2019年01月17日

大賞受賞者を睨み関本・岡林選手に今年の活躍を確認した。

image



今日は関本大介・岡林裕二両選手たちプとロレス大賞の受賞式に行って来ました、相変わらず受賞した選手たちは頬を紅潮させて胸をはり舞台に上がって行く、特に女子選手たちは長袖の着物を着て最高の日ではなかったかな〜と思う一日でした、








今回は去年十月に行われた世界選手権大会で金メダルを取った女子・男子たちが御礼の言葉で二千二十年の東京オリンピックを目指して頑張ります等各選手たちの心意気を話していました、ただ頑張って欲しいと思ったのは男子が一人で寂しくアマレス界は女性上位だった、








大日本プロレスは去年・今回と二年連続で受賞者が出なかった、ひとり一人と呼ばれて行く姿を三人で見ていて自分の側にいた彼らの顔色が変わって来て今年の活躍を確認した、自分から見て目をランランと輝き黙って睨み付けるように一線を見つめる二人何も言わずに分かる俺には、先日の試合で全日本プロレスのベルトを獲得して関本選手の腰に巻かれる四本のベルトの重さ、彼らは分かっている筈きっと皆様の期待に答える事でしよう。


g_kojika at 16:41|PermalinkComments(0)

2018年12月31日

20年前の新日ドームを思い出して今日は今年の最終戦が後楽園で〜

1531734804971


新日本プロレスとの試合で1月4日東京ドームヘ乗り込んでから早20年
、新年を迎えるにあたってあの時の事を思い出して居ます、プロレス団体がタケノコのように出来て新団体はどこも横並びで大仁田厚選手のFMWが頭1つ抜け出していたような時期だった、








まして自分がタイツを履いてリングに上がるなどは夢にも見た事も無かった、時代も変わり団体自体が縮小されて来ているがプロレス界まだまだ混沌としています、新日本プロレスは誰が見ても相撲で言えば横綱です、他の団体は追い抜け追い越せと切磋琢磨して頑張っているのが現状です、








何時でも思うのがプロレスファンの暖かい声援です、今日もホール超満員でのリングINでした、約50日ぶりの試合でしたが胸にグット込み上げる物が有りました、今年は18試合でしたが目標は20試合です、来年はと思って又・頑張ります、年が開ければ喜寿だが身体が続く限り頑張りますので宜しいお願いします、皆さん良い年をお迎え下さい。



g_kojika at 21:30|PermalinkComments(2)

2018年12月05日

又・残念・ダイナマイトキッド選手が死去〜

DSC_0671


彼の事を語るには日本プロレス時代に自分の後輩安達選手を置いて話し事が出来ない、安達選手はカナダ・カルガリーで修行中に若者たちにプロレスを教えていた、その中に彼らがいたのです、日本に輸入?した時に新日本プロレスか?全日本プロレスか?にかなりの時間悩んでいた、









最終的に確か新日本プロレスに彼らを送ったと思います、彼らタッグチームのコンビネーションが良く人気が沸騰して人気チームになり安達選手が期待していたような評価が新日側から得られず自分の処に相談に来た、








全日本プロレスに話しを持って行き馬場さんに紹介したのが彼らが活躍してからのビッグチームに登りつめた、今回死去のニュースを聞いて懐かしくも思い反面まだ60歳と聞いて早すぎるの言葉が我が胸を通り過ぎている、ご冥福をお祈り致すます、合掌。

g_kojika at 23:08|PermalinkComments(3)