ゲイラン王を目指して!!

タニヤにあるKTVへ。
客引きが凄いです!!
で、私は行く店を決めていたので、
ある女性が「何階に行くの?」と言うの「〇階」と言うと「あ、そ」と。
で、ビルの入口に入ろうとすると別の女性が「何階?」と聞いてきたので「〇階」と言うと「どうぞ」と。
で、エレベーターのボタンを押そうとすると扉が開きました。
中には女性3人。で、後ろから、また違う女性が「何階ですか?」と。で、「〇階」と言うと
そのエレベーターを降りかけてた女性3人が「〇階?」と。そう「〇階」と言うと、
「いらっしゃいませ~」と一人は私の荷物を持ってくれてます。
他の2人は、右と左に分かれて、私の腕に抱き付いてます。
私の右にいる女性は「私を指名して!」と。
で、左にいる女性は「私があなたを指名する!いくら?」で、
「100バーツ!」と言うと「私、200バーツ払う!」と。←ちょっと意味が分かりませんでしたが・・・
目的階について、エレベーターのドアが開くと女性が待機しているところへ案内されてます。
20人くらいいます。
近過ぎて、選びづらい・・・。
で、ここで、ママさんからシステム説明。
「バッチの色によって、ロング、ショート、一緒にお店で飲むだけ」と。
で、「ロング、ショート出来る子でも飲むだけでも構わない」と。
で、「現在、おっぱい祭り中」と。
「70分、1,100バーツで、30分に1回ショータイムで、70分の中で必ず2回ショータイムがあります」と。
で、説明が終わるとアピールが凄いです!!
さっきの3人が猛烈にアピールしてきます。
選べない・・・。場の雰囲気に圧倒されてます・・・。
右から左へ。そして、左から右へ。そして、再び、右から左へ。
一人大人しめで真面目そうな女の子を心に決めたのですが、
ノリが心配だったので、ママに相談。
「一人だけ?」と。すると「はい、そうです」と。
「一人だけか~!」とぼやくと「プラス600バーツでもう一人いいですよ!」と。
「おー!じゃあ、あの子とこの子」と。
真面目そうな子、名前はビービー。
で、もう一人はサラ。この子はエレベーターの中でノリが良かったので、選びました。
で、席に着いた途端、ショータイム!
女の子が座っている私の上に跨り腰を振ってます。
私はおっぱいに顔を埋めてるのですが、物足り無く、
Yシャツのボタンを外し、ブラジャーをめくって、おっぱいポロリさせてます!
女の子二人は嫌がりながら喜んでます!
ここの制服は上がYシャツ、下はホットパンツなのですが、
ビービーの方はパンティーというかTバッグです!
で、ショータイムが終わり、3人で乾杯。
勢いでガンガン飲みながら、一通り自己紹介が終わった後、
私はビービーのおま〇こをTバックの上からてまんしてます。
完全に濡れまくってます!
サラはジーンズなので、全然ダメです・・・。
で、サラ曰く「ビービーが一番スケベなの」と。
「そうなんだー!、だから、おま〇こグチョグチョなんだー!」と言って楽しんでます。
で、私のテーブルだけ、勝手にショータイム。
二人はYシャツのボタンを全部外し、二人が私に跨り、
向かって左にビービー、右がサラ。
で、ビービーが左手を左横に、サラは右手を右横に伸ばし、
これで彼女たちのYシャツによってカーテン代わりになり、誰からも私の姿は見えなくなってます!
