アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

横浜美術館

エロジジイの休日

連休は、渋滞のニュースを横目に見て家でじっとしていることに、
好き好んで渋滞の中へ出かけることもあるまい。
連休中は、シロクマ君も動かないから、と周りにも言ってある。

とはいえ、家の中にじっとしているのも何だかもったいない。


展覧会でも見に行こうか、あまり混んでいないのがいいな。

開催してから日にちが経っていて、あまり宣伝していないのはないかな。
横浜美術館で開催されている

ヌード
英国テート・コレクションより
6/24(日)まで

12694

















1268812689






12690


















これなんかがちょうど良さそうだ。
横浜へ向かう。

美術館の前では、家族連れが水遊びをしている。

12691















看板やポスターには、ロダンの「接吻」が使われている。

12692






















西洋美術でヌードがどう描かれてきたのかをひもとく国際巡回展だ。

19世紀前半まで、ヌードは歴史画の主なテーマでした。
神話、聖書などを題材とし、裸体表現が唯一許されていました。
何しろ生身の裸体を描くことは不道徳だと考えられていたからです。
しかし何故女神は裸体だったのだろうか、
宗教画は皆に見てもらって、教えを理解してもらうためのものだ。
興味をひくために、神々しい裸体の神々を天使を描いたとしても不思議ではない。
本質的に、性的なものは皆興味があるんだよね、昔から。

その裸体の描き方が、時代とともに変化してきたということを
体系的に紹介してくれる展覧会なのだ。
はじめは女神や妖精などを描いていたものが、
時代を経ると普段の生活の中の女性に焦点が合ってくる。
ドガやボナールがそうだ。
キュビズムなどにより人体は変形され表現は多様化される。
女性のヌードだけか? 今ならどこからか文句が出てくるだろう。
と思っていたら、デヴィット・ホックニーが同性愛者の恋愛シーンを描いていた。

この展覧会のメインといえるロダンの「接吻」。
中学か高校の美術の教科書に写真が載っていたと思うが、
思春期の男子はドキドキしながら見ていたものだ。
さて、実物は、えっ、これ素材は?と確認してしまったほど
滑らかで柔らかな曲線に終始している。

12693























この作品のみ撮影が許可されていた。

この展覧会は主にイギリスのテート・コレクションから、
イギリスのキュレーターが中心となって企画されている。
禁欲的なプロテスタントが支配するイギリスなので、
ラテン系のキュレーターだったら、どんな作品を選んでいたのだろうか。

12700





















12695


















コレクション展示の方へ行ってみると
ヌード展に展示してあった ナイト・エラントがあった。
これは下村観山がイギリス留学中に模写したものだった。
えーっ、あの鑑定団に出てくる観山のヌード画かあ。
残念ながら写真はブレてしまった。

12698

























小倉遊亀のヌード画も珍しい。

12697
























12699














12702




















12701



















ワンパターンで申し訳ないが、展覧会を観た後は、中華街。
最近のお気に入り、萬来亭へ行く。
この店は、自前の製麺所が目の前にあり、3種類の麺を提供している。
太麺、細麺は食べたので、今日は平打ち麺を食べてみる。

平打ち麺の海鮮焼きそば。

12703

















平打ち麺はあまり好きではないが、この麺、やはり旨いな。
あっさり塩味はいいのだけれど、量が多い。

12704



















水餃子。
ああ、この店も8個かあ。

12705





















なんとか完食。死にそうだ。



帰ろうかと駅に向かっていると、突然、


バチバチ、バン、バン、バババ、バババ!



と耳をつんざく大音響。爆竹の音だ!

見ると獅子舞がいる!
おや、2階から何か吊るしている。
獅子舞が立ち上がり、それを咥えている。
ああ、ご祝儀をもらっているのか。

12706


















爆竹は、通りに撒くのではなく、鉄製金網の大五郎の車のような
箱の中で爆発させている。

12707


















側に居ると耳が痛くなるほどの音量だ。

12708


















12709
















12710




















12711


















何の祭りだ? 春節は終わっているのになあ。
おそらく端午節のお祝いなのだろう。

世界一の焼きたてパイ の親父さんに聞いても分からなかった。
中国人ではないのね。

12712



















せっかくだから、1個買って食べてみた。
うーむ、美味しいが、世界一かは・・・。

12713
























↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

船で しょう

2014ボートショーに行って来た。
エンジンがついて、動くものは何でも好きなんだよね。

朝一番で、眼のケア、網膜剥離の後の検診に病院へ。
眼底を観るために、瞳孔を開く目薬をさす。
これで運転などが出来なくなるので、そんな日を過ごすにはちょうどいい。
晴れの日の外は、眩しすぎて辛い。
横浜に着く頃には、多少緩和されているだろう。


