アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

餃子

本田さん家に行く

バイクは見てるより乗ったほうがいいに決まっている。
が、懐かしいバイクを見たいという気もおきる。
スズキ と ヤマハ はミュージアムに行ったことがあるが、
ホンダは鈴鹿まで行かないといけないのかな、と思っていたら、
栃木県のモテギにあるというではないか。行ってみる。

あのツインリンクもてぎである。

常磐道を水戸でおりて行くのか。
(他のルートもHPで紹介されています)

9389



















守谷で休憩。守谷は工事が終わって、新しくなったんだね。

9400



















9401



















コーヒーにカレーパン。
牛すじカレーパン520円が人気というので食べてみた。
カレーがパンの中はもとより、上からもかかっている。
牛すじがトロトロで旨いのだが、これは食いづらい。
手が汚れてしまう。


9402




















高速を降りて、「かつら」という道の駅で休憩。
今日は暑い。建物の中に避難するが、大して涼しくない。

9403

















クーラーの風にあたっていると目の前にまんじゅうが・・・、
よもぎまんじゅう
よもぎの香りがして、結構美味しい。

9404




















裏手には川があり、キャンプ場もあった。

9405














9406
















もてぎ。入り口で入場料をはらう。
前の車を待ちながら、ゲート前でもたもたしていたら、
係の女性がわざわざ出て来てくれて
入場券を持って来てくれた。
ありがとう。惚れてまうやろー。

93889387




レース場が大きいから、迂回路を結構走らなくてはならない。
コース上をレーシングカーが走っている、爆音が轟いていた。
コースのすぐ脇を通るので、車が見える。フォーミュラだ。
F3か? いや、その下のスーパーFJだろう。

コレクションホールに着く。

9409



















バイク用の駐車場は、こんな感じ。

9407



















ジャケット干してる。

9408


















9442






















入るとすぐに、
本田宗一郎のカーチス号。

9410


















カブ と S500

9412















F1(1500cc、V12) と RC142(125cc)

9411















9414






















バイク市販車

原点です。自転車オートバイ。

9415






















リトルホンダ モペットとよばれるバイク。
ペダルがついていて、自転車オートバイだよね。
1968年のフランス映画「個人教授」で
ルノー・ベルレーが乗り回していたヤツです。

9416



















GL500
グッツイと同じ縦置きVツインです。
V角は80度だったんですね。
グッツイは90度。

9417





















ストリーム
未来的なスタイリングの50ccスクーター。
このテイストで、もっとシート位置が低く、125ccぐらいの作ってほしかったな。

9418



















他社のバイクも展示している。

9419



















ホンダがホンダたる所以、だ円ピストン。

9421


















9420





















CBX400F と KAWASAKI Z400FX
CBX400F、私が中免を取ったときに街にあふれていたバイクだ。
へそ曲がりだから、ホンダを選ばなかった。
教習所では、カワサキに乗っていた。

9422
















伝説のスクーター。
水平2気筒とか、これを見るといかにチャレンジングな会社だったかが分かるね。

9423




















これだけ様々なタイプのエンジンやバイクを作った会社はないよね。

F1です。セナ・プロ時代。

9424
















DOHCの軽トラ。

9425


















S600クーペ
クーペも好きだったな。

9426



















N360
若者も車が買える時代が来た と思った。

9427




















バモスホンダ
ミリタリーじゃないですよ。遊び心が形になった。

9428





















ホンダ1300
二重空冷というのかな、
特殊なエンジンを搭載したチャレンジングなモデル。
デザインも嫌いじゃなかったな。
トヨタでも日産でもないセンスだったもの。

9429

















バイクのレーサーたち。

9431



















9430



















9432



















9433


















工芸品のようなエンジンだ。

9434















歴代のF1。

9435

















9436



















シビックは、この代あたりまでだな。以降は許せない。

9437



















シティ
今の技術で、再生産してくれないかなあ、
こういう若さが感じられる車を作ってほしいものだ。

9439



















9438



















よくわからないイベント。

9440

















ホンダといえば、今、外せないのは「ASIMO」だ。

9413





















9441















最近、話題がないのはどうしたことだろう。
開発が進んでいないのだろうか。
デモンストレーションがあった。

走る! ケンケンする! ジャンプ! ボールを蹴る!
少し腰を落として走るフォームは、なんか変!
しかし、手と指はもはや完璧!

