2011年05月

2011年05月31日

鶴瓶の家族に乾杯を見てホロリ、

c1c18045.jpg
5e75cb30.jpg
俺にしては早く家を出て買い物に、何年前だったろうか?確か仙台の店を開店する時に足りない物を買いに行ったのが最初で最後かも、






相変わらず専門店が両道に並んでいる、この合羽橋商店街は開店に必要な道具がなんでもそろうと言われるだけあって目移りするほどなんでもある、幸いに俺が望んでいた機材が見つかり帰って来た、






商店街を一周したら足の指先が痛くなってしまった、買った物は沸騰したお湯で消毒し準備完了だ、今日は山川竜二選手が横浜で小さな酒場をオープンしたので顔を出して来た、





時間が許せば毎週月曜日に放送している鶴瓶の家族に乾杯を見て楽しんでいる、今日はさだまさしとの石巻市で撮影したのを放映していた、この番組に彼の歌がテーマ曲になっている、この歌と被災地が重なって胸に込み上げて来るものがあり出かける時間も忘れるほどであった。今日の写真は山川酒場の入り口とパソコンを捜索している彼氏、


g_kojika at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月29日

先日、大日の試合会場に珍しい人が!

昔のむかし日本プロレスから坂口以外何人かと一緒に新日本へ行った木村健吾さんが訪ねて来た、あれやこれやの戦国時代いろいろとあったが来てくれれば嬉しいかぎりだ、






彼は先日の統一選挙で東京都区会議員に当選して今は先生になっている、来週・水曜木曜と両日東北被災地に炊き出しに同行する事であいさつに来たのだ、






話しをして居て忘れかけていた事がいろんなが思いよみがえって来た、一時期は険悪な感情になりながら今は淡々と語りあえる、お互いに心のどこかに言いたい事があると思うが良い意味で月日が忘れさせてくれる、





彼からの言葉で小鹿さんは怖かったですよと言われてあぁ〜そうか?そのような思いが彼にあるとすれば言葉を重く受け止めなければならない、今回一緒に行動を共にする時又忘れている事を思い出させてくれるかもしれない。


g_kojika at 18:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月27日

練習生が希望する現在のプロレス界は、

今週は練習場に出かけられてうれしいかったのが新弟子一人入ってくれた事です、時代が変わって見るスポーツから参加する競技に変わっている、プロレスの場合憧れから参加する競技に、錯覚をしていざ入門した場合違いに気ずく、





本人の思ってた事との違いに気がついた時は身体が思いとおりに動かず筋肉痛で起きあがれず不安になる、だいたいはこのような理由で夜中に・買い物に行って来ますでいなくなる、






どこの世界でも同じように好きこそものの上手なりの言葉通り好きこそがなければ我慢もできない、危険が伴うプロレスだけに苦労は覚悟はしていると思うが、






幸いにして我ら大日の練習場は活気があり・若さあふれる元気を出して稽古に励んでいる、今日は後楽園大会に来ている、俺が知らない顔の選手も試合をしている良い事だと思う、レスラーは試合をしてなんぼ・試合がなければ有望な選手でも宝の持ち腐れになってしまう。


g_kojika at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月24日

昨日・今日と久しぶりに練習場へ、

いろいろと野暮用があったり時間的に合わなかったりして
道場行って居なかったが来週に近づいてきた試合にま
合うようにと練習場に居てって来たが若い選手たちが
道場清掃の真っ最中で軽く身体を動かして帰って来た、


今朝は早く行ってと思いながら家を出たが途中電話が鳴り
道の片側に止めて話しをしていたがこれが長電話、時間待ち
の時は時計の針が遅いと思うが、気になっている時には針が早く
回るように思えてならない、


結局着いたのが11:30分くらい練習している選手たちは汗びっしょり
で気合い十二分のリング上、リングの下に見なれた奴が一人で
練習をしている、この間・札幌から来て・今一度リングに上がりたいとの
希望で横浜に来ている山川竜司、


彼は博多での試合中大けがを負い一時期・故郷北海道でスナックを
開業していたがプロレス・マットの匂いが忘れられずもう一度頑張る
と来ているのだ、今の彼は年齢的に若いとは言えないが本人が望むなら
応援してやりたいと思っている、




g_kojika at 18:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月22日

昨夜は新宿三丁目で今浦島太郎に、

久しぶりに連絡が付いた友達と待ち合わせをして新宿へ
行って来た、東口から四ツ谷方面へ向かって歩きながら
街の変わりようにびっくりしながら確かめながら進んで行った、


この近くへ出かけて居たのは何年くらい前だったかな〜と
考えながら待ち合わせ場所を探して歩いていた、俺の記憶
にある三丁目は都会の裏町の静かな飲み屋街の感覚であった、


土曜日と言う事もあるが若者の街でおお賑わい、両側にある店は
入り口を最大限に開けてどこも満員で入れないくらいの
客の入りだった、自分のころは末広亭が一番のでいりだったが昨日
は反対に此処が人通りがなく他所の飲食店が繁盛していて意外な
現象になっていた、


