20130722004027484

1 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 00:49:58 ID:GYFE/vQg

金剛「HEY!曙!お前~鎮守府にたくさん駆逐艦いるけど~一番提督に態度悪いネー」
曙「……」
金剛「とりあえずクソが多すぎるヨー、まぁ私もShit!とか言うけどサー、取りあえず脱ごっか」
曙「いやよ、気に入らないなら、外せば?」
金剛「Fu~お言葉に甘えて…曙ゥ~ジュニアブラとは大人ぶってま~ス」
曙「関係無いでしょ!このクソ戦艦!」
金剛「フフフ、ウサギさん柄とはかわいいんじゃね~ノ?曙のお顔もかわいいしネ~」
曙「な!?い、いきなり何言うのよ…」
金剛「そうだ!ここにVERY GOOD!なものあるから、サイズ図ってネ」
曙「ふん…好きにしなさいよ」
金剛「118メートル、ん~ちっちゃいネー…こんな細い、ちっちゃい身体で曙はたくさん頑張ってるネー」
曙「そんなの他の駆逐艦だって同じよ、私達は艦娘、頑張るのは当然じゃない」
金剛「それでも曙は頑張ってるネー、前の戦争でもそうだったネ」
曙「そんなこと…」 




2 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 00:51:40 ID:mojHL0/c

profile




3 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 00:53:39 ID:???
 
              __,,,,,,
         ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
      ,.-,/        /::::::::::::::::::::::!,,  \
     (  ,'          i:::::::::::::::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7
      `''|          |:::::::::::::::::::::}     ``ー''"
        !       '、:::::::::::::::::::i
        '、 `-=''''フ'ー''ヽ、::::::::::/ヽ、-─-、,,-'''ヽ
         \_/     ヽ--く   _,,,..--┴-、 ヽ
                     ``"      \> 




4 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 00:55:37 ID:GYFE/vQg

曙「私は、いつもいつも…仲間を守れないで翔鶴も最上も」
金剛「Be Quiet!曙はたくさん頑張ったデ―ス、ファッキンクソ上層部が何言っても、戦場で一緒だった娘はみんな分かってマース」
金剛「だから曙の事みんな好きネー!もちろん提督もだヨー、曙が来た時凄く喜んでたネ」
曙「うん」
金剛「だからいっつもクソって言うの少しかわいそうネー、私以外の艦娘をつついてる時以外は減らさなきゃNOなんだからネ!」
曙「…少し考えてみるわ」
金剛「じゃあ、とりあえず四つん這いになってお尻出すデ―ス!」
曙「ぅあっ!?ななな、何すんのよこのクソ戦艦!?」 




5 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 00:56:24 ID:E/qqkvGg

戦艦にしてみりゃ曙も小さく細いカラダですね 




6 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 00:57:32 ID:mIvBAVMQ

グッバイあけぼの
フォーエバーあけぼの


jyfxCl6




8 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 00:59:57 ID:GYFE/vQg

金剛「秘書艦としてVery cuteな駆逐艦が良い艦娘になるよう鎮守府精神を注入するのは当たり前ネー!」
曙「やめなさいよ!ちょっと!ほんとやめて!」
金剛「ん~恥じらう顔も見たいネ~、まんぐり返しの体制にするヨー」
曙「な、何それ…なに言ってんのよ!?」
金剛「ん~知らないですか~?曙ちゃんの船底がよ~く見える体勢デ―ス!」
曙「ほんとに、やめてよっ…」
金剛「泣く事ないヨ―とってもかわいいネー」
金剛「じゃあ、いくデ―ス!(迫真)」 




9 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 01:01:54 ID:HcgMb3n.

3439391i




10 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 01:02:51 ID:yAMwKN2s

公式に愛される艦娘、曙 




11 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 01:02:55 ID:???
 
