Madoka_Magica

1 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 00:00:21 ID:XY8kxoX2

ストーカー
忍び寄る、後をつけると言う
意味のストーク(STALK)
から。しつこくつきまとってく
る人。つきまとうと言っても
尋常なレベルではなく、待
ち伏せ、尾行、夜昼構わず
電話する、ゴミをあさるなど
自分が関心を抱いた相手を
一方的、病的執拗さで追い
かけ回し、殺人にまで至る
ケースもある。

     異  
     常 
   ストーカー 
     性 
     愛 




2 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 00:01:08 ID:XY8kxoX2

ホモガキ「もう始まってる!(新劇場版BD・DVD予約)」
(公園のベンチで杏子と会話しているまどか)
ホモガキ「怖いよー、ワンちゃん先輩…」
(まどかを見つめるマミ)

(場面は変わり、まどかの家)
(郵便屋に扮したほむらがチャイムを鳴らす)
ピィィィィィィィィィィィィィィィィィィィインポォォォォォォォォォォォォォォォォォォン
カシィンカシィン(まどかが玄関へと歩いていき、ドアを開ける)
まどか「お疲れさまです」
ほむら「書留よ」

(ほむらがまどかにペンと受取書を渡す)
ほむら「こちらにサインをお願い」
まどか「ここでいいんですよね?」 
ほむら「ええ」
(まどかがサインしている間にほむらはまどかの家の靴を確認)
ほむら「一人暮らしなの」
まどか「はい、そうですよ」
ほむら「彼氏とか、いないの?」
まどか「え?そんなの関係ないでしょ?(正論)」
ほむら「ハッ…そうね…(小声)」
まどか「はい(郵便屋にペンと受取書を渡す)」
ほむら「じゃあ…」
まどか「じゃ、どうも」
(ドアを閉めるまどか。しかし、このとき施錠はしなかった…) 




4 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 00:02:23 ID:XY8kxoX2

(コインランドリーに洗濯しに来たまどか。そのまどかをさやかが尾行していたが、まどかは気づいていない模様)
(洗濯機を起動しコインランドリーを去るまどか)
(さやかはまどかが去るや否やコインランドリー内に入り、まどかの洗濯物の中から瞬時に下着を盗み、その場を立ち去る)
(場面は変わり、さやかはまどかが捨てたごみ袋を家に持ち帰るさや)
(家でまどかの捨てたゴミを物色するさやか。目当ての物がないためかゴミを一つ一つ確認しては首をかしげる)
(そのとき、さやかの手が止まる)
(さやかが持っていたのは、まどかの使用済みティッシュだった)
(さやかは恍惚の表情でそのティッシュの匂いをを嗅ぎながら自分の股間を弄る)
(一通り楽しんださやかは、ティッシュを袋に詰め、それに日付を記入すると、テープで袋の入り口を留め、冷蔵庫にしまった。冷蔵庫の中には、大量の使用済みティッシュが入った袋が保管されていた) 




5 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 00:02:48 ID:6N7xz6GQ

えぇ…(困惑) 