店舗にお客さんが入れず表にいすをだして営業をして居たところも
あった、今・全国的に流行って居る横町気分を味わっているのかも
知れない、俺が気になった事はあまり団塊諸君たちの姿が見えず
寂しい気持にもなっていた。

g_kojika at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月20日

日差しを避け・夕方のそよ風に誘わて、

今日は道場に行って練習をと前日に考えていたが悪い虫が俺の中で騒ぎ気晴らしにと東京へ出かけて行った、






半年ほど前に知り合った相方と食べるほど・飲むほどに語り、気が付けば朝方、ふらつきながら道を歩き早朝の繁華街はゴーストタウンに似たような静けさ、







我が家に着けば嫁さんがじろじろ、何か一言と思うが言葉が出てこない、布団に潜りだら後は爆睡、時計を片目で見れば午後をさしている、アーレ・しまった!後の祭り、月曜日から行こう。


g_kojika at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月19日

昨夜の巨人軍逆転劇をこの目で見たかったナァ、

昨日・一昨日と関東地方はテレビ放映がなく携帯ラジオを耳に
あてながら聞いていたが追いつ追われつのゲ―ム展開で
片時もラジオを離す事が出来なかった、


まさか9回の攻撃で〇点とは誰も予想が出来なかったのではないか、
また延長戦であの様な展開も・・・大田選手はよく打ったなぁ!去年は
期待が大きかった分精神的にも負担があったと思うが今年は肩の荷
が降りたのかもしれない、


今季のジャイアンツはけが人が多くて大丈夫かとはらはらドキドキ
しているファンは俺だけではないだろうが?次から次へと若手が
活躍・ヒ−ロ−になっていく選手層の厚さには心強く思う、


もちろん野球界とプロレス界は違うけれどもお客さんに楽しみ・
見て貰う・時間以内に何かを感じて欲しいは同じ部分があると
思うが、スポ−ツには怪我は付き物だと簡単に言えばそれまで
だけれども誰一人として恐れては居ない、




g_kojika at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月17日

いまだに無気力感が抜けきれない俺の居場所、

先日の日曜日に新横浜駅近くにある場外馬券所に行って来た、
ここの場所に出来た事は前に聞いた事があったが興味もわかず
行った事はなかった、



試合会場に行って社員・レスラ−達と話しているなかで競馬の話題
になり会話に熱がはいってくる、そのむかしに俺たちの大先輩に
掛けごとには目がない人がいた、



何に縁があったのかその先輩にかわいがってもらい地方に行けばレジャ−
施設に連れて行ってもらっていた、その中の雰囲気・匂いは独特のものがある、
当日はG1レ−スがありそれなりにの人ごみで賑わっていたが懐かしい匂いはなかった、



時代の流れか設備が整って居て綺麗に掃除されタバコ臭い匂いもなく憩いの場所の
感覚、投票所は機械化され始めて行く俺には厄介なものにしか見えない、側にいた
ガ−ドマンに聞きながら投票を終え、さぁ−レ−スがスタ−トした!我が家のテレビ画面
で見て居るのとは違うム−ドが漂ってくる、買った馬券が当たり!3000円を投票して
受け取った金額3100円ア−レア−レ100円の儲け、損するより未だよいか。

g_kojika at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月13日

横浜にぎわい座で大日エックスなる試合が、

久しぶりの試合場入り、ここにぎわい座で毎月若手の登竜門にあたる試合が行われている、どこの会場に行っても知り合いの人たち・マスコミ関係者から大日の選手たちはよくなりましたねと声をかけられる、






いつもメインイベントで試合をしている選手にはつらい事かもしれないが選手全体で切磋琢磨して将来を見え据えた経過としては最高の企画である、






小さな会場であるが殴り合い・掛け声・リング上からの罵り会う叫び声などが、すぐ目ので戦う姿が見れる、特に今日はめったに組み合わせにない伊東竜二組対関本大介組があった、大日を代表する二人の激突、見ごたえがあり想像もできないほどの試合でお客様も満足したのではないか、






同じリング上にいた橋本和樹・大谷将司両選手は幸せ者だ、これが彼らの身となり骨となり財産になっていく、にぎわい座に来てくれているファンの方々は来るたびに成長しているひいき選手に喜びを感じいると思う。


g_kojika at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月10日

きついナァ早朝帰りは、

昨夜は試合が終わり自由行動、当日3団体が時間を区切って試合を行う事は俺たちの時代には考えられなかった、開催をしている関係者はそれなりに工夫をしながら提供している部分には共鳴できる、






うれしい事に名古屋のファンはプロレスを愛しパフォーマンスに期待感を持ち続けているのではないのかなぁ〜との感触を持ちました、






全試合が終わりバスの出発が11時過ぎ、バスの運転手さんが気を使い何回か休憩をし横浜に着いたのが朝四時過ぎ、誰からともなく始発は四時半?ふらふらしながら駅にたどり着く、






