アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

2013年12月

学生の街を年寄りが

今年最後の早稲田行き。
仕事を済ませ、帰る前に、穴八幡に立ち寄った。
学生の街で知られる早稲田も、冬至から節分までは
年寄りの姿が目立ちます。

4887



















ここ穴八幡宮は、
吉宗の時代から、流鏑馬を奉納していることでも知られています。
今は、戸山公園で流鏑馬神事が行われているようです。
そういえばここの交差点には、馬場下町の文字が・・・。

4888















金欠状態の人にぜひオススメしたいのが、
ここの「一陽来復(いちようらいふく)」のお札。
江戸時代から続く伝統のお札で、「金銭融通」のご利益があると
昔から多くの人が列をなして求めています。

「一陽来復」には、「陰が極まって陽に転じること」すなわち、
「凶事が去って吉事がめぐってくること」という意味があります。

4890



















この一陽来復のお札、冬至から節分の間だけの頒布。
ちょっとしたルールがあります。
それは貼る日にちと時間、向きが決まっていること。
貼れる日にちは年3回のみ、冬至か大晦日、節分の夜。
深夜24時ぴったりに、天井近くの壁にその年の恵方に向けて貼るのです。
すると、その年1年間はお金に困ることはないのだそうです。

4891



















4892



















近年、関東?全国的?に有名になった「恵方巻き」と
同じ方角になりますね。
あんな下品!な習慣は、まねしなくても、お札を貼るだけでいいのです。

4893






















エッ、ご利益はどうか? えーっと何とか飯は食えていますよ。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

年末恒例浅草詣で

この時期、ここ数年は年始の支度で浅草へ通っている。
分かっちゃいるけど、ついつい押し迫ったころになってしまった。

地下鉄銀座線から地上へ出ると観光客が人力車に乗っている。

4878



















そんな人混みを避けるように裏通りへ。
といってもそんな裏通りにも人があふれている。
こっちは一直線に目的の店に行きたいのだが、
のろのろと歩き、立ち止まる観光客に苛立ちながら、先を急ぐ。

目的の「染めの安坊」。手拭いの店だ。
毎年、この店で事務所の女子に年賀として渡す干支の手拭いを買っている。
今は、渋谷ヒカリエにも店があるのだが、やはり浅草の店に来たくなってしまう。
どんな柄の手拭いかって? それは年明けのお楽しみです。

さて用も済んだし、年末の浅草を堪能するか、
並木の薮蕎麦も混んで行列ができているだろうし・・・、
と、一軒の店が思い浮かんだ。

昭和の色濃いラーメン屋です。
ああ、あそこへ行ってみようと、国際通りへ。

うっかりすると見過ごしてしまいそうな路地にある。
来集軒という名の店である。
実は、初めての訪問だ。

4879




















店に入ると他の客は一人。
おばちゃん? が何しますとせかすように聞くものだから、
慌てて、シューマイとラーメンとビール! と頼んだ。


4882

















何だろうか、愛想の悪いこと。どこかは笑顔はタダっていうのに。
まあ、浅草の老舗というか、お店の接客は似たようなもの。
無愛想で口が悪い。これで怯んでいては下町の醍醐味は味わえない。
といっても、もうちょっと愛想がよくてもバチは当たるまいに、
よく見ると、若い頃はきれいだったろうなという顔立ちをしているではありませんか。

ビールがやってくる。大瓶だ。
グラスにビールを注いでいると、いきなりシューマイが出てきた。
間髪を入れずに、という言葉がピッタリののタイミングだ。

4880



















醤油はちっちゃい方の瓶ね! 去りながらおばちゃんが言う。
醤油をつける小皿などは出て来ない。
皿の縁にカラシをとり、そっと醤油をたらす。
一口食べてみて驚いた。一般的に想像するシューマイとは全然違うのだ。

肉じゃない! アンコ? ねちょっとした「すあま」より柔らかい歯触り。
頭と口の中が連動しない。エーッ!
おもいっきり練って磨り潰したとしか思えないようなシューマイの餡であった。

後から入ってきた常連ぽい客のお姉さんが連れに、酒焼けしたような声で
これはね、カラシをバーッといっぱい入れて、醤油をドバッとかけて食べると旨いよ!
ねっ! どぉー? ねぇぇー! うまいよねーっ! と大きな声で話していた。

なるほど! 確かに! 