           _,..,,..,、.,、,, 
        /´.,:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;`;.、
       /.,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;,.`、
        /.,:;:;:;:;:、:;:;:;:;:;:;〃彡;;;;;;;,.ヽ
      l.,:;:ッvソヾゞ;:ソ'"´ぐ;;;;;;;;;;;-、;.
       ;;'"`"      ミミ;;;;;;;/;'ヘヾ,
      {!       ,.  lヾ、;;;!ヾ;ヲ!1
      !    _,,;='_"`、,    `っ} !
      {=;;;、、_ゝk'.ゞ';`'´     '´ `‐- 、
       `}^'ソl  '.、´  、 , '     |/   `` ‐ 、
        ! 〈  , ヘ   `    //       \
   , -─‐‐- 、^,.j,‐_、   ,ノ 〃         \
  / . :..:..:.::.::.::::::.ヽΞ‐'´`ヽ,ノ /            ヽ
. /∨/ . :..:..:::::::::::::.ヽ、__,. ノ /               ヽ
ヘ、{〈kv, . :..:.::::::::::::::::.|`ー-‐' ´                
!くミ;;ヾ《ソ;. :.:::::::::::::./                   
``ー;彡;くノ;::::::::./               
、ミt7=-〃`ー''",            ヽ、         
``=fヲ'    /            ヾ{        
  /                    }!}、 




13 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 01:12:59 ID:GYFE/vQg

金剛「指先あるけど、いれられるのといじられるのどっちがいいか答えるネー」
曙「冗談じゃないわよ!どっちもお断りよ!」
金剛「どっちもNOですネ!そんな曙ちゃんをスキモノにするのは金剛デース!」
曙「ふざけんじゃないわよこの、クソ戦艦!」
金剛「やめてほしかったら、私を気持ちよくするネ、んー、生で舐めるのは気持ち悪いかもネー。でもまんべんなく味わうネー」
曙「んっ…ん(変な味でも…なんだろう嫌じゃない)」
金剛「やっぱ比叡の舌じゃなきゃいかネーデース!」
曙(姉妹艦と!?そんな…完全に変態じゃない…でも悔しい、私に奉仕を強要してるのに比叡の事考えるなんて!)
金剛「よし、私をイかしてみるデース(かかった)」

 完 全 勝 利 S 敵 方 駆 逐 艦 轟 沈 不 可 避

金剛「フ―、気持ちよかったデ―ス…曙ちゃん、提督の事はいくらクソ呼ばわりしてもいいですから毎晩部屋に来るネー。」
曙「うん、金剛お姉ちゃん…///」
二人は幸せな艦首衝突をして終了 




14 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 01:15:20 ID:HcgMb3n.

サイズ差的に曙だけ轟沈ですかね? 




15 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 01:18:20 ID:FXuirxK6

舐めたのは装甲か魚雷どっちなんですかね… 




17 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 01:23:12 ID:NZ910E7Y

w0qTIt3




18 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 01:52:26 ID:/FWJ.XU6

金剛弘樹×曙太郎とか誰得だよ 




19 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 02:37:10 ID:qVh4iFGo

レズに見せかけた良い話かと思ったら酷いレズの話だった 




22 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 13:46:16 ID:Ish4KXyg

金剛「曙ちゃんは勘違いしてるネー、鎮守府運営はBig Business!慈善活動じゃないネ―」
曙「しかし、五十鈴さんも那珂さんもきちんと育て上げれば十分戦力になります」
金剛「赤城達や大和がどれだけ食べるか、分かってないネ―、それに鎮守府には、無制限に艦娘を受け入れるcapacityは残念ながら無いネ」
曙「っ!それはそうだけど、それで諦めんなよ!このクソ戦艦!」
金剛「あっ!こら待つネ―!…まったく!夜戦に弱いのに昼はツンツンして駆逐艦なら逆ネー、まぁその分お仕置きバーニングラーブ!が楽しいんだけどサ」
金剛「ん~そう言えば最近比叡の相手、全然してないネ―、曙ちゃんに電ちゃんに長月ちゃんに忙しかったからネ」 