5035


今回のボートショー、いつもはフローティング会場の
横浜ベイサイドマリーナへは、無料のシャトルバスが用意されているのだが、
今回は、シャトルボート片道1,000円が用意されていた。
これは、乗らずにおりゃりょうか。
入場したら、一番にシャトルボートの切符売り場に並んじゃいました。

5039



















やはり、人気があったのか行列がすぐできてしまいます。
チケットを手に入れたら、ぷかり桟橋へ。

5040



















小一時間ほど待っているとマリーナからの客を乗せた
シャトルボートがやって来た。
リザーブ1という双胴船だ。

5041
















そういえば、ボート・船に乗るのはいつ以来だろう。
いよいよ出発です。
エンジンの音が大きいです。海の上だからいいということはないはずだ。
それよりも風が冷たい! デッキにいると手がかじかんでしまう。
うーん、眼がまだはっきり見えない。眩しい。

5042




















ベイブリッジをくぐる。

5043




















5044

















5045



















ベイサイドマリーナ、海側から訪ねるのは初めてだ。

5046














5047












フローティング会場。
隙間なくぎっしりと並んでいる。全部で44隻。
少し隙間がないと全体像が見えないんだけどね。

5048



















会場を観る前に、すっかり冷えてしまった体を温めに、
ホットコーヒーを飲みに、コーヒースタンドに駆け込んだ。

5049






















5050



















5051



















5052



















ひと息ついて、一回り。
今回は、大きい船が多い。
LACOON450というカタマランのヨットなんか
どんだけデカイのかってぐらいデカイ。

5053




















5054



















5055




















また、パシフィコに戻ります。シャトルバス。
今度はゆっくり会場を見て回る。
輸入艇は皆フローティング会場へ行ってしまったため、
パシフィコには、国産のメーカーの船しかない。
なので少しさみしいかな。

5036

















5037



















5038



















5057




















あんな船で海に出られたら最高だろうな、と夢見るジジイでした。

さて、パシフィコに来たのなら、美術館も観ておきましょう。
もう視力も回復して来ました。
横浜美術館へ。

美術館の向かいに出来た新しい商業施設、MARK IS。
壁に設置された植物の壁面は、冬枯れで汚いというか見窄らしい。
これは、欠点だよね。

5058
















魅惑のニッポン木版画
5/25(日)まで

5059


















文字を発明した次に大きな発明だったと思う版画。
印刷も含めてね。これでより多くの人が絵画や文章に触れることができたのだから。
誰もが小学校の図工の授業で木版画の経験をしたことがあるだろう。
その経験があればこそ、この浮世絵から続く木版画の凄さというのが、
実感できるというものです。

これだけ一同に木版画を観ることが出来るというのは、ありがたいことです。

50665067








さあ、締めは中華街です。
最近の行きつけ。杜記。刀削麺の店だ。

ビールに水餃子。

5060





















5061




















牛肉と高菜の麺。

5062



















5063




















お腹いっぱいで帰ります。
ほとんど気絶状態で乗っていたが、気がつくと床にこんなものが・・・。
???

5064























↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

赤レンガでナポリタン

朝から小雨、日中は晴れるといった予報を信じて出かけた横浜。
実は、横浜美術館の招待券をもらったので、展覧会をみるついでに、
横浜赤レンガ倉庫にも寄ってみようと思ったのだ。

赤レンガ倉庫前では、全国ふるさとフェア2013というイベントが開催されていた。

4700
















肉巻きおにぎり、宇都宮餃子、横手焼きそば、等々およそ130もの屋台が並んでいた。

4701

















人、人、人、煙のなか、ナポリタンスタジアムを発見。
KAGOMEの提供らしいが、全国のナポリタンがここに集結しているというではないか。

4702


















ナポリタンって、喫茶店で出される、どうしようもなくチープなもののほうが
らしくて、旨かったりする。というか、懐かしくて納得してしまうのかな。
さて、どんな店があるのか、のぞいてみることにした。

