アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

2016年12月

これでおしまい

結局、バッテリー切れから年内にバイクに乗る事は無かった。

♩ バッテリーは ビンビンなのに おまえに乗れないなんて〜

忘年会が続いたり、クリスマスの連休も
事務所のLAN配線の入れ替え工事があって、
クリスマスだから、まあ、ジイさんが出てあげるよと
若者にお休みのクリスマスプレゼント。
バイクに乗る機会がなかった。

いつものジイさん3人組の忘年会もラストのラスト
29日になってしまった。

Oさんの声掛けで、昼に新宿御苑前で集合。
たまには中華もいいでしょ。
ということで、随園別館に行った。

10341




















この店は、30年?40年?以上前から知っていて、
当時は、木造2階建ての古びた店で、
汚なシュランに選ばれてもおかしくなかった。
客のほとんどは中国人で、当然店員も中国人だから
まるで現地で食べているような、そんな雰囲気の店だった。

今日は久しぶりの訪問だ。
店はビルになっていて、立派な店構えとなっていた。

10329




















ピータンをオーダーしたのにザーサイが来た。
大昔にも同じようなことがあり、文句を言うと
中国語をまくしたてられ有耶無耶にされたことがあった。
プッ、今でも同じなのね。

10330




















キュウリのピリ辛

10331



















豚肉のてんぷら
短冊に切った豚肉、天ぷらというより唐揚げや竜田揚げみたい。

10332



















海老と豆腐の鍋
寒い日にはありがたい優しい味の鍋だ。

10333






















ワタリガニの卵白炒め
渡り蟹と卵白、蟹の身とふわふわの卵白のハーモニー、
昔は、ここの卵白料理を食べてからでないと
天厨菜館のアワビと卵白の炒め物を食べさせないと
言っていたものだった。(料理名はわすれました)

10334




















海鮮五目あんかけかたやきそば

10335




















フカヒレのあんかけチャーハン

10336





















実は前日も仕事納めの飲み会で深酒してしまい
体調は優れなかった、ええそーです二日酔いですよ。

そこで久しぶりの新宿ー歌舞伎町界隈の散策。
二日酔いには、温泉!?
歌舞伎町というよりゴールデン街の奥にできた
テルマー湯 という温泉施設で休憩。

10337

















温泉に入り、ゆっくり休憩。


温泉で生き返って、
日も暮れてネオンが輝きだした歌舞伎町を素見しながら
晩飯を・・・、あったかい物がいいね。
ということで、鍋ものを探す。

歌舞伎町を避け、西口は小滝橋通り周辺。
ところが世間も仕事納めやら忘年会で店が満員。
何軒か断られ、裏通りの路地をウロウロ。

すると行灯にちゃんこ鍋の文字を発見。
近寄ってみると、なんと、トンカツ屋!?
蒲田の再現かあ?

10340




















聞いてみると入れるとのこと。
他の客は予約の団体さんばかり。
たった一つ空いていたテーブルに座ることができた。

ちゃんこの味は、
すり身  さっぱり醤油味
張り手  ピリ辛みそ味
の2種類。我々は、ピリ辛を頼んだ。

蒲田のリベンジもあって、カキフライも頼んだ。
揚げたてのカキフライは旨かった。

10339




















10338




















なかなか美味しいちゃんこ鍋だった。
体も汗ばむぐらい温まった。

もうこれで今年のジイさんたちの活動もおしまいです。

お互いそれなりに健康で、無事過ごせてよかった。

私もバイクで事故ることもなく、無事で済んでよかった。
来年もみなさんと健康で楽しい日々を過ごせるように願っています。


↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

菊水のパスタ

毎年恒例の菊水ラーメンまつり。
今年は、会社の忘年会当日に抽選会を開いた。

菊水のラーメンをはじめ、そば、パスタなど
菊水の製品がずらりと勢揃いしている。
これは私の妹が送ってくれたものだ。

10326



















抽選の結果、私は、もっちり生パスタ シリーズが当たった。

10327



















さっそく作ってみました。
えびとトマトクリーム。

パスタとクリームソースしか入ってないので、
具は自分で用意します。

えび、しめじ、ブロッコリーなどを用意した。
パスタはフェットチーネ生パスタ。
パスタを茹で、ソースを温め、具材を炒める。
仕上がったら、今回は皿の上で混ぜ合わせた。

10328




















パスタは、北海道産小麦ゆめちから。
トマトクリームソースは、意外と酸味がたっていたが、
これが海老の身と食べると、海老の甘さとちょうどいい塩梅になる。
なるほどね。こりゃあ便利で美味しいね。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