駅のシャッターは冷たく封鎖したまんま、早朝の時間のすぎる遅さ、階段に腰掛けていると睡魔が襲ってくる、俺にはこのスケジュールは無理かなぁ〜と考え込んでいる、






気持ちでは負けないぞ!の心構えでいるが身体が思うようにならない、夕方から私用で東京に出ていたがなぜか考えがまとまらず混乱している。


g_kojika at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月08日

軍団名古屋で勝ち名乗り、

午後3時からの試合開始、昼間の試合はもうひとつばりっとしないが今日の会場は設備が整っていてリング上だけを見ている限り夜との違和感ない、よその団体はよく使っているらしいが俺自身初めてだ、






軍団対抗戦はTKG軍と小鹿軍が4対4でゴングが鳴らされイミネーションマッチでの決着だ、試合直後にアウトサイドに落とされ、コーナー鉄柱にぐるぐる巻きにされて動けない状態だった、






最悪の4対1になりながら仲間の力を借りて大逆襲!一転99パーセント負けている試合を逆転勝利で終わる事ができた、考えられないストーリーで誰が予想できたのでしようか?うれしい今日の名古屋遠征・天は我々軍団を見捨てていなかった。


g_kojika at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

今日は早朝・出発して名古屋へ!

朝5時過ぎに起きて名古屋旅行?フリーダムスの試合が午後3時から〜朝日に照らされて東名高速を走るバスの中でスポーツ新聞を読みながらときどき車窓から表に目を向けるとタイムスリップしたような思い出が浮かんでくる、






最初は日本プロレス時代のバス巡業、力道山先生死後豊登・吉村・芳の里・遠藤、四天王と呼ばれた時代、俺は真ん中の補助席だったなぁ〜などと思い浮かべ、車内マイクで新弟子から順番に歌を唄わせられたなぁ〜、下り線で大井松田インターの近くにそびえ建っ某生命会社のビルを見て目を丸くしていたら誰からともなくもっと大きな建物ができるぞ!・・・と、現在建設中の東京スカイツリーができる事の予言が???など馬鹿な思いに更けながら一路名古屋へ向かっている。


g_kojika at 08:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年05月05日

今日の横浜大会は大熱戦で迫力満点だった、

3ab46778.jpg3タイトル戦が行われた、BJWタッグ選手権試合ではチャンピオンチーム葛西純・沼沢邪鬼対挑戦者宮本裕向・木高イサミ組の試合が、チャンピオンチームの楽勝かと思っていたがスピードでまさる挑戦者チームも負けてはいない、序盤戦は面白いようにベルト保持者に引っ張り回されていたが後半戦はスピードと技にものをいわせ番狂わせで新チャンピオンチームが誕生した、






アジアタッグ選手権試合は挑戦者佐々木義人・石川晋也組がチャンピオンチーム関本大介・岡林祐二組にチャレンジ、健闘むなしく敗れた、佐々木選手のパワーが空回りの感じ、石川選手の生きのよさが目に付いたが保持者が一枚上でパワー全快・貫禄勝ち、善戦むなしく敗れた。






メインイベント最後の試合、BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合、チャンピオン伊東竜二対佐々木貴の一戦はこれぞデスマッチで見ている方がハラハラどきどきだった、佐々木選手は四年ぶりの挑戦で序盤戦はタイミングがつかめず戸惑いが見れた、中盤から後半戦にかけてエンジン全快、チャンピオンを追い詰めかけるがベルトを腰に巻いてる差が勝敗を決めた、試合を見ながらアメリカ修行中を思い出していた、同じリングに立っていてもベルトの重たさが・人間を大きくし積極的に目標を目指して行く自覚が出て来る、今日の伊東選手には貫禄らしきものが見え隠れする。


g_kojika at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月02日

びっくりしゃっくり大発見・力道山先生の!

85e7e803.jpg今夜は文化体育館の切符をカバンに入れて東横線新丸子近辺を歩いている、何軒かめに懐かしい印刷物を発見、今まで目にした事がないポスターコピーを見た、





この街で有名な三ちゃん食堂なる店に行って来た、俺が酒の味もわからず先輩に連れて行ってもらった時の雰囲気そのままでタバコ煙が・話し声が・客の出入りなど時代をタイムスリップしたようなお店が、






次行った店でびっくり!俺が目にした事がないものを見てしまった、自分にとって懐かしき諸先輩の名前がズラリえぇ〜えー何処からもって来たのと思わず店員さんに声をかけていた、







今日の一枚はプロレスファンには答えられない写真だと思うが、このように感激するのは俺だけかなぁ〜?幸いにして出ている人たちの事は少なからず知っている、一緒に来ているファンとひととき試合の話しで盛り上がっていた、


g_kojika at 20:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)