23 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 13:51:19 ID:GYFE/vQg

曙「分かってるわよ!鎮守府は年中金欠で武器不足で、艦娘の保有数にも限界があって!私の弾薬や燃料だって…那珂さんからもらってる」
曙「でも…でも、あの時代からこっちに来て、新しい身体でもう一度戦ってくれって言われて、それで覚悟を決めて…なのに、なのに」
電「通るのです!」
比叡「あれ~?何故かお姉さまの香りがする、あれぇ~?」
曙「あ、電に比叡?どうして比叡は手錠なんてしてんのよ?もしかして戦艦のくせにギンバイ(つまみ喰い)でもしたの?いじきたな」
電「六人の駆逐艦を解体し、無力な元艦娘と夜戦突入、その後艤装の前でWピースをさせ写真撮影を強要したのです!」
曙「え゛っ!?何それは…(ドン引き)」 




24 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 13:55:16 ID:GYFE/vQg

電「危うく七人目にされるとこだったのです!ロック機能がなかったら比叡に女同士の味をこの身に仕込まれていたのです!」
曙「その見た目で言うの犯罪っぽいからやめて」
比叡「お姉さま お姉さま あ、駆逐艦からお姉さまの匂いがする」
電「あっ、曙はロックがかかってないのです!逃げるのです!」
比叡「お姉さまの匂い!匂い!」ブチィ!
電「あぁ!手錠が千切れたのです!」
曙「きゃっ!た、助けてー」
電「あぁ、連れて行かれたのです…幼少時における実の姉妹艦による夜戦実戦の強要が原因のシスコンの悪化、曙の手にはおえないのです…」 




25 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 14:12:22 ID:GYFE/vQg

比叡「フ―!フ―!お姉さまの残り香…フ―!!フ―!!香りだけで比叡を燃えあがらせる…さっすがですねぇ!」
曙「ちょっと!んっ…やめなさいよ!このっクソ戦艦っ!!!そんなにお姉さま、お姉さま言うなら金剛を襲えばいいじゃない!」
比叡「お姉さまを?出来ない、出来ない  いう事聞かなきゃ 何で私のことかまってくれないの?なんで?比叡のこと嫌いなの?」 
比叡「榛名?なんで榛名とは一緒に遊ぶの?あれは霧島じゃない、二人とも私じゃない!私一人じゃない!!!」 
比叡「ひえええええええええええええええ(迫真)なんでなんでなんでなんでなんで(狂乱)」 
比叡「お姉さま、いい子でいるから夜戦してよ、私から撤退しないでお願いだから」 
曙「あっ(察し)子供の頃に金剛に何かされたんだね…」
比叡「痛いの!我慢するから!許して!」 
曙「……ヘイ!マイシスター!我慢しなくでいいでーす!こんごーお姉ちゃんがいるでーす!」
比叡「じゃあ、夜戦」
曙「ノ―!ノ―!ノ―!お姉ちゃんはそんなことしなくても比叡といれたらハッピーねー、比叡は一人じゃないねー、一緒にお昼寝するねー」
比叡「お姉さまがこんなに優しくて一緒にいてくれて嬉しいです、お姉様と一緒に楽しい夢を見て、お休みしますっ。」
曙「オーケーねー!このまま一緒に寝て、嫌なこと全部忘れるね―(比叡は加害者だけど被害者なんだよね、金剛を憲兵に突き出さなきゃ)」 