4704
















北海道や北陸からのエントリーもあった。
いやー、迷うよ。迷ったけど、中華のナポリタン、
海外からの参戦、過門香 上海店 上海坦々ナポリタンを食べてみた。

4703



















4705



















上に小さな小籠包が2個のっている。中身はプチトマトだ。
この小籠包が意外と旨かった。麺は太めで、スパゲッティというよりうどんに近い。
確かに、坦々麺の味にケチャップがまざったような味だ。ちょっとくどいかな。
別におかしくはないが、ボリュームがありすぎた。

次はどれにしようかなと歩いていると、
PONジュースを使っていますーという声が聞こえた。
愛媛からのエントリーだ。その声につられました。

4706

















マルブン小松本店 愛媛西条ナポリタン

4707



















太いソーセージがのっています。
このソーセージがなかなか美味しい。
麺はしっかりアルデンテ。味は、オレンジジュースを使っているせいか爽やか。
旨い。なるほど、ケチャップにオレンジジュース、家でも作れるね。

赤レンガ倉庫の前では、こんな感じで皆さん食べていました。

4708



















2皿食べて、ギブアップ。もう食べられません。
腹ごなしに、みなとみらいの横浜美術館まで歩いていきます。

ちなみに、グランプリは、宮城県から参戦の
東京ナポリタン 黄金比率のハンバーグのせ赤ナポリタン だったそうです。
楽天といっしょで、東北勢が優勝!



4709















4710




















横山大観展
良き師、良き友

47204721







第1章:良き師との出会い:大観と天心
・天心との出会い
・日本美術の理想に向けて
第2章:良き友ー紫紅、未醒、芋銭、渓仙:大正期のさらなる挑戦
・水墨と色彩
・構図の革新とディフォルメ
・主題の新たな探究
第3章:円熟期に至る

大観は晩年の顔しか思い浮かばなかったのだが、
若い頃はなかなかイケメンだったのね。
一瞬、江本孟紀かと思ったよ。

明治22年〜26年(1889〜93)頃に、
東京美術学校の授業で課題として描いたデッサン。
大観のイメージはないです。初めて見ました。

今までで印象深かった大観の絵は、木の枝にとまる真っ黒な鳥の絵で、
叭々鳥(ははちょう) か 鸜鵒(くよく) のどちらかだったと思うのだが、思い出せない。
確か、山種美術館で見たように記憶している。
簡潔で、墨一色で描かれていた。この展覧会には出品していない。

この展覧会では、若い頃の絵と
小杉未醒、小川芋銭、今村紫紅、富田渓仙らの作品と並べられて、
大観の成長と岡倉天心からつながる日本画の系譜というのを目にする展覧会です。

大観、観山、紫紅、未醒、表具師の寺内銀次郎の5人による
東海道五十三次合作絵巻
汽車にのらずに、東海道を旅しながら制作したという、
日を追って新聞に掲載されたとう。今ならインターネットで中継ライブなんてことか。
大酒飲みの芸術家達
どんな旅だったのか、想像するだけでも面白そうである。

音声ガイドを竹中直人がしており、普段は聞かないのだが、今回は借りてみた。
・・・・岡倉天心を生涯の師とあおぎ、なんちゃってナ、アハ、ハ、ハー、テヘペロー・・・・
なんてことはなく、いたって真面目なナレーションをしておりました。

音声ガイドの返却。

4711




















おー、日本人だねー、みなさんご丁寧なことで。

4712

















見終わって外に出たら、雨。土砂降りー。

4713

















向かいのビルから地下鉄に乗り、中華街のいつもの店に立寄る。
この店、ビールが安いの! 水餃子もたのむ。8個もある。多すぎるよ。

4714





















4715




















4716



















結局、昼のナポリタンのせいで、これ以上食べられなくて、撤退。
刀削麺食べられなかった。

4718





















4719




















↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

アフリカからアジアを巡る 2

パシフィコ横浜を後にして、ブラブラ、横浜美術館でも覗いてみようかと・・・。

美術館の真向かいに近日オープンの商業施設が建っている。
「MARK IS みなとみらい」 というらしい。
新しいのに、なぜか懐かしい感じのする建物のデザインだ。
美術館の向かいの屋上には、ベンツのマークと見間違う、
レンズ風車が見えていたのだが・・・。

美術館に着いてみると、お知らせが。

4019


















なんと、無料だった!!!!!

