MUR10

1 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:28:20 ID:eaW0XVxw

(物語中の麻雀は四麻ですが空手部以外は登場しません) 




2 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:29:16 ID:eaW0XVxw

……雀荘にて

野獣「ロン!満貫でラストっすよ、Foo↑気持ちいい」
MUR「また振り込んだゾ……向いてないのかなー俺もなー」
野獣「あっ待ってくださいよ!
麻雀は運の要素もあるから諦めないでくれよな~頼むよ~
(金づるがいなくなっちゃうやばいやばい)」
MUR「そうだよ(便乗)よし、じゃあ牌出せ」
野獣「オッスお願いしまーす!」

……半荘(最終戦)終了後

MUR「ポッチャマ……」
野獣「結局10戦で+360で一試合平均36普通だな!すっげえ稼げてるハッキリわかんだね
MURさん、今日はもうあがりますか?」
MUR「待てぃ……足りないゾ……」
野獣「MUR先輩は金持ちだから親からもらってきてくれよな~頼むよ~」
MUR「カッチャマ……」 


MUR4




3 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:30:07 ID:eaW0XVxw

……翌朝

MUR「というわけなんだゾ……枕がもうビショビショだよ」
KMR「それは大変でしたね。イカサマはされてないんですか?」
MUR「あいつは口は悪いけど心は良いやつだからそれはないゾ
でもイカサマめいてはいたかもな~あれはな~」
KMR「イカサマめいてる?」
MUR「『カンチャンリーチ』が多かったゾ
あがられたり降ろされたりで何回クソリーにやられたか考えただけで枕がまたビショビショだよ」
KMR「それは例えば、こんな感じですか?」

三五八八(4)(赤5)(6)(7)(8)(8)123
ツモ(8) ドラ一
※牌姿を表現する際は、
萬子を漢数字、筒子を丸数字、索子を数字、字牌はそのもので記述する習慣があり
これはプロが牌譜を書くときのものがベースになっている
(丸数字は文字化けすることもあるので、カッコでくくることもある)
※また、3588m4r567888p123sのように
半角英数字だけで表現する方法も使用されている(rは赤ドラである)

MUR「そうだよ(便乗)これなら『リャンメン変化』もあるのにリーチするなんておかしいゾ」
KMR「う~ん、言い難いですけどこれは野獣先輩に軍配ですね」
MUR「うそだよ(反論)この手ならドラもあるし
リャンメン変化の方が枚数があるから絶対手替わりを待つ方が有利だゾ」
KMR「ではこの手がリャンメン変化するのに『平均何巡』かかるか計算したことがありますか?」
MUR「なんゾ~それ?」
KMR「これは単純な計算なので参考程度にして欲しいのですが
先ほどの手牌ではリャンメン変化に必要なのは二萬と六萬ですよね
このどちらかをツモる確率は毎巡およそ3+3の6%です。(一種あたり136÷4≒3%)
ここから計算すると、リャンメン変化するのに『平均17巡』(100÷6=16.667)もかかるんです」
MUR「17巡も……あ、おい、待てぃ(江戸っ子)
肝心な流局のこと考え忘れてる……ゾ!?(察し)」
KMR「そうです、麻雀は17~18巡で流局します
つまりこの手で手替わりを待とうとすると、『流局』してしまうんです
もちろん、平均ですからすぐに手替わることもあるでしょうが
実際は何巡もツモ切りを繰り返すハメになるんです
それなら『即リー』した方が得だと思いませんか?」
MUR「ポッタイシ……」 




4 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:31:04 ID:eaW0XVxw

二四五六七(1)(3)(3)(9)(9)123
ツモ(3) ドラ3

MUR「おいKMR、引っ掛けようとしないで出題して
この萬子の形は知ってるゾ。ダマにしてリャンメン変化を待つのがセオr」
KMR「引っ掛けなんてしません。冷静に考えてみてください」
MUR「あ、そっか……リャンメン以上に変化するのは五萬六萬八萬と九筒だから、
12%で平均8巡、かかり過ぎだゾ……」
KMR「そうです、この手も即リーするのがセオリーです」
MUR「でもなんだか納得行かないゾ。そもそも平均巡目ってなんだよ(哲学)」
KMU「そうですね。では、カンチャンリーチに関するアガリ率を見てみましょう」