9443





















9444





















9445



















9446






















それと意外と機械音が大きいね。
モーターの音かな?

オリンピックの聖火の最終ランナーをアシモに
という話もあったような、なかったような。

Boston Dynamics の Atlas のように
蹴られても倒れないようにならないとね。

9447
























9448


















まだまだ過保護な、おこちゃまロボットだ。



コレクションホールを出て、コースをぐるっと回って、
インフォメーションセンターに。

9449



















パドックへ地下道を通って行く。

9450



















パドックでは、今走っている車の整備やら何やら、
競技中ではないので、結構のんびりした雰囲気。

9451















9455















9456















GT cafe というところで昼ごはんを食べる。

9452
















ゲーム詳しくないので気が付かなかったが
GRAN TURISMO のカフェなんだね。
入ってすぐに、ゲームできるようになっていた。

9454


















ここのライダー丼を食べる。

9453



















スープカレーだ。大きなチキンがゴロンと入っている。
このボリュームなので満足だが、
G.G的には、もう少しスパイシーでもよかったな。
万人向けというのは、結局無個性ということなんだ。
バイクは趣味性の強いものだから、味付け拘ってもいい。
おっと、カレーの話だっけ。

それにしても、外は暑い。
建物の中もさほど冷えていない。
パドックへの地下道が一番涼しかったぐらいだ。

9457














バイクへ戻ると、温度計は40度と表示している。
今日は、夏仕様のメッシュジャケットだが、もう汗だくである。
まだ3時ごろだ。
ここまで来たのだから、宇都宮まで出てみるか。

1時間半ぐらいかかったでしょうか、
宇都宮に着いた。バイクを停める場所を探す。
市内をウロウロ。
信号に引っかかった時、偶然、バイク用の駐車場を見つける。

9471


















こんなんでいいのかというぐらい細いワイヤーでロックするタイプだった。
これが、いざ帰ろうとしたら、ロックが外れなくて、
修理の業者を呼んだり、いらない時間をとられてしまった。

9458


















宇都宮に来たのなら 餃子を食べずに帰れない。
まずは初めてなので、有名ドコロへ。
宇都宮みんみん へ行ってみる。

9459



















思っていたほど並んでいない。今日は少ないんだそうです。
それでも20分近く待っただろうか、店内に入れた。


9461



















9460






















焼き、揚げ、水 の3種類。
焼きと水、一枚ずつ。6個入って230円は安い。

カリッと焼き上がった餃子。
野菜が多めのあっさり系ですね。
2皿は楽勝だー。

9462




















9463






















水餃子の器に醤油・酢・ラー油を入れて、水餃子を一つだけ崩す。
そして水餃子入りスープとして頂くのが、宇都宮流?

9464



















私は、普通にいただきました。
皮はそれほどモチっとしていない。
焼きと水との違いが分からない。
うーん、期待していたほどの感動はなかった。

浜松のほうが、旨かった気がする!
(あくまで個人の感想で、腹が減っていた、いなかったで変わります)

みんみんに並んでいるときに目に入っていた、隣の店を覗きます。



9465
















正嗣(まさし)
こっちのほうが客が並んでいるぞ!
失敗したか? うーん。
次回は、正嗣を食べようと誓うのでありました。

近くに大きな神社があった。
下野国の一宮「二荒山(ふたらさん)神社」
お参りして帰ります。

9466



















9467



















9468



















9469



















9470


















佐野で休憩。
レモン牛乳ソフト。
これが久しぶりに頭が痛くなりそうなぐらい冷たい。
暑かった身体がスーッと冷えていく。ありがたい。

9472
























後は一気に帰りました。

残るは、緑色の家か、遠いなあ。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ



さよなら8月

曇りのち雨、の天気予報に朝からテンションが上がらず、
寝ぼけ眼で、歯を磨きに行ったら、突然、右腰に・・・・ピリッと!
アッ、ギックリ腰かー? 洗面台に手をつき、しばし固まる。