26 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 14:31:53 ID:GYFE/vQg

金剛「私の出番ネ―!」ガチャコン!
曙「戦艦のクズねアンタ」
金剛「Oh!クソって呼ばれないネ、曙ちゃんがマジギレしてるヨー」
比叡「あ、金剛お姉さま、匂いだけじゃない金剛お姉さま!」
曙「あんなのあなたのお姉さんじゃないわよ!実の妹艦にいかがわしい事して、最低よ憲兵に突き出してやるんだから!」
金剛「Hey!私に憲兵に突き出されるいわれなんてないデ―ス、そもそもあの時は比叡が誘って来たんだよネ―」
曙「何言ってんのよ!あんたのレズ夜戦のせいで、比叡がこんな変態になっちゃったんでしょ!」
金剛「違いマース、元々は提督LOVEの私に突然告白して、ちょーと意識しちゃった私に天龍田とか大北とか鎮守府の真実を教えてきて」
金剛「女の子同士はNo Fear No Pain 愛の前に立つ限りNo Fear No Pain 恐れるものは何もないーってベットに押し倒して」
曙「ウッソでしょ!?おい!全然ガチレズじゃん!」
金剛「押し倒したわりには顔真っ赤で緊張して何もできなくて、私は呆れて一か月くちきいてあげなかったらVery 従順になったデ―ス!」 




27 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 14:33:35 ID:GYFE/vQg

金剛「それじゃあ曙ちゃん、比叡は私との従順夜戦の反動で、駆逐艦みたいな可愛い娘にはいじわるする性癖がありマース」
金剛「比叡その駆逐艦は今からYouのNewSisterネ―、身を持ってそれを身体に刻んでやるネ―!」
曙「ま、待って金剛!」
曙「あの部屋に妹候補として潮とか陽炎も連れてくるから!」
曙「金剛!金剛お姉ちゃん!ああぁああああああ!!!!!」

 完 全 勝 利 S 敵 方 駆 逐 艦 轟 沈 不 可 避

比叡「気持ちよかった?気持ちよかったんですね?じゃあ、新しい妹になろうか?」
曙「はい、比叡お姉さま///」
比叡「それじゃあ金剛お姉さまに会ってくるから/// また呼ばれたら妹としてこの部屋に来るのよ?」
曙「はいっ///」

駆逐艦の艦首が戦艦のつま先に衝突して終了。 




28 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/02(金) 15:11:45 ID:M2DuS3HM

これはマケボノ 




29 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 00:22:39 ID:G3IQOYyM

なんだこれは・・・たまげたなぁ 




30 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 01:41:06 ID:V4QRCz3s

金剛「間違えて大和を解体した、提督の悶絶face最高だったネ―!」
比叡「司令には吉本も松竹も負けますね」
曙「このクソ戦艦共が(憤怒)鎮守府の最終兵器がクッソくだらない理由でなくなったのよ!どうすんのよ!」
比叡「気合!入れて!行けば!何とかなるんじゃない?」
金剛「そんな事より、提督が倒れてるうちにゆっくり休むデ―ス!あ、そうだ(唐突)曙ちゃん解体された娘たち心配してたネ―」
曙「フン!そんな子達なんて知らないわよ…」
比叡「曙さ、元艦娘に頻繁にさ、手紙出してるよね」
曙「な、何でそんなコト知ってんのよ!?」
金剛「censorshipしてるから当たり前ネ、会いたきゃ会わせてやるデ―ス!」 




31 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 01:50:16 ID:V4QRCz3s

金剛「he↑re↓ 」
曙「元・艦娘の村?こんな所があったんだ…」
比叡「艤装を外してもみんな万単位で馬力ありますからね、2~3年かけて艦娘力を落とさないと普通の女の子に戻れないんですよ」
金剛「ここで世間に出るための勉強や職業訓練をするネー」
曙「フーン、退役後も結構面倒見てくれるのね」
大和「あっ、金剛さんに比叡さんに曙ちゃん、いらっしゃい」
曙「あ、大和さん」
金剛「久しぶりデ―ス!いざ海戦!って時に災難でしたネー」
大和「はい、でも終わってしまった事は仕方ありません」 




