今年も先輩の作品を見に国立新美術館に行ってきた。

12394

















ついでに毎年見続けている


国立新美術館
東京五美術大学連合卒業・修了制作展

を覗いてみた。

12395















ことしは、時間がなくて駆け足での鑑賞となってしまったのだが、
心に引っかかる作品が少なかったような気がする。

12397






















12396

















12398
























12399




















そして何より、美術系の大学、専門学校の学生が
女子ばっかりと言っていいぐらい男子の数が少ない。
まあ、芸術家になって食っていけるのかと言われると
確かに、今の時代、難しいよね。

破天荒な、無頼の、変態な芸術家というのは、
もう望んではいけないのか、
確かに芸術の世界で、元気があるのは、女性作家の方だ。

芸術もアマゾネスになってしまうのか。

昔の大名や豪商のように、芸術や工芸品に造詣が深く、
その分野に、惜しみなく富を注げるような、
金持ちは現れないのかなあ、
実態のない金儲けをしている人は、
芸術という実物に目を向けてほしいものだ。


↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