8 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 00:04:19 ID:XY8kxoX2

(自転車を漕ぐまどか)
マミ「あ、君…ちょっと待って」
(マミに呼び止められ、まどかは自転車を止める)
まどか「なんですか?」
マミ「これあなたの自転車?」
まどか「はい、そうですけど?」
マミ「防犯登録はしてるの?」
まどか「防犯登録はしてないですけど…」
マミ「防犯登録はしてないの?」
まどか「はい」
マミ「それは困るわね…あなた、ちょっと住所と名前を聞かせてもらえるかしら?」
まどか「はい、名前は鹿目まどか」
マミ「名前が鹿目まどか…はい、住所は?」
まどか「住所が…えーと、○○県見滝原町・・・」
(マミはまどかの言うことをメモする)
カンカンカンカンカン・・・
(後ろで踏切くんが鳴り出す)
マミ「それじゃあ…何?一人暮らしなの?」
まどか「はい、そうですけど」
マミ「生年月日は?」
まどか「生年月日は平成9年10月3日です」
マミ「職業は何してるの?」
まどか「職業は…今は…魔法少女をやってます」
マミ「魔法少女ね…」
カーン!カーン!カーン!カーン!カーン!…
(突如、まどかに何かを警告するかのように踏切くんの音が大きくなる)
マミ「あなた、なかなかいいガタイしてるわね」
(マミの手がまどかの肩に触れる)
まどか「そうですか?」
マミ「んー、中々」
まどか「ジム行ってトレーニングしてますよ」
マミ「ジム行ってトレーニング?」
まどか「はい」
マミ「どれくらいやってるの?」
まどか「あー、まだ自分は一年ちょっとですけど…」
マミ「一年間?」
まどか「はい」
マミ「毎日通って?」
まどか「いや、毎日じゃなくて、週に大体2、3回くらいですけど…」
マミ「週に2,3回くらい?」
まどか「はい」
マミ「結構大したものね」
(マミ、再びまどかの肩をさわる)
まどか「そうですか?」
(まどかの体を舐めまわすように眺めるマミ)
まどか「わたし、待ち合わせしてて、急いでいるんで」
マミ「急いでるの?」
まどか「行っていいですか?」
マミ「行っていいわよ、防犯登録しなさいよ」
まどか「分かりました。どーも」
(まどかはそう言うと、自転車に乗ってその場を立ち去る)
(それを見つめるマミ)
(踏切くんは相変わらず大音量で鳴っていた)

(場面は変わり、どこかのトイレの個室)

マミ「ハァ・・・ハァ・・・」
(マミは個室の壁全体に隠し撮りしたまどかの写真を張り付け、ホナニーに耽っていた) 




9 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 00:05:41 ID:XY8kxoX2

(自宅に帰ってきたまどか)
ボボボボボ・・・(外は強風が吹いている)
(来ていたジャンバーを脱ぐまどか)
焼き芋屋「や~きいも~」
服を脱ぐまどか
焼き芋屋「い~しや~きいも~」
(まどかはパンツ一丁になり、シャワーを浴びに風呂場へ向かう)
(ベランダではさやかがまどかの着替えを覗いていた)

AV「んっ…んっ…オォン!ハァ…ハァ…」
(風呂から出て、ベッドの上でAVを鑑賞しながらホナニーに興じるまどか)
(さやかもそれをベランダの窓から覗き、ホナニーをしていた) 




12 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 00:16:06 ID:XY8kxoX2

踏切くん「カンカンカンカンカン・・・」
(踏切で偶然すれ違うまどかとほむら)
(ほむらは駅のホームで電車を待つまどかをただ眺めていた…)

(その日の夜、ほむらはまどかの家に勝手に上り込み、まどかの枕に顔を埋め、その匂いを嗅いでいた)
ガチャッ(開くドア)
まどか「あれ?何で電気点いてるの?」
(まどかはほむらが布団の上で枕を抱えているのを見つける)
まどか「あ、ねえ何やってるのほむらちゃん!?」
(まどかに気付くほむら)
ほむら「ごめんなさい!」
まどか「ねえ、ほむらちゃん…!」 
(まどかがほむらの上に跨る)
まどか「何ほむらちゃん、人の部屋に勝手に入り込んでるのねえ!」
ほむら「ごめんなさい…ごめんなさい…」
まどか「何やってたのほむらちゃん、部屋の中に入って!ねえ、ほむらちゃんコラ!」
(まどかはほむらの着けていたネクタイをほどき、それでほむらの手を縛る)
まどか「ねえ?金が目当てなんでしょほむらちゃん?ねえ!」
ほむら「違う!」
まどか「言うこと聞きなさいほむらちゃん!」
ほむら「ごめんなさい!」
まどか「ケッ…じっとしてなさい!」
ほむら「ごめんなさい!」
まどか「ほら、逃げられないよ!マミさんに通報しちゃうからね!(お茶目)」
ほむら「ごめんなさい!」
まどか「ええ?ごめんなさいじゃ済まないよ!だからマミさん呼ぶって言ってるの、分かってるの?」
(そういいながらまどかは電話でマミに通報する)
ほむら「ごめんなさい!」
まどか「あ、もしもし?もしもし?あのすいません、わたしの部屋に変態ほむらちゃん(命名)がちょっと入り込んでるんですけど…不法侵入ですよ!不法侵入!(AMMHRK)あの、い、今すぐき、来てください!お願いします!」
(マミに通報し、電話を切るまどか)
まどか「マミさん呼んだからね、大人しくしててねほむらちゃん、ねえ!」
ほむら「ごめんなさい…」 