35 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 11:22:29 ID:8t/2lTnk

he↑re↓すき 




36 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 11:26:09 ID:Tjoqgh9E

曙はウェイトをもう少し絞れれば総合でも通用した可能性が微レ存ってそれ一番言われてるから 


b0069793_22183757




34 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 11:21:01 ID:t5arGreU

金剛も曙も四股名なんだよなあ 




37 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 12:25:10 ID:yNfYMC3w

金剛


lOazqRh






Okt3Z3F




38 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 13:45:59 ID:uMNfTHlM

相撲最強説とはなんだったのか……。 




47 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 21:31:22 ID:Tjoqgh9E

>>38
腕力あっても10分動き回れないからね、仕方ないね 







39 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 19:17:33 ID:V4QRCz3s

比叡「大和さんお久しぶりです!元気そうですね!安心しました」
大和「はい私は大丈夫です、それよりあの娘達の所に行ってあげてください、とても喜びますよ」
夕立「あっ!ほんとに比叡姉ぇきてるっぽい!?」
陽炎「比叡お姉ちゃーん!」
比叡「おっ、みんな久しぶりー、元気してた?」
不知火「比叡姉さまがなかなか来てくれないから、私毎日泣いてます不知火に落ち度があるんですか?」
長月「不知火は本当にふとした時に泣くが、泣かずともみんな同じ気持ちだ、比叡姉上が週6でこっちに来てくれればいいと思うのだが」
雪風「遊びに来てくれて雪風は嬉しいです!!さぁ、姉さま私と一緒に行きましょ」
卯月「あーゆきかぜひとりでてをつないでるー!ひーねぇはうーちゃんといっしょにいくの!ぷっぷくぷー!」
比叡「こらこらみんな、喧嘩しないしない、今日はたくさん夜まで遊んであげるから、一人ずつね」
曙「こいつら轟沈たな…なっさけない(軽蔑)」
金剛「それマジ?お前が人の事言っちゃいけないだろ…あ、デ―ス」 




40 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 19:25:32 ID:V4QRCz3s

大和「それじゃあ、立ち話も何なので、艦娘寮の方に行きましょうか」
曙「何これ?凄い…あっちの国のお城みたい結構いいとこ住んでんのね」
金剛「Oh!その割にベランダに下着が干してあったり、生活感出て興ざめですネ―」
大和「オークさんはこういう家の近くに住みたがりますから…でも最近は全然襲ってこないんです」
金剛「定期的に村にオークを要求してbaconにしたり、集落まで出向いて米と女騎士を略奪してたら当たり前ネ―」
曙「ちょっと!?略奪って何よそれ?何でそんな事するのよ!」
大和「仕方ないんです、私達には鉄や燃料やボーキが必要です、でもそういった資材は鎮守府にこそ必要です」
金剛「だから元・艦娘の村には必要最低限の半分も届かないネー、残りは自給自足する必要がありマース」
曙「何よそれ…それじゃあほとんど野伏せりじゃない!」
大和「オークさんは家畜みたいな方達ですし…」
金剛「綺麗事だけじゃ生きていけないネ―」 




41 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 19:43:06 ID:V4QRCz3s

足柄「帰ったわよー」
天龍「帰ったぜー」
大和「あ、おかえりなさい、資源調達御苦労さまです」
天龍「まったく、無駄な抵抗しやがって!3馬力程度しか力出せない貧弱者の癖しやがって」
女騎士「クッ、殺せ!私はオークの戦士に嫁いだ女!死ぬ事など恐れてはいない!」
天龍「ヘッ!龍田に引き渡せば三日もせずにアへ顔離縁ビデオレター送るくせによ!」
曙「そのうちオークに7人の艦娘雇われるわよあんたら、金剛、ちょっと何か言わなくていいの?」
金剛「昔の事引きずってウジウジ生きるより、今を精一杯生きる方がずっとましネ―」
曙「フン!生き方が問題って言ってるのよ…でも、そうかもね」