展覧会は、熱々東南アジアの現代美術 Welcome to the Jungle
東南アジア、シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、
タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジアの
8カ国の作家による展覧会だ。

40394040












アフリカから、いきなりアジアの世界へ来てしまった。

横浜美術館は、写真撮影OKの展示が多い。(フラッシュはNGです)

4020














4021


東南アジアの伝統にグローバルな要素が入り込んで、独特の世界観ができている。
これから、面白くなりそうなアジアのアートシーンを予感させる展覧会です。

4022

















4023




















6月16日(日)まで開催。

常設展示の方も鑑賞。

4024



















4025
















4026
















開港記念日とは知らなかった。 ので、港へ行ってみる。
山下公園へ着いてみると、おなじみの氷川丸が迎えてくれた。
一度、仕事で借りたことがあったなあ。

4016














何やら賑やかな方へ行くと、学生のブラスバンドの演奏が・・・、
所ジョージの番組を思い出す。
ジャズナンバーから、金瀑の「女々しくて」なんて曲も演奏していた。

4017














横浜ドラゴンボートレースの決勝戦というのが行われていた。
3チームの決勝戦、大接戦の末、香港からやってきたチームが優勝していました。

4018













レース観戦で賑わう海から振り返ると不思議な集団が・・・・、
ネットで話題になっていた「マカンコウサッポウ」の写真を撮ろうとしています。
G.Gもシャッターチャンスを待って・・・・・、横からこっそり撮影。 

4027













彼らの出来はどうだったかな。

パシフィコの会場では、酒類の販売がなかったので、
海を見ながらベンチで缶ビールを一杯。
風が強かったが気持ちがいい。

うん!?  目の前を不思議な人が横切った。

自転車だったので諦めようかと思ったが、停まったので後を追う。
が、また走り出した。

4028

















4029


















彼は何者なのでしょうか? これはイヤリングなのかな?

アフリカの料理を腹一杯食べて、アジアの美術を鑑賞して、
海を見ながらビールも飲んで、イベントも見て、変な人も目撃して、
もう、言う事無いでしょ。

帰ろう!  と山下公園を後にしました。

ニューグランドホテルは、外交官ナンバーの車や
国旗をフロントガラスに掲載している車などでごったがえしになっていましたね。
横浜のホテルはどこも、アフリカ開発会議のおかげで忙しい思いをしたことでしょう。

目の前に、中華街の門が見えた。中華街か・・・・。

4030



















(よせ、やめたほうがいいって、心の声が・・・・・)

つづく


↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

美貌の下には

以前から気になっていた画家の展覧会を見に、横浜へ出かけた。
いつもならバイクで出かけるのだが、雪が降ったり、路面が凍っていたり、
状況が良くないので、自重して電車に揺られての訪問となった。

2595


松井冬子 その美貌と生み出す作品とのギャップに世間を騒がせている画家である。
恐怖、狂気、ナルシシズム、性、生と死などをテーマに日本画を発表している。
今回の展覧会では、作品はもちろん、その試行錯誤が伺える下絵・デッサンなども
展示されている。

2596





































今回の展覧会のポスターに使われている作品は、
彼女が東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻の学部卒業制作の作品で、
《世界中の子と友達になれる》 というタイトルが付けられている。
まさしく彼女の原点ともいえる作品だ。


2597





















藤の花が垂れ下がる、まるでカーテンのように、
画面左側に少女が誰かに呼びかけるような仕草、
右下には空っぽの揺りかごが配置されている。
パッと見は、美しい風景の中のひとコマに見える。
しかし、近づいてよく見ると花には異様にたくさんの蜂が群がっている。
少女の手足は赤く、血に染まっているかのようだ。
揺りかごは、子宮の象徴か。
じっと見ていると、藤の花のカーテンの牢屋に
閉じ込められているようにも見えてくる。
この先を覗くと見えてくる世界に、
この少女は希望を見るのか、絶望を見ることになるのか。
《世界中の子と友達になれる》  タイトルの付け方も一癖ある作家である。

