アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

2015年03月

美術館に咲くサクラ

6773




















国立新美術館でルーブル美術館展が開催されている。
目玉は、「フェルメールの天文学者」。
日本人はフェルメールが好きだなあ、というより
すっかりマスコミに洗脳されてしまっているのかもね。

今回は、16世紀初頭から19世紀なかばまで、
日常を描いた風俗画、約80点が展示されている。

ルーブルという大ブランドだから、大混雑しているかと思ったが
そうでもない。
もうすぐ、マグリット展が開催されるので、
その時一緒に見ようと思っている人が多いのかも知れない。

ルーブル展 6/1(月)まで

67766777








マグリット展 3/25(水)〜6/29(月)

67786779








美術館の地階へ、ミュージアムショップがあるのだが、
そのギャラリースペースに
テラダモケイのお花見 と題して サクラが咲いていました。

6771
















6772





















テラダモケイの建築模型用添景セットは
百分の一の縮尺で様々な情景が作られている。

お花見編には、花咲爺さんと犬のポチがいますね。

会場には、百分の一はもちろん、一分の一の桜が満開でした。

テラダモケイのお花見 3/30(月)まで



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


生きる化石 or 奇蹟

休日友人達とあてもなく散歩をすることがある。
そんな時に発見した店がある。
すごいねえ・・・、と言いながら入ったことはなかった。

今にも雨が降り出しそうな天気に、バイクに乗る訳にもいかず、
暇を持て余していたとき、ふと思い出し、行って見るかと、時は夕方。

笹塚駅を出ると甲州街道を挟んで商店街が見える。


6761



















10号通り商店街という。
10号とは、玉川の上水路が明治時代に改修、新水路となり、
新宿側から順に番号がつけられた橋がかかっていたのだそうです。
その名が通りに残って、10号通り、ここまで10個の橋があったということ。

6762





















この商店街を進みます。
なかなかいろんな店があり、いい商店街です。
ゆるやかな下り坂を下りて行くと、角にその店がある。

6763



















6764



















ラーメン屋です。
以前前を通ったときには、もっと汚れた暖簾? いや、かかってなかったかも。
暑い時は、戸を開けっ放し、クーラーなんぞはない。
旧い店です。何でも創業は昭和26年というから、えー・・・・っ?
G.Gとタメかあ・・・・・。

引き戸を開け、中に、客が一人いた。

6766



















カウンターにテーブル席が三つ。
外側に負けず劣らず中も旧いのだが、何より驚かされるのが、
かまどがあったことだ。カウンターの中にデーンと構えていた。
羽釜で茹でているのかあ。

6769




















メニューはラーメンしかない。餃子等のサイドメニューはない。
ワンタン、チャーシュー、五目など具のバリエーションだけだ。
無愛想な主人に、ワンタンめんを注文する。


6765

















カウンターの天板は擦り切れて、塗装が剥げ、手前が白くなっている。
置かれている調味料。タケシオなんて知ってる?

客がポツリ、ポツリとやってくる。

ご主人一人きりの店だから、(年寄りだし)それなりに待たされるのかな
と 思いきや、ドンブリがやってきた。

!!!!!!

カウンターに置かれたドンブリを見ると、
カウンターが傾いているのが分かる。

6768



















スープの水面とドンブリの縁をみると傾きが分かるでしょう?

6767



















レンゲなどありませんから、こぼれそうなスープを
あわててすすりました。
見た目よりは、さっぱりして、甘みのある醤油味ですね。
麺は、乾麺か?と思えるような細く固めの茹で加減。
もやしやシナチクも細く、チャーシューは500円玉ぐらいのがチロっと。
ワンタン? は、何と皮だけ! ペラッと5〜6枚。くっつちゃってるし。
580円だからなあ・・・。

旨い?! 不味い?! 
懐かしい味か・・・・? G.Gの原点にある醤油味とも違うなあ。
魔法の白い粉も使っているのだろうけど、
後味に甘みが残る。

そうしてるうちに、中学生ぐらいの女の子を連れた父娘がきた。
父親とは顔見知りらしく話をしていると、
女の子が、誰か有名人とか来たことありますか? などと聞いている。
すると、モデルの〇〇というのが来たことがある、
と (最近テレビで紹介されたことがあるらしい)
雑誌を見せ始めた。紹介された記事でも見せているのだろうか、
しかし、ご主人、結構お話好きな方なんですね。