変わりゆくもの

2017年4月から解体が始まる銀座ソニービル。
数寄屋橋交差点の風景がまたさらに変わって行くことになる。

現在、 It's a Sony展 が開催されている。

10318



















Part-1  2/12まで
ソニービル竣工当時の柱や床、設計意図である「花びら構造」を体感できる空間に
歴代のソニー商品やエンタテインメント (音楽、映画、ゲーム) の作品など
時代時代で皆さんと共に歩んできたソニーとソニービルの歴史的展示物を一挙集結します。


Part-2  3/31まで
縦に伸びた"Park"を予感させる空間には、様々なジャンルのアーティストによる
「未来のPark」をテーマにインスタレーションが点在します。
また、 未来を担う新人アーティストによる音楽イベントなどを実施予定。
最終日には、特別なフィナーレイベントを予定しています。

現在は、Part-1 の期間。
懐かしいソニー製品が展示されている。

ソニーと言えば、革新的な製品で、若者のライフスタイルを
先取り、導いていくようなブランドであった。(過去形かよ)
何より、白物家電を作ってなかったから、
家電メーカーと言うより音響製品メーカーと言ったほうがいいのかな。
ソニーの冷蔵庫や掃除機なんてね、
でも作っていたら、どんなものを作ったのだろうと思う。
今のダイソンのような掃除機を作ったかもしれない。

雑誌POPEYE とのコラボ展示があった。

10319


















POPEYEは、1976年創刊 若者文化の情報誌として、流行の発信源として君臨した。
1979年ウォークマンは、そこに登場したのだった。
若者たちがヘッドフォンをかぶりながら街を歩き始めるまで
そう月日はかからなかったよね。
当時は、原宿に事務所があったからよく覚えている。
松下電器、東芝より、SONY、Pioneer、Canonが、格好良かった。

10320



















10321
















このレコード盤をクルクル回るワーゲンのバス型プレーヤー。

10324


















そうレコードを再生することができるのですね。
ワタシも持っていましたね。ソニーとは知らなかった。



返す返すも残念なのは、ロボット事業の中断だ。

アイボの進化が見れる。

10322
















人型ロボットQRIOのクレイと。

10323






















2016年、ソニーはロボット事業への再参入を発表した。
今度は、どんなロボットをつくるのだろうか。

近年は、アップルにその座を奪われて久しいが、
革新 という形容詞にふさわしい製品が、
再びソニーから登場することを期待したいものだ。

10325

















↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

偶然、みつけて

所用で蒲田へ出た。

中途半端な時間だったが、夕飯を済ませて帰るか。

蒲田といえば餃子の街として有名だ。
今は、シン・ゴジラのカマタくんでも有名だけどね。

10317



















10308

















餃子の名店「歓迎」を覗いてみると
休憩時間になっていて夜の営業はまだだった。
うーん、時間をつぶそうか、蒲田の街をウロウロしていたら、
名前だけは知っていた「檍(あおき)」を見つけてしまった。

トンカツの店だ。

餃子か トンカツか うーん、悩ましい。

そ〜言えば、久しくトンカツ食べてないか。
今日は、トンカツにしよう!
そうと決まれば、頭の中も、舌の記憶も、胃袋も
トンカツモードになる。

夜の営業まで、もう少し時間がある。
近くの区民ホールで時間を潰す。
何やらチャリティコンサートがあるらしく、
オジン、オバンがぞろぞろ集結してくる。

開店10分前になったので、店に向かうと、
なんということでしょう。
もう、行列ができていた。
ムム、最後尾に並ぶ。14人目だ。

10309
















そして開店。店はカウンター10席しか無い。
一巡目は店内へ、私の前に3人残して、引き続き並び続ける。
後ろの列は伸びている。
前の3人は巨漢のオタクみたいな連中で、スマホを見ながら、
食い物の話で盛り上がっている。

10310



















店の入口にはメニューが、
並んでいる間に注文を取りに来た。
ロースカツ定食1500円からだが、特上ロースカツ2000円をたのむ。

この店は、SPF豚肉を使っているらしい。

SPFとは、Specific Pathogen Free「特定の病原体をもっていない」
という意味の学術用語だそうです。
千葉産の高級豚・林ポークを使用。
良質の飼料を与え、抗生物質を控え、
ストレスの無い環境で育った特別な豚肉という。

最初の客が食べ終え、店を出るまで、30分ほど待っただろうか、
ようやく店内へ案内される。
入り口を入ってすぐ、カウンターの端の席だ。

10311



















油からあがったカツは、しばらく置いておかれる。
余熱を通しているようだ。

10312




















10313





















ようやく皿がやってきた。

10314




















トンカツの衣は、パン粉が大きめなのか、見た目結構ゴツゴツしている。
厚みのある断面は、ミディアムレア? ピンクの部分が残っている。

10315



















最初のひとくちは、何もつけないで食べてみる。
サクッとした食感。脂の甘味が、肉は柔らかい。
うん、これは旨い。
次は、テーブルにあった塩、岩塩をつけて食べてみる。
うん、うん、真ん中の二切れだけソースをかけて食べる。
やはり塩のほうが豚肉の味が堪能できるようだ。