恐る恐る動いてみると、何とか動けた。

今日は、バイク乗るの やーめたー!!  グスン・・・・。

さて、どうしようか・・・・。
昼過ぎまで横になって、安静にしていたが、
やっぱり出かけることに、チェックしてみると、
世田谷文学館で 日本SF展 をやっている。

行きましょう、芦花公園。
で、いつもは、アイバンラーメンをついでに食べに行くのだが、
今回は、隣の駅 八幡山で途中下車。
八幡山駅を降りて、南側の線路沿いを歩いてすぐのところにある
函館ラーメン 五稜郭 という店に行きます。

5835























着いてみると、行列!? 3人ほど並んでいました。

5826



















家族連れです。
カウンター7席。店内の待ち席2席の小さな店です。

5827



















メニューは、塩ラーメンしかありません。
あとは、トッピング数種と いかめしぐらいのものでした。

5828






















5830

































5831


































塩ラーメンに、たまごといかめしを注文。

来ました。透き通ったスープです。
昆布ダシです。
チャーシュー、メンマ、ネギ、そして麩。
麩って懐かしいなあー、昔はよく入っていた気がする。

5832



















出口製麺の麺は、函館ラーメンでははずせないらしい。
ラッキーピエロは、函館で有名なハンバーガー屋さんです。

5829



















ストレート麺です。


5833



















麺はのびないうちにと先に食べます。
ほとんど食べてから、ご飯にとりかかります。


5834




















いかめし、駅弁で有名な森のいかめしとは違い、
イカの炊き込みご飯でした。
甘めの昆布の佃煮がトッピング。
ふふふ、ここまでとっておいた麩。
そうスープをたっぷり含んだ麩をご飯といただきます。

そして完食。
食後、水を飲みません。それは、後味を確認するためです。
雑味が無く、化学調味料の独特の臭みもなく、
塩加減もちょうどよかった。

お腹もふくれたので、芦花公園へ、ひと駅だけ電車に乗ります。

世田谷文学館。
文学の枠にとらわれない、なかなか面白い展覧会を開催してくれるところです。

今回のテーマは、日本のSF。
サイエンス・フィクション ってやつです。

5836




















58545855







58565857













黎明期、戦前の海野十三を筆頭に、戦後目覚ましい活躍を果たした星新一、小松左京、
手塚治虫、筒井康隆、真鍋博らの業績を紹介する展覧会です。

5837


































最初に読んだSFって何だっけか?
思い出せないが、少年誌の巻頭で、小松崎茂の絵にワクワクしていたものだ。
携帯電話に代表されるが、あの時の未来に、我々は住んでいる。

5838



















展示は、
歴代の「SFマガジン」がずらりと、壁一面に並んでいたり、
表紙の原画などを対比して展示。
星新一、小松左京の原稿の前、アイデアのラフスケッチのようなメモ書き、
生の原稿などが並ぶ。
1963年創立の「日本SF作家クラブ」の旅行では、
旅館に「日本SFサッカークラブ」と間違われたエピソードなど、
なかなか充実した展覧会だ。
9/28(日)まで

5839



















5840




















次の展覧会。

5841






























岡崎京子展 見にこなくちゃだわ。



この後、野暮用で蒲田へ。
大田区民センター。

5842




















で、せっかく蒲田まで来たのだから、


ギョーザ!


昼、ラーメン食ったのにー!