スープ、あとひと口というところで残したのですが、
ドンブリの底には、日本一の文字が。

6770




















日ごと新しいテイストのラーメンが登場する中で、
半世紀以上同じ味を守ってきたのは、奇蹟としか言い様がないです。

たぶん、東京でも屈指の旧いラーメン屋でしょう。
何しろ、G.Gとタメなんですから。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

見頃をはずす

通勤途中に河津桜が咲いていた。

6731






















毎年それを見るたびに、一度河津に行ってみようと
思ってはいるのだが、天候が悪かったり、用事があったりと
行けずにいた。
まあ、遠いよね・・・。というのが正直なところ。


今年もピークは過ぎてしまったようだ。
天気も曇り空だが、最後の桜が見れるかもしれない。
ナビによると、沼津から回った方が早いらしい。

東名に乗り、いつものように海老名で休憩。
バイクもそれほど多くはない。

6732













沼津から、伊豆中央道、修善寺道路、と有料道路を走る。
ETCのない料金所で、毎回ごそごそと小銭を払うのは煩わしい。

天城越えをして、海辺の河津を目指す。
いくつかの河津桜スポットがあるらしいが、
河津町に入ると、やはり桜の見頃は過ぎ、葉桜になりつつある。

6733



















この川の両岸に桜が並木となっているが・・・・。
満開だときれいだろうなあ。

うーん、ここに着く前に河津七滝を通ったが、
そこの方がまだ桜が残っていた。
山の上の方が残っているのだ。
来た道を引き返す。

ループ橋
目が回るので、嫌いです。

6740





















河津七滝、大滝温泉にはまだ桜が残っていた。
しかし、もう終わりだろうね。

6739















6738


















河津桜の銘木とされて選出されている木がある
隠居の桜

6737

















6735



















6736
















もっと川上に桜があるかと、上流を目指してみたが、
渓流は続くが、桜はなかった。


6734




















出発が遅かったせいで、1時30分を過ぎている。
腹も減ってきた。見頃を外した桜をあきらめ、ご飯! ご飯!

稲取を目指します。
漁港にある、金目鯛料理で有名な「なぶらとと」に着きました。

6741
















雛のつるし飾り というのがこの辺りで有名らしい。
店内にも、雛のつるし飾りが。

6742



















この雛、手作りで、布で作られ、いろいろな形があるようです。
ちょっとお手玉のようでもある。

着いたのが2時30分ごろだったので、店内は空いていた。

6743




















6746































今日は、刺身ではなく煮付けを食べてみます。
きんめ鯛煮付け膳 2,484円
ちょっと高いが、金目はどこで食べても高いのよね。

お膳が来ました。
金目鯛の煮付け、刺身の入ったサラダ、イカの塩辛などがついている。
甘辛い濃いめの味が旨い。

6744




















6745




















食事を終え、漁港を散策。

6747













6748





















さんまの丸干しを作っていました。


6750




















あれっ、人がいる・・・・。


6749



















近づいてみると、お寺の境内の中に大仏が居た。
正定寺というお寺で、昭和60年に開創800年を記念して作られたそうです。

6751























6752



















日が暮れる前に帰れるだろうか、帰りは海沿いで帰ります。
伊東マリンタウンで休憩。

6753
















すると雨が降り出しました。
今日は、雨降らないはずなのに・・・。

スマホで、雨雲ズームレーダーをチェック。
雨雲の規模、時間経過を表示してくれるので、
何分待てば雲が切れるかを教えてくれるのだ。
無理して雨の中を走らなくてすむ。

6754





















1時間ほどで雨は通り過ぎるようなので、時間をつぶす。
これが困ったもので、コーヒーを飲んだり、
ソフトクリームを食べたり、メタボの身にはいいことがない。

結局、ラーメンまで食べてしまった。
じゃんがら とあったから、九州のラーメンかと勘違い。
ピリ辛ねぎチャーシュー850円を食べた。

6755



















しょっぱいチャーシューだった。

6756




















ようやく雨が通り過ぎた。

6757














6758















6時を過ぎて、夜道を走る事になった。
新しくしたスクリーンは、夜はこんな感じに見える。

6759


















ライトの光が入り、ポリカーボネイトの縁が光る。
煩わしいかと思うが、それほど気にならない。


6760



















真っ暗な山道では、ライトの照らす照射域が
右側が狭いので、特に右カーブの先が見えづらく、走りづらい。
ライトは以前と比べると明らかに明るくなっているのだが・・・。

小田原から東名に向かわず、西湘バイパスから
横浜新道、第三京浜で帰った。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

