アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

立ち食い蕎麦

ニューウェーブ?

ニューウエーブなんて今や死語のように感じてしまう。
それほど時代は早く動いている。

さて、貧乏なお父さんたちのオアシス、立ち食い蕎麦にも
いろいろと新しい波が押し寄せてきています。

この分野で名高いのは西新橋の「港屋」でしょうか、

残念ながら行ったことはありません。
ラー油を使用するということで、亜流の店も多い。
あの、俺のシリーズの「そば 俺のだし」もそうでしょうか。
一度だけ食べたことがありました。
写真だけ撮っておいたのだけど。

8641



















8642



















8643




















ジイさんには、今ひとつピンとこない蕎麦なのですが、
生来の野次馬根性というか新しもの好きというのか、
食べてみたくなるのよねえ。

今回は、麹町にある立ち食いそば「そばうさ」を訪ねてみました。

地下鉄半蔵門駅から、裏通り的な路地を行くと
蕎麦屋とは思えない看板があります。
奥まった場所にある店は、一見オシャレなBARのようでもあります。

8644























8652
































8651






















入り口の券売機で券を購入、番号を呼ばれるのを待ちます。

8645




















少し待たされましたが、ゆで太郎だって待たされるもんね。
店内はかなり薄暗い。撮影が難しい。

8646




















今回は、バジル冷そば850円

立ち食いにしては、高額です。

番号を呼ばれ、カウンターで受け取ると
蕎麦とは思えない出で立ち。
白い器が和風ということを拒否している。
丼を覗き込むと、一段と洋風の景色が・・・。

8647



















つけ汁の方は、バジルにトマトが浮いている。

8648



















そばの方は、スクランブルエッグ、ベーコン、レタス、レモン
蕎麦がほとんど見えない。

8649




















箸で蕎麦を掘り出してみる。

8650



















黒くて平打ちの太麺、
蕎麦自体のクオリティは、なかなか良さそうだ。

ううう、ど、どんな味なんだろう。

麺をつけて、一口食べてみます。
うーん、そばつゆとは似ても似つかぬ汁。
甘口です。オイリーです。
レモンを絞ってみます。少しサッパリしたかしら。
テーブルにあった、練り唐辛子を入れ、ピリッと。
ああ、ジイさんの舌は保守的なのか、
普通のそばつゆで食べたいなと思ってしまいました。

ポットに入った蕎麦湯が置いてありましたが
どーにもこのつゆを割って飲みたいなと思えない。
甘いというのもあるが、このオイリーさは馴染めないなあ。

スーツ姿の客もたくさん、結構繁盛しているようだが、
蕎麦屋界のニューウエーブ。
ジイさんは、新しい波には乗れそうにもない。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

干支そば

銀座に出るとちょくちょく寄る立ち食い蕎麦がある。
「よもだそば」だ。

蕎麦屋とは思えないインドカレーを出す事でも有名だ。  フフフッ。

そんな立ち食い蕎麦屋のよもだそばでは、
正月に干支にちなんだ干支そばを出している。
今年の干支はサル。
まさかサル肉を出す訳にはいかないだろうから、
どうするのだろうと、楽しみにしていたのだ。

ちなみに昨年は未年。
だから羊を使ったジンギスカンが上に乗っていましたよ。  プッ。

よもだそばは、日本橋店と銀座店がある。

日本橋店の干支そばは、
猿けんちんそば
人参、大根、ジャガイモ、こんにゃく、蒲鉾を猿型に抜き
カニカマ、豚肉の入ったけんちん仕立て。

うーん、なるほどね。でも、ものたりないね。   ウン。


さて、銀座店はどうかな。

8450




















8451























猿かに合戦そば!?     ププッ。

あはは、なるほどね。
早速注文する。半カレーもね。

8448





















具がこれまたビックリ! 

バナナ天(猿)、カニカマ天(かに)、柿の種(柿)

すごい! どんな味だ?

