アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

台湾

海外旅行に行きタイワン! 9

101を出て、三越のあるショッピングセンターで、昼ごはん。

8160




















8161



















8162




















春水堂
ここはタピオカミルクティーが有名らしいが、
ジイさんたちは、食事をします。
みんなそれぞれ麺料理。

8165



















グラタンにもち米に包まれた包子。
店はオシャレだったけど、味は普通。

8163





















8164




















8166



















8168



















8169




















そろそろ空港へ行く時間です。
街には、テレサ・テンの看板が・・・。 101にもあった。
没後、20周年記念なんですね。

8175



















いやー、いろいろあったねー、台湾。
いやいや、まだありそうだよ、何か・・・。

出国の手続きを済ませ、手荷物の検査。

またまたKさん。
荷物をあけろと言われています。

このシーン、撮影したかったけど、
撮影禁止エリアなのよねえ。

数分後、解放されたKさん。
どーした?
んー、お土産に買ったのが、ダメだって。
何?
なんか、食べるラー油みたいなの。
好きな奴がいて、台湾のセブンイレブンにしか売ってないって、
日本で売ってないって、お土産に買ってきてって、
それ買って持ってたの、3本。
ラー油ねえ、目に入ったら痛いからねえ、危険物なんだよ。(ホントかー)
サイズが問題なんじゃないかと思うんだ。
これどーなのって、他の呼んで確認してたからさ、
ちっこい瓶だったら、通れたんじゃないかー?

そんなお土産まで買って、人がいいんだから。
って、最後の最後まで、笑かしてくれました。


8178




















羽田に着いて、じゃあ、反省会!
品川で店を探します。
ワインのおしゃれ立ち飲み屋なんて見向きもしません。
焼き鳥屋に入ります。
店内は、日本のサラリーマンでいっぱい!

焼き鳥、ししゃも、肉じゃが、お新香、
生ビール!!!!

ニッポンのビール うめーーーーーーっ!


8179






















結局、台湾の人々は皆親切でしたよ。
あの悠悠カードを使うと、地下鉄はなんと20%引きでした。
どーりで、あんまり減らないなと思っていました。
あまったら返金されるし、
窓口のお姉さん、「カネカエス」って。
便利なカードでした。
食事も普通に美味しかった。
海外旅行初心者には、優しい国ですね。


なんとか無事に帰ってくることができた、ジイさん3人。
次回は、あるのでしょうか。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

海外旅行に行きタイワン! 8

ジジイの珍道中は続きます、



最終日です。
台北に来たら、行かなくてはならない 101!?

そう、あの高いビルです。
Kさんは、荷物が重いので、バッグをコインロッカーに預けたいと言います。
何、そんなに重いの? まだお土産 買ってないのに。
いやー、濡れたバスタオルとかー。

???

バスタオル、自前の持ってきたの? ホテルの使わなかったの?
なかったよー。
えーっ、バスタオルのないホテルなんてないでしょ!
バスタブの上の棚に乗ってなかった? 2枚あったよ!
イヤーないない! なかった!
バスマットも2日めは、なかったんだからっ、
俺の部屋の係りは、ダメなヤツだったんだ!
部屋もさあ、トイレもうまく流れないしー。

Kさあん、注意書き読んでないでしょ。
日本語でちゃんと書いてあったでしょ。
トイレットペーパーは流しちゃ、ダメなの。
えーっ、じゃあ、紙はどーすんだよ。
使ったら備え付けの、ゴミ箱に捨てるんだよ。
えええーっ、知らねえよ。
あーあ。 とホテルを後にしたのでした。
(ちなみにシャワートイレでした)

その直後、あっ! いけねえ! ジャケット忘れた!
到着後、ジャケットはクローゼットにかけっぱなし。
そのまま、出てきてしまいました。
あわてて戻って、フロントへ、忘れ物したー!   てへっ。
人の失敗を笑っていると、自分にも還ってきます。

そして、101へ。
改札を通り、ロッカーを探しながら歩きます。
あっ、あったー。 エッ、修理中! 黄色いテープに巻かれていました。
なかなか、ないねー。

101に着きます。

8153



















団体がゾロゾロ入っていきます。
入場のチケットはどこで買うんだ?
団体客が入っていったところにいた係員に聞くと、
5階に行けと言う。
5階にはどう行くんだ?
エスカレーター、エレベーター、ぐるぐる周って、
やっと受付・入場券売場を見つけます。

そして、あったー!
そう、ロッカーがありました。
よかったー!

