アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

東京都美術館

アートでお腹いっぱい

上野へ行く。
大先輩のMさんが出品している「新構造展」を見に行くためだ。

そのついでと言ってはなんですが、ちょうど開催されている
ポンピドー・センター傑作展 も見ておこうと
早めに出かけたのだった。

上野駅に着き、公園口に向かうとき、
そーか、昼飯どーしよう。
その時、ASANOYAが目に入った。

9870















おー、パンを買って、公園で食べるとするか。

トマト&モッツアレラ

9867




















9871





















白いもポテトフランス

9869































9872






















バジルソーセージドッグ

9868


























9873
























ベンチを確保した時には、小雨がパラリホラリ。
結構急いで食べるはめに。


こんなものも売っていたよ。

9874





















9875


















9876





















ポンピドゥー・センター傑作展
9/22まで

98639864












98659866
















ポンピドゥー・センターとは、
第19代フランス大統領のジョルジュ・ポンピドゥーに由来する
パリの現代美術を扱っている美術館です。
建築は、レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャース。
レンゾ・ピアノは、関西国際空港旅客ターミナルビルもデザインしていますね。

内容は、フォービズム、キュビズム、モダンアートなど
20世紀の美術大全集的な展覧会です。

会場入口では、知り合いの美人母娘にバッタリ、
人の多さに驚いていたのだが、
日本人の大好きな印象派の展覧会ではないので、
あれほどの大行列もなく、まあまあの混み具合。
それでも、ゆっくり、じっくり鑑賞というわけにはいかない。

9878















上から見ると階段状のL字部分に、
作品と作家の言葉が向かい合わせに展示。
なかなか贅沢な展示だった。

変わったところでは、
歌手のエディット・ピアフが展示?されていた。
ビジュアルの展示はないのですが、
天井にあるスピーカーから、「バラ色の人生」が流れていました。
極めて指向性の強いスピーカーなので、
そのスポットに入らないと音楽が大きく聞こえない。
ちょっとおもしろい展示でした。

ポンピドゥー・センターは『リサとガスパール』の
リサたち家族が住んでいるという設定になっているらしく、
こんなパネルも用意されていました。

9877



















もう一つ展覧会。

木々との体話
10/2まで

98619862












船越 桂の作品以外は、撮影OKでした。

9883



















9882



















土屋仁応

チラシに使われた作品です。
9881



























9879























9880





























そろそろ、大先輩たちとの待ち合わせの時刻です。

9884
















M先輩の作品を鑑賞し、
ふふふ、飲み会です。
これが、真の目的だったりして。

それにしても、大先輩たちのお元気なこと。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

おのぼりさんになってみた 2

翌日は、再び東京駅へ。
朝いちばんで、三菱一号館美術館へ。

8827




















オートクチュール展を見る。

88048863












8807





















ディオール前、ディオール後で世界が変わったような。
恐るべしヨーロッパの貴族階級。

8826



















ここの cafe1894 で、お茶でもと思ったのだが、
営業開始まで15分以上も時間があったので、
皇居も見ておくか、と 二重橋まで行ってみた。

8828



















8829




















観光客ばかり、しかも外国人。日本人は数えるほどだ。

件のカフェへ戻ってみると、
ありゃりゃ、行列ができていた。
クラシックな内装が人気なのかな。
でも疲れていたので、中庭の方のカフェで休憩。

8830























休憩を終え、日本橋へ。

三越の暖簾が桜になっていた。

8859

















妹、ご所望の三井記念美術館へ。
三井家のおひなさま

8808


























江戸時代から伝わるお雛様人形やお道具を展示している。

亨保雛など、独特の形状をしていたり、
着物の生地など、なるほど素晴らしいものが所蔵されていた。
先日行った勝浦では、その数に圧倒されたものだが、
ここでは、その質の高さに驚かされた。
うーむ、財閥恐るべし。

館内には、こんな扉が。
6トンもあるんですと。

8831





















休憩をかねて昼ごはんへ。
日本橋には名店がいっぱいあるのだが、
今日は、にんべんのだし場はなれ という店に行った。


8860




















行列です。
ここは我慢をして並びました。
どうせどこへ行っても行列です。

8832


























だしスープ膳 と 一汁三菜膳 をそれぞれ。

8833



















8834



















8836


















8835
















さすがに出汁は旨い。
が、小鉢がどれも一緒というのは興ざめだ。
かつお節、掛け放題なのだが、
かつお節ごはん・・・ねえ。
にんべんに来て、文句いうな ということか。