名店を訪ねます。
歓迎(ホアンヨン) 残念、休日は早仕舞いのようです。

5843





















春香園

5844



















夜の営業が始まってすぐ入ったのですが、次から次と客がやって来る。
まずは生ビールと焼き餃子、
水餃子もたのみます。

5845



















5846




















羽根つきです。羽がデカイ。餃子も大きいね。
齧ると汁が飛び出てくる。野菜もたっぷり。
以前、行った金春より旨い。

5847



















5849




















5848



















結構、お腹が苦しい・・・・が、なまこ餃子をたのむ。

5850




















結構大きいナマコが入っている。

5851



















5852




















餃子全種類食べてみたいなー。
腹、キッツキツで帰りが辛かったなー。


変な店、発見!
閉店って、自販機だけなのに。

5853





















8月、変な天気で、クソ暑かったり、クソ雨降ったりで、おかしな8月だったね。



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

全学連なみ

後輩達が展覧会を知らせていたので、のぞいてみた。
蒲田の大田区民ホール アプリコ という立派な場所でやっていました。

5073




















2年展 というタイトルで、いくつかの大学が集まっての展示会だ。


5081







































参加大学
青山学院大学、学習院大学、共立女子大学、慶応義塾大学、国学院大学、
駒沢大学、実践女子大学、芝浦工業大学、上智大学、白百合女子大学、
成蹊大学、聖心女子大学、専修大学、中央大学、津田塾大学、東海大学、
東京家政大学、東京工業大学、東京女子大学、東京都市大学、東京農業大学、
東京農工大学、東洋大学、日本大学、一橋大学、フェリス女子大学、
法政大学、明治大学、横浜国立大学、立教大学、早稲田大学


どうですか、これは全学連の規模といってもいいぐらいでしょう?
まあ、都内のおもな学校は、ほとんど参加しているといってもいいぐらいです。
今の子たちにもこれだけの結集力があったんですね。

パンフレットの最後には、

会場 東京工業大学
連絡 法政大学(一部美術研究会)
ポスター 法政大学(二部美術研究会)
顔合わせ 中央大学(理工白門美術同好会)
キャプション 中央大学(絵画同好会)
リスト 慶応義塾大学・青山学院大学
アンケート 早稲田大学(絵画会)
会計 芝浦工業大学
打ち上げ 明治大学


と役割分担の表記があり、持ち回りでやっているのでしょう。
展覧会を開くだけでなく、その他にも交流があるのかは、知りません。
ちょうど行った日のその時間には、係の人が一人しかいなくて、
詳しいことは聞けませんでした。

こういった交流というか、付き合いは、今の子の方がうまいのかも。

展覧会自体は、素人の絵が並んでいるといった感じで、
作品も小さい物が多く、
美大に負けるかー! とか 社会にもの申す とか
そういった気概もテーマもありません。
数点、目に留まった作品はありました。

50825083







50845085






5086








例えば、静物の絵ひとつとっても、
その対象の前でどれだけ観察をして、どれだけ考えて、
どれだけ時間をかけて描いたか、
そこから作者の人間性が垣間見えてきたり、
そういった重みみたいなものを感じるものですが、
軽いねえ、絵の前で立ち止まらせるようなものはなかった。

それでも、きれいな場所で、女子大も一緒に、
立て看板とヘルメットにあふれた学生時代を過ごしたジジイからみれば、
羨ましいかぎりです。

こういった集まりが、次に何かを生み出すことになるかも知れません。
そう期待しておきましょう。


蒲田へ来たのは久しぶりでした。
蒲田といえば餃子の街です。

餃子を食べて帰りますか。

金春本館を訪ねた。
残念ながら中途半端な時間で、腹は減っていなかったが、
せっかくだから、と入ったのだ。

5074



















5075



















焼き餃子とビールを頼む。


5076




















午後4時ごろだったが、店内は満席。有名店だけあるな。
餃子が来た。羽つき餃子だ。

5077




















5078




















うーん、やっぱり! といいたいところだが、
うん? これで・・・・。
何だろう、普通だ。
腹がへってないせいなのか、感動がない。
うん、たいして旨くないのである。

追加で金春チャーハンをたのんだ。

5079



















チャーハンのオムライスみたいのものだ。
ケチャップのかわりに甘酢あんが、かかっている。

5080




















中のチャーハンが旨くない。パラパラッとしていない。味がない。
他のメニューは頼んでいないので、何ともいいがたいが、
世間は、こんな店をもてはやしているのか?



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

記事検索
Amazonライブリンク
プロフィール

g_g_rider

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