ん? コインを入れるところがありません。
無料のロッカーです。
4ケタの暗証番号の数字を並べてかける鍵のついたロッカーです。
Kさんは、荷物を入れて、おおっ、入ったー。
私とOさんは、貼ってある日本語の説明書を読んでいます。


8174






















Kさんは、ロックして・・・。 ン? ン?

何、どーなってるの?

エッ、数字 なんて設定したの?
0101・・・。  開かない・・・。

設定する前に、鍵回しちゃったでしょ。
これ、数字を設定してから、鍵をまわして掛けるの。
それから設定した数字が分からないように回すんだよ。

回す前の数字、覚えてない?

覚えてない。 前の人が使った数字なんか覚えてなーい!

あちゃー! どーすんの。

Kさん、ちょっと、トライして数字合わせしています。
何通りあんのよ、合うわけ無いでしょ。

入場券売場へ行き係員に声をかけると、日本語の話せる女性を呼んでくれました。
その彼女に、事の顛末を伝えると、警備員を呼んでくれて、
無事、鍵は開けられたのでした。


8154


















やっと展望台へ。天候が悪く良く見えませんが、
台北が大都会だということは分かります。

8156




















8155


スカイツリーの展望台より高い場所にあります。
今日は天候が悪いので91階部分にはいけませんでした。
91階は外に出られ高さ509.2m ですが、屋内展望台は89階 382.2m。
スカイツリーの展望デッキは、350m。

中央部分の吹き抜けには、でっかい◯玉。(実際は円盤を組み合わせたもの)
TMD(チューンドマスダンパー)660トンがあります。

8159



















これは、地震よりも台風などの暴風対策なのだそうです。
日本のスカイツリーには、心柱がありますね。

なんだか、タコみたいなの。タコにしか見えない!
ダンパーベイビーというマスコットらしい。

8157



















8158






















4Fの吹き抜けスペースでは、
こんなイベントもやっていました。

8170


















8171


















8172






















8173


















ブタ、かわいい。




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


海外旅行に行きタイワン! 7

朝からいろいろハプニングがあり、体力も使ったので、
晩ごはんを食べる前に、足つぼマッサージに行きます。
疲れ果てて、はい、はい、と返事はするが、口数の減ったジイさんたち。

8136



















テレビの罰ゲームのように、悶絶してしまうのかと身構えましたが、
とても気持ちよくマッサージしてくれました。

8134



















8133



















8135




















さて、Oさんが目星をつけていた店に行ってみます。
一軒家のレストラン 山海樓 
オークラ プレステージなどの高級ホテルの裏通りにありました。

8137



















8138



















予約で一杯、入れません。
なかなか雰囲気のいいお店です。デートに使うのにいいですよ。

8139






















うーんしょうがない。第二候補へ。




高記

前日、通りすがりでチェックしていたお店。
ちょっとオシャレな雰囲気のお店です。
本店は、別のところにあるようです。
夜撮り忘れたので、翌日通りすがりに看板だけ。

8152































自分で頼んでないので、料理忘れちゃった。

8140



















8141



















蟹の小籠包
夜市で食べたのと違って、ジューシーでした。
ディンタイフォン(鼎泰豐)は、観光客用の味付けになっているから
この店のほうが、現地の味 といっていいのかもしれません。

8142




















8143























東坡肉
トロトロのお肉。蒸しパンでしょうか、挟んで食べるとちょうどいい。

8144



















8145



















8146

























百合根と白身魚
百合根のホクホクした食感、
オイスターソースは何に使っても美味しい。

8147




















山芋とツブ貝
シャリシャリの山芋、ツブ貝。
やはり食感の響宴です。

8149




















キャベツ
さっぱりと、そしてキャベジンがわりに。

8150






















ザーサイとハマグリと?
ザーサイをスープに使うとこんな感じになるのか。
他に何か入っていたと思うんだけど、忘れた。

8151




















フィニッシュで麺でも? ジイさん達は腹いっぱいです。
今日は、たくさん歩いたし、もう帰りましょう。

エアコンも止めて、冷蔵庫のコンセントも抜いて、グッスリ眠ります。


↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

海外旅行に行きタイワン! 6

滝を見に行くのに体力を消耗したジイさんたちは、
九份には、駅からタクシーで向かいます。
200元を払って、タクシーに乗り込みます。
曲がりくねった山道を進むと、ここでいいかと降ろされました。