きたきた、猿かに合戦そば。


8447





















まずは、バナナ天をひと口、おお、まさしくバナナだ。
天ぷらというかフライだなこりゃ。
甘い。でも甘いだけじゃなく、ほのかな酸味も感じる。
合うか・・・、でも嫌じゃないな。

8449



















バナナのフライなんて、
昔、新宿にあったアフリカ料理の店 ローズ・ド・サハラで
食べて以来だな。

カニカマ天は、想像通り。

柿の種は、食べ始めはカリッとしていたが、
ふやけて麩みたいになっていく。

旨いかと聞かれれば、旨い! 
とは声高に言いがたいが、不味くはない。
バナナ天がやはり個性的な味わいとなっている。   プッ。

しかし、こんな蕎麦を考えるってのが面白いよね。

猿蟹合戦かあ、単純に猿の肉なんて・・・、考えが足りないな。

よもだそば 目の離せない立ち食い蕎麦屋だ。
これからも楽しませてください。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



私的銀座B級グルメ

久しぶりに銀座に出た。
新しく買ったiPhoneの地図を開き、
地図上に自分の位置が表示されているのを確認して一人で納得していた。

銀座へ来ると立ち寄りたくなるのが、立ち食い蕎麦の「よもだそば」。
そば屋なのにインドカレーを店の名物にしている妙なそば屋だ。

久しぶりだったので、欲張ってたぬきそばとカレーのセットをたのんだ。

骨折でバイクに乗ることも、外出もままならなかったので、
つなぎのブログのネタとして全国のご当地カレーを取り寄せたりしていたのだが、
美味しくなったとはいえ、そこはレトルトの限界というものがある。
やはり店で直に食べる料理の方が旨いに決まっている。たとえ立ち食いといえどもだ。


3658

















久しぶりのよもだそばのインドカレー。
やっぱり立ち食いのレベルを超えている。
旨いなー。
そばもなかなかのレベルだ。
550円でこれが食べられるのだから。ありがたいね。


3659



















東京都中央区銀座4-3-2 銀座白亜ビル1F



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

ひょうを食った

ひょうといっても、あのネコ科の大阪のおばちゃんが好きな柄をした
ヒョウではなく、山菜というか雑草というか、の「ひょう」です。

おなじみの立ち食い蕎麦 よもだそばの山菜・山野草シリーズにあったのでした。

食べたことがなかったので、これは食わねばと思ったのですが、
そもそも「ひょう」とは、調べてみると
スベリヒュ科の多年生植物で、
健康食品で使われるオメガ3脂肪酸を多量に含んでいる植物。
オメガ3(DHAやEPA)には、血液中の脂質濃度を下げる働きがある
といわれていることなどから、
中高年にはおすすめの食材といえるでしょう。

「ひょう」とは主に山形県での呼び方で、
全国的には「スベリヒュ」という方が多いようです。
山形では茹でて、芥子醤油などで食べるようです。

よもだそばのひょうは、青森県の東北牧場から直送されたもの、
お浸しにしたものが、蕎麦の上に乗っかってきました。

3460




















まずは、ひょうを食べてみます。


3461




















少しぬめりがあります。強くはないですが、酸味があります。
食べるとやはり、草を食べているなという感じですが、
芥子醤油や酢味噌などで食べると旨いでしょう。
蕎麦との相性もいいと思います。

立ち食いなのに季節の山菜を提供してくれる「よもだそば」は
やっぱり、いつもチェックしておかなければならない店だ。

今回は、名物インドカレーのハーフサイズも一緒に食べた。

3462





















3463


























よもだそば銀座店
東京都中央区銀座4-3-2 銀座白亜ビル1F



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



ロッカー御用達?

銀座で用事が終わって、時刻は7時を過ぎていた。
このまま帰ろうかと思ったのだが、せっかくここまで来たのだから、
と以前訪ねて気になっていた店を覗いてみることにした。

京橋にある立ち食い蕎麦の恵み屋である。
昼は立ち食い蕎麦だが、夜は立ち飲み屋になるという。
しかも店内は、ロックのDVDが並び、モニターには、ライブ映像が流れている。
そんな異質な蕎麦屋だから、夜ともなれば、ロックが大音量で流れ、
お客さんたちがタテノリでジャンプしてたりするんじゃなかろうか、
なんて、勝手に想像したりしてね。

銀座から京橋へ、歩いても数分で行ける。
首都高速をくぐってすぐ左手に行くと恵み屋がある。
手前の飲み屋はサラリーマンでいっぱい、外で飲むのもいいね。
今日は、それほど暑くない。

3188
















恵み屋に到着です。
ん? 静かだな。
ワイシャツ姿のサラリーマンが先に店に入っていった。
続いて店に入る。

3189




















う〜ん、昼に来たときとあまり変わらないね。
相変わらず店内にはロックが流れているのだが、大音量ではない。
先に入った連中がオーダーしている間に、
壁のホワイトボードに書かれたメニューをチェック。