力強く生きる元艦娘の姿に元気をもらった曙達は日が沈む前に鎮守府に戻った。
しかし大和にとっては日が沈んでからが、一日の始まりだった。 




42 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 19:55:04 ID:V4QRCz3s

霧島「マンタ」
霧島・島風・電「かわいい、かわいい」
島風「タイ」
霧島・島風・電「かわいい、かわいい」
電「インコ」
霧島・島風・電「かわいい、かわいい」
潮「こ、金剛さん」
島風「かわいくなーい!全然かわいくなーい!罰ゲームタバスコ一気飲みね!」
霧島「なんで可愛いじゃん、島風罰ゲーム!タバスコ一気飲み10秒以内に3本ね」
島風「オゥ!?」 




43 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 20:14:25 ID:V4QRCz3s

霧島「で、待たせてごめんですけど、あなたたち資材借りたいって本当に」
榛名「霧島、どうかお願いします」
雷「私もどうしてもいるの!お願いだから貸して」
霧島「家がトゴだってわかってんの?特に雷はまだ利子分しか返してないわね」
電「あっ!また借りに来たですか雷!霧島さんちょっと雷とお話してくるです」
霧島「別にいいわよ、その間に榛名と話してるから」 




44 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 20:31:13 ID:V4QRCz3s

電「返せる当ても無いのに借りるなのです!!ついさっき借りたのにまた必要なのです…?」
雷「だって…金剛が苦しそうで」
電「ふざけんなです!複数人艦娘囲ってる色情魔だってわかってるのですか!?遊びや夜戦に資材を使ってるなのです!」
雷「金剛には私が必要なの!提督の秘書艦すごく大変で艦娘でしか発散できないで辛いんだから!」
電「そもそも金剛は私と雷の見わけがついてないのです!知ってるんですよ!金剛が何時も雷の事電って呼んでるって」
雷「それでも、金剛には私しかいないじゃない!本当の最後に頼れるのは何時も傍にいる私だけじゃない!私が助けなきゃ!!」
電「っ…ともかく今日は帰るのです!絶対に資材は貸さないのです!」
雷「電のバカー!!うわぁあああああああん!!!」 




45 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 20:50:09 ID:V4QRCz3s

電「ただいまなのです…」
霧島「おかえりなさい、雷はどうしたの?」
電「返せない奴には貸さないなのです!榛名さんはどうしたんですか?」
霧島「貸したわよ、勿論トゴでね」
電「えっ!?十日で五割の利息でお姉さんに資材を貸したですか!?」
霧島「そんな訳ないでしょ10年で0.05%よ」
潮「えっ…」
霧島「潮、心配しなくてもあなたは10日で5割の利子よ」
霧島「そもそも水臭いわ、私に利息を払うなんて、金剛姉さまや比叡姉さまみたいに、榛名になら同じ量の資材をタダであげてもいいのに」
電「暴利のくせに分け前が少ないのは、そういう理由だったのですか…んっ?今金剛にただで資材をあげてるって言ったのです?…霧島さん?」
島風「オゥ…オゥ」
霧島「え?3本飲みきった?速さ自慢の割には10秒以内は無理だったじゃない、罰ゲームでもう一回タバスコ4本一気飲み、9秒以内ね」
島風「オ゛ゥ゛ッ!?」 




48 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 21:39:21 ID:NKxJn3N6

姉妹にやさしい霧島さんいいゾ~コレ 




49 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 21:53:00 ID:BL8K3clI

榛名「やだ、こんなにたくさん…明らかに欲しいと言った量の倍くらいあるんですが…」
榛名「榛名!いざ、元・艦娘の村に出撃します!」

元・艦娘の村

龍田「あら~榛名ちゃん来てくれたのね~、もしかしたら来ないかもと思ってたのだけど」
榛名「いえ、この榛名、同じ艦娘の窮状を黙って見過ごす事は出来ません、必要な資材は持ってきました」
龍田「ありがとう、このまま返すのもあれね、少し上がって行って、ふふふ」
榛名「榛名!いざ、出撃します!」 