8837


















食事が終わって、コレドの裏にある神社にお参り。

8861
















福徳神社。
宝くじにご利益があるとかないとか。
一応、ご挨拶しておきました。

次は、上野へ向かいます。

国立西洋美術館
カラヴァッジョ展 を観る。
6/12(日)まで

88018802






8805





















印象派の展覧会じゃないので、そんなに混んでないだろうと・・・。
いやいや、結構混んでいましたね。

8838














16世紀末から17世紀初頭に活躍した画家ですね。
あのダ・ビンチなどから100年ぐらい後になるかしら、
光と影、陰影を巧みに使いこなした画家です。
後のレンブラントなどに影響を与えたものと思われます。

看板やポスターなどに使用された
バッカス や 果物籠を持つ少年
などは、やはり美しく、素晴らしい絵画です。

その輝くようなう美しい絵画と真逆な作品
法悦のマグラダのマリア
死に取り憑かれた?半分死んでいるような表情や顔色などは
鬼気せまるものがあります。 マリアに見えねー。

途中、メドウーサやゴリアテなどの首チョンパシリーズ!?
会場では「斬首」とジャンル分けされていたかな。
この絵の前では、観客の渋滞が起きていた。

カラヴァッジョは殺人を犯し、逃亡している。
剣の不法所持など、裁判の記録などが展示されていたのも
他の展覧会では見られないものだった。

西洋美術館に来たのなら、常設も。
まあ、建物自体が芸術品みたいなものだからね。


次に、隣の東京都美術館へ。
ボッティチェリ展
4/3(日)まで

88038862







8806
















ボッティチェリは、16世紀後半の画家。
ダ・ビンチ、ミケランジェロと同世代。
教科書などで見たことがあるのは、
ヴィーナスの誕生 や プリマベーラ などです。
今回は、来てません。

8839


















ラーマ家の東方三博士の礼拝
思っていたのより小さかったので、驚いた。
当時のタニマチであるメディチ家に思いっきり媚をうっています。
本人もちゃっかり、カメラ目線?で登場。

やはり、聖母子 (書物の聖母)が、一番かな。
ラピスラズリの青は、印刷では再現しきれない。

師匠の フィリッポ・リッピ、弟子のフィリッピーノ・リッピ
名前がややこしくて、混乱してしまう。
リッピはやはり後半に登場してくるのだが、
リッピ、師匠に並んだか、超えたのか?
意外に良かったかな。



外に出ると冷えてきて、上野の桜はまだなのに、
ブルーシートをひいている人も・・・。

上野まで来たのなら、と 次は浅草へ向かいます。

予約を入れてなかったので、思っていた店には入れず。
寒いので鍋の店へ向かいます。

浅草 米久
すき焼きの店です。百年店です。

8840




















店に入ると、大きな太鼓が打ち鳴らされます。
我々は三人だったので、三回、ドン、ドン、ドン!

すき焼きです。

8841




















8842



















そういえば、若大将の実家は 田能久 というすき焼き屋だったことを
思い出し、ここがモデルだったのか? あれはどこにあったのだろう。
なんて話が出た。

正解
物語では、麻布にあったという設定だそうで、
モデルになったのは、今半本店 と よしはし だそうである。

なので、ちょっと残念だったが、身の丈にあった米久で
おいしいすき焼きを食べて、ご馳走様。

8843




















浅草寺、三社様をお参りして帰りました。

8844





















↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

四川から上野の山へ

上野の美術館で開催されている展覧会に
斉藤郷生さんが出品しているというので、出かける。

ついでという訳ではないが、昼ごはんを食べようと目論む。

上野・・・。

ちょっと調べてみると、変わった店があった。

その名も 晴晴飯店 

なんともおめでたいというか、元気になりそうな名前だこと。

場所をみると、あのバイク街のあたりじゃないですか。
今は、見る影もなく、バイク関連の店もチラホラになってしまっています。
上野駅から昭和通りを歩きます。
写真の角を曲がってすぐ、晴晴飯店がありました。