けど、それだとカラシ醤油味の柔らかな食べ物にしかならないよね。

2個目に手をつける前にラーメンが来る。
見た目は、懐かしい醤油ラーメンだ。

4881




















このスープ、見た目とは違い、かなりあっさりした味だ。
最近のラーメンの味に慣れた人は物足りないと感じるだろうね。
G.Gにとっての懐かしい味とも違う。
もっとチープなスープで、そう、味の素の味がした。
田舎の駅前の食堂で供されたラーメンは、そんな味だった。

驚いたのはメンマ。甘いのである。
これが醤油スープとからみ、独特の風味を醸し出している。
麺は自家製麺ですね、なかなか旨い麺でした。

これ、好き嫌いがはっきりする味だろうね。


ラーメンを食べ終わったら、浅草寺をお参りして帰りましょう。

浅草寺、知らない人もいるでしょうから一言ね。ザックリと。
東京都内最古のお寺です。
628年、隅田川で漁をしていた兄弟の網に仏像がかかった。
黄金の観音像といわれ、一寸八分の大きさだったという。
それを郷司に見せると、ありがたい観音様だとわかり、深く帰依し、
出家し、自宅を寺にして供養したのが始まりとされています。
浅草寺の隣にある浅草神社。通称三社様、あの三社祭で有名ですね。
この兄弟と郷司の三人を祀っているのですね。

浅草寺。たくさんの人が来ています。

4883




















4884



















お参りして、お隣の三社様へ。
境内で、紙芝居を発見。しばし鑑賞。出し物は、黄金バットでした。

4885




















中国人と思われる女性が、so cute なんて言ってたっけ。
お賽銭じゃなかった、投げ銭を入れ、振り返ると、
人力車に乗った新郎新婦がいるではありませんか。


4886




















うーん、少しお年を召した新婚さん(新婚かどうかは分からないが)
外国人観光客は喜んでいましたよ。

何だよ、自分も結構観光客しちゃってるじゃあないですか。フフッ。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


復活の日

入院していたグリーゾが退院しました。

4876



















後ろ足の具合が悪かったのですが、
ファイナルケース、ファイナルクラウンハウジングとかいう部分の
治療で復活しました。
要するにリアの車軸部分です。
モトグッツィは、シャフトドライブなので、
この部分に車のデフのようにギアが入っているのです。


4877


















写真を撮っておいてくれて、
それと取り外した現物を見ながら説明していただきました。
写真の茶色いリング状のものが劣化してオイルが漏れていたそうです。
ゴム製の部品ですが、リップの部分の長さなどが変更された、
最新の改良型のものに取り替えていただきました。
2万キロ以上走ったわけですから、経年劣化というところだそうです。

寒くなっても、乗っているのは年寄りだけだよ。
若い子は、全然乗らなくなっちゃうんだ。
寒くなって、冷えたタイヤがどんなグリップになるかとか
乗ってなきゃわかんないのにね。
グリップヒーターつけたから、バッテリーのアンペア気にしてね。

などと神宮司さんとお話をして、グリーゾを引き取りました。
グリップヒーターをつけたばかりなのに、予定外の出費となり、
G.Gの昼飯はワンコイン以下というのは当分変わりそうにありません。
トホホ。

店の前には、新しいカリフォルニア! ナンバーがついていました。

4874


















4875































エンジンの張り出しがすごい! です。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

映画とバイク その愛を走れ

なぜ人気があるのか、空の上3メートル、当ブログへの検索でも上位になっている。
その映画に、続編があった。
見る気がなかったのだが、世間様の反応にDVDを手に取った。

消せない想いを胸に、出会い、別れ、に翻弄される男女のラブストーリーです。

主役は、アチェ。恋人バビと別れ、ロンドンに行っていた。
冒頭のシーンで、ユニオンジャックに横たわるアチェが映し出される。
これ、イギリスへ行っていたということを象徴させているのか? フフッ。

4870


















2年ぶりでバルセロナに帰ってきたアチェ。
亡くなった親友ポジョの彼女カティーナに会う。
ここで女性カメラマンのジンに出会い、付き合うようになる。
しかし、心の中には前の彼女バビが・・・・。


4873






















バビ、ちょっと老けてないか?