ーーーーーーーーーーーアガリ率ーーフリコミ率
先制リャンメンリーチ: 60%ーー 10%
追掛リャンメンリーチ: 40%ーー 20%
先制カンチャンリーチ: 40%ーー 15%
追掛カンチャンリーチ: 30%ーー 30%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 




5 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:31:33 ID:eaW0XVxw

MUR「『先制』で40%もあるのか(困惑)」
KMR「正確には6~10巡目にそれぞれの条件でリーチした場合の
全ての待ちのパターンを足し合わせたデータです
例えばカンチャンなら13,24,35,46,57,68,79での結果を全て足し合わせています
しかし、そうはいってもこれほどのアガリ率になるんです
ちなみにフリコミ率との差が大きければ大きいほどアガリに期待することが出来ますから
先制カンチャンリーチは後手を踏んでる追い掛けリーチよりわずかながらも期待が大きいんです」
MUR「あ、そっかー。あ、おい、待てぃ!(江戸っ子)
ということはここまでのカンチャン即リーの話はあくまで『先制している時』ってことなのか」
KMR「そうです。なので、先制なら『何でもかんでも』カンチャンは即リーというわけではありませんが、
基本的に先制であれば即リーで問題ありません。」
MUR「おいKMRァ!いいゾ~これ。よ~し、明日はいっぱい勝つゾ~」
KMR「はい、頑張ってくださいね。あ、でも、最後に少しだけ……」 




6 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:32:26 ID:eaW0XVxw

……放課後
野獣「MUR先輩、今日も打ちませんか?打ちましょうよ~」
MUR「当たり前だよなあ?おい、KMR早くしろ~」
KMR「あ、はい」
野獣「お前さ、KMRさ、お前も麻雀打てるのか」
KMR「は。ただ2ヶ月位打ってないんですよね……」
野獣「じゃあだいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン
じゃけん、いつもの雀荘に行きましょうね~」 


野獣&KMR&MUR




7 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:33:06 ID:eaW0XVxw

……雀荘にて
野獣「オッスお願いしまーす!」
MUR「よし、じゃあ(カンチャン即リー)ぶち込んでやるぜ」
KMR「お願いします」

東1局7巡目北家MUR
一一二四五六(2)(2)(2)79白白
ツモ白 ドラ6

MUR(テンパイだゾ。今までの俺なら6をツモるの待ってたけど……)
MUR「リーチ!」
野獣「先輩、早いっすね(東1局から子相手に降りないです)」 




8 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:33:35 ID:eaW0XVxw

10巡目
野獣「先輩、俺もリーチっすよ」

--しかしその宣言牌は八索

MUR「ロンだよ。裏に一萬が乗って8000、いいゾ~これ」
野獣「ファッ!?(MURがカンチャンリーチ、ま、多少はね?)」
MUR(今までなら白のみの1300で終わってたのがリーチ白ドラドラで満貫まで伸びたゾ
これがカンチャンリーチ) 




11 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:36:42 ID:j0FLMJT2

MUR「ロンだよ」←いいゾ~これ 




9 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:34:04 ID:eaW0XVxw

東2局8巡目東家MUR
二三四七八(2)(2)(2)(6)(8)西西北
ツモ九 ドラ二

MUR「リーチだよ」
野獣「2局連続だって、すごいわね(親相手だし降りますね……)」
MUR(いい流れだ、ツモるゾ~これ)

--しかし流局となってしまう、幸いMURの1人テンパイ

野獣「MUR先輩残念っすね(こんなクソリーに降ろされるなんて頭にきますよ!)」
MUR「親番という肝心なところであがり損ねたゾ……」
KMR(先輩、それでいいんです。あがるだけがカンチャン即リーのメリットではありません
親ということで、アガリ以外のメリットも子の時より存分に発揮できていますよ」 




10 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:35:21 ID:eaW0XVxw

--そのまま局は進み続け、南3局
野獣(MURとの点差は9000点、なんとか追いつかないと……)
野獣「ポン!」「チー!」

南3局7巡目西家野獣
1233379 ポン西西西 チー赤567
ドラ(9)