7942




















はれはれ とルビがふってあります。


7943




















店に入ってメニューをみると 成都料理 とありました。
中国は四川省の日本で言えば、県庁所在地みたいな都市です。

となれば、麻婆豆腐は外せない。他にも・・・。

7944



















7945




















オッ、成都オールスター3品セット という
願ってもないセットメニューがあるではないですか。

7946




















早速、これと生ビールを注文。
店員は、全員中国人です。

7947




















セットがやってきました。

7948





















のびてはまずいので麺から食べます。
あー、汁なし担々麺です。

7950



















しっかり混ぜてから食べます。
ちょっと太めの麺です。それほど辛くない。

7952




















余った具と汁に白いご飯を入れて、まぜまぜ。

7955




















7956





















うん、うん、これ、これ、旨い。



餃子。
すでにタレの入った皿に盛り付けられている。

7949



















ピリ辛、山椒が強め、ちょっと痺れるくらい。
モチっとしているが皮はそれほど厚くない。

7953




















7954



















7957





















麻婆豆腐。

7951



















やはり唐辛子の辛さよりも山椒の辛さが強いが、
日本人でも食べられる辛さにしているようだ。

後から入ってきた客は、麻婆豆腐、激辛で! と注文していた。
激辛にすると、どんな辛さになるのだろうか。
そのお兄さんは、汗かきかき食べていましたよ。

軽く食べられると思っていたが、結構腹がきつくなった。
さすがオールスターだ。



さて、ここから都美術館まで、
ちょうど線路を越える跨線橋?と呼べるのかなあ、
こんなふうに折り返しの坂道になっていて、
ビルの4・5階ぐらいの高さまで登ります。

7958





















渡ると国立博物館の脇に出ます。
上野のお山とはよく言ったもんだ。
こんなに高低差があったなんて気が付かなかった。


都美術館に着く。

7959



















あのまあるい玉は、みんなの撮影スポット。

7960


















モネ展は、切符売り場から大渋滞!
それを横目に、目指す会場へ。

7961



















7962














7963



















相変わらずの癒やしの作品。

7964
















7965

















なんと会友推挙の札が・・・。
すごいですねえ。



芸術の秋、シーズンまっただ中、
都美術館ではたくさんの公募展の展覧会が開かれている。
無料のところだけ! ちょっと見て回った。

7966


















7967














昼ごはんのせいで、お腹がいっぱい。
芸術作品をいっぱい見て、頭もいっぱい。
もう、ふらふらで帰りました。




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


定期券が飛んできた

知人の斉藤郷生さんが展覧会に出品しているというので
上野に出かけた。

山手線でぐるりと上野まで と思い、ホームに立っていた。
電車が到着、ドアが開き、乗客が降り始めた。
並んでいたドアが人が多く、となりのドアに変えた
足を踏み出したとたん!

目の前に、何かが飛んで来た。

反射的に受け取ってしまった。定期券のケースのようなものだ。
電車の中で20代半ばと思われる女性の二人が指をさして叫んでる。
見ると学生とおぼしき男性の後ろ姿。
ダッシュして、これ落としませんでしたか? と確認して、渡した。
振り向いて、電車の中へ、一連の動作を反射的にしてしまったのだが、

おい! 君たち、自分で渡してあげなさい。
状況が分からないジイさんは、
君らに顎で使われてしまったではないか!  プンプン!

件の女性二人はしばらく、きゃあきゃあ笑い合っておった。
お前達なあ・・・。



上野に着いたのは、1時も過ぎたころだった。
神田の薮そばが復活したそうだが、当然行列が出来ているだろうから、
上野の薮そばに行ってみる。

6166



















7人ほどが並んでいた。
すぐ近くの立ち呑み屋は、2軒とも満員だ。

並んでほどなく店内へ。
目に鮮やかな朱のカウンター席へつく。
目の前で、蕎麦を打っている。包丁のリズミカルな音に包まれる。

6169



















上を見ると、そばチョコが並んでディスプレイされていた。

6170



















6167



















6168



















頼んだのは、天せいろうにせいろう1枚追加。

カウンターは一人客が多い。
若造が蕎麦前と酒を注文している。
今日は、休肝日にしようかと悩んでいるジイさんは、
ガマンしました。結局、夜には飲んでしまうのだけど。

