アラカンライダーの憂鬱

モトグッツィに乗るアラカン世代のへなちょこライダーのつぶやき

麺家

再訪、麺家 ゐをり

佐野には年に一度、御大師様にお参りする時ぐらいしか行かない。
なので、ついでに食べる佐野ラーメンも一年に一度しか食べられない。
なのに同じ店に行くとは、どうしたことなのかといえば、
旨かったな、という記憶はあるのだが、それが漠然としたものになっていて、
もう一度食べておくかと、なった訳である。

前回は、ラーメンのみ食べて終わったのだが、今回は餃子も食べてみる。


2541




















開店時間の30分以上も前に着いてしまったので、周辺をブラブラ、
早くも一人、店の前で待っている人がいた。ラーメンフリーク!?
こんな早くから並ばなくても・・・・、アッ、人のこと言えないよね。


2542
















そろそろ開店の時刻となった時、駐車している車の中から、
ゾロゾロと家族連れの一行が現れた。
冬空の下、まあ、これも生活の知恵というやつですかね。
店舗は、ご覧の通りラーメン屋とは思えない造り。
カフェといっても通用するような内外装であるからして、
客層は、ラーメン二郎に並んでいる、ジロリアンのような人はいなく、
もっぱら、家族連れか女性客、カップルのたぐいです。

並んだかいあって、開店と同時に店内へ、
入る前から決めていた、醤油ラーメン大盛りと、味玉、W餃子を
迷わず注文する。


2543




















2544




















その最中でも客はどんどんやって来る。あっという間に行列ができた。


2545




















最初に、醤油ラーメンが運ばれてきた。


2546




















ご覧のとおり、澄んだスープです。見るからにあっさりとした印象。
飲んでみても・・・?  ん、あれ、意外としょっぱい感じが、
あっさりはしているが、後味に塩気が少し残る感じがするな。でも、旨い。
麺は、佐野ラーメンらしい、不揃いのピロピロくねくねした手打ち麺、
よく青竹打ちの看板が出ているが、この店が青竹打なのかはわからない。


2547




















チャーシューもシナチクも味玉も、飛び抜けて旨い訳ではないが、
総合力というのか、バランスが高い次元でまとまっている。
女性でも子供でも、お年寄りにも安心して勧められる味といえる。
欲をいえば、麺はもう少し硬い方が好みなんだけどな。


2548




















餃子がやってきた。普通の餃子としそ餃子が乗っている。
結構皮がもちっとして、小龍包のようにジューシーだ。
うかつに噛むと、汁が飛び出てくる。
しそ餃子もしその香りがプーンとしてなかなか旨い。
梅肉がちょっと入っているのかしらン。
餃子をたのむ客が多いのも納得である。

ラーメンと餃子を平らげると、結構腹がいっぱいになった。

麺家 ゐをりは、ラ−メン屋らしからぬラーメン屋で、
ラーメンカフェとでもいったほうがいいくらい。
古典的な佐野ラーメンとは、多分違うのだろう(推測)が、
万人受けのする美味しいラーメン屋さんでした。

女性客、家族連れが多いので、待たされるのは必至、覚悟が必要です。


2549

















駐車している車の陰にたくさんの人が並んでいます。

この後、御大師様に御参りして、もう一軒、
ラーメン食べに行こうかと思っていたのですが、
腹がいっぱいで、断念。歳かなー。


麺家 ゐをり
栃木県佐野市植下町1089


↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

梅雨明け

マンションの外壁工事のために足場とシートに覆われて
朝でも薄暗い部屋のため、外の天気がよくわからない。
今日も曇りか・・・、なんて思っていたら、晴れているではないですか。

バイク置き場の迷惑駐車も解消して、やっとバイクを引っ張り出せる状態に、
久々にバイクに乗ることにした。

1万キロ点検以来だ。

朝からグングン気温が上昇している、梅雨も明けたらしいね。
久しぶりなので、走り出しは慎重に、
今日は肩慣らし程度のつもりなので、いつものことながら湘南に向かった。