8102
















ここは九份のどこらへんにあたるのか、さっぱり分かりません。

8109






















いきあたりばったりなので、しょうがない。
とりあえず上り始めます。

8103



















九份に着いたら、すぐに店に入って飯だよ。
と言っていたのですが、気に入った店が見つからないのか、
どんどん上っていきます。

8104

















というより、人が多いので、立ち止まっていることが出来ません。
両手を広げた分もない幅の道を進みます。

8105




















開けたところに出ました。

8106














あー、海が見えますね。
ここでやっと、どこでもいいから休憩!
と店を探し、昼ごはん! 時刻は4時になっていました。



包子、チャーハン、焼きそばと思ったらスパゲッティ!

8112























8114






















8111



















8110



















もち米で肉を包んだものもありました。

8113




















250元もする鉄観音茶。

8108



























食事をしながら休憩していると、だんだん日が暮れてきました。
提灯に灯りがともり始めました。
これこれ、この景色だー。

8116





















8117
















狭い路地を進んでいると、一台のスクーターが幅60センチぐらいかな?
リヤカーを引っ張りながら、人をかき分け走っています。
ん? 見覚えのある服を着ているぞ。
あー! クロネコじゃない!
お馴染みの宅急便でした。
あはは、急だったので写真撮れず。


8118



















8120



















撮影スポットには、ひとだかりが。



ここらへんが、一番有名なところでしょうか。

8121




















8122



















九份は金鉱の町であり、日本統治時代に作られた石段や路地、建物が残っている。
映画「非情城市」のロケ地となり、ブームとなったんだそうです。
非情城市の看板を掲げる店もありました。

さあ、帰りましょうと下り始めたのですが、
道が分からない。
入るのがためらわれる、こんな急で狭い階段もある。

8107



















8124



















迷いながら、
一生この迷路から出られないのかと思ったよ。
やっとの思いで車の通る道へ出た。
タクシー来るかなー、探していると道の反対側の陰にタクシーが停まっていた。
予約なのかな、聞いてみると台北まで2000元、というので、
それならいらないよ。
その運転手、じゃあ、そのバスに乗りな。と指をさして教えてくれました。
以外に親切なのね! ロング、 一発狙いだったのねー。
瑞芳駅行きです。15元! 安い!

乗って驚いた。このバスの運ちゃん、すんごい飛ばすんです。

8125



















下りの山道、ブレーキ踏んでないんじゃないかー、と思うぐらい。
手すりに掴まって、右に左に体が持って行かれます。
前のバスに追いついてしまいました。

8126



















各駅か、急行か、で一悶着ありましたが、切符を購入。

8131

















駅前の喫茶店でコーヒーブレイク。

8128



















8129



















8130






















無事、台北駅に帰ってくることができました。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

海外旅行に行きタイワン! 5

台湾観光では、「九份」が有名ですが、「十分」という場所もあります。
「十分」には、滝があり、そこに吊橋がかかっているそうです。

8078



















十分の駅に着きました。

8099





























8079



















小さな駅、狭いホームは人で溢れている。


8080






















8081





















8082























8083




















駅から20分ぐらいというので、吊橋を見てから滝まで、

8084



















この吊橋、2本目は完全に観光用。

8085















新しいし、何しろ行き止まりだったのだ。
ゆらゆら揺れながら、どーゆーこと?

ふーん、しゃーない、滝 見に行こう!
道はゆるやかに上っています。
数分で、まだー? もう疲れたー!
20分って嘘じゃない? 

川の近くに来たら、今度は上り降りが待っていました。
階段状の遊歩道が整備されていました。
ここまで来たのだから、とお互いに言い聞かせて、進みます。
ヒーヒー言いながら歩いているので、この間の写真はありません。
木々の間からチラッと見えてきました。

8086



















滝の真正面の撮影スポットは、まだ50メートルくらい降りなければなりません。

8087

















すぐに諦め、滝の真横まで、
なるほど東洋のナイアガラだ。


8088




















幅は、約40メートル、高さは20メートルあるのだそうです。

8089


















何だか見えづらい、もう少し周りの枝を払っていて欲しい。

8090


















新しいテラスなどの建設がすすんでいて、
霊験あらたかな滝も、観光という名の金儲けに毒されていくのだろうね。
日本も一緒だね。


駅に戻ります。
ここはさあ、風船の発祥の地なんだって。
風船? 
富山の薬売りの紙風船を思い浮かべてしまいましたが、風船ねー。
モニュメントがありました。

8091

























天鐙、ランタンといえばいいでしょうか、
夜空いっぱいに飛んで行く、灯りをともしたやつです。
小さな熱気球みたいなもの。
小正月に平渓天灯祭りというのが開催されているようです。