野獣(よしホンイツ役牌赤の満貫、逆転手が出来た
直撃がいいけど、とにかくあがらせてくれよな~頼むよ~) 




12 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:37:04 ID:eaW0XVxw

南3局10巡目南家MUR
二四六七八(1)(2)(3)(4)6788
ツモ(4) ドラ(9)

MUR(カンチャンテンパイしたけど……)
野獣「あ、先輩長考っすか?」
MUR(…………これだぞ)

--MURは現物の(4)をそのままツモ切った

野獣「降りるなら簡単なんだから、考えすぎないでサクサク打ってくださいよ
(いつもなら勝負して振り込みそうなのに……)」
KMR(MUR先輩、勝てそうですね) 




13 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:38:24 ID:eaW0XVxw

--結局野獣の1人テンパイで流局、勝負はオーラスを迎える
MUR(この局で勝負が決まるゾ……)
野獣(MURとは5000点差、まくらなきゃ(使命感))

オーラス7巡目西家MUR
三四五六八九九(赤5)(6)(7)135
ツモ4 ドラ九

MUR(カンチャンだけどおそらく先制で満貫テンパイ。これなら問答無用でリー……)

--と、その時MURに昨日のKMRとの会話が頭をよぎる
’’KMR「はい、頑張ってくださいね。あ、でも、最後に少しだけ……」’’

野獣「MUR先輩、遅いっすね」
MUR「お、そうだな……」

--長考の末、MURはテンパイに取るもののリーチを選ばなかった 




15 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:40:11 ID:eaW0XVxw

オーラス10巡目北家野獣
一三六七八九九34567
ツモ5 ドラ九

野獣(くっ、こっちでテンパイか……しかし、5200であがれば逆転トップ
となれば答えは1つだ!)
野獣「やっぱり僕は王道を往くリーチですか!」

--そして12巡目
MUR(これは……)
--MURがツモったのは通っていない、そして現に野獣の当たり牌である二萬であった 




16 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:41:03 ID:eaW0XVxw

三四五六八(5)(6)(7)(9)(9)345 ツモ二

--だが、MURはリーチをかけていない
そして、テンパイを維持しつつ安全に打てる牌が存在した

二三四五六(5)(6)(7)(9)(9)345

--打八萬。そしてこの形はピンフ……

野獣(この感触は……!ヌッ、一萬はいらないです)

MUR「それだよ」
野獣「!?」
MUR「ロン!満貫でラストだゾ~これ」
野獣「ファッ!?」 


44932ae6




17 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:41:57 ID:eaW0XVxw

--MURは紙一重の振り込み回避から見事にあがりを掴みトップとなり野獣はラスにまで落ちた
野獣「ぬわああああああん!悔しいもおおおおおおん!次いきますよ~いきますよいくいく」
MUR「当たり前だよなあ?」
KMR「はいやりましょう(あんだけ勝てた自分のスタイルで相手にボロボロにされた
おそらく、野獣先輩はこのあと堕ちていくだけ……)」

--その後9戦目まで打った結果、MURは毎回トップとはいかないものの+334
一方野獣は▲514と大きく沈む結果となった
またKMRはKMRで+299としっかりとMURの後ろにくっついてた 




18 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:42:31 ID:eaW0XVxw

野獣「ンアーー」
KMR「やりましたね!先輩!」
MUR「KMRも結構、教え方うまいじゃん」
KMR「ありがとうございます」
野獣「ん?お前さ、KMRさ、MURに麻雀を教えたことを言わなかったよな?」
KMR「いや、それは……」
野獣「あっ……(察し)教えたってイカサマでも教えたんだろやっぱりじゃあ」
MUR「あ、おい、待てぃ!(江戸っ子)イカサマなんて使ってないゾ
なんで勝ったのかはちゃんと理由があるゾ、なあKMR?」
KMR「僕が説明するんですか?」
MUR「当たり前だよなあ?」
野獣「なんでもいいからKMR早くしろよ~」
KMR「分かりました」 




19 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:42:58 ID:eaW0XVxw

南3局10巡目南家MUR
二四六七八(1)(2)(3)(4)6788
ツモ(4) ドラ(9)