豚汁がついてくる。
白味噌にタマネギがたっぷり、ニンジンや大根も入っている。
柔らかく煮こまれて甘みもあり優しい上品な豚汁だ。

キャベツやご飯とのバランスを考え、ペース配分。
ちょうど良く全部を食べ終えた。
ふう、満足だー。

高田馬場の名店 成蔵 のトンカツも旨いが、
どうにも上品すぎてイマイチ満足できなかった。
私にはこれぐらいのB級感が合っているらしい。

難点は、行列とカウンター席しかないので、
ビールでも飲みながらゆっくりと食べることがしずらい。
誰かを連れていこうにも30分も待たされるのでは誘えない。
超繁盛店に行くにはリスクがある。

店を出るとまだ行列は続いていた。

10316


















↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

神のお告げか

今年もこれで最後になるのかな、と思いながら支度を始め、
バイクのカバーをはずしに駐車場へ行くと、
駐車禁止なのに見慣れぬ車がとまっていた。
私のバイクのすぐ近く。
バイク1台が通れるかどうか微妙な空間を残して・・・。

バイクを取回すのには、バイクと横に立つ人間の分のスペースがいる。
これではバイクを出すのは無理だ。
ナンバーを見ると「わ」ナンバーだ。レンタカーである。
マンションの住民が借りて来たのだろうか、
休日の朝にバイクに乗れなーい、と騒ぎ立てるのもねー。

今日は、諦める。
となれば、部屋へ帰ってグータラするしかない。

翌日、あの迷惑駐車も居ない。
気を取り直して、バイクに跨がり、エンジンスタート・・・・。
カスッ、ヴォ、ヴォ、・・・、シーーーン。
? バッテリー上がり? エッ、エーッ!!!

電圧を見ると、11.2 しかない。12.4 なくてはならないのに。

前回乗ってから、2週間開いたかな、どーしてだろう。
何か点けっ放しにしていたか? メインキーはカットしてるのにね。
交換して2年過ぎているからね、そろそろかねー。

しょうがない、充電します。
バッテリー充電器は optimate4 を使っています。

10307



























いやー、迷惑駐車といいバッテリー上がりといい、
これは、今バイクに乗るなという神のお告げなのかも知れないな。


それでも急に空いてしまった予定に、何スルベ。


年賀状まだ出来ていないので、アイデア・素材探し。今頃?
日比谷公園でクリスマスマーケット開催中とのこと
ぶらっと出かけてみました。

1028810287





横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットには、行った事がある。
日比谷はどうだろうか。

10289



















やはり人が多い。
グッズを売る店、食べ物を売る店が並ぶ。

10290

















噴水脇には、シンボルタワー、高さ14m。

10292































10293


















10294




















10291





















10295

















パウラーナー サルバトーレ
アルコール7.9%のミュンヘンのビール。

10296






















カリーブルスト
これは騙された感いっぱいだな。
カレーパウダー振りかけただけかよ!

10297



















ちゃんとしたグラスでビールを提供しているので、
デポジットをとられる。1000円。
注文する人と混ぜこぜになるので、面倒で時間がかかる。
グラスを返却すると、1000円返ってくる。


大テントの会場では、生演奏がビヤホール感を盛り上げてます。

10298
















10299


















グリューワイン。
カップ持って帰ってしまう客いるんじゃない?
あっ、そのためのデポジットかあ。

10301




















馬肉ソーセージ
これ美味しかった。

10302



















ほうれん草のキッシュ

10303




















10300

















10304


















10305



















ヴェルテンブルガー ピルス

10306






















日が暮れて電飾が点くと綺麗なんだろうけど、
飲み食いが辛くなってきた。
この手のフェス、食べる場所に苦労する。
日が暮れると寒くなってくるし、この辺で退散!



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

ウィンドウの動物達

ウィンドウショッピングには、さらさら興味がないが、
ウィンドウディスプレイを見て歩くのは嫌いじゃない。
町の中が装飾で輝く一年で一番きらびやかな時期となった。


銀座4丁目の交差点。足を止める人々。
視線の先には、大きなシロクマの親子が。

10286

















和光のサイト

http://www.wako.co.jp/display/





銀座エルメスのウインドウディスプレイ

エルメスのウインドウは
イギリスはマン島生まれの女性アーティスト、ステファニー・クエールが手がけた
粘土から生まれた造形、動物達で埋め尽くされている。
指や手の跡がそのまま残る生き生きとした様を写し取ったかのような
豊かな表情を見せてくれている。