映画とバイク グランドブタペストホテル 2014

ドイツ・イギリス合作の映画。監督はウェス・アンダーソン。
「ムーンライズ・キングダム」「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」
などで知られる監督だ。


6729

















お話は、旧ズブロフカ共和国という架空の国のホテルにまつわる話なのだが、
驚くのは、俳優のラインナップ。
主役は、レイフ・ファインズ、他にジュード・ロウ、ティル ダ・スウィントン、
シアーシャ・ローナン、エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、
ハーヴェイ・カイテル、ビル・マーレイ、エドワード・ノートン、
ジェイソン・シュワルツマン、レア・セドゥ、トム・ウィル キンソン、
オーウェン・ウィルソン他
とオールスターキャストといってもいいぐらい。
何かの映画で見たことのある俳優ばかりだ。

話は、現在から過去にわたり、役者も変わるので、うっかりしてるとゴチャゴチャに。

6724




















伝説のコン シェルジュ、ムッシュ・グスタヴ・H(レイフ・ファインズ)と
ベルボーイのゼロのコンビが巻き込まれる事件の物語である。

6728






















ホテルは、グスタヴ目当ての上客で賑わっている。
長年の馴染み客の一人、伯爵夫人が殺される。犯人は分からな い。
遺産として、名画が一枚、グスタヴに遺贈されることになる。
ところが、遺産目当ての殺人容疑で、グスタヴは追われる身となる。
弟子のベルボーイを連れ て、逃げるグスタヴ。

ドールハウスみたいな豪華ホテルの細部、(外観はミニチュア)
誇張したメイクや衣装など、どこをとっても、楽しさが溢れている。
全編、女子のいうところの、カ・ワ・イ・イーーーー!
建物もケーブルカーもお菓子も衣装も。

6727


















シーンごとにテーマカラーがあり、
衣装、小道具など全てがコントロールされている。
俳優たちのコントのようなやりとり、短いけれど味のあるセリフもいいね。
チープな特撮もこの映画にはふさわしい。

さて、バイクだが、
グスタヴとゼロを追いかける殺し屋(ウィレム・デフォー)が乗って、
BMW R5 が登場する。(たぶん)
黒尽くめの殺し屋が乗るにはふさわしいね。

6725




















アップで映し出されることがないので、分かりづらいのだが、
雪道用にカヌーなどに見られるアウトリガーがついているみたいだ。

6730


















コンシェルジュの秘密結社クロスト・キーズ協会(鍵の秘密結社)というのが
劇中に出てくるのだが、現実にもありそうだよ。

テンポが良く、どんどんおとぎ話のような映画の世界に引き込まれて行く。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

インスタントな日々

銀座鳩居堂の一本裏通りという表現でいいだろうか
いわゆるアンテナショップがある。
銀座NAGANO というまんまの名称。
信州味噌、野沢菜、おやき、などなど信州の物産がならんでいる。

そんな中で目についたのが、このインスタントの蕎麦。
パッケージに描かれているのは、
長野県PRキャラクターの アルクマ。

6712























この蕎麦、松本大学矢内研究室とあづみ野食品との共同開発されたもの。
今はやりの産学官ですか、そういえば、新宿高島屋で開催されているイベントに
「大学はおいしい」というのがある。
大学の研究から生まれた食材、品種、などを使ってメーカーが商品化した
食品、米、酒などからお菓子まで、研究者が店頭に立って販売している。

なので、興味が涌いたのである。
信州産あらびきそば粉を100%使っているのだとか。
「あらびきそば粉」とは、製粉時に取り除かれた甘皮部分を多く含む、
うま味と香りの強いそば粉だそうです。
袋をあけてみると、確かに麺には黒い星がとんでいますね。