蕎麦が来ました。

6171



















天ぷらは、海老2本、ししとう、シソの葉、

6173



















蕎麦、薮系は緑がかっているのだが、それほどでもない。
抜き実の挽きぐるみ、つまり緑色の甘皮部分を挽き込んだ鶯色の蕎麦。
種皮の緑色が鮮やかなのが薮系というわけだが・・・。
照明のせいでしょうか、緑色には見えなかった。

6172




















そば湯

6174



















天せいろう 1,810円

不味い訳ではない、が、高いと思ってしまう。
期待値に届かなかったということだろう。

6175




























上野の公園に向かう。
相変わらず大道芸人が何やらパフォーマンスをしている。
もう、デング熱の心配はなくなったのかな。

6176














6177


















て・・天使かあ? 頭に輪っかがあるよ!

6180

















こちらは、チンドン屋さん、客からリクエストをもらっていた。

6181




















東京都美術館

6178




















斉藤郷生さんの作品を見に行きます。

会場に入り作品を探す。立体(陶芸など)の作品は、一番奥に。

ありました。 うんっ!? 何っ!! うおおおー!!!

6179
























銅賞!!  


すっごーい!

この会に出品し始めてから、3回目だっけか?
うーん、着実に進んでいますね。

相変わらずの、超なごみ系のアート。

郷生さんの人柄でしか生み出せない世界ですね。



うーん、ちょっとしたサプライズに、
美術館のイスに座って休憩。
昨日のBBQの後遺症かしらね、何だか疲れている。

今日は、気力も体力も展覧会を観る余力がありません。
帰りましょう。

と 都美を出て歩き始めると、国立西洋美術館の前に。

ホドラー・・・・、この画家、お恥ずかしいが知りませんでした。

本日、最後の力をふり絞って、入ってみました。

6182
















フェルディナンド・ホドラー展
2015年1月12日まで

61836184








日本では40年ぶりの回顧展で、出品は100点、
うち8割が日本初公開ということです。

初期の作品は、古典的でコローやクールベの影響が見られる。
1880年代半ばから、人物像が増え、死のイメージに包まれる。
肉親の死と世紀末という時代背景もあったのだろう。
その後、「オイリュトミー」といって、群像を描き始める。
ある種、分解写真のように連続性のある構図をとる。
リズム、生の息吹、躍動へと移ってゆく。

このあたりから、あのグスタフ・クリムトを思い出す。
何となく似ているなと感じたのだ。
それは人物の背景に配置される花や草木、布等が装飾的なせいだろう。

裸婦を描いているが、リズム、ダンスをしているようで、
エロス的なものをあまり感じない。

風景画では、レマン湖あたりの絵は、東洋的でもあり、
チラシに使われた山の絵 ユングフラウの絵は、
ザックリとした捉え方で、なお重量感のある岩山の描き方として、
日曜画家の参考になるなと思いました。
決して、簡単に描けるということではない。   ヘヘッ。

会場の壁の色など展示に工夫がされていて、
心地よく分かりやすい展覧会でした。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

ゲイジュツの秋だよ

斉藤郷生さんが都美術館の展覧会に出品していると聞き、出かけた。

上野公園は、想像通り、人、ひと、人。

4661
















大道芸人もその芸を披露し、多くの観客が取り巻いて見ている。
休日の上野公園、動物園もあるので、それこそ老若男女が入り乱れて歩いている。

4665
















4666


















目指すのは、東京都美術館だ。
ちょうどターナー展が開催されている。

4662















ターナーといえば、そんな名前の絵の具があったな、
本展のジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの名からとって付けられたのは
間違いないだろう。
ならば、ホルベインというメーカーは、ルネサンス期のドイツの画家、
ハンス・ホルバインからでしょうね。
会社概要等にはでていませんがね。

先に、ターナー展を観る。
「雨、蒸気、速力」 教科書で見覚えのある絵が思い浮かぶが、
今回の展覧会には来ていなかった。
テート美術館所蔵の作品約110点が展示されている。