8092















8093



















線路なんておかまいなしに、人々があふれています。


8094




















天鐙、手描きの願い事が書かれています。

8095
















日本なら、家内安全、大願成就、みたいなことを書くのでしょうが、
若いお嬢さんなら、彼氏が欲しい、結婚したい、なんて買いてあるのかも。

8096





















まだ明るい空へ、天鐙は昇っていきます。
夜はきれいだろうなあ。


8097






















8098




















列車が来ても、線路上の人々は動こうともしません。
係員の笛、罵声、で 一気に賑やかになります。
もう腹が減っていたのですが、九份で食事にしよう。
というので、我慢して向かいます。

8101



















↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


海外旅行に行きタイワン! 4

朝、昨日は眠れた?
冷蔵庫の音が煩かったー。
俺なんか、電源抜いちゃったよ。
なるほどねー。 その手があったかー。
テレビは日本のBSが映っていました。


8054

















ビュッフェスタイルの朝食を食べ、
前日予習をした駅に向かいます。

8056


















ガイドで紹介されていた一日周遊券を買います。

79807979




さて、乗り場はどこだー。
こっちこっち! と改札を通ろうとしたら、ダメダメと言われ、
切符を買えと言われます。
エッ、周遊券持ってるんだけど・・・。首を横に振られます。
するとそこに、ヨレヨレのTシャツを着たオジサンが寄ってきて、
教えてくれようとします。
言葉が分からない。すると紙に漢字を書き始めました。
あー! そうかあ、
この周遊券は、 瑞芳 と 青桐 の区間のみで使える周遊券で
台北から瑞芳までの切符を買わなくてはいけないのです。
あっ、ガイドブックに書いてあるじゃん!
・・・・・・・・。

今度は、台北ー瑞芳間の切符を買うのに、あーだこーだ。
すると、駅員か警備員らしい人がやってきて教えてくれます。
そして乗り場は、4だと言っています。

4番だよ 4番。
ホームに行きます。月台と書いてあるのがホームの意味。
あった。ちょうど電車が止まっています。
これかなあ、なんか指定席っぽいよー。
4って言ってたから、だいじょうぶだろう。
んー、乗って指定席だったら、中で買えるでしょ。
なんとかなるよ。乗ろう、乗ろう!

8057



















列車の行き先も確認しないまま乗り込みます。
ちょうど横並びに、席が4つ空いていました。
ラッキー! ジイさんたちは、喜々として座ります。

8058




















走り出しました。どうやら急行のようです。
台北ー瑞芳(Ruifang) 約40分の距離。
最初に停まった駅。もう忘れたけど瑞芳より手前だった。
乗ってきたおじさんが、そこは俺の席だと怒ったように言っています。
他にも人が来るかと思ったら、もう誰も来ません。
うふふ、ラッキーだね。
瑞芳で降りなくて、その先まで行ったほうがいいんじゃないかなあ、
と自分たちの都合のいいようなことを言っていると、
瑞芳の駅を通りすぎてしまいました。
我々は、瑞芳で乗り換えて、「十分」へ行こうとしていたのだった。


あれー、とまんないよー。
じゃあ、次停まったら降りて戻らなくちゃね。 プッ。
この時点では、まだちょっと余裕があったかな?

8059















列車はどんどん進みます。一向に止まる気配を見せません。
あれー、車掌とか来ないかなー。
山深いところを列車は、走ります。


8060


















どんどん、どんどん、どんどん列車は走っていきます。



海だ! 海が見えるよ!
えーっ、今何処走ってるの?
ここで初めて、グーグルマップを起動します。
おおっ、これ台湾の右側を走っているよ。
太平洋が見えているのよ。これ太平洋だよ!

島も見えるー!

全然、止まんないー!

何これ、台湾四分の一周しちゃうじゃない!