4868


















アチェは、途中で母親を亡くしてしまう。
バビの方は、父親の不倫が発覚、両親は離婚、
バビの妹はラリってセックス、父親の分からない子を妊娠。
その上バビは他の男と結婚すると言い出す。
ジンは、アチェの職場でレイプされそうになる。

どう? どうよ、この不幸のテンコ盛り。

でもね、なぜかどよ〜んと落ちないのよね。
スペイン語のせいではないと思うのだが、ひとえに主役が大根なせいだと思うね。
何か、筋肉バカにしか見えないんだけどなー。
脚本も監督も・・・、いいとこ無いのか?
韓国映画だと、これでもかと泣かせるんだろうけど、
やっぱりラテンなのね。

さて、バイク。アチェは相変わらずトライアンフのスラクストン。

4869




















劇中バイクのバトルがあるが、相手はアチェの親友から奪ったバイクに乗っている。
ロゴとか確認できなかったが、スズキのバンディットのようです。
このバトルもいきなり走り出すばかりで、緊張感も何もないの。

4872


















こんな映画、なぜ注目されているのかしらね。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

蕎麦を食べに走る

年に一度は食べておきたい蕎麦がある。
藪蕎麦 宮本の蕎麦である。
昨年は、怪我のせいで食べられなかった。

静岡県は島田市にあるので、東名は吉田まで走ることになる。
付けたばかりのグリップヒーターの実力を確かめる初めてのツーリングだ。

朝、家からすぐに走り出し、大通りに出てから、煖機する。
これでも、ご近所に気を使っているのですよ。
もちろん、まだグリップヒーターのスイッチは入れない。
そろそろいいかなと走り出す。まだシフトが堅い。
グリップヒーターのスイッチを入れる。ほどなく、温かくなる。
首都高に入るあたりでは、エンジンもグリップも完全に温まる。ムフフッ、快適だー。

東名はスムーズに車が流れている。
海老名から、きれいに富士山が見えた。

4851












富士川サービスエリアからの富士山。

4854

















宮本に着く。まだ12時前だ。

4855




















店内に入ると満席一歩手前、待たずに席に案内された。
直後に一組、また一組と客がやってくる。

例によって、店内の撮影はお断りとなっているので、写真はありません。
写真は、食べログなどでチェックしてみてください。

4856





















ざる蕎麦2枚と穴子天そばを注文した。

ざる蕎麦がきた。
これこれ、やや細めのキリッとした蕎麦は、角が立ち、
噛むとプチッと音がしそうな歯ごたえがある。
つゆは辛口、本当に三分の一もつければ十分といった塩梅だ。
盛りは少ないので、一枚はあっという間に食べてしまう。
そこは、タイミングよく、2枚目がやってくる。
あー、腹一杯食べてみたいね。ざる何枚頼まなくてはいけないのだろう。

温かいそばです。穴子天ぷらそば。
メニューにはなく、店内の貼り紙をみて注文しました。
小さめの穴子を半分に切った天ぷらにインゲンの天ぷらが入っていました。
テーブルに届いた時点では、まだジュジュジュッと音がしています。
サクサクの衣が汁の上に花びらのように広がります。
その天かすが汁を吸って、またこれが旨いのです。

ざる蕎麦のつゆも、温かいそばのつゆも一滴残さず飲み干しました。

まだまだ、食べられたのだが、さっと食べて、さっと帰るのが
粋というものでしょ、と やせ我慢。
滞在時間およそ30〜40分。

4865




















この後、御前崎方面にでも行ってみようかと思っていたのだが、
バイクのリア部分、車で言うとデフにあたるのでしょうか
オイル漏れがあったので、すぐ帰ることにした。
前日見た時よりひどくなっている。
タイヤのサイドウオールまでオイルがかかっている。
このままでは、危険だ。

4853



















4852




















この日は、晴れていたが風が強く、高速では何度かひやっとした。

帰りは、今まで一度も走ったことがなかった、新東名を走ってみた。
こっちの方が、風の影響が少ないような気がした。

清水サービスエリア。

4858





















4859
















シートバッグつけないほうがカッコイイな?