例えば

絶え間なく断片の衝突は失敗する

優しくされるという証拠をなるべく長時間にわたって要求する

ややかるい圧痕は交錯して網状に走る

この疾患を治癒させるために破壊する

應声は体を去らない

と こんな具合。日本画のタイトルではない、コンテンポラリー的だ。
作品の写真は、いくつか美術館のホームページに載っているので
ご参照いただきたい。

http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2011/matsuifuyuko/


徹底的に端正で、もの静、緻密、濃密な技法で書き上げられた画面の裏には、
女の性を背負った情念といったものが隠されているのではないだろうか。
男より、自らの血と肉とを実感せざるを得ない女という肉体の不快感、あるいは幸福感
その表現として、傷ついた身体、飛び出した内蔵や子宮があるのだろう。
そして、その先に見える生と死。

彼女は、男性と対談するときは意識して「女装」していると宣う。
マスメディアに登場する凛とした着物姿は、その女装にあたるのだろうか、
彼女は、画家 松井冬子 そのものを作品として演じているのかも知れない、
そんな思いで写真を見つめていると、何だかキメキメのオカマのようでもあり、
男でも女でもないジェンダーのような存在にも見えてくる。

作品のコメントなどを見ても、ものすごく武装しているなと感じる。
だから感性で、衝動で、描いてはいない。あくまでも理詰めなのだ。
すごく頭のいい女性と会話したかのような疲れを感じた展覧会であった。


春節でもあるので、中華街でも散策して帰ろうか。


↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

2011ボートショー

1003



















今年のボートショーは、例年に比べて、寂しかった。
全体に参加企業が減り、規模が縮小されて、フロート桟橋も中止されていた。
ITバブルも一段落してしまったのか、来場者も少なかったように感じた。

日本のボート事情は、ほとんどが釣り目的のボートユーザーが多いのだが、
船の上で日がな一日をのんびりと過ごしたり、泊まったりする用途に適した、
トローラータイプのボートに興味が湧く。

アメリカ・シアトル製の小さなトローラー、Ranger Tug R25

10041005







狭いけれど、天井が高く、なかなか快適そう。
屋根にはカヤックが乗っている。

フランス・ベネトゥ社製のトローラー。
今回のボートショーで一番のお気に入りとなった。

10061007







こちらも、上(フライブリッジ)にゴムボート(テンダー)などを
積むことができるようになっている。

10081009







10101011












10121013







メインのベッド、ゲスト用のベッド、サロンのソファはベッドになり、
都合、6人分のベッドが用意されている。
基本仕様で、約3千5百万円らしい。
こんなボートでゆらゆらプカプカ、好きなところに行けたらいいな。
トローラータイプはだいたい10〜15ノット(時速約18〜27km)程度で
のんびり走る船なんです。

会場では、救命救急の講習も開催されていました。

1014







水上・水中でも掴まって使う、水中スクーターの「SEABOB」。

1015






ドイツのメーカーの製品です。
動力は電池。水上ではモデルによっては20km/hものスピードが出るらしい。
本体価格は105万〜231万円というから、結構高いね。
でも、面白そうだよ。船舶免許はいらないんですって。


ボートショーはみなとみらいのパシフィコ横浜が会場だったので、
帰る前に、横浜美術館に寄ってみた。

1016
美術館にも、カエルがいた。




とおくてよくみえない

という不思議なタイトルの展覧会をやっていた。

10171018












高嶺 格 という作家の展覧会だ。3月20日まで。
現代美術という範疇にくくられる、映像などをつかった展示だった。

何だろう、不思議な展覧会だった。
難解というか、作家の意図が、とおくてよくみえない。
会場には、エヴァンゲリオンの雄叫びのような、うめき声が繰り返し流れていた。

凡人は、常設を見て、ちょっとほっとしたりして。

美術館にあるアートギャラリーでは、
境界線のありか 中谷ミチコ展が開催されていた。3月21日まで。

10191020












こちらは、彫刻なのだが、凸凹でいうと、普通彫刻は凸なのだが、
この作品は凹になっていて、そこに彩色され、さらにその凹を透明アクリルで埋めている。
そんな作品だった。不思議な立体感に思わずのぞき込んでしまった。


↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


記事検索
Amazonライブリンク
プロフィール

g_g_rider

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