10285



















10284



















10283


























10282
























10281





















10280



















10279




















10278























10277





















10276





















エルメスのサイトの方が、よりきれいに作品が見れます。

http://www.maisonhermes.jp/ginza/window/archives/364155/


↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

なつかしの鍋

忘年会は続く・・・。

もう40年、いや50年前、半世紀も前になるのか、
中学時代の連中との忘年会だ。

我々には馴染み深い、松尾ジンギスカン銀座店での開催だ。

10270






















一時ブームとなったジンギスカン鍋だが、
あっという間に増えた店も、その多くは姿を消した。

松尾ジンギスカンは、羊の肉を秘伝のタレに漬け込んだものを焼く。
なので、羊肉を直に焼いてから、タレにつけて食べる方式と比べると
羊肉そのものの臭みは、それほど感じない。
タレの焼ける香ばしい匂いの方が強いのである。

松尾ジンギスカンは、北海道滝川市発祥の店で、
ジンギスカンというと北海道の子は、
飯盒炊爨やスキー遠足の時に山や川などのアウトドアで
バーベキューではなくジンギスカン鍋をするのが定番なのであった。
基本、屋外で調理し、食べるものだった。

そのジンギスカン鍋を銀座で提供しているというので、
どんなものか、東京の人たちはどう感じて食べているのかしらね。
子ども時代からジンギスカンを食べている、食べなれている
ジジ、ババが集まれば、ああでもない、こうでもないと、
うるさいことこの上ない。
店の人より俺たちの方が詳しいっしょ。

10271


















10272


















10273

















10274




















一番驚いたのは、生卵が出て来たことだ。
えー、すき焼きでもあるまいに。
うーん、東京人が食べ易いようにしているのかな?

10275


















久しぶりに食べた松尾ジンギスカン。
何だか上品な味になっていたような気がするなあ。
最高級ラム肉を食べたせいか? 
一番安いマトンでも食べれば昔を思い出せたのかもしれないな。

コンロも店の内装も客も、そして値段も含めて、
こんな気取った食い物ではなかったぞー。


↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

土手鍋リクエスト

忘年会のシーズン真只中ですね。
連日の飲み会で胃腸がお疲れ気味の方もいるでしょうね。


冬の食べものといえば、やはり鍋があがる。
A君が、牡蠣の土手鍋を食べてみたいと言い出した。
土手鍋か・・・、土手鍋を売りにしている店は少ない。
牡蠣の土手鍋は広島の郷土料理だ。

銀座に かなわ という老舗がある。
早速、予約を入れてみるが、満席で予約がとれない。

居酒屋チェーンでメニューにあるという店はあるが・・・。
居酒屋では皆満足してくれそうもない。

探していると変わった店を見つけた。
これは、ちょっとしたサプライズになるかな、と予約してみた。

その店は、蒲田にある。

エーッ、かまたー!? 遠いなあ。
ブーイングが出たが、銀座に出たって30分はかかる。
それに、何ていったって今はシン・ゴジラの影響で、
蒲田は話題の場所だ。

蒲田駅西口を出てすぐ、商店街を10メートル程進んだところの店だ。

10264



















えーっ、トンカツ!? 鍋食べに来たんじゃないの?

ふふふ、驚いたあ?

そう、トンカツ屋なのである。多津美。

トンカツ屋なのに鍋物も、やっていて、
牡蠣の土手鍋だけではなく、すっぽん鍋などもある。

一応コースで頼んだ。
刺し身、鍋、デザート、一人3,900円。

10265

















せっかくトンカツ屋に来たのだから、
カキフライも頼もうかと聞いてみると、
売り切れで出来ないと言われた。どーいうこと?

まあ、それでもコース以外に卵焼きとコロッケを頼み、
食べ始める。

10268

















10269



















けっこう大きめで立派な牡蠣だ。
土手鍋というから、味噌味でくどいのかなと思っていたのだが、
意外にあっさりとしていて、薬味についてきていた「かんずり」を
足して食べるとちょうどいい塩梅になって旨い。

10266



















鍋はセットされていたので、これだけかなと思ったら、
残りの牡蠣と野菜が出てきた。

10267
















写真を撮り忘れたが野菜もたっぷりある。
ほう、こりゃボリュームがある。
4人で鍋を囲んだのだが、だんだん腹が苦しくなってきた。

なんとか牡蠣を食べ終えるとシメの麺。
もう、苦しいと言いながら、2人分だけもらい、麺を入れる。
結局食べきれず店を後にした。
食が細くなったもんだ。
といいながら、ずいぶん酒も飲んでいる。

本業のトンカツは食べずじまいだったが、
コロッケは美味しかったので、トンカツも美味しいに違いない。
トンカツ屋の鍋。
味もまあまあ、意外性があって幹事さん、オススメです。



↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


記事検索
Amazonライブリンク
プロフィール

g_g_rider

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