4863





















4860


















4862















駿河湾沼津サービスエリアでは、
サマサ水産という店の駿河丼を食べてみた。

4861



















桜えび、しらす、が乗っている。酢飯の丼です。
味は? 可もなく不可もなくというところ。

4866





















店内の一角で、マグロの解体ショーが始まったので、覗く。
小振りなマグロだ。
マグロ大好き日本人、多くの人だかりが出来ていた。

4864


















サービスエリア、本当によくなりましたね。





この後、リアを気にしながら走って、モトラボロに駆け込みました。
即、入院! あぁ〜っ!! 涙・・・・。

閉店間際に駆け込んだにもかかわらず、
年内にやっちゃうから とおっしゃってくださいました。




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



あったかグリップ

歳とともに冬が辛くなる。
とりわけ、冬のバイクは、相当寒い。

体は着込めば何とかなるが、手、特に指先の冷たさは如何ともしがたい。
ハンドルカバーをつければ風が当たらなくて温かそうだが、
イタリアンバイクにハンドルカバーは願い下げだ。

そこで、グリップヒーターを付けることにした。
昨年から取り付けようと思っていたのだが、怪我もあり、
復活し、春になって車検を取った時には、ヒーターの在庫がなくなっていた。

ということで、季節到来、モトラボロに相談、取り付けてもらうことに。

4846


















素人は簡単に、スポッとグリップをはめればいいのだろうと思うのだが、
どっこい、そう簡単にはいかないようです。
グリーゾに付けたことはないそうで、
適合するグリップヒーターを探すことから始まったらしい。
モトグッツイに純正があるらしいが、注文してもいつ入ってくるか、
さっぱり分からないそうです。

結局、ホンダのグリップヒーターを使うことになった。

グリッピヒーターを付けると、グリップが太くなるというので、
実際に計ってみた。
周囲 ノーマル、約10cm、

4842

















 

グリップヒーター着用、約12cm

4847



















握ってみると、最初は太いなと感じるが、それもすぐ慣れてしまう。

コントロールスイッチは左側のグリップの近くに、

4848




















3つの赤いLED。3段階の間に0.5のポジションがあるので、
全部で5段階の温度を選ぶことができる。

4849



















電圧の保護機能が付いているので、電圧が低い時には自動的にカットされる。
渋滞に巻き込まれても安心だ。

スイッチを入れると30秒もかからないだろう、温かくなってくる。
冬用のグローブをしていても、すぐ温かさを感じることが出来る。
これはイイ!! どーしてもっと早く付けなかったんだろう。

冬のツーリングなど、お前はマゾかと言いたくなるような、ガマンの連続だ。
手が冷たいと、悲しくなる。なぜ、そうまでして走るのかと自問自答してしまう。
指がかじかんでブレーキやクラッチの操作が思うように出来なくなる。
手を、指を、温め、動かすことができるようになるということは、
冬の快適装備でもあり、安全対策装備ということだ。

標準装備にしろとは言わないが、
オプション装備として安価に取り付けられるといいな。

一度使ったら、離せなくなりますね。


モトラボロを訪問したところ、ついに、新型カリフォルニアに遭遇!
でかいね! 低く身構えたポジション! 存在感のあるエンジン! 
どんな走りをするのだろうか。

4845



















4844



















4843





















それより、気になったのが、
神宮司さんに言われて初めて気がついたのですが、
リアにオイル漏れがあるようです。

汚れているから、はっきりとわかりずらいよ。
今、拭いておいたから、注意して見ておいてね。

うーん、洗車もしばらくしていないからね、恥ずかしいことです。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


ホワイトかなー

骨折していた時の暇つぶしとして
全国のレトルトご当地カレーを取り寄せていたものが、
まだ残っていた。ふーん、と思って賞味期限を見たら・・・・・

過ぎてるー!

