久々の「映画とバイク」だ。
最近、TSUTAYAが近くにないので、郵便でのレンタルになっている。
棚の商品を、パッケージを見ながら選べないので、
バイクの出ている映画になかなか当たらないのである。


「ゴースト・イン・ザ・シェル」2017年

原作は、士郎正宗の漫画。押井守がアニメーションで映像化している。
今作は、ハリウッド版実写映画となる。

「攻殻機動隊」は、人体よりも高性能な「義体」を、
人間の体のあらゆる部分に組み込むことが可能になった近未来を舞台に、
そこで発生する国際規模のハイテク犯罪と闘う警察の組織
「公安9課」の活躍を描くSF作品だ。


12799



















主人公「少佐」をスカーレット・ヨハンソンが演じている。

12798



















登場したときは、ミラ・キリアン少佐と名乗っております。
事件を追う中で、時折浮かび上がる幻覚・幻影に悩まされるが、
それはシステムのバグとはぐらかされてしまう。
しかし、それは生身の時の記憶が、
後書き?上書き?された記憶をこえて、現れているものだった。


スカーレット・ヨハンソンは、少佐の感情表現やサイボーグ感を
うまく演じてはいるが、肌色のボディスーツのせいか、
身体が太く見えてしまうのが残念だ。

12800




























少佐は。事件を追いながら、自分は何者なのかという
まさしくゴーストの存在、哲学的命題の答えと
草薙素子という自分自身を見つけることができるのだろうか。

公安9課の荒牧大輔を北野武が演じているが、髪型がちょっとね。
アウトレージがちらつくのが、ちょっとねー。

12801



















ジュリエット・ビノシュが出ているのには、驚いた。

12803






















劇中、少佐が乗っているバイクは、ホンダのNM4。
2014年に発売した大型二輪車750cc。まだカタログにあるね。
車体の半分から後ろを映画用に改造。
オリジナルは、バイクとスクーターの間の子みたいなものだったが、
映画用は、スポーティな仕上がりになっている。
2017 東京モーターサイクルショーで現物が展示されていましたね。



12804


















ハリウッドの実写リメイクものとしては、
まあ、うまく作っていたのではないでしょうか。


続編はないのかな。
タチコマが活躍するのを見てみたい。




↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