50 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 21:55:46 ID:V4QRCz3s

龍田「さ、どうぞ上がって」
榛名「すっごい大きい…何人くらい住んでるんですか?」
龍田「出ていく娘より入って来る艦娘の方が多いから、この寮もじきにパンクするくらい、とだけは言っておくわ」
龍田「それじゃあ、私はこれから地下室で仕事があるから外すけど、後の相手は大和がしてくれるわ」
榛名「は、はい!」
龍田「楽しんでね、ふふふふふ」
榛名「は、榛名!いざ、入室します!」
大和「どうぞ」
榛名「は、はい…(本当に大和さんだ)」 




51 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 22:13:55 ID:V4QRCz3s

大和「この村に莫大な寄付をしてくださったんですよね?本当にありがとうございます」
榛名「当然の事です、大和さんにそう言ってもらえるなんて、榛名、感激です!」
大和「本当に感謝してるんです、特に大和はたくさん食べますし、ちょっと動いてもお腹が減りますから、こうして働かないとみなさんに申し訳なくて…」
榛名「そうですか(大和さんを…あの大和さんをどうしてもいいんだ!)」
榛名「や、大和さん!」
大和「んっ…」
榛名「は、榛名は知ってるんですよ!この村の維持費の半分は大和さんや他の戦艦や空母のお姉さまが身体で稼いでいるって!!」
榛名「オークが減って!元艦娘が増えて!それで資材が足りなくなって!!秘書艦やって資材を持ってる駆逐艦や軽巡や女性提督と夜戦して!!」
榛名「需要ありますよね!!資材さえあれば!!駆逐艦みたいなちびっ子でも戦艦みたいな強い人の事好きに砲雷撃戦できるんですから!!!!」 




53 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 22:31:08 ID:V4QRCz3s

榛名「や、大和さんって、いい、とってぇもハ―!ハ―!いいお尻してますよね、フ―フ―」
大和「そ、そんな事」
榛名「このお尻を胸を身体を!!好きにするのが夢だったんです!!」
大和「恥ずかしいっ、」
榛名「勝手は!榛名が!許しません!大和さん、もっと甲板から船底まで見せなさい!大和さんの身体は最高です!!ずっと見ていたいです!」
大和「いやぁ!こんな恥ずかしいです、榛名さん許してください」
榛名「し、資材持って帰りますよぉ!!!だ、だから、榛名の言うとおりに…ここでだいしゅきホールドで、榛名を全身で感じなさい!!」
大和「は、はいぃ」
榛名「す、好きです!!大和さん!!!大和さん!!!大和さん!!!榛名の赤ちゃん産んでください!!!」

榛名「ふぅ、大和さんの身体を隅から隅まで堪能しました…もう榛名に染まっていない場所はありませんね」
大和「は、はい…」
榛名「榛名が大和さんや他の艦娘を食べさせているんですからね、今後も好き放題その身体を愉しませてもらいますよ、ではこれで…」




54 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 22:37:37 ID:yNfYMC3w

霧島


LpKsclj




大和


JX94IbH




55 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 22:48:25 ID:V4QRCz3s

大和「あ、あれで夜戦のつもりだったのかしら?」
榛名退室後、冷めた目で、体中を舐めまわされ涎を垂らされた姿を鏡で見る大和。
金剛「MySisterながら情けないネ―姉妹の中で唯一まともだと思ったら、完全に裏切られたデ―ス!」
大和「あ、金剛ちゃん///」
金剛「Nh~ただいま大和お姉ちゃん、大和お姉ちゃんの膝枕落ち着くデ―ス
大和「ちょ、ちょっと金剛ちゃん!?変態の涎まみれできたな…あっ、ごめんなさい、妹さんなのに」
金剛「涎くらいno problem!気にしないネ―!身内の私から見ても榛名は変態デ―ス!でも年上なのに大和の妹の私も変かナー」
大和「そんな事ないです!もし会ったのが金剛お姉さまだったらきっと、うっとりするほど素敵な淑女に私はすぐに虜になっていたはずです」
金剛「Oh~、やっぱり大和も金剛お姉ちゃんに甘えたいですか?言ってくれれば…」
大和「でも、あなたが妹だと思って甘やかしてくれって夜に部屋に来て、あの時少し驚いたけど、とっても幸せだった」
金剛「物凄いおばさん戦艦のHENTAIなとこ見れたからですか?」
大和「こんなに可愛くて素敵な妹が出来たからです///武蔵はあんなのでしょ?だから妹を甘やかすって事がなくて」 