14 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 00:18:01 ID:XY8kxoX2

(程なくして、マミがやってくる)
マミ「待たせちゃったわね!」
まどか「大人しくしてなさい!」
ほむら「ごめんなさい…」
(まどかはほむらを押さえていた)
(マミもほむらを押さえる)
マミ「何が目的だったの!?」
ほむら「ごめんなさい…」
マミ「物!?それともお金!?」
ほむら「まどかァ!」
マミ「特に部屋に以上は今のところなかった?」
まどか「以上はないですけど、こいつ、ヌッ布団の上でヌッ枕抱えてて…」
マミ「布団の上で枕を…!?(驚愕)抱えて…!?(嫉妬)」
まどか「はい、多分変態だと思うんですけど(名推理)」
(まどかが名推理を披露してる間にも苦しむほむら)
マミ「じゃあ警察までつ、連れて行くわね」
まどか「はい、お願いします」
マミ「立ちなさい!」
まどか「大丈夫ですか?ひとりで」
(マミはほむらを無言で起き上がらせ、連れて行こうとする)
マミ「立ちなさい」
カン(マミのマスケット銃が壁に当たり音を立てる)
マミ「外に出なさい!」
まどか「はい、お願いします」
(マミがほむらを連行したのを確認しドアを閉めるまどか。このとき、相変わらず施錠はしていなかった)

(マミに連行されるほむら)
マミ「お金が目的で入ったんじゃあないの?」
(静かに頷くほむら)
マミ「違うの?」
(静かに頷くほむら)
マミ「じゃあ一体何が目的で入ったの…?」
(静かに俯くほむら)
マミ「あなた…もしかしてあの子のことが好きなの?(青春)」
(静かに頷くほむら)
(何かを考えるマミ)
マミ「こんなことが学校にばれたらまずいでしょ?」
(静かに頷くほむら)
マミ「じゃあわたしの言うことを聞く?」
(立ち止まるマミとほむら)
ほむら「…ええ」
マミ「わたしにいい考えがあるからついて来て」
(そういうとマミはほむらを連れて今来た道を戻るのであった…) 