6713



















作ってみました。
かけそばではさみしいので、なめこ、オクラ、ワカメをトッピング。

6714




















うん、普通に美味しいが、麺は期待したほどではなかった。
日清の鴨だしどん兵衛の方が旨いかな。




パクチーラーメン

6715






















一部で人気沸騰! パクチー好きのあいだだけかな?
中には麺・粉末スープ・香味油・パクチー(乾燥)が入っている。

6716





















出来上がり。
パクチーの爽やかな香りが広がる。スープは鶏ベースのあっさり味。
麺もクセがなくて、食べやすい。


6717




















これだけでも十分美味しいのだが、何だか物足りない。
反則だが、生のパクチーと海老、レモンを足しました。

6718





















これは旨い! って、あたりまえか。

これ、乾燥パクチーが肝だな、日本のメーカーなら
もっと大きく香りも残った乾燥パクチーが作れるんじゃないか。

KALDI で買えます。




グリーンカレーヌードル

6719



























MAMAは、タイのメーカー。
あけてみるとスープは別の袋入りとなっていた。

6720

























別袋は「粉末調味料」と「調味油」の2種で、本来は先入れ。
「調味油」は固まっているので、フタの上で温めてから投入。

6721





















ココナツミルク、レモングラスなど特有の風味、
辛いがピリ辛程度なので食べやすいと思う。

6722























器に移し替えてみる。
ペラペラの鶏肉の欠片が入っている。
麺を食べ終えたら、ご飯を入れたくなるね。

6723

















KALDI で買えます。



缶詰でヒットした、いなば食品とサッポロ一番がコラボした
グリーカレーラーメンがあるのだが、残念ながらまだ食べていない。
カップヌードルから出た、トムヤムクンヌードルも人気があった。
エスニック味、増えるかもね。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


さのよいよい

今年の初乗り、というかこの数年、正月は佐野へ行っている。
冬のツーリングとして、短い距離と温かい佐野ラーメンを食べるという
おまけがあるからだ。

出発はゆっくりと10時ごろ、
都内の首都高が混んでいた。
気合いの入らない体で、ゆっくり走って1時間半ぐらい。
佐野に着く。

ちょうど昼時なので、佐野ラーメンの店へ行く。

ラーメン大金

6684



















店構えをみると、新しい店のようだ。
5〜6人ほど並んでいたが、そう待たずに入れた。
結構大きな店だ。

6685


























6690



















餃子とラーメンを注文する。
餃子は、5個入りと3個入りがある。
3個入りにする。

透き通ったスープ。
もうね、これだけ湯のみにもらって飲みたい。

6686




















6687



















佐野ラーメン特有の手打ち麺。
チャーユーもトロトロ。
これで580円

結構大きめな餃子。
野菜が多め、3個で十分。

6688




















6689




















腹ごしらえも済んで、佐野厄除け大師へ。


6692














黄金の鐘。黄金の像。

6691






















6693



































盗難の心配があるよね、一度盗まれたことがあるそうです。

6694


















6695

















6696
























観光客もいるが、初詣のような混雑も無く、
今頃の時期に来るのが一番いいのかも知れない。

さっさと帰るかと思ったが、せっかく来たのだから・・・。
どこか、何か、ないかしらね。

東石美術館 という美術館があった。

6697




















故菊池登(東京石灰工業蝓佐野瓦斯蠎卍后妨朕佑所有する作品
並びに会社が所持する数々の名品を年間4〜5回に分けて随時展示替えを行っている。
のだそうです。

6698













竹内栖鳳 八咫烏

6699














6700




















前田青邨 獅子

6701















なかなかの作品が収蔵されているようです。
美術館の南側に、道をはさんで2時間無料の駐車場がありました。

6702



















せっかく来たのだから、もう一軒、ラーメン屋に寄ります。
でも、腹へってねー・・・。


いってつ

6703


















この店も新しい店なのかなあ。
佐野ラーメンの店は、けっこう大きな店が多い。
駐車場もしっかり用意されています。

塩・・・、惹かれたけど、やはり醤油。
アンド餃子。

6704



















6705

















入り口横で麺打が始まる。
金髪のお兄さんだ。


6707




















ここは、ゆず胡椒が置いてある。


6706


















餃子が来た。やはり野菜が多め。

6708



















6709




















大ぶりだが重くないので、食べられる。
女性客も皆たのんでいる。

麺がきました。

6710




















6711




















麺は例のピロピロした手打ち麺です。
やや醤油の濃い味。
腹が苦しい身には、はっきりした味の方が、箸が進む。
半分ほど食べてから、
餃子にも麺にも、ゆず胡椒を入れてみました。
また、風味が変わって面白い。

今までまわった、どの店も美味しい。
さっぱり系の佐野ラーメンは、ジジイにちょうどいい。


SAでは、お茶のサービスが嬉しいね。

6683























ちょっとひと息にちょうどいい分のお茶が飲める。
お茶のたんびにペットボトルじゃ、ボウコウがもたない。
これをシッコーユーヨという。
なんて、ケーシー高峰みたいなことを言ってみる。
旧いねー・・・。     トホホ。




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


記事検索
月別アーカイブ
Amazonライブリンク
プロフィール

g_g_rider

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