レトルトだし・・・、カレーだし・・・・、420円もするし・・・、
ということで、慌てて食べた。

結論、2ヶ月ほど過ぎていましたが、大丈夫でした。
エへヘーン、昭和の子は、多少の腐れや、ばい菌には強いのだー!

八ヶ岳高原 ホワイトカレー。パッケージには、
山梨と長野の県境に位置し、標高2900メートルの赤岳を南に配し西北に連なる八ヶ岳連峰は独特の風貌を示す山脈です。その雄大な景観は周辺に四季折々の大自然の恵みを与え ています。その恵みのひとつである「八ヶ岳高原牛乳」を使って造り上げた自然の香りのする逸品です。
とありました。

4840























ホワイトというからには、ただの白いご飯では、何が何だか分からなくなりそうなので
ここは玄米で、と思ったが、白米と玄米を合わせたご飯にしました。

かけてみると、うーん、見たとおり、ホワイトではないよね。
ま、まさか、賞味期間切れで黄ばんだとか・・・あるまいな。
食べるとシチューみたいで、ほんのりカレーの風味? がする
野菜が沢山入っている。玉葱、人参、インゲン、コーン、ピーマン。
肉は入っていない。
濃厚な牛乳で作りましたということがよく分かる

4841



















シチューだな、
 

シチューです!


ちょっとスパイシーなシチューーーーだべさ!!





これ、パンで食べたほうが良かったなー。


↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

のぼるちゃん

高尾山口、たかおやまぐち ではありません、たかおさんぐち です。
そう、今日は高尾山へ行きます。
遠足の会「のぼるちゃん」の第二回開催なのでありました。

かのミシュランの三ツ星とったど〜、の山です。


4824























朝10時高尾山口に集合です。

4825




















駅からケーブルカーとリフトの二組に分かれます。
何故なら、リフトが怖いとおっしゃる方がいたからです。
駅には何故かカールおじさんがいました。

4826




















私はリフトで上り、リフトの山上駅から山頂を目指します。
山登りといっても、整備された坂を上っているだけで、
登山とは到底言えないレベルです。
しかし、これこそが大勢の登山客が押し寄せる所以であります。
思ったほど外国人の方は、いませんでした。

たこ杉、浄心門、仏舎利塔、そして薬王院へ進みます。
天狗が迎えてくれます。カラステングが有名ですね。

4827



















4828
























4829

































4830


































山頂でお昼ご飯。
すごい人の数にびっくり、昼飯を食う場所の確保もたいへんです。

4833



















4834























唐揚げとか、おやきとかオカズもいろいろ、
しかし、登山中は飲酒禁止の命が出ているので、
唐揚げ、ビールに合うよねえ・・・、ねえ・・・、
お昼ご飯中は、ひたすらガマン、ガマン。

4831




















今日は、残念ながら富士山が見えませんでした。

4832



















帰りは吊り橋のある4号路を下ります。
階段状になっている山道は、結構足にきますね。
それでも皆元気に高尾山口まで帰ってくることができました。

4835






















4836



















駅からは、無料の送迎バスに乗って、
高尾の湯ふろっぴィ という温泉というかスパというか、に行き、
ひとっぷろ浴びてから
本日のメインイベントの宴会へ。

4837



















この温泉、森下仁丹の薬仁湯というのがありました。
そういえば、仁丹くさいオヤジって最近みないよね。

4838




















なぜ山に登るのかと問われれば、旨いビールを飲むために決まってます。
もちろん、酒に料理に舌鼓というわけですが、
今回は、句会もかねていましたので、この場で発表。
(ハイクと俳句をかけたのかー)

天、地、人、の3句が選ばれるのだが、
不肖、G.Gの句は、「人」に選出されたのでした。(自慢してるのか?)


4839




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

記事検索
Amazonライブリンク
プロフィール

g_g_rider

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