2017年12月

2017年12月22日

天才少年カブキ選手が今夜引退試合を〜

DSC_0778



約五十三・四年前に会ったあの少年が引退試合決定のニュースを聞いた時にはえぇ〜?本当かよ?と信じられなかった、これで意気盛んな時代に汗を流した者が誰も居なく成った、思えば力道山先生が亡くなってニ・三年経った頃の春飼っていた犬が吠えて居るので一階に降りて行ったら玄関の戸を少し開けてすみませんレスラーに成りたいのですが?可愛い顔した彼がいた、時間にして朝方五時か六時だったと思う、








確か自分は青山一丁目から地下鉄で渋谷まで行ったら良いよ?と言ったとは思う?その時からの縁で今まで、彼を呼ぶ時・米良から始まって高千穂・カブキまで三回呼び名が変わって居る、その時々にレスラーとしての才能が開花して行った、自分たちは日本プロレスからのよそ者の道を歩いて来たがお互いに遠慮をせねばならない時も有ったかも知れない、








全日本プロレスに最初は帯同合併だったが吸収合併に変わり一緒に行った選手たちに嫌な思いが有ったと聞き不便を掛けたと思う、それは1973年にドリ・テリファクスの指名要請でアマリロに一年間行った間に選手たちが嫌な思いをした事などが根に持っていたのでは無かったか?今思えば自分も何回断ったか数え切れないくらい嫌ですと言い返した、こんな嫌な事が有ったのにカブキ選手は大人としての付き合いをしてくれていた、彼に今言える事はご苦労様でした、これからはお互いに身体に気を付け気楽に行こうよと呼び掛けたい。

g_kojika at 20:25|PermalinkComments(0)

2017年12月18日

デスマッチ王者竹田選手防衛、近年に無い最高戦、

DSC_0765



BJW認定デスマッチ選手権試合が行われたが王者竹田選手の防衛で幕を閉じた、自分がゴングが鳴って直ぐに挑戦者高橋選手のコンデションの良さに目が行った、王者はデスマッチを好きで大日本プロレスのリングに上がった男だ、試合を見て居て二人共プロレス試合の中にデスマッチ?デスマッチの中にプロレス試合?そんな流れを見て居て彼らは川の中で泳ぐ魚のように自然とリズムを造って行く、








久し振りに感動を与えたデスマッチで有った、二人共血みどろに成りながら試合に没頭して行くが何処でどの様に流れが変わるのかお客さんも目が離せない、特に高橋選手の動きが良いのは多分減量をして来たからではないか?身体も無理のか無い感じに仕上げて来て居るからこそ選手権試合に掛ける意気込みを感じた、残念ながら王者防衛に終わったが次のチャンスを与えたいと思わせた高橋選手の意気込みで有った。




g_kojika at 10:23|PermalinkComments(0)

新しいスター誕生、橋本大地王者に

DSC_0730

昨夜行われた横浜文化体育館で鈴木秀樹選手からベルトを奪った新王者にお目出度う!!
リングベルが鳴って両者が手の取り合いから関節技へと動が無くリング中央から動かない、鈴木選手の王者に成ってからの落ち着きが相手を薄笑うかのように時間が流れて行く、それに良く大地選手が付いて行った、十分過ぎてから今までと違うパンチの応酬から大地選手のキックが的を得て王者の胸・背中に作成する、








俺の見る目には挑戦者の作戦勝ちのように写った、鈴木選手の得意技のグランドレスリングから立ち技へと流れが移る、この頃には大地選手のスタミナ切れが頭をかすむ、試合の流れとしてはまだ鈴木選手が優勢な流れ、俺には分からないが大地選手が大きな賭けに出て行った、何発打っただろうかキック、ものの見事にカウンターに入る、次から次へと大技、遂に三カウントが入って手が上がった、二人の違いは鈴木選手はグランドレスリング・大地選手は立ち技キックから大技へと対象的な両選手の試合でした、











g_kojika at 09:55|PermalinkComments(0)

2017年12月13日

今日からリハビリ第一歩〜

DSC_0728



昨日退院して今朝の自分、咳が出ずに眠りに入るがベッドと布団との違いに身体が拒絶反応を示している、腰が痛くニ・三時間くらいに目が覚める、何となく朝を迎え目覚めも良くさあー今日からリハビリだ〜と思いつつ大丈夫だろうか?と不安が覗く、果たしてこの歳で以前に戻るのか?