で、私は4つのおっぱい揉み放題舐め放題です!!
彼女達も大喜びです!!
で、あまりにも私のテーブルだけ盛り上がりすぎてるので、中止して、
再び彼女達は私の両脇に座ってます。
で、今度はサラが私の胸を揉み始め、更に私が着ているTシャツの首の部分から手を入れて、
直接私の胸を揉んでます。
で、逆ショータイムです!
私はTシャツをめくりあげられ、左の乳首を左に座っているビービーに、
右の乳首を右に座っているサラに舐められてます!!
で、向かいに座ってるお客さんは、この姿を見て大笑いしてます。
で、従業員達もこのことに気付き大喜びしてます!!
二人はズボンの上から大きくなった息子を触り、「おーー!!」と歓声を上げてます!!
私は仕返しにビービーのTバッグの脇から指を入れ、
直接おま〇こを触ってます!!ビービーは逃げ腰ですが喜んでます。
このあたりで、S〇Xするなら、ビービーだなぁと企んでます!!
で、そうこうしてるうちに、2回目のショータイム!
二人は私に跨り、私は再び4つのおっぱいを楽しんでます!
ショータイムが終わり、雑談してるとお会計です。
で、ビービーをお持ち帰りです。
ホテルへ戻り、食事をしてから、部屋へ。
私が先にシャワーを浴び、その後彼女がシャワーへ。
彼女のシャワー後ベットでKiss。
舌を絡ませKissしてます。長い時間Kissした後、
おっぱい舐めて、揉んでます。
で、クンニ。彼女はとても気持ち良さそうです。
かすかに喘ぎ声を出してます。
今度はクリ集中攻撃。
喘ぎ声が大きくなってます!
彼女、いきそうなのか、クンニを止めさせ、
彼女は起き上がり、私は仰向けになり、
息子をパックッと、生F。
チュパチュパ、レロレロしてくれてます。
やっぱり、生Fは気持ちいいです!
で、息子が大きくなったところで、ゴムを着けられ、
騎上位からS〇Xスタート。
彼女は私に跨り、
彼女の中に息子をいれると
いきなり高速で前後に腰を振ってます!
で、彼女は私の上で物凄く気持ちよがってます!
喘ぎ声が大きくなり、最後に「あーーん!」と大きな声を出した後、
私に覆いかぶさってぐったりしてます。
おま〇こがビックンビックンと息子を刺激してます!
彼女はいってしまってます!
で、彼女に「いったの?」と言うと
恥ずかしそうに「いった?」と。
私は彼女の頬に手をあて、彼女の目を見つめながら、
「え!いったの?」と改めて聞くと
更に恥ずかしそうに「いった」と言った後、彼女は私の胸の中に顔を埋めてます!
で、頭をなでなでして、彼女が落ち着いたところで、
正常位からS〇X再開。
おま〇この奥の奥まで息子を入れて、グリグリしながら、
顔を彼女の顔に近付け、濃厚Kissしてます。
で、耳舐め、首舐めて、おっぱい舐めてます。
体を起こして、彼女をガンガン突いてます。
彼女はとても気持ち良さそうな顔をしてます。
腰を振るのを止め、グリグリしてます。
で、再び濃厚Kissをしてます。
耳舐めて、首舐めて、おっぱい舐めて、揉んでます。
で、体を起こして激しく腰を振ってます。
そろそろ、いきそうです。
私は彼女を抱きしめながら、激しく腰を振り続けてます。
で、更に彼女をギュッと抱きしめ、更に激しく腰を振り、フィニッシュ!!

