お座敷のかからない休日、雨が降らなければバイクに乗る。
そうしないと本当に乗らないまま日が過ぎてしまう。
先日、バイク屋さんでオイル交換をしてもらっている時に
お客さん企画のツーリングの案内があった。
その案内をなんとなく覚えていた。

知らなかった店の案内があったので、行ってみることにした。

どんよりとした曇り空だったが、気温は丁度いい感じ。
今日は湯河原から大観山に上るコースとなる。

12815




















東名、海老名で休憩。

12816




















小田原厚木道路へ。
途中、故障車があっての渋滞。工事区間があっての渋滞で
予想より時間がかかってしまった。
小田原厚木道路は覆面が多く、飛ばさずに注意して走る。

西湘バイパスの石橋で下り、真鶴道路へ、
このつなぎ目でも渋滞している。
135号線を進み、熱海海岸自動車道へは入らずにそのまま。
ゆるい左カーブの先に、目指す店があった。

左カーブを曲がり切るところにあり木が茂っているので、
うっかり見落としてしまう。

12818




















事実、店を見つけた時には停車が間に合わず、第二駐車場に入った。

12838





















12817



















今日訪ねた店は、麦とろ童子。
うーん、名前が・・・。
なんか、個性の強そうな、長髪を束ね、作務衣なんか着ている店主を
想像してしまうよね。
入り口。 ね、そんな感じだよね。


12819




















入ると待たされることもなく、席に案内される。
店主さん、作務衣は来ておらず、店名のプリントがあるTシャツで登場。
淀みなくメニューの紹介をしてくれました。
今、一番人気は、梅婆さん だそうです。

12820


















12821




















座敷に現れるスタッフは男性2名、
メニューの説明など面白可笑しく、客を笑わせている。
他に、ビジュアル的に面白いメニューがあって、
インスタ映えを狙うなら、そっちを選ぶのだが、
釜あげしらすとろろ丼を頼んだ。
ピンク色をした明太子の入った赤とろろ丼とか
女子の好きそうな、“映え”しそうなメニューがありました。
興味のある方は、食べログなどで画像をチェックしてみて。

12822




















店内は、座敷で、テーブルというより板の上でいただくようです。
足の悪い方には、ちょっと辛い店です。

12825


















12823





















12826

天井裏にも傘など、うん?
柱の陰に何かいますね。

12828























12827






















うさぎが隠れていました。
窓の外はすぐ海が迫っています。
晴れていると気持ちがいいでしょう。

12824





















12829























お新香とフルーツ。

12830





















かに汁、味噌ではなくシンプルなおすまし。

12831




















丼です。とろろは別に。

12832

















12833




















12834




















最初はとろろをかけずに召し上がれとのこと。
美味しい。
他のメニューも試してみたくなる。

とろろ、まあ飲み込むように食べるので、あっという間に終了。
入り口横の待合みたいな部屋は、ギャラリーのようになっている。

12835

12836


















12837



















食事が済んだら、次はデザート?
湯河原の小梅堂を訪ねます。

何でも、湯河原の「きび餅」発祥の店ということです。
趣のある店構えです。文化財といってもいいぐらい。

12844

















12839

店に行くと、何とまあ! 
もう閉まっていました。

12840



























営業は、午後1時まで! あらー〜ー。
私の後からもTAXIで乗り付ける人がいたり・・・。

小梅堂の手前にきび餅の看板があったことを思い出し、
徒歩で行ってみる。

ゑふや

12841






















珍しくお土産を購入。

歩いていると通りにバケツが並べられている。
まさにセッティングの最中だった。
何だ、何だ!

12842

















看板を見ると「湯かけまつり」と書かれていた。
おまつり?

12843


















江戸時代、湯河原の温泉が傷だけでなく万病に効くといわれたことから、
樽に詰めた湯を将軍家に献上する「献湯神輿」の出発の際、
道中の安全を祈願し、
湯を掛けお払いする儀式が行われていたそうです。

つまり、お湯をぶっかけるお祭りなのね。
ということは、観客もかぶる可能性があるね。
始まるのは夕方からか。

今日は、大観山に上ろうと思っていたので、
お祭りは断念、夕方まで待ってられん、ということですね。

先の道を急ぎます。
椿ラインという道です。
いつもターンパイクを行くのですが、椿ラインは初めてかもしれない。
くねくねとした山道です。
ヘタレなバイク乗りというのがバレてしまいますね。

大観山レストハウスに到着。

12849




















今日は、残念ながら富士山は見えません。

12846




















バイクも車も少ないなあ。

12845




















コーヒーで休憩。

12847




















12848



















帰りはどうしようかと思案。
そういえば、小田原の鈴廣本店のところにある店を
一度チェックしなくちゃと思っていたところだった。

箱根から小田原まで下りる。

千世倭楼 という施設の中の
そば 美蔵 へ寄って見る。

12814




















12813
























12808



















かまぼこかき揚げそば を食べてみる。
かまぼこ屋だしな、あまり期待してなかったが、
実際のかき揚げには、ちゃんとエビも野菜もしっかり入っていて
エッ、蒲鉾はどこにあるの、というほどだ。

12809




















12811




















12812





















蕎麦はやや細めでしっかりした蕎麦。
好みのタイプだ。

12810





















古民家を移築したという店構えもあって、
わざわざ来るほどの店ではないが、
買い物のついでに立ち寄るにはいい店かもしれない。

このあと、西湘バイパス、第三京浜、で帰った。

12805





















↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!