3190



















手の込んだメニューはないが、酒の肴にはちょうどいい料理が並んでいた。
思わず選んだのが、魚肉ソーセージ揚げ、何だかジャンキーでそそられた。
カウンターには、缶詰とポテトチップスなどの袋が並んでいる。

3191



















ビールを飲みながら、ソーセージを待つ。
出来上がったら、席まで持って来てくれた。
250円。高いのか? 安いのか??
席といっても、カウンターに立っているんだけどね。

3192




















飲みながら店の中をじっくり見てみると、
壁にはロックのDVD、キッスのフィギア、ジャケット等々、

3193



















3194



















奥のドアを見ると、これは、アンプじゃないの?

3195


































手前の壁には真っ赤なギターがディスプレイされている。
ここはトイレのドアらしい。
開けてみたいよね。用もないのに入ってみた。

やっぱり、期待を裏切らなかった。

3196




















シングル盤のジャケットが飾られていました。

ビールを飲み干し、最後は蕎麦で締めましょう。
並盛り、300gもある。500円。

3197



















ロックな立ち食い蕎麦屋の夜の部、
ガンガンなロックテイストを想像していたけど、
実態は結構客の年齢層も高く、酔っぱらいの甲高い笑い声や奇声もなく、
もの静かな落ち着いた雰囲気の店内でした。
京橋という場所柄もあるのかな、これが新宿や渋谷だったら、
もっとガヤ度の高い店になったんでしょうね。

この店のロックテイストは、ただただ店主の趣味が高じて出来た店で、
ロックファンが集まる店ではなかったという訳でした。



京橋 恵み屋
東京都中央区京橋3-4-3


↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ


春を食べた

またまた、よもだそばの話題でございます。
例の週替わりメニューに、やっとフキノトウの天ぷらが出たのでございます。
これはぜひとも食べておかなくてはと、そそくさと訪ねたのでございました。

店に入って、迷わずフキノトウの天ぷら蕎麦を注文したのでございます。
どうしたって、田舎のおじいさんやおばあさんが野山に分け入って、
フキノトウを採ってくるというイメージしかございませぬゆえ、
売り切れていたらどうしようと思ったのですが、
幸いにも売り切れることなく注文できたのでございます。

2853



































お待たせ、の声と共に現れたドンブリを見ると
蕎麦の上にフキノトウの天ぷらが2個鎮座しておられました。
さっそく天ぷらを、ひとくち食べると、ふわあっとフキノトウの香りが広がり、
えも言われぬ苦みが舌を刺激するのでございます。

2854


















2855



















立ち食い蕎麦屋の天ぷらでございますから、専門店と比べる事はできませぬが、
それなりのサクッとした食感のあと
口の中いっぱいに春の香りが広がったのでございます。
これを春の醍醐味と言わずになんとしょう。
食べ終わった後、しばらくその香りが残り、
370円という値段の割に十分満足感を味わえたのでございます。
旬のものを提供するよもだそばには、頭が下がる思いでござりまする。

4月の末には、銀座にもお店ができるとか、少しは行きやすくなるのでしょうか、
楽しみでございます。


↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

ロックなそば屋

韃靼そばを出す立ち食いそばがあると聞いてたずねてみた。
銀座伊東屋に、あるともいえない用事を作り、昼のついでと出かけた。

韃靼そばとは、ルチン含有量が普通のソバの約100倍あると言われており、
ルチンとは、毛細血管強化作用があり、
血圧低下に関係するとされる機能性成分というわけで、
生活習慣病の多い中高年には最適な食べ物である。

昼のピークも過ぎた頃に到着。
京橋の方が近いのかな、高速の脇、警察博物館の向かい側にあった。
店の名は、「恵み屋」という。いたって普通の佇まいである。

2848

























中に入ると、普通は券売機が置いてあるのだが、見当たらない。
カウンターで直に注文をするらしい。
結構お年を召された女性が注文を受けていて、丁寧な様子。
表に貼り出されてあった、黒ごま韃靼そばを注文すると、
「すみません、もう、小盛りしかないんですが」
と言われたので、それでいいです。あと、恵みもり中盛りもお願いする。