ああ・・・・・・。


8180





























8070

























車内案内のアナウンスも分からない。
文字情報の電光案内板も読めない、なんとか判読しようと試みる。
ううう・・・、どうやら花蓮(Hualien)行きのようだ。
だんだん青ざめてきます。
他のお客さんたちは、きっと、あの馬鹿な日本人たちは・・・。
なーんてことを言っているんだろうなと思いながら座っていると
ようやく止まりそうです。
いつ停まるか分からないから、トイレも我慢していたんです。
よかったーーー。


8061


















瑞芳を通りすぎてから、ほぼ1時間経ったでしょうか、
宜蘭(Yilan)という駅に着きました。


8062

















一旦、精算をして駅を出ます。

8063

















8064
















なぜか、キリン? のいる駅。


小雨が降っています。
駅近くのセブンイレブンでコーヒーを買い、気持ちを落ち着かせます。

8065















ここから瑞芳まで帰らなくてはなりません。
次の列車まで40分ぐらい待ち時間があったでしょうか。


8066















8067














貨物に付いている車掌の車両。懐かしい。

今度は、注意して各駅停車に乗ります。

8068
















小雨にけむる車窓を見ながら、
ほら南国のリゾートだよ。海にサーファーは見えないけど。
サーフボードを抱えた白人がいました。
沖に浮かぶ島を見ながら、青ヶ島のようだし・・・。
(亀山島といってイルカウオッチングなどで有名らしい)
途中、モスクでしょうか、それらしい建物も見えました。
ふふふ、無理矢理でも観光気分を盛り上げます。



こんなことでも無ければ、宜蘭などという街に行くこともなかったし・・・ね。

一生の内に絶対来なかった場所に来れたんだから・・・ね。

全席指定の列車なのに、3人座れたし・・・ね。

奇跡だよ・・・ね。

ね。




ほら、台湾美人! 足長っ!

8069




















瑞芳まで行かなくても、三貂嶺(Sandiaoling)で乗り換えたらいいんじゃない。
そうだよ、ちょっとだけ時間稼げるかもね。
小さな駅で降りました。

8071
















8072



















8073



















8074




















8076





















やがて小さな気動車がやってきました。
この先は、単線のようです。
さあ、やっと「十分」へ向かいます。

8077



















↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


海外旅行に行きタイワン! 3

汗に濡れたシャツを着替え、部屋で休憩して、
そろそろ、夜市に行く時間となりました。
夜市は台北に何箇所もありますが、
ホテルのある駅から乗り換えなしで行ける、士林夜市に行ってみました。
最近、2011年に新しくなった夜市らしいです。

剣潭駅という駅に着いてみると、たくさんの人々が歩いています。
観光客どころか、地元の人々まで大勢やってきています。
人波の行く方に合わせて数分歩きます。
見えてきました夜市の明かり。

8024













8025



















8026



















8027
























特大サイズのスパイシーな鶏排(フライドチキン)のお店。

8030




















お店の前は大鶏排(55元)を買い求める人の長い行列と、
記念撮影をする人たちで大混雑。
地元台湾人、大陸からの観光客、もちろん日本人にも大人気のお店らしい。
もちろん今日一番の行列ができていました。
でも、これ一枚食べると、これだけでお腹がいっぱいになりそうなので、
パスします。


海老釣りの店です。あとで食べることも出来るそうです。

8031




















かき氷屋さんです。

8032




















ここは、通りに屋台が並んでいるのもありましたが、
市場の地下にフードコートのように小さい店がギッシリ並んでいるタイプでした。
壁はなく、腰高ぐらいの仕切りで厨房?というか、調理台とテーブルと椅子がある。
大きな店でも6畳あるかないかといった感じ。
目の前の皿に集中していれば、周りは気にならないね。

8033



















8034



















8036















まずは小籠包の店。

8037


















3畳ほどのスペースでお店をやっています。
豚肉と海老の2種類を頼みます。

8038























8039




















8040



















タレが独特の甘みがあります。不味くはないですよ。
ディンタイフォン(鼎泰豐)などの小籠包とは
違う感じです。
特に八角臭いというわけでもなく、少し甘目かなー。



店を変えます。

8042


















サワガニでしょうか。小さいカニ。

8044



















空芯菜

8045




















カニ。普通のカニ。

8046



















カキの素麺。

8047




















海老の塩ゆで。

8048





















あれー、なんだかお腹がいっぱいですよ。
食べながら、これ痛風に良くないのよね などと言いながら、
ビールも飲んでいました。

8035






















夜市はまだまだ人で溢れています。

8049




















8050

















お店の店員さんの中には、ハロウインのメイクをしている人がいましたが、
目立ったのはそのくらいで、日本のような仮装をしている人はいなかったな。

射的? 風船を撃っています。

8051

















夜市をあとにして、ホテルに戻ります。
途中コンビニでビールを買って帰ります。
セブンよりファミマが多かったかな。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