15 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 00:19:22 ID:XY8kxoX2

~Ready GO!!~   
(ベッドの上で本を読んでいるまどか)
(その時突如マミとほむらが家に上り込む)
まどか「ん?何あなたたち?!(驚愕)」
(まどかはベッドから起き上がり二人に対抗しようとするが、マミとほむらに押さえられてしまう)
マミ「オロナイン、抑えなさい!」
まどか「何するのあなたたちっ・・・流行してコラ!(ステマ)」
(抵抗するまどかを必死に押さえるマミとほむら)
マミ「〆サバァ!」
まどか「何この人たち?!(驚愕)・・・ドロヘドロ!(名作) や~めてマミさん!チッ!(舌打ち)あ”~もう!(乙女)」 
マミ「転校しても無駄よ!!」
まどか「ウザってぇ・・・!(激怒)」          
ほむら「素晴らし菓子・・・(見滝原銘菓)」
まどか「ウザコン、あなたたちに、あなたたち二人なんかに負けるわけないでしょあなたオゥ!(猛者)流行らしてコラ・・・流行らしてコラ! ほむらちゃんねえ流行らしてコラ!」
(いつものようにベランダの窓からまどかを覗いていたさやかはその現場を目撃し、窓を開けマミとほむらに加担する)
まどか「何なのさやかちゃん?!(困惑) チッ!(謎の舌うち)」
(さやかはまどかの右足を抑える)
マミ「しばらくホッとしたでしょ!!(指摘)」
まどか「コラドイテコラ!」
マミ「3人に勝てるわけないでしょ!!」
まどか「馬鹿言わないでマミさんわたしは勝つわよあなた!!(天下無双)どいてマミさん!!コラ!!」
マミ「繰り出すわよ!(切り札)」
まどか「ゲホッゲホッ!!(致命傷)あ~やめて!あ~やめて!!あ”~!」
(三人でまどかをうつ伏せにし、マミの能力ででまどかを縛ろうとする)
まどか「あなたたちニュートリノだからね!(博識)」
マミ「そっち持って!」
まどか「放してコラ! ア”ッー!!(クルール)」
マミ「シュバルゴ!(炎四倍)」         
まどか「ゴホッ!!(喘息)」
(まどかを縛るほむら)
マミ「もう抵抗しても無駄よ!!」
まどか「嫉妬がぁ!(抵抗)」
ほむら「鼻糞がぁ!(暴言)」
まどか「やめてェ(建前)、ナイスぅ(本音) ンアッー!」
(まどかを仰向けにする)
マミ「オラァ!」
(ほむらはまどかの服をぬがそうとする)
まどか「やめてほむらちゃん、わたしが裂けちゃう!どこ触ってるのほむらちゃん!」
ほむら「さあ見せてみなさいほら」
まどか「ほむらちゃんなんなの、女の子の乳首触って喜んじゃダメだよ(ウェヒヒ)」
(ほむらはまどかの上半身を、マミはまどかの下半身を脱がす)
ほむら「思った通りいい身体してるわね!(天地明察)」
まどか「かなりマズいかも…(分析)」
ほむら「エェ!?」
まどか「なんなのあなたたち?(今更)」
まどか「なんなのあなた女、女の子好きなの?(ウェヒヒ)」
ほむら「なんなのその派手なパンツは」
まどか「いいじゃないわたしのカッテーナほんならねぇ!(意味不明)」
ほむらとさやかは二人がかりでまどかの足を開く
まどか「あなたたちにゴチャゴチャ言われたくないよ!(正論)」
マミ「もっとよく見せてみなさいよホラ!」
(三人に体を撫で回されるまどか)
まどか「ンァイ・・・どいてコラ!(強気)ヤぁメテこのへん・・・」
まどかとほむらは幸せなキスをしてGAME SET 




18 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 00:25:48 ID:XY8kxoX2

くぅ~疲れましたw これにて完結です!(激寒)
以前見たラブライブ×糞喰漢のSSで、「ストーカーでやれ」というツッコミを見て、便乗してみました
ストーカーフル本編動画が見当たらなかったので、ニコニコにあるダイジェスト版を元に書いたら、
糞喰女とか悶絶ルッキーニとかよりインパクトの弱い内容になってしまいました、センセンシャル 




24 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 01:23:41 ID:BsL943fU

>>18
また作って、どうぞ 




22 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 01:20:11 ID:5ds9TTSI

いいゾ~これ 




25 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 01:50:54 ID:LVpwOlr.

結構面白かったゾ




16 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/03/12(水) 00:23:05 ID:NQuwcMTk

9


普通に魔法少女大集合みたいなゲームがあれば
みたいなものかと思ったのに 






http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1394550021/







こういうの書くのは大変そうだなと思いました




【関連動画】












このエントリーをはてなブックマークに追加