厨房には男性が一人、韓国の冷麺を作る機械と同じような、
円筒形のギューッと麺を押し出す機械、ところてんみたいに麺がでてくるやつ。
他の十割そばを出す店でも同じ機械を使っていたので、
効率やらいろんな意味で、この手の機械がいいのだろう。

薬味はセルフサービスで、好きなだけ盛れるシステム。
ザルが2枚出てくるのかと思っていたら、1枚に2点盛りというスタイルで出てきた。
結構な量ではないか、初めての店でよく分からなかったのだが、
落ち着いてお品書き(貼り紙)を読むと、
小盛り(180g)350円
中盛り(300g)500円
大盛り(500g)650円
特盛り(700g)800円
となっていた。
つまり、黒ごま韃靼そば180gと恵みそば中盛り300gがのっていたのだ。
小盛りって、お茶碗一杯ぐらいかと思っていたのに・・・。

まあ、食べられない事はないので、そのまま受け取り、
まずは、ダッタンから食べてみる。

2850



















緑がかったそばに、黒ごまの星が点々と見えている。

2851



















細めの麺は普通のそばより香りがある、汁はやや甘め、なかなかおいしい。
量が多かったので最後は麺がくっつきはじめてしまった。
ここは、小盛りで、何回かに分けて食べるのがいいかも。
小盛りで普通の並盛りよりも多いぐらいなので、コスパ良しです。
ポットに入ったそば湯で残りのつけ汁も全部飲み干し完食です。

ここらで一息つくと、店内の様子が、
何と、頭上には液晶のテレビがあり、そこにはヘビメタ?ロック?の
ミュージックビデオが流れておりました。
棚には、ロックのDVDがズラリと並び、天井近くには、キッスのフィギュアまで、
音量が控えめだったので、うっかり気がつかなかったのですが、
かなりのロックおたくぶり、店構えや内装などは、純和風なのに、
そば屋にロックかー、そば屋にジャズは今では当たり前になってますが、ロックねー。

2849




















夜はお酒も飲めて、立ち飲み屋になるそうです。
肴のメニューもなかなか充実していそうです。ホワイトボードに書いてありました。
夜は、ロックがんがん流しているのでしょうか、気になります。

もっと近くにあるといいのにな。

京橋 恵み屋
東京都中央区京橋3-4-3



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

肝心の蕎麦は

よもだそばで、そばも食べてみたのでございます。

インドカレーを味わったあと、肝心のそばを味わってみなければと思い、
そばのメニューをチェックしたところ、
実に興味深いメニューが貼られていたのでございます。
山菜・山野草と見出しがあり、5月〜10月限定で、
よもぎ・アカザ・ひょう(スベリヒュ)・ノカンゾウ・山うどの芽・タラの芽の天ぷらそばとあり、
3〜4月には、ふきのとう天そばとあるではないですか、
これは、只者ではない、もちろんかき揚げや普通の蕎麦メニューもあるのですが、
立ち食いでここまで天ぷらのメニューを用意しているとは、驚きでございます。


2593




















そんな中、「よもだそば週替わりメニュー」というのが目についたのでございます。

2590


























新春特別コラボ企画 岩下の新生姜天そば450円

ツイッターで岩下の社長さんからご提案をいただき、生まれたメニューとのこと
試行錯誤の結果、天ぷらにするのが一番いいとなったそうであります。
ツイッター恐るべしであります。
フットワークの軽い社長というのもまた、驚きでございます。

TVコマーシャルで、♪いわしたのーしんしょうがー などと耳に覚えがあるような、
実際に商品を購入し、食べたことはなかったのでありますが、
世の中生姜ブーム、この際、食べてみようかと思い立ったのでございます。

注文を終え、カウンターで蕎麦を受け取る。
店内のポスターと同じ、生姜の天ぷらが6切れ入っておりました。
トッピングサービスで天かすを追加投入していただきました。


2591




















さて、その味は、と申しますと、生姜の香りが立ち、歯触りはまさしくシャキッとして、
辛みは、なるほど際立った印象でございます。


2592




















以前、大阪うどんの店で、紅ショウガの天ぷらを食したことがありますが、
それとも違い、みずみずしい生姜とでもいいましょうか、美味しゅうございました。
これはまさしく、ご婦人方にお勧めしたい一杯でございます。

次の訪問は、フキノトウの天ぷらが供されるころになりましょうか。


2594

よもだそば
東京都中央区日本橋2-1-20 八重洲興業ビル1F

↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

記事検索
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