第3京浜にのると、メッシュジャケットのせいか、空気の抵抗感が軽い、
整備したてもあって、絶好調!グイーンと・・・、イケナイ、イケナイ、
突然赤いライトを点滅させる忍者がいるかも知れません。
第三京浜の忍者は、グレーのクラウンを確認しています。

2079














茅ヶ崎までくると、空には夏の雲があちらこちらで、背比べをしている。

2080
















いつもは人気のない砂浜では、少年サッカーチームが練習をしていた。
暑さのせいか、釣り人が少ない。
ここへ来ると、ぼんやりと海を眺めて過ごすのだが、暑くてそれもままならない。


2083









サザンビーチは、海の家も並び、準備万端なのだが、
まだまだ、2〜3割の海水浴客だ。
夏になると、潮の香りが濃くなるような気がするね。
バイクについている温度計は、39度を表示している。
夏は、山に向かうのがいいのかな。

今日は、午後ほんの少し仕事をしなくてはならないので、
昼で引きあげた。
第3京浜をおりてから、環八の渋滞を嫌い、目黒方面から帰ることに、
途中、腹が減ったので久しぶりにラーメンを食べに寄った。

目黒は権之助坂、並ばずに入れる店をさがす。
麺家 黒という店に入れた。家系ラーメンの店だ。
半熟味玉ラーメン 並 750円
麺・スープなど硬め、濃いめとか選べるのだが、
初めてだし、全部普通で、とたのむ。
いやおうなしに、ご飯もついてくる。
具はチャーシュー、ホウレン草、海苔、ネギ、それにトッピングの味付け玉子。
スープはかなり濃い味、しょっぱいとさえ感じる。
今日は、たっぷり汗をかいているので、熱中症防止のため、かえって良いかも。
海苔にスープをしみこませてご飯に巻き付けて食べるとおいしいのだが、
肝心のご飯に、ダマがあった。残念!
特に感激するところもなく、再訪はなしよ。

2081



















2082











麺家 黒
東京都目黒区目黒1-6-12


↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

佐野ラーメン ゐをり

厄除け大師を後にして、佐野ラーメン店を目指す。
昨年は、万里に行ったのだが、今年は食べログの1位
麺家 ゐをり を目指す。
佐野ラーメンは、万里しか食べてないので、楽しみだ。

途中、万里の角を通る。今日も行列が出来ている。
あれは、5〜60人近いぞ・・・。相変わらずの人気店だ。

目的の 麺家 ゐをり に、12時半頃着く。
行列はすでに40人ぐらい、いたんじゃないかな。
覚悟を決めて並んだ。

839






























・・・なかなか進まない。

でも皆、ぶつぶつ文句を言いながら、おとなしく並んでいる。


840
ようやく玄関まできた。
ここまで1時間以上かかった。
辛抱強くなったものだと、
我ながら感心してしまう。

やっと店内に案内される。
ラーメン店とは思えない造り、
カフェといったほうがいいだろう。
厨房は奥にあり、
店内からは見えない。

雰囲気からいうとカップルや
女性客に向いている。
女性の一人客でも、
入れるんじゃないかな。
小さい子連れが多いのも、
回転率の低い、
待ち時間の長い店の原因だ。


一番ベーシックな、醤油ラーメン600円をたのむ。

オーダーからラーメンが出てくるまでの時間はそんなにかからない。


841

































おおっ、澄んだスープではありませんか。
あっさりなんだが決して薄い訳ではない。
最近の魚介の強い風味のスープとは違う、バランスの良いスープだ。
意外に熱いスープは、食べ終わるまで冷めない。
まぁ、あっという間に食べてしまうんだけれどね。

麺は手打ちの縮れ麺。旨い麺だ。
チャーシューもメンマも全体のバランスがいい。
食べログ1位は、納得できます。
万里より旨いと思う。
(もう少しこってり好きは、万里さんへ)

ラーメンは醤油、味噌、塩と3種類。
ラーメン以外に、餃子もある。
次に来ることがあったら、それらも是非試したいと思う。

美味しいラーメンでした。


麺家 ゐをり (いをり)
栃木県佐野市植下町1089



↓ポチッと、サービス、サービスぅ!
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
記事検索
Amazonライブリンク
プロフィール

g_g_rider

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