57 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 23:12:22 ID:V4QRCz3s

金剛「武蔵に言いつけてやるデ―ス」
大和「フフ、それはやめてあげて、私が解体された時、あの子ダダっ子みたいに大泣きして暴れたんだから」
金剛「提督の首から下が武蔵の46cm三連装砲で吹き飛んだのは笑えたデ―ス」
大和「鎮守府のみんなで肉片を集めたけど、半分も集まりませんでしたね」
金剛「大和お姉ちゃんがいなくなってからも探してたネー、最初は宝探しみたいだったけど三日で飽きて、思い切って脳と脊髄意外無理やり機械化したネ―」
大和「まぁ」
金剛「これで三次嫁に触れる、二次元はクソだって言ってたデ―ス、3次元の女の子も提督みたいなブサイクハゲは相手にしないと思うネ」
大和「ふふふ、色々あったんですね……私のいない間にいろいろあったんですね」
金剛「大和お姉ちゃんの事はいっつも一緒にいると思ってるネ」
大和「でも、わたしは艤装を外されて、一度も実戦に参加せず資材だけ浪費してここにいる、ここでも資材ばかり食べて、やることと言えばこれよ…」 




58 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 23:30:58 ID:V4QRCz3s

金剛「みんな、いつか艤装を外すネー、世界の海が平和になって深海棲艦がいなくなったら…その時はみんな野伏せりになってオークの村を襲うデ―ス」
大和「フフフ、その時はオークさんの村の女騎士はみんなあなたのものね」
金剛「NO、NO、そうなったら金剛はずーっと大和お姉ちゃんと妹達と一緒ね、もう妹は増えないデ―ス、多分」
大和「え?」
金剛「私も大和と一緒に戦いたかったです、でもブサイクハゲAdmiralのせいでそれはもうできないネ―」
金剛「でも、私が、私の妹達が、私の仲間達が、みんなで深海棲艦を叩きのめして、戦争のために作られた私たちがこの星の海を本当に平和にできたら」
金剛「その時は私のお姉ちゃんとして私の隣で、深海棲艦との戦争で荒れ果てた世界を復興すると言う闘いを一緒にしてほしいんです大和お姉ちゃん」
大和「その時までに妹の数が100人以下ならね」
金剛「Oh!!真面目に言ったのにチャカすなんて酷いネ―!フン!大和お姉ちゃんなんて知らないヨー!フン!」
大和「ふふ、ごめんなさい、でも茶化しでもっ…しないとっ、嬉しくて泣きそうで…」
金剛「……今のは本気ですよ、いつまでも一緒にいてください大和お姉ちゃん」
大和「はいっ」

二人は抱き合って、お互いの暖かさを愛おしく思いながら就寝。 




59 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/04(日) 23:34:39 ID:V4QRCz3s

ここ数日すっげーちかれた(小声)
せっかくの休日に外にも出ないで、ほんと何してたんですかね?と思いつつ楽しかったんだよなぁ。
読んでくれた人達アリシャス!!じゃあROM専に戻るから。 




63 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/05(月) 00:51:54 ID:CWDE72DY

>>59
オツシャス! 




64 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/05/05(月) 14:09:14 ID:Q6KzshQA

曙ほんとすき 


akebono






http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1398959398/






今日は第64代横綱・曙太郎さん45歳の誕生日です
おめでとうございます







このエントリーをはてなブックマークに追加