とても気持ちいい、一発でした!!

100ドル(2時間?) ☆☆☆



久し振りのヤンゴン。
タクシーで、「Emperor」へ。
下りるとき、運転手さんに「え、どこ?」と聞くと「そこだよ」と。
おー、目の前でした(笑)
随分と急な階段を上っていると横からボーイさんが出てきて案内してくれてます。
「クラブ?」「イエス」で、エレベーターに乗った途端、
彼、日本語で話しかけてきます。
「ここ初めて?」「はい。ここ、日本人多いんでしょ?」と聞くと「はい。」と。
で、彼は「ここ入場料500円。知ってる?」と。「うん、知ってる」と答えると
丁度エレベーターのドアが開いて、受付に行き、入場料500円を払い、
いざ、場内へ。
席へ向ってる途中から、女の子がわんさか後ろから付いてきます!
席に案内され、座るころには、360度、何十人の女の子に囲まれてます!
「私、選んで!」「私、かわいい!」「私、日本語しゃべれる!」と売込が激しいです!
私が「暗くて選べない!」と言うと、女の子の一人が、ライトを貸してくれました。
女の子の一人が、「この中から一人選んでー!」と叫んでます!
ライトをあてて、ゆっくり一周するといましたー!
ど真ん中、ストライク!
「名前は?」「ララ」
「年は?」「20歳」と言った感じで、
彼女としばらく話をしていると「私、あなたのところに寝に行っていい?」と。
「もちろん!」と答え、で、「いくら?」と聞くと「7,000円」と。
私は彼女が両手で、「7」と出している「5」の方の手を隠して、
「分かった、2,000円だね!」と言うと「ノー!」と。
で、今度は「2」の方を隠して、「5,000円」と言うと「ノー!」と。
結局7,000円。
彼女は着替えに行き、戻って来たところで、一緒にホテルへ。
部屋に入って、Kiss。
先に彼女をシャワーに行かせ、彼女が終わったところで、私がシャワーへ。
ベットで待っている彼女のところに行くと、「電気を消して」と。
かすかな明かりだけ残して、ベットへ。
顔ははっきり見えてます。
「かわいいねぇ~」と言いながら、Kiss。
初々しいながらも一生懸命頑張ってる感じです。
しっかり、舌を絡ませてきます。
で、バスタオルで隠されたおっぱいをペロンと出し、舐めてます。
声出しません・・・。
逆のおっぱい舐めて、最初に舐めた乳首をつまんでも、無反応。
改めて、濃厚Kiss。
で、おっぱい舐めながら彼女の顔を見てると彼女と目が合うと彼女は笑ってます。
で、今度は彼女の横に寝て、
指で、おま〇こをいじってます。
中は濡れています!ただ、中に指を入れても、クリをいじっても無反応です・・・。
彼女の手を取り、息子を触らせてます。
彼女は手を上下に動かし、息子をシコシコしてます。
で、再び、濃厚Kiss。おっぱい舐めて、揉んでます。
下へ移動し、クンニ。
おま〇こ、そしてクリを舐めても無反応です・・・。
S〇Xは二人でするものだと改めて感じました。
いくらこちらが盛り上がっても、彼女が無反応ですと何か虚しさがあります。
で、もう、こうなったら、自分が気持ち良くなるしかありません!(笑)
私は彼女の横に座り、彼女の顔の前に息子を突き出すと
何のためらいもなく、パクッと、生Fです。
ふわふわした感じです!
何だこの感じ??本当、ふわふわした感じです!
で、たっぷり、ふわFを堪能したところで、彼女を仰向けに寝かせ、
濃厚Kiss、おっぱい舐めて、揉んで、
いざ、挿入、臨戦態勢。
で、生で入れようとすると
彼女「コンドーム!」と。で、「え?」と言いながら、
おま〇こに息子を入れようとすると
「おにいさん、コ」と言ってる間に、スポット入ってしまいました!!
で、彼女の顔に自分の顔を付けると笑顔です!
で、濃厚Kiss。
彼女の奥の奥で、グリグリグリグリしてます!
彼女は、やっぱり、無反応です。
しばらくグリグリした後、激しく腰を振ってみたのですが、やっぱり無反応です。
生なのにあんまり気持ち良くないなぁ~と思ったので、
息子そーっと、おま〇こから抜けるか抜けないかのところで、再び奥へ。
を、2~3回したとこで、いきなり、いきそうです!!
で、激しく腰を振りながら、
「中で出していい?それとも、外?」と聞くと
「どっちでも、いい」と。
「ありがとう!」と言いながら、
生S〇Xを堪能してます。
最後は奥の奥で、フィニッシュ!!
ドピュッ、ドピュッと彼女の中にザーメンを撒き散らかしてます!
まだ、息子は波打ってます!!
息子の波打ちが止まったので、
おま〇こから息子を抜いて、ティッシュを取りに行き、戻ってくると
彼女が「シャワーに行ってもいい?」と言うので、「どうぞ!」というと
おま〇こをバスタオルで押さえながら、走ってシャワーへ向かってます。
私は、ティッシュでザーメンを拭き取ろうと思ったのですが、全くありません!!
最後の一滴まで、彼女の中に出したようです!!(笑)

自己満足な、一発でした!!