海外旅行に行きタイワン! 2

ホテルのチェックインを済ますとまず明日鉄道に乗るので、
台北駅をチェックしておこうと駅に向かいます。
ホテルの裏手を歩くと日本食の店が目立ちます。

7991

















歩いていけるよ と歩き出したのはいいが、
意外と距離がありました。

7992



















7993



















7994




















いい加減疲れてブーブー言い始めたところに
台北国際芸術村という施設がありました。

7995





















そこにあったカフェで休憩です。
天候は曇りでしたが、この時点で汗びっしょり。

7998



















7996























ここでは、芸術工房の開放や芸術家のキャンパス訪問、芸術講座、
および展示企画者の交流活動などを行っていて、
プロおよび兼業アーティストに展示空間を提供しているのだそうです。

7997





















気合を入れなおして、駅に向かいます。
駅の手前に公園のようなものが、何かの記念の施設です。

7999



















ちょっと覗いてみると、孫文の記念館でした。
庭では、コスプレ?

8001



















今日は、ハローウインだからかね。でも浴衣?

8000





















駅に着き、明日の切符の売り場などを確認。

8002














8003



















8004





















ホテルへの帰り道、昼ご飯の店を探します。
ビル街の裏側へ、ゴチャゴチャした通りを歩きます。
もちろん、下調べはナシですから、直感で選びます。
あっちの裏に行けば何かありそうだよ。
主役はKさんですから、彼が気に入らなければ入りません。

シャーク! サメ料理?

8005

















でもトーストって書いてあるよな。


地元の人しかいないような店に入りました。

8006



















8009

















魯肉飯(ルーローハン)
豚バラの細切れが甘辛く煮こまれています。

8007




















ビーフン

8008




















空芯菜

8011



















なんだっけ、はまぐりのスープ。

8012



















あさりのような大きさのはまぐりでしたが、ダシはしっかり出ていました。
つみれのような何かの身。

8013



















丼には、おいしい の文字。

8014




















濃い味と薄い味、うまくバランスがとれました。自画自賛です。

8015
























明日、Oさんが来たいという店です。

8016



















予約する? いや明日何時に帰ってこれるか分からないので、
直接来てみないとね。


ブラブラと街を散策します。
足つぼマッサージの店があちこちにあります。
赤いTシャツにショートパンツ、足を露出しているお姉さんが
入り口で声をかけてきます。中に同じような格好の女性が数名見えます。
あっ、これ、だめなやつ。
Oさんが、慌てて言いました。
ダメダメ! 
マッサージって言ってるよー。
寝た子を起こすやつー。だめなやつだって。
そこを離れ、通りの向かい側へ。
あれはね、ムフフなやつなの。
へええー。

大戸屋まであります。

8017

















ホテルの前には公園があります。
その公園に、2つの鳥居がありました。

8018



















清朝時代、ここには兵舎が設置され、日本統治時代初期からは、墓地に変わっていき、
1896年、第三代総督である乃木希典の母がここに葬られたことにより、
日本人墓地になっていったそうです。
その後、いろいろあって今は鳥居だけ残っているのだそうです。

夜には夜市に行きます。まだまだ時間があるので、
その前に、スイーツを食べてみます。
ホテルの近くにオシャレな店がありました。
テイクアウトで頼みます。

8021



















8020



















8019




















帰ってから調べると お茶会社の経営する小籠包のレストランでした。
店先にあったポスターで紹介されていた新メニューを頼みました。
ホテルの部屋に戻って食べます。

8022





















茶葉入りのクッキー、アイス、豆乳、タピオカなどが入っています。
1個 180元 (1元=3.4円だったかな)
食事と比べると、たっかー! ですね。

ホテルの部屋は、3人別々のシングルです。
いつも、イビキがうるさいだの、歯ぎしりがひどいだの、
お互いに文句タラタラだったからです。
といっても日本のビジネスホテルのようなシングルはなく、
私の部屋には、ピンク!のソファーベッドまでありました。

8023




















そういえば、空港に着いてすぐに携帯に着信が、au からのご案内が。

8055
































ホテルの部屋では、WIFIが使えました。
ローミングを ON にしました。
ホテルのフロントで確認して、
グーグル翻訳ソフトを、中国語(繁体)に、
でも、普段使ったことがなかったので、結局滞在中、使わなかった。
試してみればよかったかな。

8053






























8052


































↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