういえば、湖の水位が下がって歩いて行けるようになった名所。
六角堂があったことを思い出し、行ってみることにした。

4401



















4402

















4403



















1994年に再建されたというもの、あまり有り難みがないね。

お賽銭があがってる。

4404




















暑い・・・。このまま帰るのも悔しい気がする。
少し走るかな。
鳴沢の方へ、鳴沢の道の駅で、しばし涼んでみる。

4405


















静岡ナンバーのV11だ。 グッツイに出会うのは珍しい。

4406



















そうか、このままぐるーっと回ってみようかな。富士山一周。

本栖湖の方へは行かず、71号線を行く。
木のトンネルを走っているような気になる。道路は舗装が新しく快適だ。

4407



















そのまま走って行くと富士宮へ出る。
何だか雨が降りそうな気配が、
途中、白糸の滝の看板が見えたので、道草。

4408

















白糸の滝、着いてみると、滝つぼの整備工事を行っているので、
滝つぼまで降りることはできなかった。
展望台からも全体は見渡せなかった。残念。

4409

















お鬢水という水が涌いているところがあった。
このお鬢水で源頼朝は髪のほつれを直したと伝えられているのだそうです。
この池にもお賽銭が。

4410



















4411




















富士宮まで行くつもりはないので、御殿場方面へ、
雨とも言えないが、だんだん湿ってくるのが分かる。
雲が低いなと思ったら、ガスってきた。みるみる視界が悪くなる。
20メートル先も見えないほどに、手探りをするように走る。

4412



















昔、400に乗っていた頃、日が暮れた箱根で霧に包まれたことがあった。
走っているうちに、平衡感覚が狂いだし、
今傾いているのか、まっすぐなのかが分からなくなったことがある。
通る車も少ないので、センターラインを見ながら走る。

山を下っていると本格的な雨になってきた。
これはもうダメだ、と現れたコンビニの駐車場に飛び込んで、
カッパを着込む。カッパを着るのは、2度目だ。
標識に裾野インターが見えたので、東名高速に乗る。

このまま帰れるかなと思ったら、雨脚はさらに強くなり、豪雨になった。
これはたまらんと、足柄サービスエリアへ逃げ込む。
見ると、ライダーが続々とやってくる。
この雨では、バイク自体も危ないが、4輪からも見えづらいだろうし、
雨の勢いが弱まるのを待った方が懸命だろう。

サービスエリアは、時ならぬ混雑に人があふれていた。
空は真っ暗、近くの山も見えないぐらい雲が低い。
1時間ぐらい待っただろうか、雨は一向に止む気配を見せない。

お茶だけ飲んで過ごしていたが、それにも飽きてきて、
そばを食べた。
カレーつけそば。

4413



















4414



















うーん、こんなメニュー・・・と思ったが、
カレー南そばがあるくらいだから、つけて食べるそばもあるわなぁ。
うん、ぜんぜんアリです。ありだけど、スープが余って困った。
もちろん飲んだけどね。

雨が止みません。
情報を漏れ聞いたところ、雨が降っているのは、この周辺だけらしい。
ちょっと頑張って走れば、雨の降っているエリアを抜け出せるかもしれない。
給油をし、覚悟を決めて、雨の中を走り出した。
秦野中井あたりからは雨も小降りから止んできていたが、カッパを着たまま走る。
そのまま家まで一気に走った。
カッパで、ずぶ濡れは免れたが、中は汗でびっしょり、結局は濡れてしまった。

晴れ、霧、土砂降り  天候の急変にまみれたツーリングとなった。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

記事検索
月別アーカイブ
Amazonライブリンク
プロフィール

g_g_rider

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