一晩の約束でしたが、シャワー後彼女に帰ってもらいました。

一発7,000円(90分) ☆☆☆

今日はレイと友達がうちに来て、フィリピン料理を作ってくれてます。
スパークリングワインで乾杯し、
彼女達が作ってくれたフィリピン料理を堪能した後、プールへ。
プール後、シャワーへ。
シャワー後、私の部屋で着替えている、レイに、
「今からしようよ!」「いいよ!」と。
二人抱きしめ合い、濃厚Kiss。
そのままベットに横になり、激しくKissをしてます。
おっぱい揉んで、舐めて、乳首を吸ってます。
で、息子を舐めるように誘導するも、今日もダメです・・・。
で、彼女は乳首を舐めながら、息子をシコシコしてます。
息子が大きくなったところで、ゴムを着けようとしてます。
ところが、今日もうまく着けられません・・・。
グダグダになってしまったので、新しいのを取り出し自分で着けてます・・・。
で、騎上位からS〇Xスタート。
彼女は私に跨り、ゆっくりおま〇この中に息子を入れてます。
入ったところで、上下に大きく動いてます。
で、しばらくすると前後に激しく動いてます。
小さい声を出して気持ちよがってます。
長い時間彼女に身を任せて騎上位S〇Xを楽しんだ後、攻守交代。
濃厚Kiss、ほっぺにチューして、おっぱい舐めて、揉んで、吸ってます。
で、正常位でS〇X再開。
ゆっくりおま〇この奥の奥へ息子を入れて、グリグリグリグリしてます。
彼女は思わず「あーん!」と。
彼女を抱きしめ、Kiss、おっぱい揉んで、舐めてます。
私は体を起こして、彼女の両足を私の肩にのせ、ゆっくり腰を振ってます。
で、彼女の奥を突いてます!
彼女は喘ぎ声を出さないようにこらえてますが、
思わず「うん。あん。」と声を漏らしてます。
で、今度はスピードを上げて腰を振ってます。
彼女も気持ち良さそうです。
で、私は腰を振り続けながら、彼女を抱きしめ、激しく腰を振ってます。
で、Kissをした後、彼女の気持ち良さそうな顔を見ながら、S〇Xを堪能してます。
時々彼女の顔がゆがむので、「いたい?」と聞くと「うんうん、気持ちいい!」と。
で、再びKissした後、私は体を起こして、彼女の両足を私の肩にのせ、
激しく彼女を突いてます。
彼女の顔は益々気持ちよがってます!
この体勢で、彼女のゆさゆさ揺れるおっぱいを眺めたり、揉んだり、摘んだりしながら、
彼女とのS〇Xを堪能してます。
しかし、そろそろいきそうです。
彼女を抱きしめて「いきそう」と言って、
更にギュッときつく彼女を抱きしめながら、激しく激しく腰を振り、フィニッシュ!!

とても気持ちいい、一発でした!!

一発後、彼女の友達に「どうだった?」と聞かれました。

その後、再び飲み直し、今月いっぱいでフィリピンに戻る彼女達と話していると
レイがパスポートを開いてます。
彼女にパスポートを見せてもらうと1995年生まれとなってます!!
「レイ、19歳なの?」と聞くと「そう・・・」
「誕生日の時、22歳って言ってたじゃん!」と私が言うと
「19歳って言うと若すぎるから、あなたに逃げられるかと思って・・・」
「そう思ってたんだ。俺、若い方が好き!!」と言うと頭を小突かれてます。
とすると初めてS〇Xした時は18歳だったんだー!!と思い、一人でニヤニヤしてます。




このページのトップヘ