KMR「これは初戦の手牌です
ここでMUR先輩は打八索でテンパイを取らず、現物の四筒をツモ切りました」
野獣「八索は俺のアガリ牌じゃないっすか。当たり牌を読んだとかいうのはやめてくれよな~」
KMR「半分正解で半分不正解ですね。MUR先輩、どうして、テンパイに取らなかったんですか?」
MUR「確かにドラ1でテンパイだけど、明らかに『先制』じゃなかったゾ。
しかも、野獣のは高そうだったから降りたゾ」
KMR「僕がMUR先輩に教えたのはカンチャン即リーです
野獣先輩もおそらく実践していると思います」
野獣「カンチャン即リーは現代麻雀の基本、ハッキリ分かんだね」
KMR「そうですね。ただし『何でもかんでも』カンチャンは即リーというわけではありません」 




20 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:43:31 ID:eaW0XVxw

……昨日の続き(回想)

MUR「KMR、いいゾ~これ。よ~し、明日はいっぱい勝つゾ~」
KMR「はい、頑張ってくださいね。あ、でも、最後に少しだけ……」
MUR「なんだKMR、ネット麻雀で勉強し直したいから早くしろ~」
KMR「『何でもかんでも』に引っかかりませんか?」
MUR「お、そうだな(適当)ん?もしかして、肝心なこと話忘れてるのか?」
KMR「そうですね。まあ、補足ということであと2つ、話を聞いてください。
まず1つ目、『役無しドラ無しならカンチャンリーチしない』です」
MUR「そんな……リーチしたいゾ」
KMR「絶対ダメとは言いませんが、いくら先制でも点数的にかなり不利なんです。
実はアガリ率とフリコミ率の差というのは打点によってある程度埋めることが出来るのですが
それでも、役無しドラ無しでは先制カンチャンリーチでも厳しいんです」
MUR「そうなのか」
KMR「ですから、そういう手をテンパイしてもリーチしないほうがいいんです」
MUR「あ、おい、待てぃ(江戸っ子)
ということは、ドラが1枚以上あればリーチと考えていいんだな」
KMR「そうです。もう少し分かりやすく役ありの場合と合わせて分類してみましょう」 




22 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:44:11 ID:eaW0XVxw

ーーーードラ0ードラ1ードラ2ードラ3
役あり:リーチ:リーチ:ダマ :ダマ
役なし:ダマ :リーチ:リーチ:リーチ
※役ありは1翻のみあると考えた場合である
※タンヤオドラ1ならリーチだが三色ドラ1ならダマとなる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KMR「これが絶対ではありませんが、データから算出されたおおよその目安ですので
参考にしても間違いではありません。リーチか迷った時に思い出してみてください」
MUR「いいゾ~これ。
今までテンパったからリーチ、カンチャンだからダマみたいに適当だったゾ」
KMR「ならぜひ判断基準にしてください。
そして、2つ目は『相手が高そうなら先制になりそうでもやめておく』です」
MUR「高そう?手牌読みよりは現実的だけど打点なんて簡単に読めないゾ」 




23 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:44:51 ID:eaW0XVxw

KMR「そうですね。ですから、ホンイツ仕掛けやドラポンなどあからさまに高そうな人がいたら
こちらが先制っぽくてもカンチャンリーチはしない方がいいです」
MUR「でも、こっちが先制っぽいなら勝負したいゾ」
KMR「それは言えますね。では少し基準を下げて
『相手がテンパイしてそうでかつ高そうなら先制になりでもやめておく』
でもいいかもしれません」
MUR「相手がテンパイしてそうなのはどう読めばいいんだゾ?」
KMR「古くは、たばこを吸い始める、目線がやたら動く、やたら盲牌しだすなどで
相手のテンパイの癖を読むなんて言われてきましたが
もう少し、現実味のある判断基準を使いましょう」
MUR「もしかして、データがあるのかゾ?」
KMR「はい。それでは御覧ください」 