やはりキツイ身体が動かない、腹筋運動をしても足が上がってくれない、若い頃と比べて身体の構造が変わって居る、そりゃそうです二十代の頃はこれから何十年も若さを保って行けるか?の肉体、今は後何年現役を続けれるか?の違いが漠然として居る、自分としてはこのままリングから姿を消す事に納得がいかない、思う事はやるだけやって駄目ならばその時に考える、今エンジンを掛けなければ小鹿丸が沈没してしまう、頑張ろう最後まで!!








今日の写真です、約二週間ぶりの朝食、二つのおにぎり・スープ・子供用粉ミルク、昨日から処方箋が三日間出て居るので規則正しく薬を飲みます、身体の大事さは入院して初めて分かりました、誰でもが自分だけは大丈夫?なんて考えていませんか?俺がそうでした、ごめんなさい🙇これから気を付けます。

g_kojika at 11:27|PermalinkComments(0)

2017年12月12日

お陰様で今日退院です!!

DSC_0727


バタバタの入院だった今回の騒動、あっという間に退院の日を迎え何だったのだろうかと思い出して居るが自分の頭が整理出来ていない今朝の俺です、入院十日間・最初の三日間は何も食べず・水も口に入れずに点滴だけで有った、お腹が空くとの感覚が無く只・腕を出して点滴を送るチューブに腕を伸ばしてあゝ始まった、何分間掛かるのカナ〜で眠りに落ちる、








来る日も来る日も同じ、あれ〜?おしっこも出ないがトイレにも行きたくない、確かに食べていないから?入院して四日目に嫁さん・息子と三人で呼ばれて経過説明を聞きに担当医の部屋に案内されてレントゲン写真を見ながら先生の話しに耳を傾ける、この最初の時の緊張感が半端でない、二枚の写真を比べながらの説明に聞きやすく話しの端々に解りやすく言ってくれる言葉に只々唖然しながらの納得で有った、









自分の病名は急性肺炎で有った、人間に四つの肺が有る事さえ知らなかった、レントゲン写真では向かって右側はほどんと白、左側は三分の一が黒が後は白、説明日に取った写真との比較は説明を受ける前に誰でもが判るくらい、先生の口から出る言葉は重くもしかしたら今此処にいませんねぇ〜?でした、昨日最終説明を受けて部屋の空気が軽く目の前に有る写真に俺の胸の写真が標本ノように写って居ました、いろいろとご心配掛けまして申し訳有りませんでした、

年末の三十・三十一日両日後楽園ホールで試合をしますので宜しくお願いします。

g_kojika at 08:00|PermalinkComments(0)

2017年12月10日

眠りに落ちた昨夜の俺〜

DSC_0716


先月末頃から咳が止まらず市販の咳止めを飲むが効かず近くの街病院に行くが風邪薬を出して置きます?と軽く言われて自分もその内に治るだろう?と軽く考えながら日々を経過させて行くが今度は違う街病院に、行くが同じような処理、その内1日いちにちと食が無く夕方に成ると熱が出て来る、








今月の1日に午後から新聞記者さんの取材を受けに約束の場所に、何か食べ物?飲物?熱ぽい身体にアイスパフェ−を頂き、終えて我が家に帰ったが頭が痛く布団に横になり嫁さんが御飯食べますか?起き上がりアイスクリームを一個頂きそのまま眠りに付く、日が変わる頃には嫁さんの声も聞こえず只・うなされ三時半に救急車をお願いしてそのまま病院に、








診察を終えて病室に運ばれた俺の記憶から失われている、只・今日から三日間点滴で我慢出来ますか?と聞かれ大丈夫ですと、この三日間は水・固定物など胃袋に入る物何も無し、此れは自分に取って辛かった、入院も早十日目になります、今は点滴一日四回、食べ物はOKになり選手たちも見舞いに来てくれて居ます、昨日伊東選手が明日博多に試合で行くので見舞いに来ましたと写真の女性用?な物を置いて行きました、








何せ毎日点滴や飲んだ事も無い薬を飲んで居るので夜は眠れませんこんな時にあの無口な伊東選手が此れ寝る時に使うと眠れるらしいですよ?と発した言葉を思い出し使って見た、ちょうど昨夜は男子サッカーが行なわれて居て時間切れ引き分け一分・1秒前?の勝利だったので消化不良、勝ったから喜びも有るが?病室の消灯時間が過ぎて居てベッドに入るが眠れません、お土産を思い出し目に当てて眠りに着いたら朝までぐっすり、伊東選手有り難うナア〜。

g_kojika at 10:32|PermalinkComments(1)