46804681






結構、習作やスケッチも多く、水彩で着色された絵は、
日曜画家に多いに参考になったのでは。

ターナーの描く風景画は、いわゆる写実的なテクニックを披露する絵画であるばかりでなく、後半の作品には、主題の中心にピントが合っていて、周辺はアウトフォーカスになっている。
そこに波や風といった動的な描写が加わり、
ダイナミックで劇的な画面が描き出されている。
「荒れた海とイルカ」「湖に沈む夕陽」などにいたっては、
どこが海でどこが空か、ほとんど抽象画といってもいいぐらいだが、
じっとみていると、そこには、空が、海が、風が、音さえも聞こえてくるようだ。

印象派が登場する2〜30年も前に描かれたことを考えると、ターナーの凄さが分かる。

観客が多くて、なかなかゆっくり観ていられなかった。


さて、友人である、斉藤郷生さんの出品している蒼樹展へまわる。
都美術館は、広いのはいいのだが、各展示場へ移動するのが、分かりにくいし面倒だ。
当日も、ターナーはどこでやっているんですか? と尋ねられたりした。
美術館の中で、迷っているのです。

4664






















あいかわらずの「和み」の作品に、納得の癒しを味わせていただきました。

4663





















次の作品を楽しみにしています。


さて、帰ろうかと上野駅方面へ歩いて行くと左手に、西洋美術館が現れます。
上野に来るのも、そうしょっちゅうある訳でもないので、西洋美術館も覗いていこう。

ご存知、コルビジェの設計した事で有名な、西洋美術館。
ミケランジェロ展  天才の軌跡  が開催されていました。

4667



















4668
















結論からいうと、見所は3点。
若干15歳の時に制作した「階段の聖母」。
「クレオパトラ」 これは、裏表に描かれている。裏の顔に注目です。
「キリストの磔刑」 ミケランジェロが遺した木彫作品の2点のうちの1点。

もうこの3点さえ観れば、システィーナのレプリカ等々、
まあオマケのようなものです。

46754672













常設企画展として、
ル・コルビジェと20世紀美術  が開催されていた。
コルビジェの設計した展示室で、コルビジェの作品を観るという一種の贅沢。

採光のための大きな窓(今は蛍光灯が埋め込まれている)
今は使われていない、小さな階段、独立した円柱など
できれば、設計された当時のままの状態で観たかったと思うのでした。

46734674












4670



















4671



















観賞後、美術館前の休憩所で休憩していると、
目の前には、コルビジェの弟子、前川國男設計の文化会館があった。
前川國男は、西洋美術館の建設に、実施設計などで関与し、
新館を設計したということです。

4669













東京オリンピック開催が決まり、これから建築ラッシュが始まるのだろうが、
どうも最近の建築を見ていると、
数年後、数十年後に残る名建築というものが少ない気がする。
国立競技場のコンペをみても、外国人に負けていては困る。
1964年、東京オリンピックの丹下健三設計の体育館などは、
天井を吊るという意図が明確でその機能・構造が独特のデザインとなっている。
俯瞰で見ると、そのカタチも美しい。
日本の建築家達の頑張りに期待したい・・・と言っておこう。


↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

展覧会へ人を呼ぶのは

あなたが美術館へ足を運ぶきっかけは何でしたか?
ポスターを見たから?

G.Gは、タイトル? キャッチフレーズに
惹かれ、展覧会を訪れたことがある。

その魅力的な広告を作ったのは、ブリヂストン美術館である。

昨年では、

コレクション展「なぜ、これが傑作なの?」
2011年1月4日(火)〜 2011年4月16日(土)

なぜなのか、教えてもらいたくなりましたね。
作品のキャプションが丁寧で勉強になりました。

28562857













今年は、

あなたに見せたい絵があります。ーブリヂストン美術館開館60周年記念
 2012年3月31日(土)〜2012年6月24日(日)

なにを見せたいとおもったのか、確かめに行きました。
それぞれ、学芸員の作品に対する思いが、分かりやすく、
工夫に満ちた展示のされ方で、なるほどなと思えるものでした。

28582859













先日、こんなポスターを見かけました。

2860



















あの「真珠の耳飾りの少女」が
ついに来ます!
つまり、混みます!
前売券が、断然おトクです。
【マウリッツハイス】←検索


あのー、アメ横じゃないんだからさあ。


↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