今日もシロクマ君と出かけます。
Tさんご夫妻、奥さんの膝の手術が終わり、だいぶ歩けるようになったので
快気祝い、リハビリの延長ということで、近場の千葉県は館山へ行く。

11867

















首都高から、アクアライン、海ほたるは混雑のためパス、
途中、ハイウエイオアシス富楽里で休憩。

11868















あとは一気に館山へ。

道の駅たてやま へやって来た。

11869


















今日は遊覧船に乗ろうというわけだ。
この道の駅に遊覧船の桟橋がある。

ここは千葉県なので、単管バリも千葉のキャラ、チーバ君だ。

11870





















乗船券を買って、時間まで道の駅で過ごす。
さかなクンのギャラリーがあった。

11871




















さかなクンの絵が展示されていた。絵がうまいー!
でも、どことなく、さかなクン自身に似ている気がするよ。

11872





















古い漁船が展示されている部屋もありました。

11873



















この辺は鯨を捕っていたので、そのモリとか、
すごいね、手漕ぎの舟で、素手で格闘していたのだから信じられない。

焼き玉エンジンが展示されている。

11874




















いわゆるポンポン船につかわれていたエンジンだ。

11875




















また、小さな水族館的な施設もあり、
この沿岸・近海に棲む魚が泳いでいる。

11876



















船に乗り込む時間になりました。

11877















かわいらしい船体の底には窓が並び、海底を望む事ができます。

11878




















船は、港から出ると、沖ノ島というところまで行き、停船。
餌をまいて、魚を呼びます。
季節や天候によるのでしょうが、今日はシルエットのような姿しか見えません。

11881




















11882




















さっき水槽にいる魚をみているので、よしとしましょう。
それでも短い船旅は、風も波もおだやかで、気持ちのよいクルージングとなりました。

11883




















11884


















11885






















さあ、昼ご飯!
ここはやはり海鮮でしょ。
「だいぼ」という店に行きました。

11886


















今日は、ちょっと贅沢に伊勢エビを食べます。

11887

























11888





















伊勢エビのステーキ、刺身。

11891





















11892


















プリッ、プリ、甘ーい。
味噌汁も。

11893





















イワシの刺身、アジのなめろう、も旨かった。

11889
















11890
























食後、店の周りを散歩。

11894



















なんと11月2日まで、台風の影響で休んでいたという。
多分コンクリートで整備されていたであろう場所も、
あとかたもなく壊されてしまっていた。
何も知らずに行った我々は、ラッキーだったのだ。

11895




















11896





















館山といえばフラワーライン。
道の両側に花が・・・。
咲いてない。

やはり春先でないとダメなのか。

それでも館山ファミリーパークへ寄ってみる。

11897




















花が咲いてないから、入場料は無料!?
確かに、花はほとんど咲いていなかった。
ここも台風の影響で、花が咲いていなかったのだ。

11898





















一面にポピーが咲いていたら、さぞかしきれいだったろう。残念!

11899
















11900


















11901




















11902




















11903





















ここまで来たら、行ってみましょう、房総の先っちょ。

聞くと、皆、最南端には行ったことがないという。

野島崎に到着。

11904

















灯台を横目に最南端の碑があるところへ。

11905


















ぐるりと周りを散策。

11906






















岩場の造形に感嘆する。
多くの画人が房総の海を描いているが、
描きたくなるのもわかる気がする。

先っちょ。

バイクで時々巡ったけど、
陸地の終わりって感があって独特の雰囲気がある。

さあ、帰りましょう。
今度はどこへ行きましょう?





↓不思議なファンタジーがお好きなら

星くずバナー




↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