24 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:45:26 ID:eaW0XVxw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鳴きが入った時にテンパイしている確率
序盤(一段目) 3鳴きで50%
中盤(二段目) 2鳴きで50%
終盤(三段目) 1鳴きで50%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MUR「なんかシンプルだゾ」
KMR「これにも細かいデータはありますが、覚えやすいのでこの表で十分でしょう
見方としてはこのままなのですが、例えば、中盤に3鳴き目が入ったらどうなるでしょう」
MUR「ものすごくテンパってそうだゾ」
KMR「そうですね。先ほど言った、
『相手がテンパイしてそうでかつ高そうなら先制になりでもやめておく』
を実践するにはこれを使うのがいいと思います
更に、中盤で2鳴きしてる人がツモった牌を手牌に入れて違う牌を切ったら」
MUR「それもものすごくテンパってそうだゾ」
KMR「ですよね。そんな感じで、この表を使ってみてください
まとめると、ドラが一枚以上あったら即リーで相手が高そうだったらダマです
でもやはりリーチは強いので、安そうなら鳴きなら
先制でなくてもカンチャンリーチをぶつけて構いません」
MUR「お、そうだな(笑み)その2つで更に強くなった気がするゾ。
よ~し、明日はいっぱい勝つゾ~」
KMR「先輩すみません、本当に最後にひとつだけよろしいですか」
MUR「まだあるのか(困惑)」 




25 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:46:23 ID:eaW0XVxw

--雀荘にて(回想終)
野獣「オイル塗ろっか(現実逃避)」
KMR「室内なんだから意味無いですよ。それに塗るとしても遠野さんに塗ってあげてください
最近、かまってあげてないらしいじゃないですか」
野獣「クゥーン」
KMR「続きですね」
~~
オーラス7巡目西家MUR
三四五六八九九(赤5)(6)(7)135
ツモ4 ドラ九

MUR(カンチャンだけど満貫テンパイ。とはいえ誰も仕掛けてないから先制ならばリー……)
~~ 




26 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:46:53 ID:eaW0XVxw

KMR「オーラス、煮詰まった場面です」
野獣「あ、待ってくださいよ!
これ、俺が一萬で振り込んだけど、二萬掴まされてるじゃないっすか
まさか、あがり牌止めてアガリ返したとか
運頼りみたいなことを言うのはやめてくれよな~頼むよ~」
MUR「残念ながらそれはないゾ。さっきのも含めて俺は読んでない。
やることをやっただけだゾ」
野獣「そこまで言うなら見せろよ見せろよ~」
KMR「僕が最後にMUR先輩に教えたのは
『オーラストップ目なら先制でもカンチャンリーチしない』です」
野獣「あっ……(察し)」
KMR「麻雀はあがるよりも振り込まないようにする方が簡単です
オーラストップ目なら無理にあがりにいかなくても流局で十分トップが望めます
結果的にフリコミを回避しつつ役あり三面張に手替わりしましたが
それはあくまでも結果であり、その結果をもたらしたのはMUR先輩の実力です」
野獣「はぁはぁはぁ、イキ過ぎィ!イクイクイク……はぁはぁ、ンアッー(≧Д≦)!」 




27 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:47:19 ID:eaW0XVxw

MUR「あ、そうだ、おい野獣ぅ、肝心の10戦目やり忘れてるゾ」
野獣「もう勘弁して下さいよ」
MUR「勘弁だぁ?勘弁はしたことねえなあ(ドチンピラ)
いつも10戦打ってるんだから打とうぜ二人とも」
野獣「痛いですね……これは痛い……」 




28 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:47:48 ID:eaW0XVxw

--こうして始まった最終10戦目
この半荘もMURが圧倒していた
カンチャンリーチやその判断がしっかりと出来ていて軸もぶれない
結果がともわずとも冷静に打ち続けていた
一方野獣は見え見えの満貫に振り込んだり
迷いに迷ってアガリを逃したりと散々様相であった。
しかし、意外にもこの半荘で暫定トップなのはKMRであった 


kmr4




29 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:48:27 ID:eaW0XVxw

……そして、オーラス

--親のKMRは二人のやりとりを尻目にあがりを重ね、52000点持ち
そしてMURは43000点持ちでロンなら跳満、ツモなら満貫、直撃なら5200という条件
一方野獣はわずか900点持ちのラスでリーチもかけられないだけでなく
役満ツモでもトップはおろか2着にも届かないとまさに生き地獄であった

MUR「ふぅ……」 




30 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:48:57 ID:eaW0XVxw

オーラス9巡目北家MUR
三四(3)(5)(9)(9)789西西西
ツモ二 ドラ(9)

MUR(ドラドラのカンチャンテンパイ。プラスになってるから出てもアガる
でも……ツモにかける!!)
MUR「リーチだゾ!」 




31 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:49:40 ID:eaW0XVxw

--MUR、トップ条件を満たす渾身のドラドラカンチャンリーチ
野獣もこれには手を出せず、作りかけの国士も諦める
そんな中、1人、虎視眈々と獲物の首を狩り取ろうとする男がいた

KMR「リーチ」
MUR「え?」
--MURは混乱した、トップ目のKMRが自分に教えてくれたことと正反対のことをしてきたのだ
そして、心を乱しながらもKMRの捨て牌を見ると背筋が凍った

MUR(河に萬子と索子しか……) 




32 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:50:10 ID:eaW0XVxw

--高い手ならなおのことリーチしないはずなのに
そして、MURはツモってしまう、ツモりたくない牌色のド真ん中、五筒を……!

MUR「やばいゾ……これ……」

--怯えながらもMURは河に五筒を置く
しかし、この五筒はあっさりとスルーされた
MUR(た、助かったゾ)

--自分が先制して追い詰めたはずなのに、気持ちはすっかり追い詰められているMUR
そしてそのMURを次のツモ牌もまた追い詰めていく 




33 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:50:46 ID:eaW0XVxw

MUR「今度は四筒……」
--当たらないでくれ、そう願いながらやや力が入りながら河に四筒を打つ
しかし、この四筒もまた平然とスルーされた
--だが更に次のツモ牌は六筒、スジを考えれば振り込む可能性があまりにも高い
今まで以上に激しく動揺するMUR
手を震わせながら河に六筒を置く
--ところがこの六筒もまた何事も無くスルーされた
ここに来てMURは少し安堵の色を見せていた

MUR(河の牌が偏るなんてありがちだもんな~そういやなあ
考えすぎないで気持ちを落ち着けよう) 




34 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:51:19 ID:eaW0XVxw

--そう心で呟きながら深呼吸したMURはツモ牌に手を伸ばす
ツモってきた牌は二筒であった
今までのMURならまた動揺していたが、すっかりMURは落ち着いていた
先ほど心持ちを整えた上、MURが落ち着けたもう一つの理由があった

--先制ならカンチャンリーチ、そうでないならダマ

--四筒五筒六筒が通った今、それ以外の筒子は通せる
少なくともKMRに対しては確実に通せる
だってそれはKMRが教えてくれたから 




35 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:52:17 ID:eaW0XVxw

MUR「う~ん、これも俺のあがり牌じゃ無いゾ~」

道中にも見せた余裕から生まれるつぶやき
何の気もなく二筒を河に打ったMUR

……しかし

KMR「MUR先輩、聞こえませんでしたか?それ、僕のあがり牌ですよ」
MUR「え?」 




36 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:52:44 ID:eaW0XVxw

KMR「ロン」

11233789999
ロン2

KMR「リーチ、清一色、純チャン、二盃口、13翻の数え役満、48000
先輩がトビで終了ですね」
MUR「エンペルト……」

--KMR、トビありの四人麻雀で10万点の大トップ
一方MURは急降下のマイナス5000、野獣すら頭上に見渡す絶望のラス
誰がこんな結末を予想しただろうか

結果、最終スコアはKMRが+364で総合トップとなった 




37 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:53:15 ID:eaW0XVxw

KMR「勘違いしないで欲しいんですが、僕が教えたことは本当ですよ
そこはぶれないようにしないとダメです
でも更に上を目指すなら自分の麻雀も作りあげないとダメですよ
まあ、さすがにこの数え役満は出来過ぎですけどね」

そう笑いながら言ったKMRの目は決して笑ってはいなかった

参考資料
麻雀テクニック/福地誠/竹書房
おしえて!科学する麻雀/とつげき東北、福地誠/洋泉社

終 








38 :名前なんか必要ねぇんだよ!:2014/08/11(月) 16:54:09 ID:j0FLMJT2

乙シャス
参考資料も記す人間の鑑 






http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/20196/1407742100/







勉強になりました






このエントリーをはてなブックマークに追加